« 5月24日発売『RACERS』Vol.4制作中ぅ~ | トップページ | 5月24日発売『RACERS』Vol.4完成! »

2010年5月19日 (水)

7月24日発売『RACERS』Vol.5はGSX-Rです

Photo
[↑『レーサーズ』初の4ストロークレーサー]

今日も大日本印刷からの問い合わせナシ。
ということは、今時分、印刷に入っているころかと思います。
であれば、発売は予定どおり来週24日の月曜日。
ウチの会社には、ひと足早く(今週金曜日)届きますので、
印刷の具合などまた報告します。
キレイに刷り上がってるといいんだけど……。

さて、今日は7月発売の『レーサーズ』を案内させてください。
前にもこのブログでお伝えしたとおり、Vol.5は
スズキの4ストロークレーサー“GSX-R”を特集します。

なぜ、GSX-Rか――。またもや古い話でスミマセン。
1983年、東京は晴海で開催されたモーターショーでのことです。
当時、高校生だったボクはその年の鈴鹿8耐で優勝した
HBカラーのゼッケン6番車、スズキGS1000Rを
それこそ穴が開くほど眺めたり、
夢中になって写真を撮ったりしていると、
同じふうにGS1000Rの周りを回って見ている人がいました。
あんなに長い時間そこに留まっていたのは、
その人とボクくらいなものだったのでしょう。ふと、その人が
「このバイク、カッコイイよね」と、声をかけてくれたんです。
その人の腕は、日焼けして黒くなったところと、
ヤケドでピンクがかった皮膚がまだらになっていました。
その人とは吉村秀雄さん、そう、あのPOP吉村さんだったんです。
「雑誌でしか見たことがなかった、あのPOP吉村(さん)が
自分の目の前にいて微笑みかけてくれている!」
もう、あの時のボクの舞い上がりかたといったらないです。
なにせ、感動し過ぎて、言葉が出てこない。
ようやく、しぼり出すように言えたのが「サ、サ、サインくださぃ」。
ボクがミーハーなのはその頃からで、
ショウエイのガードナーレプリカ(赤ベース黒ライン)だったヘルメットを
アライのヨシムラレプリカに買い替え、
CBXのマフラーをノーマルからヨシムラサイクロンに付け替えました。

という思い出があったもんですから、
GS1000Rのレプリカとして出てきた'85年型のGSX-R750は
強烈な印象として残っています。時代はまだTT-F1クラスがあって、
吉村秀雄さんもお元気で並みいるワークス勢に引けを取らなかった。
ヨーロッパの耐久レースも人気があって、
スズキフランスが強かった。エルブ・モアノーもカッコよかった。

気がつけば、GSX-Rがデビューして今年でちょうど25年。
『レーサーズ』Vol.5の発売は、鈴鹿8耐の決勝日(7月25日)前日。
いつものように、ボクの個人的なチョイスで恐縮ですが、
次々号は重厚感たっぷりのGSX-Rシリーズ骨太列伝を
お送りしたいと思います!

|

« 5月24日発売『RACERS』Vol.4制作中ぅ~ | トップページ | 5月24日発売『RACERS』Vol.4完成! »

『レーサーズ』制作舞台裏」カテゴリの記事

コメント

八耐にあわせVol.5はてっきりVFRと思っていたら、さにあらずGSX-Rですか!
ヨシムラGSX-Rのプラモデルも出ることですし、大いに期待しております。

ところで、レーサーズでは250にはフォーカスしないのでしょうか?
NSRやYZRといったワークスマシンが出てくる前のプライベーターのレーサーやエンジニアが切磋琢磨していた頃のヤマハTZ250を是非お願い致します。
その際には、渡辺裕之さん主演の映画『ウィンディー』も取材して頂けると嬉しいのですが…

投稿: 蹴る・ギャラざんす | 2010年5月19日 (水) 20時52分

う・・・・美しい・・・・・

市販ベースのレーサーは初めての企画ですね。楽しみです^^

投稿: みぐりん | 2010年5月19日 (水) 20時55分

昨日書いたばかりなのに、また(笑)
何を隠そう(隠すものでもないか・)
初めての750がGR71F。
思い入れのあるバイクです。
むちゃくちゃアクセル重かったけど
2××キロからの減速で振れまくりで死ぬ思いしたけど大好きでした。
シュワンツ。賞金稼ぎポーレン(笑)、シ、高吉、グッドフェロー。
でもGS1000Rも片隅に書いていただけたら。GSX-Rの巻が出ることでおのずとGS1000Rの巻は出ないことがはっきりしましたし(笑)
って、出して欲しいなぁ。

投稿: 元ライダー改め元GR71F乗り | 2010年5月19日 (水) 21時54分

カワサキってGPマシンありませんでしたっけ?

投稿: ポン吉 | 2010年5月19日 (水) 23時54分

それならVF、VFRも・・・とインターセプター乗りからのお願いです。
「あーっ高吉~!」の瞬間、ライブ中継していたホンダ本社が大騒ぎになったのが記憶に残っています。

投稿: ショバート派nya | 2010年5月20日 (木) 12時34分

待ってました!耐久マシンですね。
ジェラルド・コードレイのライディングフォームがかっこ良く、マネしたものでした。(できるワケありませんでしたが、、。) ジェラルドさん、今は何してんだろ?

投稿: P4U | 2010年5月20日 (木) 12時53分

待ってました♪

高校3年生の時、限定解除(まだ試験場でしか免許が取れなかった時代)を3回で合格し初めて乗ったのがGSX-R750でした。

憧れはヨシムラのトルネード、ボンネビルでしたが・・・・・(笑

すぐ同じ型の1100に乗り換えましたがそれまで乗っていたFZR-400と比べて質感の凄さ、ライトの明るさ、トルク、パワーの凄さには驚いた思い出があります。

当時、学校に行く前に早起きをして峠に通い登りはあえて本気で攻めず下りのコーナーで250ccや400ccと勝負してました。

だって登りや直線が速いのは当たり前ですから・・・・・・・

その十数年後、まさか自分がスーパーバイクでレースに参戦するとは思ってませんでしたが400ccでレース参戦したときよりスーパーバイク(750cc)で参戦したときのほうが気持ち的にも楽で成績も残せたのは小学生の時からやってたMXのレース活動とこのGSX-R750、1100で峠を攻めていたからだと思っております。

どうしても油冷GSX-R750と言うとヨシムラの辻本さんの印象が強いです。

カウルを擦りながらのコーナリング、未だに鮮明に覚えてます。

投稿: YZF-750 | 2010年5月20日 (木) 17時41分

おぉ、シュワンツ@デイトナ200号ではありませんか!
3号のガンマに続いて、いったい何冊買ってしまうことやら ( ̄Д ̄;;
商売上手な編集さんですこと。
当時の写真を見る限りシュワンツのR750のフロントカウルは
ステッカーが微妙に異なる2種類が存在するんですが
その理由が分かればお願いします。
それと604号の初期型Rもよろしく!
AさんBさん以外のヨシムラOBの討論会でもあれば
是非とも観客で参加させてください!
(高木さん、福嶋さん、村越さん、etc)

投稿: カミカゼボーイ | 2010年5月20日 (木) 19時51分

蹴る・ギャラざんすサン、
NSRやYZRが出てくる前のTZ250っていったら、
『ライディングスポーツ』時代から『レーサーズ』でも
毎号お世話になってるライターの吉村誠也さん
ド真ん中の時代ですよ!
なにせ、福田照男さんとグランプリを転戦した人ですからね。
吉村さんに監修頼んだら、
100ページの『レーサーズ』では収まりきらないかも!?
ヤマハの普及(TZユーザーをフォローするサービスグループ)にも、
名物オジサンがいっぱいいました。
いつ特集できるか分かりませんが、
吉村さんと企画を温めたいと思います。

元GR71F乗りサン、
ボクはGSX-Rのオーナーになったことないのに、
なぜかGR71F(71G共刷り)のサービスマニュアルと
パーツリストだけは持ってるんですよね。しかも新品。
今でも、出物を探しています。
GS1000Rについてもページを割く予定でいます。
スズキフランスのガレージには、いまだにあの'83モデルが
ビニールにかかって保管されてるんですよ!

ポン吉さん、
カワサキのGPレーサー、ありましたでしょ!?
KR250とか、KR500とか、最近では中野真矢が乗ったZX-RRとか。
いつしか、カワサキ“Z”レーサーもやる予定です。

ショバート派nyaサン、
フレディ、ウェイン、ババがAMAスーパーバイクで乗ってた
インターセプターはカッコよかったです!

P4Uさん、
ジェラルド・コードレイ、'84年にカワサキから
ホンダに移籍した当時は30歳。
彫りが深くてモデルさんみたいなフレンチ・ダンディでしたね。

YZF-750さん、
もしかしたらレースの現場でお会いしてます!?
いったい、どなたでしょう?happy01

カミカゼボーイさん、
604号といったら辻本さん。赤/黒なら'86年、
青/白なら'87年でしたっけ!?
とにかく、カッコイイGSX-Rばかりです。

明日は、いよいよVol.4が搬入されます!

投稿: スチャラ加藤 | 2010年5月20日 (木) 20時59分

油冷GSX-Rのワークスレーサーの特集なのでしょうか。
スズキは気前よくパーツ放出をするメーカーですのでカオスに陥りませんように祈ってます。
社内チームタイタンや千石選手のマシンはワークスだったのでしょうか。

同門ライバルのスガヤΓに1ページでも割いていただければ…
87年なんてエンジン以外はまんまXR45Γみたいなマシンでしたし。
水冷時代にはTL1000Rなんて異端児もあったメーカーですから楽しみにしています。

投稿: 丈二ぶ熊野ビッチ | 2010年5月21日 (金) 21時35分

カワサキZの特集楽しみです。ただ、Zの特集というと過去何度もいろいろな雑誌で特集が組まれていますが、KR1000やZ1000S1までは詳しく書かれているのですが、その後のGPz750RやZXR-7などは駆け足で紹介されて終わりって言うパターンがほとんどです。私としては駆け足で終わっている部分に重きを置いて作っていただきたいです。もちろんTT-F3で活躍したGPz400RやZXR-4のストーリーも忘れずにお願いします。うちには何故かチームグリーンで使ってたGPz400RとZX-4(グッドラックカラー)があります。
GSX-Rの特集も楽しみです。特に油冷初期型のGSX-Rはカッコいいですね。私の中ではキングオブ750です。あっ、400もお願いしますね。ミラージュ関東とヨシムラの関係も楽しみです。
まずは6月24日のNSR500を買いに本屋に走ります。

投稿: MCAH | 2010年5月21日 (金) 23時31分

はじめまして。GSX-R乗りなんで『RACERS』Vol.5非常に楽しみです。それにブログ拝見して感動しました、本当に好きな人がちゃんと作ってるんだなぁと。エディトリアルデザインに携わるものとしては、紙面デザインにも期待したいところです。是非いい本を作ってください!!

投稿: MOTO-EYE | 2010年5月23日 (日) 00時20分

油冷! 非常×2に楽しみです。
私もHBカラーにやられてしまった口でして初期型GSX-RをスズキフランスのHBカラーにしていまだに乗っていたりします(苦笑)

投稿: Yama | 2010年5月23日 (日) 08時45分

レーサーズは毎号とっても楽しみにしてますが、ようやくお目当ての油タヌキ系が出てきて、思わず「やったー♪」と叫んでしまいましたw
次は、GP50.80.125をお願いします。

投稿: クライムブロス | 2010年5月23日 (日) 09時07分

いつも雑誌、ブログ共に楽しく拝見させていただいております。スチャラ加藤さんやこちらをご覧になられる方々は既知のことかと思いますが、モリワキエンジニアリングさんのHP内、原CHAN Blogというコーナーで80年前後のヨシムラ・モリワキの8耐のインサイドレポート的な話が出ており、特にグレーム・クロスビーについてが回数長くなってきております。次号GSX-RでGS1000Rも取り上げられるとのことでしたので、ちょっと時代が遡りますが・・・。

そしてモリワキさんのMDシリーズ(MD211VF、MD600)をRACERSで取り上げたらどんな紙面になるんだろう?とふと興味を持ちました。勿論、既出のマシンは80年代以前のもので、今だから言える内容等があることは重々承知しておりますが、MDシリーズはそれらにも負けないほどの熱さを感じます。先日のMOTO GP Rd2スペインでも富沢選手と共にモリワキユーザーのエリアス、ルティにも肩入れして見てしまいました。RACERSの趣旨とは離れるかもしれませんが、レース観戦人口の減少が囁かれる中、現在のレーサーに思い入れを持って見れるような記事が増えればと空想してみました。

長文失礼しました。今後も読み応えのある楽しい紙面を楽しみにしております。

投稿: 人力下り系二輪 | 2010年5月23日 (日) 20時37分

日の丸ツナギの辻やんの86SBあたりから入るわけですね

でもその前にせめて
ZX-RR06フューチャリング号
は出して欲しかった・・・

KRのお宝磨いて待ってますw

投稿: しめG | 2010年5月24日 (月) 06時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265253/34774743

この記事へのトラックバック一覧です: 7月24日発売『RACERS』Vol.5はGSX-Rです:

« 5月24日発売『RACERS』Vol.4制作中ぅ~ | トップページ | 5月24日発売『RACERS』Vol.4完成! »