« 9月24日発売『RACERS』 Vol.6の表紙完成! | トップページ | 富沢祥也さん、逝く »

2010年9月 4日 (土)

9月24日発売『RACERS』 Vol.6取材・カワサキ編③

08zxrr
[↑MotoGPマシンのこんなトコロも公開OKに!]

仕事の緊張感というのはスゴイもんで、
昨日は一睡もせずにカワサキ明石工場に行き、
午前、午後と取材をしてきたんですが、
全く眠くなりませんでした。われながら若い、若いcoldsweats01
というか、眠気が吹き飛ぶほど、
エンジニアのみなさんのハナシがおもしろかった。
締め切りまで残り10日のところだったんですが、
無理して行ってよかったー!

あ、上の写真は'08年に走ったZX-RRの
エアボックス全開写真です。たぶん、これも本邦初公開。
こんなに公開して大丈夫かな!? と、こっちが心配になるw。 

さて、牛島詳力さん、
例のGSX-R1100の写真、ヨシムラの広報さんから
メールきました(↓)。
「(この撮影用に借りた)オーナー様から回答が来ましたので
以下添付いたします。奇麗な中古を探して買ったようです。

・ステー類はいじってません。多分……
・フロント周りをゴソっと換えていること
・リアを目いっぱい上げていること
・レーシングスタンドでケツが上がっていること
・シングルシートのせい??
(フロントが下がって見えるのは)多分、
そんな影響ではないでしょうか?
フロント周りは、フォークをGSF1200用、
三つ又とハンドルバーをR750J用、
ブレーキ、クラッチマスターとかも換えてますか ら、
ノーマルとは位置関係が変わって低く見えるんでしょうね、きっと。
リアショックはオーリンズの車高調整式で、限界まで上げています。
あ、フロントもミリ単位で上げ下げして走り回って
少し下げて合わせていますね、多分。
とにかく17インチにすると、ケツ下がりになってしまい
フロントに荷重がかかりにくいです。
最後には、タイヤの銘柄を外周の一番大きいのを探して
170の……なんだっけ? にしてます。
ブログのコメントでは87年の黒って書かれていますが、
(正解は)88J型です」

どなたかは分かりませんが、
オーナーさん、ありがとうございました。

MCAHさん、
『ライディングスポーツ』の1986年6月号って
↓コレなんですが、
6

見開きで紹介していたといわれた
GPz400RのTT-F3マシンの記事がどうしても見つかりませんcoldsweats02
あったのは、↓コレだけ。
6_2

その前後のかなりの号を見回してみたのですが発見できず。
センパイたちにも聞いてみたんですが、
「えっ!? そんなのヤッたっけ?」と、まるで記憶喪失。
もしかしたら、『サイクルサウンズ』ではないですか?

『サイクルサウンズ』といえば、YASU!さん、
和歌山(利宏)さんの“X-09の真相に迫る”記事、発見しました。
1992年12月号に、YASU!さんおっしゃるとおり
想像イラストが載っていますね。
さすが、和歌山さん、かなり正解に近いです(←なぜか上からcoldsweats01
こうやってむかしの記事読むのも、オモシロイなぁ。

牛乳さん、
裏表紙もイイですよー。

yzr500さん、
お気遣い、ありがとうございます!
あと10日でホントに終わるのかなぁshock

|

« 9月24日発売『RACERS』 Vol.6の表紙完成! | トップページ | 富沢祥也さん、逝く »

『レーサーズ』制作舞台裏」カテゴリの記事

コメント

更新お疲れ様です!いや〜すごい所まで撮らせてもらってますね!
X-09にしてもそうだけど色々とぶっちゃけすぎで見てるこっちが心配になります
しかしそのぶっちゃけも我々読者が目にするのは加藤さんというフィルターを通して見る事になります
なので今まで以上に気合いを入れて高性能なフィルターとなって頑張ってください!期待しています!

投稿: yuppe | 2010年9月 4日 (土) 09時20分

図面も引けるテストライダーと編集後記で
和歌山さんのことを書かれてましたしねw

明石に耐久マシン
Godier GenoudのKR1000って
あったと思うのですが(昔は階段下に放置プレイw)、
アレ好きですw でっかくてw
しかし、ここまで見せちゃうのは
カワサキらしくっていいですねw
あえて男ではなく“漢・カワサキ”でw

投稿: YASU! | 2010年9月 4日 (土) 10時00分

ZX-RRの写真、スロットルバルブが左2気筒は全開・右2気筒は全閉って?
この辺も記事で解き明かされるのでしょう。
期待しています。

投稿: f-j | 2010年9月 4日 (土) 15時27分

スチャラ加藤様、ヨシムラ広報の方、そしてGSX-Rオーナーの方、大変参考になりました、ありがとうございます。

黒一色のGSXRといえば、映画ブラックレインで松田優作が乗ってましたね・・・オープニングではマイケル・ダグラスがハーレーのXLCRカフェレーサーで登場して・・・

GPZ400RTTF-3マシン・・・

2代目スケバン刑事、南野陽子のマシン、ってのはさておき・・・

このあとも87年のGPX400R、88年のZX-4とかたくなにレーサーレプリカ路線を拒んできた反動か、89年にはZXRを250~750まで一気に、倒立フォークまでつけて・・・

カワサキってキレたときが面白いです。

投稿: 牛島詳力 | 2010年9月 4日 (土) 20時22分

GPz400Rのキットの記事ですが、
サイクルワールド誌(レーシングヒーローズ誌?まだフォルツァの誌名時代?)の可能性はないですか?
うろ覚えですが、なんとなく記憶があります。

投稿: YASU! | 2010年9月 5日 (日) 10時36分

取材、お疲れさまです。
いよいよ発売日が近くなりましたね(あっ、別にプレッシャーをかけているわけではないですよ)。
ライスポ誌1986年6月号の件、わざわざ調べていただいてありがとうございました。しかし、ライスポ誌でないとすると…う~ん、YASUさんや加藤さんの言われるとおりSS誌もしくはCW誌なのでしょうか?今まで間違いないと信じていたのですが…、記憶喪失は私の方だったみたいです。加藤さん、編集部センパイのみなさん、ご迷惑おかけしました。
ただ、RC誌の同月号にも試乗レポートが掲載されていますので、この頃であることは間違いないんです!カワサキにしては珍しく30台限定で発売された市販レーサーだったのですが、雑誌に掲載された時にはすでに全て売り切れていたらしいです(何故か我が家に2台集まってます、他4台も現存確認済)。
牛島さん、確かにスケ番刑事の愛車です。この頃の各社のモデルチェンジのピッチって異常とも思える速さがありましたよね。同様に皆が挙ってコンプリートマシンやチューニングパーツを購入したものです。あんなに出回ったパーツやマシンはどこに行ってしまったのでしょうか?
おっと話が反れました。
ところで、そろそろVol.7の話題が出る頃ではないですか?
NS(スペンサー)とくればYZR(ケニー)かな?までは想像がついたのですが、それ以降は思いもよらない企画に圧倒されっぱなしです。
そこが良いところなんですけど…。
「レーサーズ」を始め「レーシングオン」「アーカイブス」「ラリー&クラシックス」
三栄書房さんの本は、どれも熱過ぎます!64式さんの気持ちがわかります!!

投稿: MCAH | 2010年9月 6日 (月) 17時17分

vol.7というか是非お願いしたい……
というか、絶対考えていると思われる
“栄光のTT-F3”特集でしょう!w
鈴鹿4耐歴代ウィナー(最初はレーサーも混じってますがw)や
F3で大活躍したり、特昇した名ライダーも多いですし。
80年代の4スト全盛期に登場した
SSイシイのTZR250(1KT)による2スト時代の到来。
これがなければNSR250Rもなかったですしw
そして最強の2ストTT-F3マシン“NSR250RK”
1冊では収まらないくらい、
4メーカー、コンストラクター目白押しw
現存する車両を探すのが一番難しいですが
TT-F3は日本ならではのカテゴリーですからね。
RS125/250特集やTZ250特集(HHシリンダーの話とかw)も面白いかと思いますが、
F3は面白いかとw

あ、鈴鹿4耐のTSR“秘策”特集も是非w
三口クイックチャージャーとかコの字スタンドとかw

投稿: YASU! | 2010年9月 8日 (水) 10時37分

初めまして、懐かしいライスポですね。この頃からチマチマと買っていた記憶がありますね。写真は86年のデイトナのFZ750に乗ったマックマーターでしょうかね?
それはそうと次回のX-09の記事はかなりマニア心をくすぐる内容となりそうでわくわくしてます。

投稿: ぴあぽっぽ | 2010年9月15日 (水) 11時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265253/36528818

この記事へのトラックバック一覧です: 9月24日発売『RACERS』 Vol.6取材・カワサキ編③:

« 9月24日発売『RACERS』 Vol.6の表紙完成! | トップページ | 富沢祥也さん、逝く »