« 9月24日発売『RACERS』 Vol.6取材・カワサキ編③ | トップページ | 9月24日発売『RACERS』Vol.6が大詰めです »

2010年9月 6日 (月)

富沢祥也さん、逝く

今シーズン、Moto2クラスに参戦していた富沢祥也さんが、
昨日サンマリノで行われていた第12戦の決勝中に転倒し、
急逝してしまいました。こちらは第一報です。

僕はお会いしたことはなかったのですが、
隣の『モトチャンプ』の編集スタッフが彼の開幕戦優勝に
「祥也、スゴイ!」とみんなで喜んでいたのが昨日のことのようです。

また、先日発売された『ライディングスポーツ』10月号の
付録DVDにも彼は出ていて、その明るいキャラクターからは
想像もできないような攻撃的な走りに見入ってしまいました。

この業界に入って初めてライダーのお葬式に参列したのは
1995年の永井康友さんのとき。
あれから何人、レースやバイクの事故で知人、友人を亡くしたか。
「二輪の仕事は楽しい」と、
脳天気には言ってられないほどショックです。

ご冥福をお祈りいたします。

Moto2開幕戦ウイナーになった富沢さんをたたえる
『ライディングスポーツ』6月号(↓)
6


|

« 9月24日発売『RACERS』 Vol.6取材・カワサキ編③ | トップページ | 9月24日発売『RACERS』Vol.6が大詰めです »

『レーサーズ』以外の話題」カテゴリの記事

コメント

若井伸之、永井康友、加藤大治郎、阿部典史、沼田憲保、そして富沢祥也。
昨夜はバイク屋さんで呑みながらのレース観戦会でした。事故映像を見た時、万が一を考えてしまいました。その後ちょっとだけ命に別状はないという情報が流れて安心していたのにtwitterで訃報のTLが流れ出した時の冷たい空気。それこそ一瞬で皆酔いが醒めていました。
名前も知らないもっと多くのライダーが亡くなっているのだと思います。事故は無くなる事はないと分かっていますが・・・死んで欲しくはありません。
まだ19歳だよ・・
もうこれ以上そちら側につれていかないで・・

投稿: サトウ | 2010年9月 6日 (月) 08時21分

言葉が見つかりません。これからという人なのに・・・。

ご冥福をお祈り致します。安らかに・・。

投稿: yzr500 | 2010年9月 6日 (月) 09時33分

ご冥福をお祈りします。

まるで関係ないことは分かっているし、理解してるつもりだけど、SHOEIユーザー多すぎないか?

投稿: | 2010年9月 6日 (月) 10時31分

残念としか言いようがありませんね

御冥福をお祈り致します

投稿: yuppe | 2010年9月 6日 (月) 11時19分

富澤選手の事はよく知りませんが、この表紙はしっかりと覚えています。世界で戦える次世代がしっかり育ったんだと安心してたんですが...
永井選手のお葬式で本願寺に行った日を思い出して胸が苦しくなります。

ご冥福をお祈りします。

投稿: beatnik | 2010年9月 6日 (月) 13時27分

富沢選手のご冥福を祈ります。

まだまだこれから、日本人ライダーの中で一番今季は成績もよくモト2クラス人気の立役者、将来有望視されていただけに残念でなりません。

たぶん他国の選手もいると思います。
ただ、我々が日本人なのでそこをどうしても見てしまうからだと思います。

自分が記憶しているだけでも、有名で将来有望ライダーだと隅谷選手、木山選手、石川選手、高井選手、若井選手、永井選手、澤田選手、大島選手、小倉選手、加藤大治郎選手、加藤直樹選手、前田選手、奥野選手、沼田選手、阿部選手、今回の富沢選手・・・・・・・・・・・

このほかにも多数いると思います。
自分がレースに参戦していた時も年に何人かの友人を亡くしました。

自分の走っていた頃の写真の8割くらいは黒い腕章をしてます。

過去のレースでの死亡事故を調べてみると今回の富沢選手と同じように後続車にはねられてしまう事例が多く避けようがないクラッシュも多いようです。

改めてご冥福を祈ります。

投稿: YZF750 | 2010年9月 6日 (月) 17時48分

スポーツ外傷を実際にケアしたり、その方法を後輩に教育することを仕事にしています。この立場からは、格闘技など最初から怪我すると判っている種目には関わりたくないものです。

過去にはモータースポーツ界にも少しだけ関わっていました。幸い、私が関わっている選手たちにこのような事故は起きませんでしたが、いつこのような事態になるかと考えると不安で仕方ありませんでした。でもやはり自分の一番好きなスポーツ、フェンスの内側にいてそれを感じられるという魅力には負けてしまっていました・・・

実際に走っている人はもっとそうなのでしょうね。あるプロのライダーが

「サーキットに入ってからは、決勝が終わるまで家に電話をしない」

と教えてくれました、死と隣り合わせの怖さとプロフェッショナリズムをバランスさせ、覚悟を決めた上で闘っているんですよね・・・月並みですが、そんなレーシングライダーの皆さんを尊敬します。


最後になりましたが、富沢選手のご冥福を祈ります。

投稿: 牛島詳力 | 2010年9月 7日 (火) 14時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265253/36563577

この記事へのトラックバック一覧です: 富沢祥也さん、逝く:

» Twitter Trackbacks []
[続きを読む]

受信: 2010年9月 6日 (月) 07時52分

« 9月24日発売『RACERS』 Vol.6取材・カワサキ編③ | トップページ | 9月24日発売『RACERS』Vol.6が大詰めです »