« ケニーがもうすぐ来日しますッ! | トップページ | 11月24日発売『RACERS』Vol.7のエディ取材 »

2010年10月18日 (月)

11月24日発売『RACERS』Vol.7のヤマハ取材

0w86
[↑'87シーズンを走った0W86]

朝晩、ずいぶん秋めいてきた昨今。
みなさん、どうお過ごしでしょうか?
ツーリングに出かけるには絶好のシーズンですね。

ひとつ前のブログでご投稿いただいた、yuppeさん、
今週末のケニー熊本イベントのテレビ放送があるかどうかですが、
明日まで待ってください!
今日、熊本朝日放送に電話するの、失念しておりました!

つるちゃんサン、
「過去の日本でのEDDIE~」といえば、ボク的には
1986年のTBCビッグロードレースです。
マルボロYZRに乗るゼッケン01番のエディと
ゼッケン1番を付けた平さんのトップ争い。
最終ラップの10%勾配手前のシケイン入口で
平さんにインをさされて2位に甘んじたエディ。
日本人的には平さんによる劇的逆転優勝で感極まりましたが、
果たしてエディは本気だったのか、それとも実力で負けたのか。
「TADAHIKO TAIRA」との思い出も含めて、
あのレースの心情を聞いてくる予定です(覚えてるかなぁ)。

MCAHさん、
ケニー熊本イベントに参加できるんですか!?
うー、うらやましい!
楽しんできてください。
奥さんのともこさん(←オレ、名前バラしまくってるナ)は、
ものすごいキレイなのに、とても気さくな方です。

さて、11月発売の“Marlboro YZR Part 1”号制作に向け、
いよいよ本格取材開始です。
このブログでもその進捗状況をお知らせしていきます。
(↑なかなか更新できなくて恐縮ですが……)

事後報告ですが、先週磐田に行って、
特集対象であるマルボロYZRの撮影と
エンジニアのみなさんへの第1回目取材を行ってきました。

そこで問題です。
↓このバイク、『レーサーズ』読者のみなさんなら
覚えていらっしゃいますよね?(意味もなく上から目線coldsweats01
0u28

ハイ、量産のXJ750Eをベースに開発された耐久仕様の
1984年製TT-F1“XJ750R(0U28)”でございます。
'84年の鈴鹿8耐では上野真一さん/河崎裕之さんが駆って、
やっぱり(!?)7時間半ごろに止まってしまったバイクですね。
この紺/赤のストロボライン、カッコイイなー。

それはさて置き、この4ストロークレーサーと
今回特集するマルボロYZR('80年代後半モデル)に
共通する技術項目はいったいどこでしょう?
この写真を、よーく見れば分かります。

というような、「なぞなぞ」「雑学クイズ」「愚問」「奇問・珍問」の
取材をしてきました。エンジニアのみなさん、いつも感謝です。

もちろん、まじめな(?)取材もありまして、
さらに詳しく深く第二次取材に向かおうと思います。

あ、それから、明日からエディ・ローソンさん取材のために
渡米してきます。戻りは24日の日曜日です。

↓2日かけてミーハー編集者(ボクのこと)に
身包み剥がされてお疲れの0Wたち。
エレベーターに乗っけられて、帰っていきました……。
Yzr

追伸/そうそう、一番上にも掲げました0W86が世に出るのも
とても久しぶりなことなのだそうです(ヤマハの広報さん談)。
聞けば、今回の『レーサーズ』取材・撮影に合わせて、
全バラ→整備→組み上げて完成車にしてくれたとか。
前号のカワサキといい、今回のヤマハといい、
全く現行量産車やレースに関係ないのに、頭が下がります。
ありがとうございます!

|

« ケニーがもうすぐ来日しますッ! | トップページ | 11月24日発売『RACERS』Vol.7のエディ取材 »

『レーサーズ』取材ウラ話」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
86TBCは、私の好きなレースの一つです。
平選手がそれまでとラインを変えて抜いたんですよね。
ゴールライン上ではかなり際どかった様な気がします。
その前の鈴鹿ではヤマハワークスカラーだったのが、ローソン選手と同じくマルボロカラーになっていました。
いよいよ500で世界GP参戦だと思わせましたね。
苦しかったシーズンも3連勝で締めくくる事が出来て、ファンとして嬉しく思いました。

投稿: みっちゅん | 2010年10月19日 (火) 13時42分

更新お疲れ様です
ローソンにインタビューですか…電撃移籍→復帰→新天地へ〜の謎というか心境も聞いてみてほしい
おそらくカワサキZ系の話しもきかれると思うんですが
時間が余ったらでいいのでKR500、250の事もきいてみてください
それでは気をつけて行ってきてくださいね

投稿: yuppe | 2010年10月19日 (火) 14時43分

初めましてです。創刊号から読ませてもらってマス。
ヤマハ党の自分としては「YZR特集」いまから待ち遠しいです。
アゴスチーニ率いるマルボロチームとケニー率いるラッキーストライクチームの戦いなんか特集してもらえたら嬉しいです。
ケニーがサテライトからワークスの監督に移行していったいきさつなんかも知りたいな。
写真もきれいだし、速く発売日こないかなー。

投稿: ビーマーベイベー | 2010年10月19日 (火) 16時41分

ケニー熊本イベントの放送予定が分かりました。
11月20日、14時00分~14時55分、熊本朝日放送にて。
ただし、熊本地区のみの放送だそうです…。
誰か熊本に知り合いいない!?

いま飛行機乗りました。
これからエディのとこに行ってきます。
それにしても、時間がない…。

投稿: スチャラ加藤 | 2010年10月19日 (火) 18時33分

うあぁ~~、いきなりOW86のこの構図ですか!!!

参っちゃいました。

SUGOのピット上から見た思い出の構図です。

旧コース、SUGOの最終年、86年のTBCはシケインで仕事をしてました。
平さんは執拗にアウトから仕掛け1回は前に出たけどその後、エディは常にアウト側をブロックし続け最終ラップもエディはアウト側ブロック、そのすきをついて平さんはインに飛び込んだんですよね。

シケイン立ち上がり、エディがリアスライドをスライドさせ全開で立ち上がって行った事を考えると手抜きには見えませんでしたが・・・・・・

またこの年、F1にヤマハYZF750に乗りサロン、マギーもスポット参戦、絶好調のヨシムラに乗る辻本さんとのバトル(実際はサロンがぶっちぎっちゃいましたが・・・・)などかなり豪華なTBCだったと思います。

#54XJ、懐かしいです。
この頃、市販車はFZ400が同じカラーリングでしたね。

いやぁ~~、80年代中盤、まさに一番自分も2輪に夢を抱いていた頃かも。

まさか自分も同じ舞台で走る側になるとは思っても居なかった頃です。

やはり自分のレース好きはNSRよりはYZR、RVFよりはYZF(FZR)派、いわゆるヤマハ党なので今から楽しみでなりません。

ビッグマック、ロブマッケルニとか懐かしいなぁ~~、そう言えばフレディも乗ってましたしねぇ~~。

投稿: YZF750 | 2010年10月19日 (火) 19時55分

TBCビックロードレースで思い出すこと。
金谷さんのだみ声とシーン転倒話
あと、アナウンサーの名前がなんだか
速そうに思ってみていました。
(草刈裕之アナ:草刈正雄+シャケさん)

投稿: RC45 | 2010年10月19日 (火) 23時47分

いつも楽しみに購読させて頂いています。さてYZRとXJ750Rの共通技術項目ですが、冷却系じゃないですか?。80年代後期のYZRはかなりオーバーヒートに悩まされ、試行錯誤していたような。シートカウルにもラジエタが装備されてましたよね。画像の耐久レーサーXJ750R、かなりアッパーカウルのエア取入口が88のYZR500に似ているような?。取材頑張って下さい。発売楽しみに待ってます!。

投稿: カルロス | 2010年10月20日 (水) 08時54分

モデラーとしては
マールボロレッドの発色ネタなんかもw
写真やテレビで見る色と
実車の色はまったく違いますからねw

上野さん元気ですかぁ~?
オクムラさん(だったかな?)のブログで
おみかけしましたーw

投稿: YASU! | 2010年10月20日 (水) 09時52分

Kawasaki繋がりは無いですが、この年代はストライクですね。次号も楽しみにしてます。

投稿: くま | 2010年10月22日 (金) 09時18分

毎号欠かさず購読させていただいています。
私も年代的にストライクな特集が多く、ページを捲る度に懐かしいライダー、マシンの美しい写真の数々に見入っています。

今回のYZR500特集、ヤマハ党のため大変期待しております。

そこで、少しズレた希望なのですがYZR250、特に86年HBのカルロス・ラバード及び88年DUCADOSのファン・ガリガの両名に関する記事を少しでも良いので載せて頂けたらと思っております。

この二人の、NSR勢を向こうに廻した激しい走り(まさに激走)が今でも脳裏に焼き付いています。

本題からはズレた内容ですが、ご検討の程宜しくお願いします。


今後もこの雑誌が継続・発展していく事を願っています。

投稿: パックマンマーク | 2010年10月22日 (金) 18時38分

取材ご苦労さまです。今回のYZR大変楽しみです。自分がGPファンになった頃のマールボロYZR、ロスマンズNSRは、当時高校生だった私には、あこがれのバイクでありRS誌の発売を楽しみに待ってた記憶があります。取材は大変かと思いますが体調には気を付けて頑張ってください。
勝手なお願いですが、いつかヤマハ250もお願いします。先日某BS番組で平さんが乗ったYZR31号車、原田さんが乗ったTZM31号車、中野さんが乗ったYZR56号車が三台並んだ映像がわずか数秒ですが放送され思わず声が出てしまいました。いろいろあるかとは思いますがぜひお願いします。

投稿: ねねけん | 2010年10月23日 (土) 09時03分

みなさん、TBCは見られたクチですね。私も現地にいました。
メインスタンドでオーロラビジョンを見ながら、ゴールラインで平さんのYZR500がローソンのマシンより前でゴール!したのを、鳥肌がたちながら見ていました。タイヤ半分位前だったかもしれません。とにかく、凄いレースでした。
あのレースでは、ローソンが手を抜いたとか、逆に勝つつもりだったのに、機嫌悪くして、表彰式に出ないと言ったとか・・。

86年のマルボロカラーは蛍光色(TBC限定?)が綺麗でした。

ローソンへの取材、がんばってください。
(決して、期限を損ねないように・・)

投稿: yzr500 | 2010年10月23日 (土) 23時12分

毎回楽しみに読ませて頂いております。

ヤマハのライダーって綺麗なフォームのライダーが多かったように思うのは僕だけかな?happy01
ケニー、ローソン、平さん、それにサロン。
当時のライダーのフォームの比較みたいなのも、面白そうhappy01

頑張って下さい。

投稿: 哲哉 | 2010年10月24日 (日) 08時57分

はじめまして。
早速ですが、昨日 阿蘇で行なわれたケニーのトークショーに行ってきました!
あわよくばサインを貰えればと淡い期待を抱きつつVol2のKenny'sYZRとマジック持参で。
現地に着いて、スタッフの方にサインを貰う事が可能か訊ねたのですが、
難しいとの答えでなかば諦めていたのですが、ケニー一行が会場入りした直後にサインを
貰う事ができました!scissors(v^ー゜)ヤッタネ!!

初めて見る生ケニー!握手もして貰い最高でした!

一生物のお宝が出来ましたので、ビニール袋に保管して、通常用にもう1冊
購入させて頂きます。(o^-^o)

投稿: 青耳 | 2010年10月24日 (日) 10時56分

こんにちは!カトウさんと読者の距離が近く感じられるこのブログ、『RACERS』同様好きです!
ありがとうございます!

1986TBCも強烈で印象的でしたが、ケニーさんのゼッケンR、エディさんがLで走ったTBCビッグロードレースは猛烈に印象的で、世界GPとの差が大きく感じられ、私がロードレースファンになったキッカケになりました。
その時のエディさんは何か感じられたのか知りたいです。

投稿: えでぃ | 2010年10月24日 (日) 14時31分

TBC、今となってはもてぎで毎年開催されている今のmotoGPくらいの価値がありましたね。

ちなみにバリーが最終ラップ、最終コーナーで転倒した際のVTRには幼いころの自分の声が収録されてます。

倒れて動かないバリーになかなか救助に行かないオフィシャルに対し
「早く助けに行けよぉ~~」
と・・・・・・・・・・

http://www.youtube.com/watch?v=-EjceRZh7wA

投稿: YZF750 | 2010年10月24日 (日) 17時11分

(*゚▽゚)ノmoon1あ、何十年ぶりのGP500 SUZUKAでE・ローソンは1周でなぜピットに戻ったのですか? ガッカリですよ。

あと当時Cサロン、マグー、川崎、ボールドウィン、マモラのYZR500はローソン選手とまったく同じでしょう?! ローソンの腕、カラダ一つで先頭にたってたんでしょうね。。。凄い^^

86.87、88はローソンスペシャルなど無いハズです!

投稿: つるちゃん | 2010年10月25日 (月) 21時30分

読者のみなさん、いつもありがとうございます。
無事、アメリカから帰国しております!
「エディの話はどうだった?」と、
みなさん気にされているかと思います。
明日、ちゃんとブログ更新します!
ということで、いまからバイクでデザイナーのトコ行ってきますrun

投稿: スチャラ加藤 | 2010年10月27日 (水) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265253/37291433

この記事へのトラックバック一覧です: 11月24日発売『RACERS』Vol.7のヤマハ取材:

« ケニーがもうすぐ来日しますッ! | トップページ | 11月24日発売『RACERS』Vol.7のエディ取材 »