« マルボロYZR号終わりましたー!次はコレです! | トップページ | '11年2月24日発売『RACERS』Vol.8について »

2010年11月22日 (月)

Vol.7搬入されました!発売はあさって24日です!

7

みなさん、いつもありがとうございます。

さて、ここで、問題です。
上の写真は今日ウチの会社に届いたVol.7ですが、
どちらかが「本物」、どちらかは色校時にボツにしたモノです。
違いは0W98のイラストそのものにあるのですが、
どこが違うか、お分かりになりますか?
ちなみに、色の出具合は関係ありません。
「こんなところコダワッたからって売れ行きは変わんないよ」って、
会社の人間に言われましたが、確かにそうかも……。
でも、ボクとデザイナーは凝り性なんだよなぁ。
本屋さんでお確かめいただけますと、幸いです。

それにしても、天才フレディさん、
どうしてこのVol.7をボクより早く入手できてるんですか!?
考えられるのは、大日本印刷の方か、
出版物の流通を司る取次店の方かだな。
いつもありがとうございます。

しゅんサン、
ボクが『ライディングスポーツ』を作ってた頃からさかのぼれば、
プライベートをすっぱ抜いたネタは、そりゃもうたくさんありますよ。
恥ずかしいモノから、シリアスなブラックネタまで……。
ちなみに、エディのベッドルーム横にあるクローゼットは
整理整頓ができない子供部屋のような散らかりようでしたhappy01
犬はいなかったですよ。とにかく、たったひとり。

さて、今週の金曜日(26日)、青山のホンダ本社に行って、
次号「'84NSR500」の撮影について打ち合わせしてきます。
すでにみなさんにお伝えしているとおり、
今回のマシン撮影では「全バラ」をお願いしている関係で、
その打ち合わせも綿密です。
もちろん、ボクはチャンバー4本を外すだけでなく、
エンジンもフレームから下ろしてもらって、ケースまで割って、
吸・排気のポート形状からクランクの軸配置まで見たい!
キャブも当然全バラで、特殊なキャブ本体から各ジェット類まで、
先方に「そんなとこまで見て、どーすんの?」と呆れられるまで
「おたく」丸出しでお願いするつもりです。
さらに、「'84NSR500バラし組み」の一部始終を録画して、
DVD付録にしたら「おたく」過ぎますかねぇcoldsweats01

でも、真面目なハナシ、もし、ボクが言っているようなところまで
バラバラにするとなると、相当なお金がかかるらしいのです。
今まで『レーサーズ』が展開してきたようなマシン撮影だけでも、
マシンの移動やそれにともなう人件費だけで、
どのメーカーとも1台につき○十万円はかかってたハズ。
それが今回さらにエンジンを下ろす、ヘッドを開ける、
ケースを割る等々したら、当然その作業は相応の手間がかかる。
しかも、撮影が終わってマシンを組む際、
ガスケットやオイルシールなどは新しくしなくてはならず、
それらもいちいち特注品だから、お金はドンドンかかっていく。
さらに、『レーサーズ』なんてのに協力したって、
現行量産車の記事が載るワケでもないときちゃ、
普通は腰引けますよね……。

ホンダ本社の広報予算だけではまかないきれないので、
朝霞研究所とHRCの予算も工面してもらって
(↑いったい、いくらかかるの!?bearing)、
どこまでボクの「おたく」要求をのんでもらえるのか、
話し合ってきます。
でも、この不況のご時世、
考えてくれてるだけでも、ありがたいです。
果たして、↓この透視イラストの現物が見られるか!?
84nsr500

toto猫さん、コウさん、YZF750さん、
フレディ・スペンサーのほか、アーブ・カネモトさんにも
ハナシを聞きに行こうと思っています。

熊野丈二さん、
このクルマについて阿部孝夫さんにインタビューできないことが
残念でなりません。HRCの資料の中に
阿部さんのコメントが残っているといいのですが……。

26日の打ち合わせの結果や取材の模様を、
今後もこのブログで報告していきます。

|

« マルボロYZR号終わりましたー!次はコレです! | トップページ | '11年2月24日発売『RACERS』Vol.8について »

『レーサーズ』制作舞台裏」カテゴリの記事

コメント

これは、左が没デザインですね!?

投稿: nolife_nobike | 2010年11月22日 (月) 19時28分

右が決定稿ですか?

スクリーンがちゃんと透明になってるということで・・・

実は天才フレディさんのコメントを読んで帰宅途中の本屋をハシゴしてしまいそうでした。

楽しみにしています。

投稿: 牛島詳力 | 2010年11月22日 (月) 19時40分

あはは、間違い探しみたいで簡単でしたね。

スクリーンでタイトルが消えてました。

でも気のせいか右の方がマルボロレッドが濃いのもおもしろいですね。

投稿: YZF750 | 2010年11月22日 (月) 19時52分

いやー、だからウチの会社の連中に
「レーサーズ読者ならこの違いが分かるハズ」って言ったんですよ。
さすが、みなさん! 正解です。
会社の連中は気付かない人ばっか。
センスないなーhappy01

イラスト単体では、スクリーン越しに誌名ロゴなんて
見えるはずなかったんです。でも、色校で
「スクリーンの向こう側にシートカウルは見えてんのに、
誌名ロゴが見えないのはセンスに欠けるなぁ」ってことになり、
締め切り押し迫った夜中~明け方に
デザイナー宅で作業した次第です。
大日本印刷さんも、よく付き合ってくれます……。

投稿: スチャラ加藤 | 2010年11月22日 (月) 20時19分

次号では
アーヴさんにもインタビューですか?
一時期、体調を悪くされていたと聞いていたのですが、お元気な姿を楽しみにしています。

おっと、YZR号を先に購入でした!

投稿: RC45 | 2010年11月22日 (月) 20時57分

 84年型NSRも楽しみですね。エンジニアは、何を考えてこのマシンを作ったか、そしてライダーはどう思ったのか。
どれぐらいギャップがあったんでしょうねえ、フレディもですけどエンジニアにも突っ込みまくってください。

投稿: RVF | 2010年11月22日 (月) 21時17分

加藤様、ご苦労様です。

ヤマハ星人の私としては、今は静かに発売日を待っております!!

しかし、あの家にエディ一人って・・・。
エディらしい~って思ってしまいました。
日本のYZR500ライダーのコメントなどもあるのでしょうかねぇ?!

とにかく、ワクワクして待ってます!

投稿: yzr500 | 2010年11月22日 (月) 23時16分

マシン横のマルボロのロゴも色味が濃くなってますよね。

いやあ次号はついに、というか早くも84NSRですか〜。
ホンダ派のボクとしてはもう今から楽しみで仕方ないっす!

またまた今回も中身充実なんでしょうね。
あ、余談ですが、ボクの親友の息子(中3)はフレディとマブダチです(笑)

投稿: サスケ51号 | 2010年11月22日 (月) 23時28分

84NSR今から楽しみにしてます。DVD付録大賛成です。どんどん「おたく」に走ってください。なおYZR号明日早速買いに行きます。

投稿: nuthatch | 2010年11月23日 (火) 14時27分

待ちきれなくなって、神保町で入手してきました。今号も読み始めると止められなくなる濃い中身で最高ですね。

思わず、86年のTBCのビデオを見てしまいました。TT-F1にサロンが出ていたり、マギー、辻本、宮崎とそれはそれで見とれちゃいました。500は500で、やっぱり良いレースでしたね。88年のUSもこれから見ようかなと思ってます。

しかし、前号の81年イギリスGPといい、古いレースがまた見たくなる記事、たまりませんね。

次号は2月ですね。期待して待ってます。

投稿: kenmatsu | 2010年11月23日 (火) 22時14分

今日発売日ですね。早く手にしたいです。だけど今日、本屋の開いてる時間に仕事が終わるかな(ーー;)

投稿: くま | 2010年11月24日 (水) 08時00分

ホンダバカなのでNSR250やRVFが見たいです。84NSR500もヤバいですね。

投稿: HRC大好き | 2010年11月24日 (水) 11時39分

スクリーンの透明度ではないですか?

投稿: eddielawson21z | 2010年11月24日 (水) 12時15分

早速買ってきました。
毎回ピントはずれなコメントで申し訳ないです。

8ページのマモラの隣に、赤いメットにRMのマッケルニが!!この出で立ちが大好きです。
CW誌でのジャンプシーンで一気にファンになったのですが・・・。
84年の8耐でクロスビーと組むと聞いたときは興奮したものでした。が!しかし、欠場でしたよね。

さて、今から熟読します。

投稿: 64年式 | 2010年11月24日 (水) 12時41分

早速買いましたsign01今読んでる途中です。
次回はホンダのRSの特集をしてほしいです。あとプラモデルはまだ買えてません

投稿: ミニ | 2010年11月24日 (水) 17時33分

面白かった! 今までで一番かもしれない位。インタビューがこれ位濃いと、引き込まれますね。次回のフレディのインタビューが楽しみです。何せ、私のガキの頃のヒーローですから。今でもフレディと84NSRのイラストを部屋に飾ってある位なんで。 今回以上に濃いヤツを期待してます!

投稿: コウ | 2010年11月24日 (水) 23時05分

スチャラさん。。

'84を頑張ってバラして下さい。動画に収めて下さい!

「付録付き」このご時世ないと売れない、付けると赤字って聞くと、なんだか悲しい話ですね。

無論大歓迎ですが、現実的ではないにせよ
他のも今後撮ってまとめちゃえば単品でも売れそうですよね。
FUJIMIの様な形でも構いません!


不毛な終焉を迎えたと伝えられるモノも
限られた情報や報道の仕方によって時に端的に誇張された伝わり方するもんですから
真実とは違ったりする筈です。

英語→日本語とか、日本語→英語(英語圏外の人)→日本語とか、外国語でダメ出しすると
なんだか日本語変換時によりキツく聞こえるのは言語学的な特有の性でしょうが、
そんなのも当時誇張に繋がる要因の一つだったのかもしれませんね。

是非、真相を丸裸にして福井さんの言う事も証明して欲しいっすね。

ところで!
あの「変わったヤツ」が売りに出してたNS/RSRWどうなったんすかね?
というか、なんで手放そうと決心したのか
ここでは書けないにせよ聞いてきて欲しいです、マジで。


エディにせよ誰にせよ
こういう場や取材ナシには彼ら本来のの人間性や人間みのある話も知り得ないので、とても感謝しています。

時にその人を見る目もいい意味でえらく変わったりしますから。

個人と業界との垣根を越えて
過去の偶像と現実、過去と現在を生で繋ぐ唯一の貴重な媒体ですからね。

これからも車体だけではなく
そういった人々のオフやプライベートも語って下さいね。

こっちもツッコミますんで^^

投稿: | 2010年11月24日 (水) 23時38分

毎号読ませて頂いております。
エディ…凄いですね

今の生活ぶり、ケニーのサポート時の置かれていた環境…今号のインタビュー無しでは知る事もなかったでしょう。

GPに興味を持ち始めた(1987年)当初、情報もあまり無くエディ・ローソンなる人物は理解のあるナイスガイだと思ってましたが、今号を読ませて頂き確信しました。


エディ・ローソン
「イイ人」

リクエスト受け付けてないと思いますが(笑)

「平忠彦&TECH21」ってテーマで出来たら

多分 泣きます

誌面作成 取材等 お体にお気をつけてください。

投稿: 新沼ッけんじ | 2010年11月25日 (木) 03時55分

まだ半分くらいしか読めていませんが、ラジアルポンプの話とか、興味深く読みました。

いずれ是非とも、FZR/YZF:5バルブスーパーバイクレーサーの系譜もお願いします!!

投稿: zeke | 2010年11月25日 (木) 20時28分

買いました~!
今、熟読中です・・・・。

やはり、引退してもエディはやっぱり
エディですね・・。
(でも、ずいぶん人柄が丸くなった気がするのは、私だけ・・・汗)

できれば、藤原”ノリダー”儀彦選手や片山信二選手の話も聞きたかったです・・。
(いつか、お願いします!)

次号も、楽しみに待ってます!!

投稿: yzr500 | 2010年11月25日 (木) 21時48分

このマシンのプラモデルが欲しいです。全バラなんてタミヤの人に帯同いただき企画化できたら良いな、なんて思ってしまいます。

投稿: 通りすがり | 2010年11月25日 (木) 22時25分

間違い探しやっとわかりました。
表紙「シ・ャー・ケさん」
本文「シ・ャ・ー・ケさん」
ですね。
あとはP21の「腕が筋肉粒々」ですか?

あとずっと謎なのがVol01のNS1想像イラストの
YAMAHAロゴなんですが...?

投稿: まいまい | 2010年11月26日 (金) 02時14分

Vol.7良かったです。エディのインタビューのページがたくさんあって面白かったです。
過去の事を話したがらない人が多いと思うんですよ……。でも今、知る事の出来る本が有るのは嬉しいですね〜

投稿: 作蔵 | 2010年11月26日 (金) 09時25分

97ページのE・ローソンの戦績年表
’84の開幕戦は彼にとって記念すべきGP初優勝なのにネームのベースが赤くなっていない。誤字等はいろいろありますが、これだけは、今もE・ローソンを崇拝している私にとってはとても残念です。

投稿: ロングフィールド | 2010年11月26日 (金) 15時47分

アマゾンの商品画像がボツのほうになってますねw
エディへのインタビューが読み応えアリでした!

そのうちYZR250やフレディのRS250RWなんかもやって欲しいです。

投稿: Gotaro | 2010年11月27日 (土) 02時18分

読ませて頂きました。
もう一冊欲しくなる内容ですよね。

86TBCはゼッケン1と01の2台のマルボロYZRが並んで走る夢の様なレースでした。
エディのコメントを読んで、やっぱりねと思いました。
正直者のエディに感謝です。

次回の84NSRも楽しみです。
ホンダは斬新な発想が凄いですからね。
何かとんでもない事が隠されているかも?

投稿: みっちゅん | 2010年11月27日 (土) 11時27分

四半世紀の昔(ああ、そんなに前のことか…)、RSだけが頼りだった在家ヤマハ党員の
元中学生には、ヘタなエ〇本より刺激が強過ぎて困る…w
そんなおっさんのリクエストとしては、そろそろ『NEON GENESIS FZR』とかいう
タイトルでFZR/YZFの特集が読みたいのであります。750も400もバッチコイw

P.S ホンダのトリコロールカラーは、個人的には'84パターンがベストだと思う秋の昼下がり。

投稿: TECHにじゅういち | 2010年11月27日 (土) 12時12分

スチャラ加藤様

こちらこそいつも素晴らしい本を有難うございます。いつも発売日の2日前には購入出来ますが今回は発売日の前日が祭日でしたのでその関係で何と過去最速の4日前に購入出来ました〜!超嬉しかったですね。発売日の前に購読出来るのはこの上ない喜びです。いつも読者の為に大変なスチャラさんより先に本を入手出来て申し訳ないです。ちなみに私の職業は出版関係ではありません。ただのトラック野郎で毎号仕事中にレーサーズを買いに走らせています(笑)トラックには大好きなフレディの切り抜きをバウチして年代別に何枚か貼ってあり得意先で特に同年代位の方は、それを見ては話し掛けてくれて会話が弾みます。やはりフレディは人気がありますね。断トツの速さでカッコ良かったしファーストフレディのニックネームは伊達ではありません。私は83年もフレディの実力が1番だと思います。天才は違います。チャンピオンになれたのはフレディのライダーとしての個人的才能がNSよりも大きかったと思います。次号は大好きなフレディ&84NSR特集で非常に楽しみです。

投稿: 天才フレディ | 2010年11月28日 (日) 07時30分

昨日7購入させて頂きました。

当時のレースをバイクを通した裏側から理解出来たようで深く読ませて頂きました。


次の84NSRも楽しみにしています。


いつかNSR250清水雅広編もお願いします。

投稿: 555 | 2010年11月28日 (日) 07時51分

Vol.7購入しました
まだエディのインタビューを読んだだけですが興味深い話がテンコ盛りで大満足です!
特に電撃移籍→復帰の件は真相を知りホッとしたような、逆に結局金かい!って感じでガッカリしたような(笑)
まあ加藤さんも言う通り道楽で走っていた訳ではないので当たり前の選択ですね
ホンダが引き留めなかったのはドゥーハンという才能を手に入れてチャンピオンも狙えると確信していたからですかねえ
それにしてもラグナセカでKRをテストした時にタイヤがまともだったらカワサキは撤退しなかったかも…

それでは次号も期待しています!
風邪などひいて体調崩さないように気をつけてくださいね

投稿: yuppe | 2010年11月28日 (日) 16時06分

毎号楽しみです。
ただ今回は
当時言われてなかったガンダムカウルとか
赤い彗星とか書き手の自己満足っぽい表現が
寒かったです。
レース雑誌なのですから、
こういう見出しはいりません。
あとは満足です。

投稿: hy | 2010年12月10日 (金) 09時20分

GPライダーの中でエディーはそんなに好きな人ではなかったんだけど、こうしてインタビュー記事を読むと人間性が出て親近感がわきますね。プロフェッショナルとはこういう人をいうんだろうなって思いました。やることやり遂げて好きなことして余生を送る…。こんな人生も素敵だなって思いました。
ガードナーのことライバルっていうあたりもエディーらしいなぁっ感じです。GP500時代の№1ライダーかなって思いました。
しかしエディーのYZRのハンドル垂れ角、キッツイですね。

投稿: ビーマーベイベー | 2010年12月20日 (月) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265253/37791968

この記事へのトラックバック一覧です: Vol.7搬入されました!発売はあさって24日です!:

« マルボロYZR号終わりましたー!次はコレです! | トップページ | '11年2月24日発売『RACERS』Vol.8について »