« 11月24日発売『RACERS』Vol.7あと1週間!? | トップページ | Vol.7搬入されました!発売はあさって24日です! »

2010年11月16日 (火)

マルボロYZR号終わりましたー!次はコレです!

Photo
[↑エディが大事にしてるお父様の形見]

今朝10時にようやく、ホントにやっと入稿し終わりました!
本来の締め切りは昨日の月曜日いっぱいだったので、
半日以上引っ張ってしまった……。
大日本印刷様、申し訳ありません。あとは頼みましたzzzzz。

今朝10時に入稿し終えたのに、今まで何してたかっていうと、
会社の自分の机に突っ伏して、廃人のように寝てました(汗)。
さっき起きた。カラダがミシミシいうぅ。

普通、編集部っていうと編集長以下、副編、デスク、
その下に編集部員がいて、進行担当がいて、
場合によっては校正者がいて、アルバイトがいたりするんですが、
この『レーサーズ』編集部ってところは、
そういった意味で「部」としての体を成してない……。
ウチみたいな貧乏所帯は、ボクひとりが編集長をやりながら、
バイク便にもなって印刷所に入稿物を届けたり、
デザイナーのところに色校持ってったり、その合間を縫って
自分のページの編集作業をして原稿も書かなくちゃいけない。
でもダメなことに、そんな忙しさが好きなんだよなぁ。
完全ドMな編集者ですぅ。

そんなことはさて置き、雑誌作ってて何が歯がゆいかというと、
企画性とページスペースの関係でボツになる写真があること。
ボクが読者だったら、そんな編集都合で机の中にしまわれちゃう
写真やネタこそが面白かったり、楽しかったりすると思うんです。
と、分かっていながら、やっぱり載せられないネタがあるから、
こうしてブログなんていうのをやってるんですけどね。

上に掲げた写真も今回掲載できなかったもの。
エディご自慢の'58フォード・ランチェロ。
先日なくなったエディのお父さんが乗ってたクルマで、
ものすごくキレイにレストアされてました。
見えづらいけど、リアウィンドーにはAMAスーパーバイク時代の
カワサキ・チャンピオンステッカーが貼ってあったりします。

↓こっちはエディのコレクションルームにあったポートレートの数々。
Photo_3

アイルトン・セナやエンツォ・フェラーリと一緒に写った写真もあって、
意外な交流関係の広さも知りました。

↓こっちは、ロサンゼルス郊外のコロナにある
トロイ・リー・デザインズのショールーム。
Photo_4

デイモン・ブラッドショーやジェフ・エミッグといった
トロイが塗ってきたヤマハのモトクロスライダーのヘルメットに交じって
エディがGP引退後にインディカーで被っていたBELLも発見。
モトクロス大好きなエディは、トロイをはじめ
モトクロス関係者とも交流があるそうです。

他にもボツになってしまった写真に、↓こんなのがあります。
Rs07_6277_28b
[↑ロングテールパイプの'87YZR500(0W86)]

84200
[↑珍しい白ゼッケンのYZR500。これは毎年春先に行われてた
イモラ200での写真で、写っているのはバージニオ・フェラーリ。
この'84年はGP引退直後のケニーも0W76で出走して、
あろうことかホームストレートでフェラーリと衝突大転倒。
もちろん0W76は大破でしたが、ケニーはスクッと立ち上がって
何事もなかったかのようにピットに戻ってます。さすがキング]

86_tbc_tk_
[↑マルボロということで、こんな意味不明な
写真も切り出しましたが、やっぱりボツ……]

とまぁ、これからもできる限りネタを落とさず誌面にして参ります!

ということで、マルボロYZR号を入稿し終えたばかりなのに
もう次号のご案内。次は、↓コレ、'84NSR500です。

Vol8

「また'80年代前半に戻るのかよ!?」と、怒られちゃいそうですが、
このクルマは謎だらけです。
マルボロ号の次号予告にも書いたんですが、
Vol.1の取材でホンダの前社長である福井威夫さんに
会った時のことです。福井さん曰く、
「俺はあのNSRがダメだったなんて全然思ってないの。
何でタイトルを獲れなかったのか不思議だよ。
あのバイクはよく出来てたんだから」と、仰る。
世間からは失敗作と揶揄されるも、
当事者はまったく逆のことを言う。
果たしてこのギャップな何なのか――。
たった1年で姿を消してしまったこのマシンの、
真の姿をみなさんに紹介したいんです。

ただし、年末年始を挟むのと、なんとHRCにこの'84NSR500の
全バラ(全部バラバラにすること。←説明になっとらんか!?)撮影を
お願いしているので発売は来年2月24日を予定しています。
面白い、いい本になるようがんばりますので、しばしお待ちください!

|

« 11月24日発売『RACERS』Vol.7あと1週間!? | トップページ | Vol.7搬入されました!発売はあさって24日です! »

『レーサーズ』制作舞台裏」カテゴリの記事

コメント

ボツ写真だけでもワクワクして次号が待ちきれないのにそのまた次が84NSRとはっ!ワクワクしっぱなしですわ!

投稿: す | 2010年11月16日 (火) 19時55分

スチャラ様
編集お疲れ様でしたm(__)m後は、完成を待つだけになりましたね!発売日を楽しみに待ちます。
今回も定価以上の内容になっていると思いますので、非常に期待しています。

エディの次は…まさかのフレディの84NSR500ですかぁ!? なんか嬉しいサプライズな感じですw

もちろん、今回はフレディへのインタビュー取材もありますよね!?

もしインタビューが実現したらライバルであるエディの事を聞いてみて下さい!なんて答えるのか?
非常に興味がありますのでw
フレディ言わく「エディは変わった奴だった」なんて答えたりするんでしょうか?

ではお体に気を付けて頑張って下さい。

投稿: toto猫 | 2010年11月16日 (火) 20時01分

ブログの更新がないので、これはエライことになって入稿進んでるんだろうなとは思ってましたが、無事完了お目出度うございます。発売日を首を長くして楽しみにします。

凄く面白そうで楽しみと思っていたら、その次は84NSRですか!コレクションホールの企画展で最近見掛けて懐かしく思ってましたが、今度こそはオールヌードな訳ですね。(笑)

そうなってくると、果たしてその次はどこへ行くのか?というのも次々と楽しみになってきますね。欠かさず付いて行きますので、マニアック路線極めて下さいね。

投稿: kenmatsu | 2010年11月16日 (火) 20時43分

84NSR! よりにもよってコレですかw

確かマモラも何戦か乗りましたよね。電気モーターみたいにスムーズに回ったってどっかのインタビューで言ってたような…。

投稿: エッジ99 | 2010年11月16日 (火) 20時51分

一番好きなNSRです。フレディのインタビュー抜きでは語れないでしょ。メチャメチャ期待してます!

投稿: コウ | 2010年11月16日 (火) 22時39分

ヤマハ党の私ですが、このNSRだけは別!

誤解を晴らすべく、その魅力を余すところなく載せて下さい。

投稿: tetsuya | 2010年11月17日 (水) 10時46分

このバイクを初めて見た時、ド肝を抜かれました。

中学の頃は、未来はこんなバイクが、街中を走ってるんだろうか?なんてワクワクしてました。

投稿: シャケさん | 2010年11月17日 (水) 20時56分

なぜかは判りませんが、これまでもこれからも、どのメディアもこのクルマはスルーだと思いこんでいました。

生はおろか、まともな映像すら見たことがないこのクルマ、耐久レーサーとして再登場したNRのように、ホンダは開発を継続していて、いつかまた表舞台に戻ってくると信じて待っていたのですが、いつしかGP500はMOTOGPになり・・・

嬉しい悲鳴とはこのことです。2月末まで首を長くして待ちます。

投稿: 牛島詳力 | 2010年11月18日 (木) 09時12分

コレをやったら次はelfプロジェクト?w

投稿: やすかわ | 2010年11月18日 (木) 09時37分

始めましてこんにちは
YZRお疲れ様でした、80年代のレーサーはやはり
萌えますね(笑)レーサーズは全部買わせて頂きました有難う御座います
さて次は84NSRという事でこれまた楽しみですね
実は昔某模型の大会で84NSRの模型を作った事があるのですが資料不足でイマイチ納得出来る物が出来ませんでした、模型製作時私もコレクションホールの84NSRを取材して来ましたが(部品調達の関係もあるんでしょうが)カウリング等はスペンサー号ではなく
マモラ号の様な感じでした
色々謎の多いマシンなのでレーサーズがどう解明してくれるか楽しみです
84NSRは私も大好きなマシンなので今一度挑戦し完璧版を作りたいと思っています
そんな訳で次回も凄く楽しみですね!

長文で失礼致しました
それではまた

投稿: 稲城のド | 2010年11月18日 (木) 10時55分

初投稿です(○゚ε゚○)

YZRと来て、NSR・・・くぅ~痺れる
その後の企画・・・
elfPROJECT・・・ありですな~!
未来を感じだマシンでしたね~!
ロン・ハスラムがまた渋かった!

投稿: 極東派遣員 | 2010年11月19日 (金) 17時18分

完成お疲れ様でした。発売日楽しみにしております。
次はNSRですか〜。この謎大きマシンは外せないですね〜。これまた楽しみです。次も頑張って下さい。

投稿: くま | 2010年11月19日 (金) 20時13分

初代NSR500 このマシンの話しは故阿部孝夫氏に聞きたかったです。
HRC側と対比させると本質が浮かび上がると思うのですが今となっては不可能ですね。
阿部氏のこのNSRに対する記事が残っていれば復刻してみてはどうでしょうか。

開発エンジニアと開発ライダー
八代氏の記事が素晴らしかっただけにこのスタイルを貫いて下さい。

投稿: 熊野丈二 | 2010年11月20日 (土) 00時01分

加藤さま、ご苦労様です。
読者がこんなに発売を期待している本は珍しいのではないでしょうか?重圧はレーサーのスタート前シグナル並ですか?
84NSR500はF.スペンサー選手に「カーボンホイール割れの転倒」で嫌われただけで決して失敗作ではないと思いますが・・。その辺の調査もよろしくお願い申し上げます。
広告にレースギヤ関係各社がないのはかなり不景気なんですね。ここの読者はバイク業界の主力購買層だと思うのですが。なんとか発行を続けてください。応援しています。

投稿: KG試作 | 2010年11月20日 (土) 15時07分

YZRの次に84NSRに行くあたり、かなりつぼを押さえてますね。

でもどうしてもこのマシン、コムスターカーボンホイル割れの印象が・・・・・・・

フレディから信頼を失ったきっかけでもあるのでその辺詳しく聞いて欲しいです。

たしかRS誌で割れたホイルがはっきりわかる写真が掲載され度肝を抜かれた記憶があります。

投稿: YZF750 | 2010年11月21日 (日) 00時14分

初めて投稿させていただきます。

RACERSの発売を毎号楽しみにしております。
又、次号は'84 NSR特集とのことで、今から待ちきれない想いで一杯です。

80年代のGP全盛時代。懐かしいです。できれば片山敬済さんがご苦労されたNR500の特集なども是非ご企画いただければと...。おじさんGPファンからのつぶやきでした。

投稿: | 2010年11月21日 (日) 11時45分

加藤様、毎号楽しみに購入させて頂いております。次号が'84 NSRとの事で非常に楽しみです。皆さんご存知の通り排気と燃料タンクの取り回しが独特なレイアウトなので、レース終盤の燃料が減った時点での挙動や重心の変化などの解説を是非とも宜しくお願いします。

投稿: ホンダっきゃない | 2010年11月21日 (日) 15時49分

スチャラさん!

入稿お疲れ様でした。
こっちも多忙で今閲覧させてもらいましたが、
先のエディ宅訪問時の対応には納得です(笑)

シャケさんにはエディの事伝えておいたんですか?

それにしても発売日が楽しみですなぁ

ボツ・ネタや写真、沢山おありでしょう。
プライベートをすっぱ抜いたモノや
載せないモノも本当はもっとあるんですよね?

エディは撮影対象の許可やアングルにもシビアそうですが、
スチャラさん一人で眺めながら
ほくそ笑んでる光景が
脳裏に浮かぶのは自分だけでしょうか。。。w


いいなぁ。

それにしても、アメリカンはなぜいつの時代も
フォードやシェビーのピックアップがステイタスなんでしょうかね?

あ、
エディってワンちゃん飼ってるんですかね?

投稿: しゅん | 2010年11月22日 (月) 00時19分

YZR特集お疲れ様でした。一昨日エディ&YZR特集号を購入しました。本当に懐かしく素晴らしい内容ですね。エディのインタビュー良かったです。興味深い話でした。エディは素晴らしいライダー。勿論YZRもGOOD!さて次号は84NSRとは嬉しいです。やっぱり来たという感じです。歴代NSRの中でも最も美しいスタイルで好きです。独特のレイアウトでパワーはありましたが、カーボンリヤホイルの破損、チャンバーの強度不足によるクラックや熱の問題ではダミータンクが溶けたりフレディはツナギのファスナーが熱くなり火傷しました。ハンドリングや整備性の問題もありました。しかし高速サーキットでセッティングが決まれば抜群の速さを見せてました。フレディ2勝、マモラ1勝しています。84NSR特集楽しみにしています。

投稿: 天才フレディ | 2010年11月22日 (月) 00時40分

毎回ど真ん中ストライクの特集、大感激です。「ケニーと歴代YZR500」なんて、あまりの素晴らしさに2冊買ってしまいました。次号の初代NSR500も最高に期待しています。コレクションホールの「裸身展」ではずいぶん眺め回しましたが、RACERSでの詳細な解説が楽しみです。個人的にはヤマハ初のV4、OW61の特集をリクエストしたいところです。しかしこれはヤマハにも現車は残っていないそうですので、難しいでしょうが・・・。とにかくこれからも数々のGPマシンたちの解剖、期待しています。既に時効?となった関係者の生の言葉をぜひ聞かせてください。

投稿: トミーBee | 2010年11月26日 (金) 00時41分

初めての投稿です。当時OW86で試行錯誤が繰り返されていたチャンバーの中でも異色なMASエンジニアリング製チャンバーのディテールがはっきり判る記事に初めて出会いました。以前、オランダの桝本さんのお宅兼ワークショップにお邪魔したとき「あれは本社製チャンバーが前バンクの取り回しとパワーで苦労してたので、ケルに頼まれて作ったんだ」とおっしゃってた記憶があります。それが今でも保管されている事、そしてそれを公開されたヤマハさんの懐の深さにビックリです。
次のNSRでの福井さんの先見性を持った理論的なお話(多分)も楽しみです!!

投稿: 639/407 | 2010年12月13日 (月) 01時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265253/37693795

この記事へのトラックバック一覧です: マルボロYZR号終わりましたー!次はコレです!:

« 11月24日発売『RACERS』Vol.7あと1週間!? | トップページ | Vol.7搬入されました!発売はあさって24日です! »