« 2月24日発売『RACERS』Vol.8進捗報告6 | トップページ | 春よハヨ来い! »

2011年2月22日 (火)

2月24日発売『RACERS』Vol.8搬入されました!

Photo
[↑2月24日に発売される弊社発行の二輪誌4誌です]

みなさん、たくさんのご投稿ありがとうございます。
Vol.8だけでなく、毎号コメントを読ませていただくことで、
僕はどれだけ元気をもらっていることか……。
みなさんからの高いご要望やご期待のコメントがあるたびに、
ビビる編集者やライターさんもいますが、
『レーサーズ』の制作にはもう欠かせません。
これからもよろしくお願いします!

そうして作ったVol.8ですが、
スペース的なことや編集上の織り成し、
またこの後も続編があることを想定して
フレディ、アーブさんインタビューでは
敢えて掲載しなかった内容があります。
(↑決して、もったいぶってるのではありませんcoldsweats01

その筆頭は両者ともに語ってくれた
「'85年のダブルタイトルについて」です。
フレディとアーブさんが語る、
「'85年型NSR500とRS250RW」については、
“Rothmans NSR Part 2”まで楽しみにしていてください。

また、aoさんがアーブさんに聞いてきて欲しいと
仰られていた'92最終戦後の南ア・テストの件、
↓コレですね(『ライディングスポーツ』'92年12月号より)
9212

この年の鈴鹿8耐で着たミスタードーナッツのツナギを携えて
南ア入りしたフレディは精力的にテストをこなし、
アーブとのコンビネーション復活・再来を予感させる――、
といったニュアンスで『ライディングスポーツ』の記事は
綴られていますが、先日アーブさんから聞いた話では
ちょっと違いました。もっと感動的です。
そんなお話も“Rothmans NSR Part 2”までお待ちください!

さて、これまたもったいぶっていたワケではないのですが、
次号(Vol.9)4月24日発売の特集をお伝えします!
Vol.8の巻末に掲載した予告イラストは↓コチラです。
Photo_2

はい! ということで次号では
「黎明期のヤマハ4ストロークレーサー」をテーマに、
'85鈴鹿8耐参戦マシンであるテック21カラーのFZRと、
YZRよりもお金をかけたとウワサされる(あくまでも噂ですhappy01
'86FZ750AMAスーパーバイク仕様を徹底比較する予定です。
表紙に描かれるイラストは、もちろん8耐のあのシーン……。

なお、次号4月発売を皮切りに、
6月発売、8月発売と各メーカーの4ストロークレーサーを
特集する予定です!

次号もまた、みなさんから勉強させていただきたいと
思いますので、よろしくお願いいたします。

|

« 2月24日発売『RACERS』Vol.8進捗報告6 | トップページ | 春よハヨ来い! »

『レーサーズ』制作舞台裏」カテゴリの記事

コメント

スチャラ加藤様
お疲れ様です!
いよいよ発売ですね^^
・・・といっても地方な自分は25日にしか買えませんが^^;

次号以降はヤマハを皮切りに4ストレーサーを特集なさるとの事ですが、やっぱりカワサキは最後なんでしょうね・・・

でも残り物には福がある。って事で首を長~くして待っています(笑)

投稿: Elefantino | 2011年2月22日 (火) 15時27分

キタ---(゚∀゚)---!!!!
何とも有り難や有り難や…

投稿: TECHにじゅういち | 2011年2月22日 (火) 17時07分

表紙カッコイイですねshine
早速携帯の待受にしましたsmile
次のロスマンズ特集でも是非ライダーも一緒に表紙に(笑)

周りのバイク乗りの間では新しいバイクばかり人気なので、古いものにしか興味のない僕は変人扱いされてますcrying
まあ十代だからってこともあるでしょうけど

毎号楽しみにしてます
これからも頑張ってください!

投稿: 2スト馬鹿 | 2011年2月22日 (火) 17時11分

スチャラ加藤様

お疲れ様です。

待ちに待った84NSR500特集号を本日購入致しました。予想以上に内容が素晴らしくて何冊も購入しました。ページをめくる度に思わず「おおぉっsign03」と言ってしまいました(笑)

表紙は本当にカッコイイですねぇsign03実際に本を手にすると更に惚れ惚れします。表紙がポスターになりフレディのサインが入れば最高ですが…sign03

フレディも元気そうで何よりです。しかしフレディは相変わらず記憶力が凄いですね。本当に色々な事をよく覚えていて感心します。フレディのTALKは嬉しい限りです。84NSR500の事も貴重な話ばかりで長年の歳月を得て知る事が出来ました。初めて語ったケニーとの忘れられない思い出話も感動しました。

アーブさんのも貴重な話で良かったです。生い立ち、84NSR500、HRCの面々、フレディの事などアーブさんの貴重なTALK嬉しかったです。改めてフレディの天才ぶりに脱帽です。
84NSR500は、よくここまでと感心します。色々と謎に包まれた部分も明らかになり知る事が出来ました。ダミータンクことチャンバーカバーの裏側、燃料タンク、フレームの事など初めて目にする事が出来て嬉しいです。しかし84NSR500は何処から見てもセクシーなスタイリングしてます。特にリヤは美しいsign03

フレディ&NSRの写真もカッコイイし貴重なものもありGOODですsign03
特にデイトナのバンクを駆る姿は美しくカッコイイsign03
フレディが最近ダラスに暮らし始めたんですね。しかも現在は独身とは驚きましたsweat01ケビンは相変わらず独身ですね。

アーブさんの彼女エリザさん、ケニーの奥さんのともこさん、お二人共綺麗ですね。

今回の84NSR500特集号は大変素晴らしく内容も濃く個人的には凄く気に入ってます。毎号素晴らしいのですが過去最高です。

フレディとアーブさんの残りのTALKは85NSR500&85RS250RW特集で楽しみにしています。南アフリカの件もです。

今回も素晴らしい本を有難うございました。
身体に気をつけて頑張って下さい。次号も楽しみにしています!

投稿: 天才フレディ | 2011年2月22日 (火) 17時26分

お疲れさまでした。

24日発売を楽しみでなりません。NSRでのキャラミテストの件早く知りたい。次のNSR特集も首を長くして待ちます。

自分にとっての永遠のヒーロー、フレディそしてアーブさんの当時を振り返ってのインタビューもうすぐ読めるんだなぁ~

自分は2ストよりも4ストのマシーンの方が好きなので各社の4ストレーサーの特集が
続くなんてもうヨダレものですよ。

F1のRVFが皆さんに人気が高いようですね。
以前コメント書かせていただきましたが
いつか是非TT-F3も特集してもらいたいです。

一昔前のロードレースブームはF3あってこそのものだと思うし(宮城選手人気か!?)
そういえぱ幻のRCB400の他にもう一台興味深いマシーンがありました。

89年??の最終戦に一度走っただけと思われるホンダ技術研究所がチューンしたCBR400です。たしかヨシムラより速かったはず。

これがRCBのベースかなどと当時妄想しました。

今後も厳しいスケジュールでの仕事が続くのだと思いますがカラダに気をつけてがんばってください。

投稿: GSX-VFR | 2011年2月22日 (火) 18時32分

やった!明後日が楽しみです♪

月を区切って2スト4ストなんて分け方も
イキですね。楽しみすぎます。

僕もTT-F3にF1、この辺りもお願いします!

投稿: らっしゅ | 2011年2月22日 (火) 19時02分

加藤さん、お疲れ様です。

いよいよ発売が迫って来ましたね。

出張と被り発売日に買えるかどうか不安でしたが書店から連絡があり24日の朝9時には店頭に並ぶとのこと。

即、複数冊押さえて頂くように注文しちゃいました。

しかし、発売日の2日前に購入できる所もあるんですね、羨ましすぎます。

まだ発売もしてないのに次はヤマハ、いいですねぇ~~~。

自分もレースをやってた頃全日本、8耐、その他で乗っていたのもヤマハYZFなので非常に興味があります。

次号ではFZ&FZR、いやぁ~~興味深い。

OW01も掲載されるのでしょうか?
楽しみです。

でも、一瞬「黎明期のヤマハ4ストロークレーサー」という文字を見て

えっ?
梁明・・・・・カワサキ?と思っちゃいました。

余談ですが梁くん、仲良かっただけに今何やっているか気になります。

投稿: YZF750 | 2011年2月22日 (火) 19時50分

 楽しみ!

4Stレーサーズも・・・。
もちろん『RC45』もですよね?

投稿: RC45 | 2011年2月22日 (火) 20時06分

「各メーカーの4ストロークレーサー」ってことは...
ワクワクするなぁ~
ホント、期待してまっせぇ!!

投稿: KR1000馬鹿 | 2011年2月22日 (火) 20時30分

おおっ!
いよいよ発売日ですね。既に入手された方もおられるなんて...。明日、神田へ探しに行こうか。

そして次号はヤマハ4stレーサーですか。もう、ホント毎回毎回ツボに来ますね。コメント欄につらつら書いたんですが、85のFZRは思い出深いです。あの時の広報写真のポジは、手元にも残してあったはず。カラーポジはCW誌のみ掲載で,他誌は発表会でモノクロ紙焼き配布だったですね。ウーン、トオホイメ。

ヤマハのコミュニケーションプラザで85FZRと86FZが並んでるのをしみじみ眺めたのはもう一昨年のことでしたっけ。

投稿: kenmatsu | 2011年2月22日 (火) 21時01分

次号も必見ですね(^^)

ヨシムラ時代の辻やんがデイトナのバンクでエディがFZに伏せもせずにぶち抜かれた様な事を言っていた気が・・・

次号を楽しみにまずは、今号をじっくりと読みふけりたいと思います。

投稿: hikaru | 2011年2月22日 (火) 21時48分

こんばんわ、加藤様。
今回も傑作って感じですね、
ホント、すでに買ってる方マジうらやましすぎっす。
そしてエディのイラストかっこいい!
見て数秒後、PCの壁紙にしました。
ローソン、好きなんですよねー。
自分的にはエディのロングインタビュー、
今までで一番嬉しかったんです。
マルボロカラーのローソン、ボクのヒーローでした。
そんで86のデイトナ、横綱レースでしたよね。格の違い見せつけまくりだった。

あのシーンって、やっぱりコントロールタワー付近で止まってる平さんですか?

しばらく4stですか。しかし、ここまで内容小出しにされるとロスマンズpart2早くみたいですね。

とちあえず24日を震えて待ちます。

投稿: 21伝説 | 2011年2月22日 (火) 21時51分

最初のコメントは取りあえず叫びたかっただけなので無視してくださいw
いよいよ'85FZR来ますかー…しかも、'86
AMA仕様FZもセットで!
もう素敵!加藤さん愛してる!w

とまあそれはさておき、また調べていただきたいことがあります。
最初は名前すらなく、'86になってからF.A.I.Sと
名前が付き、さらに翌'87になるとF.A.Iと名前が変わった
ナックルガード上のエアインテークについて、です。
初期の全日本仕様もそうでしたし、TECH21八耐仕様の初お披露目時も
でしたが、最初は影も形もなかったのに、いざ本番となったら
いきなりライトケースの両脇にイヌの耳のような物体があって
初めて見た時は「?」でした。
前傾エンジンによる熱絡みの対策なのかな?と中学生の浅はかな
脳で考えていたのですが、あれがまさか後にほぼ全メーカーが
採用した上、ラム圧過給にまで発展するとは想像すらしませんでした。
最初はどういう経緯で採用したのか、また、当時ラムエア狙いまで
踏み込んで考えていたのか。
そこら辺を是非、調べていただきたく…。
あともう一つ。
21号車はゴロワーズカラーに塗り替えられてボルドール24時間に
出た、と言いますが
今現車はどこに?という話です(シュワンツγの時の企画と
同じですね、ぶっちゃけw)。
今展示されているTECH21の21号車は、間違ってなければ、恐らく
'85の東京モーターショー展示車にカウルを着けたものだと思うんですが…
その辺もお願いします。

投稿: TECHにじゅういち | 2011年2月22日 (火) 22時23分

うわ~、FZだ~い!!
エディのスーパーバイクって言ったら、
カワサキかもしれませんけど、ヤマハ星人ならやっぱり、FZ(セミカウル)!

そして、FZRやYZF!!
あの当時、速いライダーは2stもしくは4stのどちらに乗っても速かった・・。

楽しみに待ってます~!!
(勿論、Vol.8も購入します!)

投稿: yzr500 | 2011年2月22日 (火) 23時00分

加藤さん,お疲れ様でした。
Vol.8 やっぱ良いみたいですね・・・


私が 今回のブログを 読ませていただいて一番興味深かったのは,
92最終戦後の南ア・テスト・・・この写真,やっぱ 素晴らしいですね。フレディーは NSRが 似合う。NSR500なら
1勝してくれるんじゃないかと 思いました。RVFだから,92年 8耐予選で あの走りが 出来たのかな。

次号からの,4ストレーサー期待してます。どこでRVF,それともNR・・・
とにかく2ストでも4ストでも期待して
待ってますよ。

投稿: 89y TZ250 | 2011年2月23日 (水) 00時51分

おつかれ様です。
いよいよ明日ですね!!あと1日が長いです(笑)
フレディ、アーブさんのインタビューが非常に楽しみです。今号には、掲載されないようですが、85NSR、RSの特集を期待しています。それとRVF特集の時の中で、ガードナーが全日本スポット参戦時に乗っていたVFRもフォローしていただけないでしょうか?中身が非常に気になります。
今後とも、お体に気を付けて、頑張って下さい。期待してます。

投稿: JUJU | 2011年2月23日 (水) 07時29分

加藤様

お疲れ様です!
vol.8予約しました(^^)v
じっくり読んでみます。
ドキドキわくわくして待っています。
もう購入された方もいるようですねー
次号からの4stレーサーも楽しみにしています。

投稿: えでぃ | 2011年2月23日 (水) 07時31分

昨日神田で購入、一気に読破致しました。
フレディの顎の弛みとロッシュの白髪に年月を感じます・・・。

そして次回のヤマハ4スト、
またジリジリしながら2カ月待ってます!

投稿: nya | 2011年2月23日 (水) 09時25分

現役FZオーナーですから大変嬉しいです。
北国岩手はあと一ヶ月は乗れないな、いやあと半月かな・・・と首を長くして春を待ちわびております。

投稿: サトウ | 2011年2月23日 (水) 09時38分

生粋のYAMAHAファンですが、ライバルとしてのホンダやスズキも大好きでした。

1stのNS特集を信じられない気持ちで手に取って以来、毎号楽しみに読ませて頂いてます。

今回の初代NSR特集も次号のFZ(YZR)特集も期待してます。

でも、苦言も一つ言わせて頂きます。

例の「このFZはアナタ(ケニー)のYZRよりお金が掛かってる」発言や、幾多のライダーの発言をさも聞いた様に言い切る(書き切る?)石橋さんの登場は如何なものですか?

確かに読み物としては面白いと思うけれど、ちょっと違いますよね?

ちなみに「このFZ・・」発言については、ちょっと前のロードライダー誌別冊のAMA特集本の中で、当時の担当者の田村さんの「時間も無かったし、生産車部門の我々には予算が無かったから、SアームもFフォークも市販車(TZ750)ベースでした」発言以降「本当の金額で無く、熱意と情熱が・・」とか言い換えてますが、余りにゴシップ的過ぎる。

投稿: エドワード | 2011年2月23日 (水) 15時21分

将来TTーF1特集本が刊行されるなら、辻本聡選手が筑波のS字の二つ目を平乗りで通過しながら右の折りたたんだビザが路面に接地しそうな写真を是非とも掲載してください。

確か大谷さんは坪内さんの撮影で、当時ジグソーパズルに成ってました。

投稿: | 2011年2月23日 (水) 15時40分

加藤様

明日を待ちきれず、神田で入手してきました。読み始めると毎号そうですが、今回も途中で止めることが出来ず読み耽っておりました。次号発売まで何度読み返すか。

それにしても、今回もインタビュー記事が泣かせますね。ロスマンズPart2も,いやが上にも期待してしまいます。私はカワサキ,ヤマハ好きでアンチホンダなんですが、引き込まれます。(ちなみに何故か乗ってるバイクもホンダだったりしますけど。)

ぱらぱらマンガ仕立ても良いですね。それにしても、今号は思いっ切り気合いが入っているのをしみじみ感じました。

Racersって、記事を英訳して電子出版で世界発売したらヨーロッパでも大ヒットじゃないですか?日本人だけで楽しんでいるんじゃもったいない様な気がします。
イタリア語版もあったら、バレも熱心な読者になってくれそう。

投稿: kenmatsu | 2011年2月23日 (水) 22時07分

 そうです。当時のライディングスポーツを見てキャラミテストの件知りました。
お話聞いてきて頂いてありがとうございます。誌面に載るまで何時まででも待ちますよ!今回のブログの内容からすると、早くても秋になりますね!
 当時は、ホンダが2年連続で500ccでタイトル取れておらず、そんな中でガードナーが引退して、ライダーの陣容を見てもヤマハやスズキに較べて少し層が薄かった状況で、スペンサーの8耐での活躍と、AMAで当時、他メーカのバイクと比較して戦闘力で劣るRC30で勝っていたりといった状況の中でホンダとアーブさんとフレディのコンビネーションなら復活出来るのでは!と期待していた訳です。夢は夢のままのほうが良いのかな?と思ったりもしますが、やっぱり当時のことを知りたい気持ちもあります。(感動的な話ならなおさら)
 次回以降は暫く4stレーサー特集と言う事ですね。RACERS世代にとっては500のレーサー以上に盛り上がる内容ではないでしょうか。
私も楽しみです。が、先ずは明日NV0Aの号、楽しみにしてます。
明日は、仕事早めに終わらせて買いに行こっ。

投稿: ao | 2011年2月23日 (水) 23時32分

初めまして、加藤様

vol.1より、今よりも、ロードレースが熱かった頃を、思い出しながら楽しく読ませてもらっています。
次号からは、4st特集との事で楽しみにしています。
まずは、応援しているヤマハからとの事なので、ケニー、平選手は勿論だと思いますが、開発されていた、
上野、平塚両選手の登場を期待しています。
町井選手も登場しますかね?
やっと、待望の昼休みがきましたので、最新号を買いにいってきます。
それでは、お体に気をつけられ、楽しい記事を我々に届けてください。 

投稿: tatsu | 2011年2月24日 (木) 12時06分

どもです。
先ほど買ってきて読まさせて頂きました!!(^^)/

フレディ!良く覚えてるよね~~~!!

本とは’87とか’89’93の事も聞いて欲しかったのですが・・・。(^^;;
無理だろね~~~~。

ドゥカッテイ特集時、’95ラグナセカはOKだと思うけど・・・。

そうそう『HIRO NSR』もページがあって嬉しい限りです!!

ロスマンズ2や#19CB750Fは来年かな?(^^;;

次号もがんばってください!

投稿: sp19 | 2011年2月24日 (木) 13時52分

ゴロワーズ特集もお願いしま~す!ブロンズ以前の白ベース時代、特に84年の250、も含めて。で、主役はもちろんサロンでお願い致します!!
できれば、当時自らもパリダカを走っていたソノート社長さん(シュバリエさんでしたっけ?)のインタビューなんかあると、歴史的価値もありでは!?

投稿: zin | 2011年2月24日 (木) 14時10分

ヤマハ4stレーサー期待してます。黎明期という事で、始祖であるXJ750Rも登場させて下さい。
あれって本当に4バルヴなのか、シャフトドライブなのでエンジン逆回転させたとか、かなり謎めいたマシンですよね。
どこまでは黎明期なのか、TECH21集大成の'90年までのような気がしますが資生堂さんにも話聞けませんかね。
あと、平さんには何故8耐のヘルメットが黄色や赤だったのか、その辺小さなネタですがお願いしたいです。
あ、アライヘルメットかスタジオコメに訊いた方がいいのかなこのネタは。

投稿: Tate | 2011年2月24日 (木) 14時12分

もう一丁すみません。
'86DAYTONA200の#4FZが取り上げられるという事でとても楽しみにしています。
歴代8耐マシンは'85FZRよりも悲運の'86YZFがスタイル、デザイン共に好きでした。
サロン選手とのコンビはどうだったのか、その後'96年に再度組むことになった経緯は、
正チェンジ、逆チェンジをピットで組み替える対策はどうだったのかなど気になります。
影の薄い'86YZFですけどDAYTONAFZを語る上でも外せないと思うのでお願いしたいです。

投稿: Tate | 2011年2月24日 (木) 14時23分

とりあえずパラパラとめくってみました。
エッ!!ナゼに志村けんが!!

仕事片付けて、熟読しよう!!

投稿: 64年式 | 2011年2月24日 (木) 16時36分

本日購入しました。中身サイコーです。
毎号そうなんですが写真がステキです。表紙もカッコイイ、本人のインタビューも素晴らしいです。これからも期待してます。

投稿: 山 | 2011年2月24日 (木) 21時52分

毎号楽しく読んでます 現在37歳という世代のせいか青春は2スト全盛期だったためGSX-R特集以外は家宝にしています。一番好きだった80年代のGPシーンは おっさんになった今振り返ると現在の
バイク事情の何倍も魅力的に感じます。
ありがとうレーサーズ関係者様!次回は
当時の日本では全く取り上げられることのなかった小排気量クラスを取り上げて欲しい!!マニア以外売れないかなとおもいつつ

投稿: kuma | 2011年2月24日 (木) 22時32分

スチャラ様
最高です。ありがとうございます。
それにしても、84NSRの後ろから撮った写真はいいですね。あのケツはホントにカッコいいです。フレディのインタビューも面白い!ロスマンズパート2まで、残してあるネタも当然あるんでしょうけど待ちきれませんsweat02 番外編で、バイクに視点をおいた「レーサーズ」、とは別に乗り手を視点とした「ライダース」なんて面白いかもしれませんね。あの頃の個性丸出しのGPレーサー達のレース人生を一冊にするみたいなsign01
フレディなんて、面白いですよ〜!
ぜひ、ご一考を!

投稿: コウ | 2011年2月24日 (木) 23時27分

買いました!vol.8!ページめくって読みあさりました!
...そして感動しました、涙が出ました。

NV0Aの悪しき風評を払拭するエピソードの数々。
悪戦苦闘しながら「勝利」という1つの到達点を共有した人々の想い...。

某TV番組(プ〇フェッショナル)のナレーションに使えるような名フレーズが踊る記事!加藤さん監督でGPドキュメント映画できそうだと思いました。

あの頃のGPシーンはやっぱりドラマ多き時代ですよね。
GPのDVD再生して動画追いかけながらのRACERS拝読は至宝のひとときです!

次号はいよいよTECH21ですか~
未だに崇拝する平氏、キングケニー、エディとインタビュー掲載なるんでしょうねぇ
楽しみですぅ


投稿: てる | 2011年2月24日 (木) 23時47分

FZ,FZR ,YZF特集。 楽しみです。ヤマハの特集本でも掲載の少い
OW 01、サテライト扱だからなのでしょうか?淡い期待を懐きつつ発売日を待つ事にします。

投稿: tsuka | 2011年2月24日 (木) 23時58分

スチャラ様
すみません、書き忘れましたsweat02
カキコミしたドクターペッパーの件、フレディに聞いてもらえて嬉しかったです。市販型NSR500の件も次回にお願いいたしますsign01

投稿: コウ | 2011年2月25日 (金) 00時16分

先ほど最新号を入手、一気に読みました。
作り手の「愛情」が目いっぱい詰まった
とても素敵な雑誌です。
この値段、安すぎる。
とってもいい本を、ありがとうございます。

PS ぱらぱらマンガにやられました!

投稿: ソロ | 2011年2月25日 (金) 15時05分

加藤様
今回も大作お疲れ様です。読み応えありありです。それにしてもフレディのライディングフォームってかっこいいですね。フレディに憧れていたのを思い出しました。NSRもですが、今回はフレディにつきます。フレディもアーブさんも元気にされてるのが嬉しいです。

投稿: くま | 2011年2月25日 (金) 19時14分

お約束の2冊購入です。
1冊、1機種
いいですね~おなか一杯状態です
なのにこの値段!!
本当に頭が下がります。

しかし粗捜しするようで申し訳ありません
P089の負圧ポンプを使ったモトクロッサーは'82年RC250(A1D)、RC125(A1C)のほうが先ですよ~

また、今後MORIWAKI RACERS特集やヨシムラRACERS 特集などのコンストラクター別もいかがでしょうか?

次回も楽しみにしています。


投稿: 大方解郎 | 2011年2月25日 (金) 21時49分

先ほど購入してきまました。

時間の都合で未ださっと走り読みしただけですが、色々な意味での過渡期になった80年代は、メーカーのワークスと言えども年々上がるエンジンパワーとラジアルの実用化を含めたタイヤ進化とのバランスが、車体の設計だけでなくライダーのチャンピオン争いに大きな影響を与えていた事が興味深かったです。

その後の市販品でもBSの参入やMiの国内本数限定ラジアル市販、DLのパドック先行発売ラジアルの登場、リヤ17インチ化と毎年変わる市販レーサーのリム巾等々、タイヤがレースでの競争力に大きな影響を与えた時代がこの頃から始まっていたのだと再認識させられました。

あとまだ写真でチラッと確認しただけですが、エンジンの冷却水の通路やケース内の吸気通路形状も気になる部分が…週末にゆっくりと読み返したいです。何はともあれお疲れさまでした!

投稿: 639/407 | 2011年2月25日 (金) 22時44分

加藤様、買いました~。
今、読み込んでおりますが、ヤマハ党の自分でもあのマシンは面白かったんですね。

ぎりぎり走っているのを、リアルタイムでは見られなかったのですが、やはりフレディースペシャルだったのでしょうね。

しかし、色んな意味で時の経ったのを感じてしまいました・・・(汗)

投稿: yzr500 | 2011年2月26日 (土) 00時10分

スチャラ加藤様

お疲れ様です。

購入以来何度も読み返しております。フレディスペンサーの大ファンですので凄く嬉しいです。本当に最速で天才ですねsign0384NSR500も大好きなマシンです。この内容でこの値段は頭が下がります。新たな試みのパラパラまんがいいですねsign03昨日ですが本に載っていました84NSR500のレジンキットを購入しました。ショップに行き完成品を見たら凄くカッコイイので惚れ惚れしました。デイトナ仕様とGP仕様にする予定です。完成すれば83NS500、85NSR500と並べたら最高です。

投稿: 天才フレディ | 2011年2月26日 (土) 06時58分

おつかれ様です。
2日がかりで、じっくり読ませていただきました。
フレディ、アーブさんのインタビュー記事はもちろんですが、ロッシュ氏のページが非常に興味深ったです。また、デイトナ仕様のNV0Aが自分的には一番かっかよく思いました。(笑)次回は、ヤマハ、4ストローク黎明期との事ですが、パート2があるならば、エディがデイトナで乗った
バンス&ハインズのOW01もお願いします。あの
パープルとイエローのカラーリングが非常にカッコ良かったので…。
では、体調に気を付けてお仕事頑張って下さい。

投稿: JUJU | 2011年2月26日 (土) 12時41分

入稿完了後のコメントから、大変お疲れの様子が伺えましたが、加藤さんの情熱と努力が実を結んだ、内容充実の素晴らしい出来です、感動物です。
当時の雑誌のレースリポートからは窺い知れぬ、数々の事象(ラグナセカやドニントンなど)に対する詳細な解説には、思わず「うーむ」「なるほど」の連発です。
フレディ自身の口から語られるK・ロバーツへの思いやエピソードには感激!
フレディの'83、'84のライディングスーツのデザインが、Kロバーツの'78、'79のそれとデザインが似ているのは意図した物かな?と思っているのは私だけでは無いはず、いや、私だけかな(笑)
後半部分のマシン解説は圧巻!の一言ですね。
当時恒例になりつつあった、ライダースクラブ誌のインプレには、NV0Aは提供されなかったんですよねぇ、非常に残念でした。
以前むずかしいとコメントされたNR編が、いつかこの様な形で実現されるよう願わずにはいられません。
最後のページを飾る偉大なライダー達の笑顔を見ると、彼等とその家族、大切な人達の息災を祈りたい気持ちになります。
もちろん加藤さん、塚本さんのご健康も。
これからも、RACERSが益々充実し、末永く刊行されて行きます様更に応援させて頂きます。


投稿: 2vs19 | 2011年2月26日 (土) 16時48分

Vol.1から拝読させていただいています。まずは記念碑的良書の刊行の成功を、お慶び申し上げます。歴代のNSR500の中でも失敗作とされて、ミステリアスな存在だった84型に改めて光をあて、再評価にたどり着いた誌面構成は、お見事の一言に尽きると思います。
その中で一つ気になったことですが、精密な写真と緻密なイラストで占められている誌面の中で、1軸クランクシャフトの図だけが比較的ラフな絵にとどまっていますのは、未だこの部品がNSRの“秘中の秘”扱いで、公開が制限られているのでしょうか。かつてつじつかさ氏が、著書『ハイパー2ストエンジンの探求』(1995年、グランプリ出版)の中で、当時のNSR500のエンジンをパーツ単位で解説し、クランクシャフトアッセンブリーの質感は「感嘆するほど美しいのだがお見せできないのが残念だと」(p148)記しています。いつかNSRをNSRたらしめている、そのクランクシャフトを拝見してみたいものです。
これからも発売日を楽しみにしております。企画の性格上、発行を永続させるのは不可能であろうとは存じますが、一台でも多くのRacer達の生き様を、後世に伝えていってください。

追伸:それにしても、いい時代になったものです。

投稿: ContinentalCircus | 2011年2月27日 (日) 05時37分

さきほど、最新刊Vol8と再版の創刊号NS特集を入手して来ました。いまから自宅リビングにて大好きなビールを片手に2冊をむさぼり読む予定です、あ〜っ至福の時です。このような楽しみを提供してくれる加藤さんには本当感謝しております。これからも応援しています、ガムばって下さい!
では創刊号から…

投稿: コンチネンタルサーカス | 2011年2月27日 (日) 15時49分

昨年秋よりバックナンバーを揃え始めました。vol.3のending storyにすっかり感化されて、RR5シュワンツレプリカまで購入してしまいました(苦笑)。間もなくvol.8も手元に届きます。

今後の展開が楽しみですが、いずれは250ccレーサーも取り上げられるのでしょうか?ラバードやサロンが活躍した時代が読めることを期待しています。

投稿: oil_cooled_rider | 2011年2月27日 (日) 16時29分

1985年Daytona 200マイルですがシルバーのFZ750が走ったかと思います、乾式クラッチ装着車だったかと思います。(結果はリタイアだったかと)
この車の詳細等が分かるならで結構ですが掲載頂けると嬉しいです。

1986優勝のローソン車は湿式クラッチに成ってましたね。

投稿: 古美根 | 2011年2月27日 (日) 21時25分

今回も素晴らしいの一言に尽きます。
はやり一車種一冊がRACERSの真骨頂ですね、現在のフレディが案外普通の人っぽくて良かったです。
車両を出してくれたホンダにも拍手です。

投稿: 雪ぼうず | 2011年2月27日 (日) 23時31分

追記です。
http://www.theriderfiles.com/?m=20110220
http://www.motorcycleclassics.com/uploadedImages/articles/issues/2009-01-01/Race-Daze1.jpg
http://www.theriderfiles.com/wp-content/uploads/2011/02/Sam-McDonald-at-Fall-Daytona-0011.jpg
85年はプライベーターに供給と聞きましたがどの程度のワークスパーツが出回ってたのかが興味が有ります。

投稿: 古美根 | 2011年2月28日 (月) 01時58分

加藤さんいつも有難うございます(何が?)

私は基本ヤマハ党ですが、今回のNV0A特集は痺れました。3DCADの普及していない時代にあれだけのマシンを設計し、具現化したマンパワーには素直に脱帽です。それにも増して圧巻は末尾の日本GPのイベント告知ですね、大丈夫かな(何が?)

投稿: 4L3 | 2011年2月28日 (月) 22時14分

我ながら驚くほどの遅読人間でして、
やっとこさ半分まで進みました。

こんばんわ、加藤様。
マジ傑作です、よくぞ(クランク以外)こんな細かいとこまで…。感激です!

正直当時中学生の私は一軸と二軸とか
どう欠点利点があるのか良く分かりませんでしたし、GS250FWの4気筒のありがたみもピンとこなかった。
今もそんなにメカ詳しくないけど、凄いですね!84NSR!!アーブの彼女も凄い!?
全てが過渡期の時、完成度が低いほうが
レースに限らず、なんかドキドキありますよね。 すっかり中年だなあぁぁぁ。
そう、ここに書き込んでる方の意見に激しく同感します。たぶん皆様立派な中年なのでしょうね(失礼)勝手に同志だと思っております。
おっと、十代の方もいらっしゃるんですよね、若い人も2st応援よろしく!
「ここに書き込んでる十代、オレだけかよ」
  ↑ *GANTZより引用
ってことないように若い人もどんどん書き込んで欲しいな。

Tate様、黄色メットはケニーのげんかつぎに平さんが同調したような記憶が…。
赤は不明です。

そして期待の幻レーサーが早速次号に!
これってV型ですか?
スペック不明で、写真だけなんかに
出てたような。加藤様、神です。

長々とすみませんでした、
季節の変わり目、加藤様くれぐれも
ご自愛ください。

投稿: 21伝説 | 2011年2月28日 (月) 23時31分

売れてるみたいですね~!

前回大量入荷していて
絶対に安全パイだと思っていた
大型書店に本日出向いたところ、
売り切れてました。。。
(^-^;)

まぁ、
今号はコンテンツの勝利もあると思います。
表紙サイコーにカッコ良かったですものね。。


早速ですが重版期待しています!!
m(_ _)m

投稿: ibaraki | 2011年3月 1日 (火) 21時41分

マキ君から、たったいま08号受け取りました。
感謝!!加藤君のメールアドレスどこかにいちゃったんで
取り急ぎここでお礼を言わせてください。スミマセン。
後日、改めてお礼をさせてください。それにしても、
フレディのインタビューとれてよかった!こっちも現地でヒヤヒヤしてました。でも、年とるとなんでこうも勝手に感動して涙流しててんだろ。オレって。
それじゃあ、加藤君、そっちはまだ寒い日々が続くと
思います。くれぐれも体に気をつけていい仕事を期待しています。See you until then.

  

投稿: TLD タカノヒトシ | 2011年3月 2日 (水) 06時58分

Vol.8も良かったです。スペンサーはやっぱり苦労人だったんですね。今も苦労してるんだろうけど、前向きな感じが好感持てます。もっといい加減かと思ってました。ロッシュの記事は貴重ですよね。

投稿: 作蔵 | 2011年3月 2日 (水) 10時16分

気になる一文が!
17P「チャンバーの熱でチンチンに・・・」
筆者は愛知県民ですか?それとも「チンチン」は全国的に使われているのでしょうか?

今、愛知県(名古屋)では、「名古屋弁かるた」なる物が売っています。
「ち」の札には、「ちんちんの最上級は、ちんちこちん」とあるそうです。

またもくだらないコメントですいません。

投稿: 64年式 | 2011年3月 2日 (水) 10時18分

Vol.8拝見しました!!
何はともあれ格好良いですよ!!やっぱり。レジンモデルキット欲しくなりましたが、完成させる自信が無いので、ショップ等での製作品が欲しいナァ〜。
話は内容に戻しますが、ひとつだけクレームが有ります。2ストロークエンジンの外観的な魅力は、何と言ってもチャンバーですが、単体の写真は有っても、エンジンに付いていて、且つ全景が解る写真が無い事です。
市販車のMVX250Fのカタログに有ったような、エンジン&チャンバー単体写真が欲しいんです。

投稿: 跳ね馬びいき | 2011年3月 2日 (水) 10時50分

加藤さんお疲れ様です!

発売日に購入しました。がまだ全部読み切れていません(笑)でも当時のエンジニアの方々は難題山積みなのにそれをバネにエネルギッシュに戦っていたんだというのがひしひしと伝わってきました。今の時代にはないアナログな手作り的な人間の熱い血が込められた渾身の一台を作ったのではないでしょうか!
栄光への一歩目を苦労したから良かったです。

投稿: ホッシー! | 2011年3月 3日 (木) 07時29分

初投稿です・・・。

コメントを寄せられている、
皆さんのエンスーぶりは、
尋常ではありません!
素晴らしいと思います!!

ところで、モリワキ特集はどうなって
しまったんでしょうか?

個人的には、ZERO-Zフレームに
興味があるんです。
低重心とこだわりのツインショック。
特に、サスストローク確保のために、
ショックユニットのロアマウントが
スイングアームを貫通し、サブメンバー
になっていたトコロ・・・。

いつか一冊になることを、待っています。

投稿: おるたなてぃぶらいだぁ | 2011年3月 3日 (木) 16時53分

Vol.8,良かったです。僕が,ホンダファンなら,間違いなく最高!
84NSR500 一本で ここまで読み応えが あるとは! 文章もですが,写真を 何度も
見て 当時に 思いをはせています。
(B・シーン,エディやウンチーニ,
マモラ・最初からならチャンピオンだったのに・・・)

Vol.9も もちろん良作でしょうが,リクエストを。 W.レイニーのインタビューを
何より期待してます!(YZRでもYZFでも
VFでもカワサキでも良いんで お願いします

投稿: 89y TZ250 | 2011年3月 4日 (金) 00時04分

すごい数のコメントcoldsweats02やはり84NSRは生い立ちや構造に謎な部分が多く、それが強いインパクトと不思議な魅力で今もファンが多いって事でしょうか。

昨日やっと読み終えました。
写真で気になっていた吸気通路加工の形状や冷却水通路は、同じクランクケースリード方式の市販レーサーより4~10年先行して採用されていたと思いました。使用燃料のオクタン価に対応した二次圧縮とのバランスだったり、材質は違えどクランクケースの砂型鋳造をコスト的に採用できて採り入れられた構造もあったのでしょうかね?

あとContinentalCircusさんが書かれていたクランクの件、確かに全体像は見た覚えがありませんね。当時、ワークス系の2st車のクランクはウェブがプレス材の中空ではなく削り出しに思えたのですが…いまだに公開出来ない技術的な事項があるのか確かに気になりますngsign02


次号のFZ系レーサー、車両の技術的な面は勿論ですが、やはり85年の8耐でケニーが出場した背景からリタイヤするまでの人的なドラマ、前傾5バルブレーサーの系譜までの流れ等を是非お願いしたいですhappy01

投稿: 639/407 | 2011年3月 4日 (金) 00時44分

すごい反響ですね。僕は、海外出張に行っていたので、今日帰ってすぐ書店に探しにいきました。もう~なかったweep明日なかったら書店に注文します。皆さん、うらやましい。レーサーズでバイク好きになってくれるファンが増えますように。レーサーズ最高です。

投稿: IKF | 2011年3月 5日 (土) 01時59分

さっそく買いました。
リンドバーグは朝から夜中まで年中無休だから、仕事が忙しい時も暇な時も欲しい時に買いに行けるからいいですよね。

ちなみにこのブログで上がってたフレディーとエディーのイラストをIphon4の待ち受けに使わしてもらってます。

特にエディーのほうはロック解除のときにサイズがちょうどよく、かなりカッコイイと思います。

イラスト集とかポスター(大判)とか、フレーム付きポスターとか、いつか出してくれると楽しみですね。

投稿: takeshi | 2011年3月 5日 (土) 04時21分

クランクの画像は、コレじゃダメなんですかね?
新しいので、2気筒分割のですが。
http://www.geocities.jp/noda_keni/h/00nsr500/00nsr500.htm

投稿: | 2011年3月 5日 (土) 20時30分

やっぱりスペンサーは最高アーブも最高のメカニックだね、なによりホンダのマシンカッコイイよ

投稿: 齊藤和昭 | 2011年3月19日 (土) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265253/38971667

この記事へのトラックバック一覧です: 2月24日発売『RACERS』Vol.8搬入されました!:

« 2月24日発売『RACERS』Vol.8進捗報告6 | トップページ | 春よハヨ来い! »