« 2月24日発売『RACERS』Vol.8進捗報告4 | トップページ | 2月24日発売『RACERS』Vol.8進捗報告6 »

2011年2月 3日 (木)

2月24日発売『RACERS』Vol.8進捗報告5

Photo
[↑フレディ、来たーッ!]

みなさん、ご無沙汰しておりました。
無事、アメリカ取材から戻ってまいりました。
そしてフレディ・スペンサーさんのインタビュー、取れました!
ひとえに読者のみなさんの強い願いがあったからこそと、
思っています。これが、またイイ話が聞けたんだ。

それにしても、あくびさん、天才フレディさん、
ボクらがフレディのインタビューに成功したのを、
どうして知ってるんですか!?
ネット社会は怖いなーcoldsweats01

sp19さん、
「2月に入ったらフレディはイギリスに行ってしまうよ」、
とのアドバイスを1月25日、ボクのアメリカ出発前に
編集部にお電話いただきましたか?
もしそうでしたら、その節はありがとうございました。
確かにフレディ、「イギリスの二輪イベントに呼ばれている」
とか言ってました。
ネット社会はスゴイなー。

おてるきんサン、
フレディのナンカイ・トークショーでのドタキャン事件、
Vol.1作ったときナンカイの川﨑さんから聞きましたよ。
彼女のサリー・ジョベールのトークショーだったんですよね!?
来なかったフレディもスゴイけど、南海部品の切り返しもスゴイ。

21伝説さん、
フレディのマシン売却の件、
インタビューの最後の最後に聞きました。
結論からいうと、'83年のNS500も'85RS250RWも「On sale」、
つまり発売中だとのことです。
確か値段は2台で9000万円くらいと言ってたっけかな。
でも、その話になったらフレディの表情が一転。
それまではニコニコ快活に話してくれていたんですが、
その話題については明らかに不機嫌そう。
どこで売ってるのかまでは答えてくれませんでした……。
ちょっとコワイ。

しゅんサン、
今回のアメリカ取材で何が美味しかったって、
それはアーブさん取材後に立ち寄ったロバーツ家での
ケニーがご馳走してくれた牛肉のバーベキュー。
じっくり焼けてて香ばしく、さらにお手製(!?)のソースと相まって
美味しかったこと、美味しかったこと!
ステーキの本場・テキサスでも、あれだけの美味しさには
出会えませんでした。でも、ボクったら……。
しゅんサンにも「夜の道中は~注意」と言われてたのに、
ロバーツ家の門をレンタカーでブッ壊してしまいましたshock
夜で、深い霧がたちこめていたから、とは言い訳ですぅ。
あんなに歓待していただいたのに、門を壊したまま
テキサスに向かってしまったオレ……。
ケニー、奥様のともこさん、そして壊れた門を修理してくれた
次男のカーティス。本当に申し訳なかったです。
いつもは「ダイモンダイ」と脅かすケニーですが、
このときは「モンダイナイ」と慰めてくれたケニー。
泣きそう。ケニーはやっぱりキングだー。

牛島詳力さん、みっちゅんサン、 64年式さん、
片山さんの話題は尽きませんね。
ボクが高校生だった頃に創刊された『サイクルワールド』。
その1号目の表紙が確か片山さんだったような気が……。
雑誌も片山さんもカッコよくて、当時は大切に保管してました。
64年式さんが言う「ドキュメント番組」って、
片山さんと当時の奥さんに張り付いて、
ロードムービーのように見せた特集でしたよね。ボクも見ました。
GP=コンチネンタルサーカスとは言ったもんだな、
そんな遠いヨーロッパの非現実的な世界を生き抜く
片山敬済っていう人はスゴイ人だな、と思ったもんです。

コンチネンタルサーカスさん、
創刊号NS特集(Vol.1)なんですが、いま増刷している最中です。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
また、ありがとうございます。
2月中旬には再び世の中に流通できるかと思いますので、
もうしばらくお待ちください。

ZXR-4さん、
カワサキでの素晴らしいイベント情報、ありがとうございます。
これ見ると、メグロファンクラブさんというところが主催なんですね。
参加者を迎えるカワサキ関係者もそうそうたるメンバー。
明石工場内にある歴代レーサー&バイクを見られる機会なんて
そうはないでしょうから、行かれるメンバーの方がうらやましい。
各マシンの保管状態はムチャクチャいいんだから、
KHIも出し惜しみしてないでもっと公開すればいいんだよな。
↑簡単に言うなって!?coldsweats01

YASU!さん、
TEAM IKUZAWAのホワイトブル、カッコよかったー!
'84、'85と、2年連続で8耐に出ましたっけね!?
CBX750Fのエンジンを積んだ独創的なデザインのマシンでした。
ジョイ・ダンロップも走った気が。

2vs19さん、
ホンダの前社長・福井さんが言う「(NV0Aは)よくできたバイク」、
という真意は、おそらく「設計者として理論上は」ということだと、
勝手に理解しています。
(↑ちゃんとご本人様に確認しろ、ですよねcoldsweats01
いやー、我ながらいい取材ができていますよ、みなさん。
ボクがアメリカに行っている間、
編集スタッフの今井とライターの吉村さんが福岡に飛び、
現在はホンダOBとなられたNV0A開発総責任者の方を取材。
NV0Aに対して総じて設計サイドは福井さんと同じ印象です。
ただ、現場サイドは違った……。
その現場サイドの話はフレディとアーブさんに
たっぷり聞いてきました。

そうそう、そのアメリカ取材について報告しないといけませんね。
ボクと通訳兼コーディネーターの塚本さんが離日したのが
1月25日。その時点でアポイントが取れていたのは
26日の10時にサンノゼにお住まいのアーブさんのみ。
フレディについては現住所さえも知らされず、
なんとな~くテキサス州ダラス辺りにいるらしい、という程度の情報。

で、25日の昼過ぎにサンフランシスコに着きました。
その旨、塚本さんがフレディにメールすると、フレディから返信が!
「これでようやくフレディとつながった!」「アポが取れる!」と
色めき立つのも束の間……。その内容は、
「ダラスに着いたらメールくれ。そしたら時間と待ち合わせ場所を
伝える」というもの。これって、映画によくある身代金目当ての
誘拐犯みたいじゃないですか!?
普通なら、こっちはもうアンタの住んでるアメリカに上陸してて、
ダラスに行く便も予約してあるんだから、今その待ち合わせ場所と
時間を決めようよ、ですよね。
でも、そんな正論を突きつけると逃げられそうなので、渋々了承。
ホントにフレディに会えるのか――、
その不安はまだ解消されないままでした。

そんなボクらの気持ちを一瞬晴らしてくれたのが、
翌26日にお会いしたアーブさんです。
アーブさんが暮らすサンノゼは、サンフランシスコの空港から
クルマで約1時間。静かで落ち着いた街です。
一時期、体調を崩されていたというアーブさんですが、
今ではすっかり元気になっていて、ひと安心。
取材はアーブさんのご自宅で行われ、NV0Aの話を中心に
4時間以上もお邪魔させていただきました。
噂に違わぬ、気遣いがうれしい、優しい人でした。
そんなアーブさんに惚れてか、
現在お付き合い人している女性が判明!
それが、↓この証拠写真(おいおいhappy01
Photo

この写真は照れてお顔を隠されてますが、
2月24日発売の『レーサーズ』ではバッチリ登場します。
みなさん、乞うご期待!(←週刊誌か、っていうの)
ちなみに、この彼女さん、ハーバード大出身のお医者さんで、
ハンパなくキレイな人です。いや、マジで。
NV0Aの全バラ写真より、アーブさんの彼女さんのほうが
見たくなりませんか!? ボクは見たい!

さて、サンフランシスコ発ダラス便の出発時間は、
アーブさんの取材を終えた日の、夜中の0時20分。
まだ時間はたっぷりあるし、ここまで来たんなら、
ケニーのところへ寄って行こう! となった、ボクたち二人。
サンノゼから東に走ること約2時間、途中のスーパーで
ケニーが最近よく飲んでいるというウォッカと
クランベリージュースを買って(これを混ぜて飲む)、
モデストという街に向かいました。ケニーとは1年ぶりの再会。
塚本さんはというと、なんと3週間ぶりの再会だとか。
奥様のともこさんは相変わらずキレイでチャーミング。
ここでも、仲睦まじい写真が撮れました。
↓ケニーのアトリエにて。絵を描く趣味を持ってるなんてビックリ!
Photo_2

こちらの写真も奥様の顔が見えませんが、
次号で公開してしまおうと思っています。乞うご期待!
ちなみに、この時点ではまだ門をブッ壊してません……。
ロバーツ家の皆様、本当にゴメンナサイ。

さて、いよいよダラスへ出発です。
フライト時間は約3時間。時差をふたつ飛び越えるので、
現地ダラス到着時間は27日の朝5時過ぎです。
そーして着いたダラス・フォートワース国際空港。デカイ!
空港もデカイけど、街もデカイじゃないか!
レンタカー借りて、いったいどこへ向かって
走っていったらイイんじゃい!
編集稼業を始めて約20年、こんな突撃ゲリラ取材は初めてですぅ。

塚本さんもボクもサンフランシスコからほとんど寝てなかったので、
ひとまずホテルを探してダラスの郊外をクルマでウロチョロ。
ようやくホテルも見つかり、荷物を解いてからフレディにメール。
果たしてフレディからの返信はあるか!?

ところが、予想に反してフレディからメールが返ってきた!
それによると、昼過ぎ1時にダウンタウンにあるチリーズという、
メキシカンフーズのファミレスで待ち合わせしよう、とのこと。
チリーズはおいしいけど、ファミレスで取材!?
やや不安になりながらも指定されたお店に向かったのであります。
福井さん言うところのドタキャンのエースは本当に現れるか――。

それが、みなさん、ぴったり1時にフレディが現れたんです。
ビックリというか、感動で泣きそう。
そのチリーズでの取材の模様が一番上にある写真です。
天才、ジャージ姿……。

でも、話は大いに盛り上がりましてね、
2時間半を過ぎても終わらない。
そうしたらフレディのほうから、「今日は夕方4時から
別の約束があって、続きは明日にしないか」と。
こちらは全然構わないと言うと、
「それじゃ朝食をとりながらにしよう」と、ご提案いただきました。
場所はダウンタウンの高級ホテル。時間は朝8時。
一瞬、ホントに来るかぁ? と、疑うも(←失礼ですねcoldsweats01)、
まだギャラ渡してないから、きっと来ると確信(←本当に失礼happy02)。

で、翌28日の朝8時に指定の高級ホテルのロビーで
待つこと、10分、20分、30分……。フレディ、来ず。連絡もない。
ヒェー、これがドタキャンのエースってやつかと、
感慨にふけっていると、来ました! フレディ! 1時間遅れ。
こんなの当時のHRCに比べたら、取るに足らないということで
取材の続き。それが、↓こちらです。
2

写真撮るから、シャツ着てきてください、って言ったのに、
またジャージ姿……。
でもまぁ話が盛り上がったので読者の皆様、お許しください。

こうして、望外のフレディ2日間取材を終え、
ようやくひと安心したボクと塚本さん。
あとは買い物して帰るだけなら、同じテキサスにいる
ケビンのところへも行っちゃおう! ということで、
ダラスから南へ約200マイルのところにある、
オースチンという街に向かいました。
ケニーだけでなく、ケビンとも親交の深い塚本さんは
会えることになってとてもうれしそう。

その日、ケビンの仕事が終わるのを待って
夕飯を食べました。2時間くらいの再会じゃあ、話は尽きず、
翌29日のお昼ご飯も一緒に食べようということになって散会。
その翌日に連れて来てくれたのが、
ケビンが最近飼い出したというラブラドールのTANK君(↓)。
Photo_3

カワイイでしょ~。ケビン、メロメロでした。

こうして世界の偉人さんたちに会えたアメリカ出張。
NV0Aに関しては昨日(2日)もHRCに再度取材に行き、
またまた深イイ話を入手。あとは本にするだけなのですが、
これが、なかなか進まないのですぅ。
ブログの更新に何時間かかってるんだろ、オレ……。

長々失礼しました。仕事します!

|

« 2月24日発売『RACERS』Vol.8進捗報告4 | トップページ | 2月24日発売『RACERS』Vol.8進捗報告6 »

『レーサーズ』取材ウラ話」カテゴリの記事

コメント

おつかれ様です。
良かったですね!フレディのインタビュー取れて!!
しかし、アメリカ滞在中にフレディ、アーブさん、キング、ケビンに会えるとは…仕事とは言え、一バイクファンとしては、ヨダレもんです。次号の発売が楽しみです(笑)

投稿: JUJU | 2011年2月 3日 (木) 07時07分

取材お疲れさまでした。
豪華なツアーだったようですね。
うらやましい…。

Vol.1からずっと楽しみに読ませていただいてます。


この10数年、バイクから離れてしまっていましたが、この本のお陰でバイク熱がぶり返してしまいタイヘンです(笑)


ところで85年のCBXベースのマシンは童夢のブラックバッファローではなかったでしょうか?
前年のホワイトブルに引っ掛けての林みのる氏の命名だったような…。


あの頃の8耐はメカフェチにはたまらないレースでした。
エルフやらカーボンボディやらボクサーツインのBMWやら。
思えば8耐の特集本のマシン解説に惹かれたのがバイクとの出会いでした。

いつかこんなマシン達も取り上げて下さいね。

投稿: ふじた | 2011年2月 3日 (木) 08時21分

お疲れ様です&大戦果おめでとうございます。

…何やらホワイトブルとかまた懐かしい名前が
見えたのでそっちに反応w
'84の初参戦時のスポンサーが今では誰も覚えて
いない清涼飲料水の『リベラ』で、白とピンクの
ビキニ姿のお姉ちゃんがパドックにいたりして。
(今じゃ年が…w)
現在では2&4問わず、この立場のお姉ちゃん達の
ことをレースクイーンと呼んでますが、あの頃は
RQとキャンペーンガールはあくまでも別の存在
だったよなあ…
何かで読んだ記憶があるのですが、こうした
キャンギャルの始祖を、'85のTECH21だとしている
説があって、俺はそれに対して真っ向から異議を
唱えたい!w

投稿: TECHにじゅういち | 2011年2月 3日 (木) 18時06分

現在のフレディ・・・

当たり前ですが歳をとりましたね(^^)

同じく自分もええおっさんになりましたが・・・

発売日が待ち遠しいです(^^)

投稿: hikaru | 2011年2月 3日 (木) 19時56分

お疲れ様です、事故の際、お怪我等ありませんでしたか?
取材は大成功の様ですし、無事のご帰国何よりです。
Vol.8発売益々楽しみです。


投稿: 2vs19 | 2011年2月 3日 (木) 19時57分

スチャラ加藤様
アメリカ取材お疲れ様でした。かなり実り多き取材だったようでなによりです。
とうとう、やりましたね!フレディのインタビューが取れたんですね!
エディの事も聞けたり出来たのでしょうか!?
次号の発売が今からとても楽しみですw

発売まであと3週間、お体に気を付けてラストスパート頑張って下さい!

投稿: toto猫 | 2011年2月 3日 (木) 21時08分

永遠の狼少年フレディ(笑)に取材成功凄いです!
写真見ての第一声が『ぉおおぉぉお~!』でした!!!

が、しかし!
今回、アメリカのヒーローばかり!!!
何の特集号だかわからなくなりそうですね(笑)


他の方もコメントしてますが、8耐オリジナルマシンの
ブルとバッファローなんかも特集して欲しいです♪
童夢に飾ってあるんでしょうか????

投稿: らっしゅ | 2011年2月 3日 (木) 21時29分

加藤さんフレディのインタビュー大成功!お疲れ様でした。アーブさんにキングケニーにケビン迄、超豪華過ぎる取材で発売が楽しみです!自分も無謀にも以前平さんのお店に行き一時間ほどお話しをしたことがあります。8耐レーサーや個人売買で直に電話して相手の方をビックリさせて購入したXS650など見させていただきました。
夢のような時間でした。

投稿: ホッシー! | 2011年2月 3日 (木) 22時47分

スチャラ様
お疲れ様でした。相変わらずのフレディ、なんて言っていいのかsweat02 でも、俄然次号が楽しみになりました。ハードルが上がりましたね。しかし、フレディと沢尻エリカがどこか、似てるなぁと思うのは私だけでしょうかsign02

投稿: コウ | 2011年2月 4日 (金) 00時10分

お疲れ様でした!

スペンサー、ダラスに居るんだ。(^^;;

そうです電話しました。(^^;;

次は『#19CB750F』の本のご検討をお願いします。

赤いCBの年賀状も出してたりして。(^^;;

投稿: sp19 | 2011年2月 4日 (金) 00時15分

出た~!!!
よく話を取れましたね・・・。
(加藤さんの熱意が通じたか?!)

本を楽しみに待ってます!

(アーブさん、やるなぁ・・・)

投稿: yzr500 | 2011年2月 4日 (金) 00時46分

出張お疲れ様です、大金星ですね!

投稿: 雪ぼうず | 2011年2月 4日 (金) 03時12分

加藤様
お疲れさまです。
そして、やっぱりうらやましい。
RACE界の偉人と、面と向かって話せるなんて、ホントうらやましい。
YAMAHA党ではありますが、実はWAYNEより(当然、WAYNEも大好きなのですが)KEVINのほうが好きだったりします。
しかし、今回の取材で、何冊分の話が聞けたのでしょうか?
いずれは、偉人物語もやってください!

それにしても、うらやまし……。

投稿: 3ma | 2011年2月 5日 (土) 08時43分

アメリカ取材お疲れ様でした。

もっとも好きなライダーであるフレディーのインタビューが読める次号楽しみです。

発売日が待ち遠しいです。

景気悪化のためか!?ライディングスクール
を休止しているらしいと聞いてましたが今はエディーみたいに定職なしなのかな??

とにかく元気そうなところをここで見れて嬉しいです。

投稿: GSX-VFR | 2011年2月 5日 (土) 12時28分

創刊号を飛びついて購入以来
すべて購入させて頂いています。

今回はフレディのインタビューもあり
嬉しいのですが・・・
実はフレディー嫌いです・・・。

でもフレディー、1番興味があります。
嫌いなのに好き♥
なんかうぶな女子中生になった気分で
発売楽しみにしていまっす。

投稿: ボンゾ | 2011年2月 5日 (土) 16時25分

おぉ~ふれでぃ様、降臨!
アメリカ取材大成功って感じでおめでとうございます!!

ん?もしかして加藤様とふれでぃの距離が取材後開いたりしたら、ボクの責任?
責任とってマシン買うにも$100万か、
二桁多いのよネ~ン。
とりあえず次号レーサーズ3冊購入で勘弁して下さい。

そして恒例(?)の表紙公開、そろそろ
頼んます!あれが結構楽しみなんですよねぇ。編集作業、お体に気を付けて進めてください。

投稿: 21伝説 | 2011年2月 5日 (土) 21時53分

フレディ、取材できて何よりでした。次号も凄く楽しみにしてます。ホント、今一番発売日が待ち遠しい雑誌です。

TECHIにじゅういち様
私は当時スポンサーサイドで仕事してました。85年でも他のチームのスポンサーなんかと同じような形でやっていただけと思います。キャンギャルはそれ以前からあったし、あれが始祖と言われるようなことはなかったと思います。
社内の担当者の人とその数年後に話していたら、止め時が難しいとこぼされたのを覚えてます。その後、優勝して終了したわけですが、商品の終了とタイミングが難しくなってきてというのがありましたっけ。

投稿: kenmatsu | 2011年2月 7日 (月) 09時55分

スチャラカ・さん!

やらかしちゃいましたね~w
名だたるレジェントたちと出会い...
そしてあなたもレジェンドに...(笑)

親日家のケニーでよかったすねぇーv

ま、今後事ある毎に
ずーっとイジられるんだろうけどw
『カトーには気をつけろw』って愛情たっぷりとねvv

テキサスとか
夜は霧とか、広いのに明かりが少ないトコも多いんでね。
上手くおさまって何よりですが。

取れ高も十分だったようで、なによりですなv
上手い飯の数々も本当によかったっすね。
そんな話されちゃぁ、マジで食いたいっすよ、こっちまでw


まぁでも一番個人的に嬉しかったのは
嫁さん?特集ですかね。(←まさに週刊誌w)
こんなトコまで取り上げる誌面は見た事がない!

その人とのかかわりを持つ人を取り上げてくれると、
その人の内面や良さがより見えてきてホント嬉しいです。

人と人との繋がりを知ることが
テーマである様々な機材をより良く
そして深く知る事に繋がって、
より輝くんだと思ってますから。

家族や取り巻きの関係者を知る事や
食も含めたその人々の背景や文化を知る事って
一見本筋とは関係なさそうな何気ないトコもあるかもですが、
自分にはこの誌面を読む上でとても大切な事なんですね。

ページ数や公開出来る事に限りはありますが
そんなトコも週刊誌に負けない鋭さで(笑)上手く
取り込んでいって頂けたら嬉しいですね。


キレイな西部の空の写真が無かったことだけが
心残りですが。。。w

フレディ、ホント大変そうっすね。。
もう一人の天才、ケビンの事も又の機会に教えてねv

色んな著名な外国人と触れ合うきっかけがあるのは素敵な事ですが
日本人に生まれてホント良かったって思います。
スチャラさんもそう思うでしょ?思いますよね?

充実した取材と土産話に感謝!


投稿: しゅん | 2011年2月 7日 (月) 22時29分

フレディ・・・

僕はフレディはヒトじゃないと思ってます。

山から下りてきて僕らをけむに巻くいたずらタヌキか何か、もしかしたら宇宙から来た使者かもしれない、と今でもそう思ってます。

どんなにけむに巻かれてたとしても、83年と85年は誰よりも速かった、これだけはまぎれもない事実・・・

24日発売の84NSR特集、それからいつか発売されるであろう、ロスマンズNSR2、85年編、待ち遠しいです。

投稿: 牛島詳力 | 2011年2月 8日 (火) 01時03分

お帰りなさい&更新お疲れ様です
なかなか濃い渡米取材だったみたいですね!
ここまで濃い取材というかすごく貴重なフレディとアーブさんのインタビューなのだから
思い切ってインタビュー部分はカット無しで掲載してみてはどうですか?
「そんな事したらページ数足らなくなっちゃいますよ」って言われそうですが
ページ数なんか増やしちゃえばいいじゃないですか!
結果値上げにつながると思いますが個人的には「モンダイナイ」ですw
大人の事情があったりでいろいろと難しいとは思いますが考えてみてください
それでは風邪などひかないように頑張ってください

投稿: yuppe | 2011年2月 8日 (火) 15時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265253/38710960

この記事へのトラックバック一覧です: 2月24日発売『RACERS』Vol.8進捗報告5:

» これくらい 知ってるよね? [格安 無料 情報]
これくらい知ってるよね?何と! [続きを読む]

受信: 2011年2月 3日 (木) 04時57分

« 2月24日発売『RACERS』Vol.8進捗報告4 | トップページ | 2月24日発売『RACERS』Vol.8進捗報告6 »