« 7月23日発売『RACERS』Vol.10 W/G取材 | トップページ | 早くも9月24日発売『RACERS』Vol.11のお知らせ »

2011年7月 7日 (木)

7月23日発売『RACERS』Vol.10 W/G取材ウラ話

Wg1
[↑日本人的お父さんップリを発揮するW/G]

ただいま7月7日の朝7時を回ったところzzzzz、おっといかん、寝てしまう。
さて、デザイナーからデザインが上がってこないので、
忘れないうちにW/G取材ウラ話を書いてしまおうっと。
次号の誌面では絶対お伝えしない内容でごぜいますw。

前回お伝えしたとおり、ガードナー家ご一行様は
長男レミー君(13歳)のレース参戦のためスペインに滞在中。
そのレースとは、スペイン国内選手権の下部リーグ的位置付けで、
日本でいうところの関東選手権みたいなモンでしょうか。

何でわざわざスペインまで来ているかというと、
W/G曰く「オーストラリアよりも、レベルが高いから」という単純な理由。
レースのたびに、奥さんのトニさん、次男のルカ君(11歳)もともなって、
家族4人全員でオーストラリアから通ってくるっていうから、まぁ熱心。
というか、金銭感覚がボクみたいな貧乏人とは違い過ぎるーdash
世界チャンピオンに一度なると、そんなに儲かるのか!?
いかん、いかん、思わず貧乏人のヒガミが出てしまぅ。

ちなみに、レミー君がエントリーしてるのは「Moto3」というクラスで、
バイクはモリワキさんのとこのMD250という
ホンダのモトクロッサーCRF250Rのエンジンを積んだマシン(↓)。
Md

ガードナー家とモリワキエンジニアリングの絆は深い……。

で、レミー君、なにせ今回初めてカタルニアサーキットを走るっていうから、
オヤジさんはライン取りや勝負どころ、ブレーキングやコーナリングについて、
こと細かに解説。それが上で紹介した写真なんですが、この世界チャンピオン直伝の
贅沢な講習に、横で聞いているボクも思わず速く走れる気になっておりました。
図々しさは欧米人に混じっても負けません。

そして、いざレースが始まると、レミー君は5~6台からなる2番手争いを制して、
見事2位表彰台! それを見ていたオヤジさんは、
「自分のレースよりも緊張する。なんか、気持ち悪くなってきた……」と、
世界チャンピオンにあるまじき心境を吐露されてました。いいゾ、W/G!

そして、これが(↓)栄えある表彰台。ちなみに、3位はマリアちゃん(女の子)。
Photo

感極まって、息子を抱きしめるW/G(↓)。力、強すぎ。レミー君がつぶれるぅ。
Wg2

余談ですが、現役時代の彼女、みなさんもご存知のドナさんとは
一応結婚したらしいです。でも、W/Gの引退を機にふたりの間は冷めていき、
代わって現れたのが今の奥様のトニさん。トニさんとは'92年か'93年だかに、
オーストラリアで行われたとあるパーティ会場で知り合ったとか。
その時トニさんは、日本の大京(デベロッパー!?)のオーストラリア現地法人で
PRの仕事をされていたらしく、W/Gから猛烈にアタックされたと、
のろけておられました。

以上、誌面には載せられない、ブログだけの情報でした。

まだ、デザイン、上がってこないんですけど……。

|

« 7月23日発売『RACERS』Vol.10 W/G取材 | トップページ | 早くも9月24日発売『RACERS』Vol.11のお知らせ »

『レーサーズ』取材ウラ話」カテゴリの記事

コメント

秋が瀬の74ダイジロークラスにいる子の
レースお父さんと同じやん(^^;

投稿: YASU! | 2011年7月 7日 (木) 09時39分

待ち切れないので早く発売してください!!

投稿: 555 | 2011年7月 8日 (金) 20時57分

みなさん、いつもありがとうございます。
デザインは上がってきました。今度は原稿が上がってこない……。

そう、そう、W/Gがらみでお伝えし忘れていたことがありました!
「日本人的お父さんップリ」というのは、親バカっぷりを発揮するからではなく、
実はこんなことがあったんです。

前回のブログで報告した米豪懇親会でのこと。
ケニー行きつけのレストランでさんざん盛り上がること4時間あまり。
そろそろお開きになりそうだったので、ボクがそっとお代を払いに行きました。
理由は、スペインに着いた初日の夕飯をケニーにおごってもらったから。
しかも貴族だかのお屋敷を改築した高級レストラン!
そんなところだったのに、Tシャツ+短パンで行っちゃった、ケニーとボク……。
それはさておき、W/Gの長男レミー君が昼間のレースで2位になったので、
そのお祝いも兼ねて『レーサーズ』が食事代を持ったわけです。

ボクがお代を払ったことを知らずに、ケニーが奥様ともこさんに、
「チェックしてもらおう」と声をかけました。
ここでも全額出そうと思っていたケニー。酔っ払ってても、気遣いが大人だなー。

で、ともこさんが「もう、かとちゃんが払ってくれたよ」と伝えると、
「ドモ、アリガット!」と日本語でケニーがペコリ。
いやー、やめてください! 恐縮するーぅ。
W/Gも察知して、やっぱり「ドモ、アリガット!」って、ペコペコするから、
たまらずボクは「いいレースをしたレミーのお祝いだから」と、言いました。

するとW/G、いきなり姿勢を正してレミー君に
「ちゃんとお礼を言いなさい」と、お父さんの顔になるではありませんか!
レミー君はレミー君で、大人の会話に4時間以上も付き合わされ、もう眠いし、
初めて会った東洋人にお礼と言われても、モゴモゴ答えるしかなかったわけです。

それをW/Gは許さなくて、「ちゃんとハッキリ言いなさい!」と、
昭和のお父さんップリを発揮。
もうボクなんて、世界チャンピオンたちに「アリガット」と言われるワ、
レミー君が愛しいワで、恐縮しきりsweat01

「学校の成績が下がったら、レースを辞めさせる」っていうところも、
ちょっと日本人的なところがあって、なんだかとても親近感が持てたW/G取材でした。

まだ、原稿上がってこない……。

投稿: スチャラ加藤 | 2011年7月 8日 (金) 22時34分

更新お疲れ様です
ガードナーも人の子というかなんというか(笑)
レミー君のヘルメットはSUOMYじゃないんですね
ガードナーってオーストラリアでSUOMYの代理店やってるんじゃなかったでしたっけ?

最近WGPではブラドルはじめ2世ライダーが何人か頑張ってますが
2〜3年後にはWGPの舞台でレミー君&ワインが見れるといいですね
そういえばアメリカンライダーの2世ってKR-jrくらいですね

投稿: yuppe | 2011年7月10日 (日) 02時19分

元GPライダーにこんなことがあってショックだ
いい人だと思ってたのに・・・

http://kekkanzyuutaku.blog.fc2.com/blog-entry-25.html

投稿: | 2011年7月10日 (日) 18時47分

加藤様、こんばんわ。
レアなお話を次々UPしていただき
とってもこのブログ、貴重です。

通りすがりさんを経由してイギリスのイベントの
内容見たら、向こうではすっごいのやってるんです
ねぇ。 
日本でこんなのやんないかなぁ…
ハァ、うらやましくって溜息でちゃう。

W/GのJrもがんばってますが
上記のイベントに出てる
フレディシーンさんは、バリーシーンの
息子さんですよね? たしか。
名前がとてつもなく速そうです!!!

まあ、私としては85年8耐に関して
平さんのインタビュー読みたかったなって
希望があったものですから、
日本、いや世界中のケニーファンの皆様、
そして加藤様、キングの奥様、そして
何よりご本人さま、失礼いたしました。
キングの登場、これからも楽しみにしております。

投稿: 21伝説 | 2011年7月10日 (日) 23時17分

日本でW/Gが愛されるのは
こういうのがあるからじゃないですかね?
義理人情、ある種の浪花節的な。

ケニーさん、もうレギュラーにしちゃって
徹子ならぬ「キングの部屋」でインタビュアーでもw
あ、すでにレギュラーになってるか(^^;

投稿: YASU! | 2011年7月15日 (金) 09時38分

YASU!さん、「キングの部屋」笑えるー。
そんなレギュラー企画ができたら、ワタクシもう思い残すことはありません。
ゼイタクだー。

そうそう、この間の取材でバカンス中のケニーに、
カタルニアサーキットに来てもらったじゃないですか。
ガードナーさんやベネズエラの英雄さんとの再会はすでにお伝えしたとおりですが、
現地の人にとっては日曜日の昼下がりに、
いきなりレジェンドライダーの登場ですからね。
辺りは騒然となったワケです。
だって、アマチュアのイベントにキング登場ですからね。
イベントオーガナイザーはもちろん、
オフィシャルや誰かのお父さん方が多数集まっちゃって、
そこらじゅうで記念撮影。
普段は奥様ともこさんに、ケチョンケチョンに言われるケニーですが、
出るとこ出たら、さすがキングです。

投稿: スチャラ加藤 | 2011年7月15日 (金) 15時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265253/40707745

この記事へのトラックバック一覧です: 7月23日発売『RACERS』Vol.10 W/G取材ウラ話:

« 7月23日発売『RACERS』Vol.10 W/G取材 | トップページ | 早くも9月24日発売『RACERS』Vol.11のお知らせ »