« 早くも9月24日発売『RACERS』Vol.11のお知らせ | トップページ | 第34回の鈴鹿8耐に来ています! »

2011年7月23日 (土)

『RACERS』Vol.10は今日7月23日発売です

先日の台風の影響はありませんでしたでしょうか?

さて、ホンダV4レーサー(初期の頃)を特集したVol.10が今日発売されます。
10
[↑ウチの会社に搬入されてきた10号]

なかなか実態がつかめなかった'82RS1000RW(FWS)の詳細や、
ワイン・ガードナーのインタビューも掲載。
恥ずかしながら、ワインもFWSに乗ったなんて知らなかったです……。

そんなFWSのページはこんな(↓)感じ。
ボクが出張中のため、『iPhone magazine』のナツミちゃんに協力してもらいました。
っでも、顔写ってないじゃん!
Photo

もうご購入いただいた天才フレディさんをはじめ、
みなさん、いつもありがとうございます。

来週末は鈴鹿8耐に行って、Vol.11用の仕込みをしてこなきゃ。
例えば、SERTのドミニク・メリアンさんにジェラール・コードレイさんや
セルジュ・ロセさんを紹介してもらったり、フランス人のカメラマンさんに
'80年代初頭の世界耐久の写真を借りる手はずを整えてきます。
いや~、GPマシンもいいけど、耐久レーサーもドラマがあるなぁ。

|

« 早くも9月24日発売『RACERS』Vol.11のお知らせ | トップページ | 第34回の鈴鹿8耐に来ています! »

『レーサーズ』制作舞台裏」カテゴリの記事

コメント

スチャラ加藤さま
いつも楽しく拝見させていただいています。

RACERSはマシンの考証も詳しく、模型製作用の資料としても活用させてもらっています。

現在、'86RVF750を製作しており、今号に載っていれば参考にさせてもらいます。

現在、海外出張中で(購入は妻に頼んでます)、読めるのは帰国後ですが、W/Gのインタヴュー等楽しみにしてます。

以降、Rothmans NSR Part Ⅱも待ってますんで!

投稿: が~どな~ | 2011年7月23日 (土) 10時01分

そういえば昔、サイクルワールド誌(日本版ね)で
RS850Rの公道仕様って試乗ありましたよね。
アメリカで作って輸入してナンバー取得して…
大阪かどこかだったかなぁ……。
84年か85年だったかで、確か秋あたりの号で。
ロセさんいったらelfシリーズの仕込みもw
あ~NEFのRO-1(かのギロチンヘルメット)、
クリスチャン・ルリアールレプリカを手放したのが後悔
あ、ワタシはAndroidユーザーですw

投稿: YASU! | 2011年7月23日 (土) 13時49分

購入しました。

素晴らしいです。

RVF partIIは86-90年の範囲でしょうか?いつになるか判りませんが楽しみにしています。

YASU!さんがヘルメットに触れてましたが、僕も91年頃、ある用品店で自分サイズのNAVA3がびっくり価格で投げ売りされてました。

愛車、赤・白のCB750FCには似合わない水色だったため購入しなかったのですが、バイクに乗っていないのに今めっちゃ気になる…

投稿: 牛島詳力 | 2011年7月23日 (土) 16時30分

先程購入してきました。

帰ってからじっくり読ませていただきます。

投稿: 555 | 2011年7月23日 (土) 18時22分

本日朝一で購入してきました!
まず、表紙!
以前こちらでも希望として書かせていただきました、コーナーを攻めるガードナー&RVFの組み合わせ、
それが実現されていて、しかも鳥肌立つくらいカッコイイ。
加藤さん、デザイナーさん、ありがとうございます。
内容もRC30前夜のRVF創世記、特に当時の開発と営業の第一人者を交えた回顧録は大変な読み応えでした。
また、我がヒーロー、ガードナーへのインタビューでは、ケニーへの尊敬と徳野さんへの労いが伝わってくる、よい内容でした。

'86以降のRVF黄金期が語られるであろう、Part2も今から期待しております。

投稿: RC30 | 2011年7月23日 (土) 19時08分

加藤 様 お疲れさまですー

今日早速RVF Legend part1購入しました。
とりあえずササッと1LAP。明日からは時間をかけて読み返します。

85年頃からライディングスポーツやサイクルサウンズを
買ったり立ち読みだったり(笑)してますが今までに見たことのない写真も多くいつもながらRACERSの出来栄えには満足です。こんないい読み物ないですよ!!

RVFやNSRの続編を早く読みたいですが寄り道も楽しいものなので次号のカワサキZレーサーを楽しみにしてます。

ハードスケジュールで体調崩されさいよう頑張ってくださいね。

投稿: GSX-VFR | 2011年7月23日 (土) 21時26分

加藤様

今まで何度かレースに参戦しているRS850を見た事があったのですが非常に好きなマシンだけに創刊号から購入していたRS誌やCS誌に取り上げられたのも極わずかで今回きっちり見る事が出来ました。

あのボリュームあるスタイル、度肝を抜く音にはしびれたもんです。

孝夫さんのライディングでコーナーを攻めてる写真は自分からしてみると国宝級です。

さて、いまからゆっくりWGのインタビューも含めて熟読させて頂きます。

投稿: YZF750 | 2011年7月23日 (土) 21時59分

INTERCEPTOR にやられました!

Part2 も楽しみです。
鈴鹿に行きたくなりました!

投稿: RC45 | 2011年7月23日 (土) 22時11分

たぶん、みなさんが見たかったRVFって、
RC30ベースの'86年型とか'90年前後のクルマだと思うんですが、
今回の号ではどうしてもそのルーツを辿りたくって、
'82年のFWSまでさかのぼってしまいました。
ご期待に添えず申し訳なかったです。
でも、RVFのパート2で必ず特集しますので、
それまでお待ちいただけたらと思います。

話は変わって、ヤマハは今年でGP参戦50周年という節目の年なんですが、
MotoGPの各ラウンドでは趣向を凝らした企画を展開しています。
今週末はラグナ・セカでUSGPがあるんですが、
YMUSではこんな(↓)楽しいムービーを制作。
http://www.youtube.com/watch?v=XQMjeC0kItU

アメリカのユーモアのセンスはさすがですね。

ボクも微力ながら日本GPで頑張らせていただきます。
10月1日(土)の16~17時に、「レーサーズ公開取材」と称して、
ヤマハの北川さんと、HRCでGP監督も務められた黒澤さん
(GP延期前に予定していた石井さんがスケジュールの関係でNGとなってしまい、
黒澤さんがピンチヒッターで登場)に、GPの裏話をネチネチ聞き出します。
それにしても、ヤマハがらみのイベントに、HRCもよく協力してくれますw。

ということで、人が入らないとさびしいので、みなさん、来てください!

投稿: スチャラ加藤 | 2011年7月24日 (日) 05時18分

初めまして、「スチャラ加藤」様
YAMAHA YZR-M1のことでもう何年も前からずっと疑問に思うことがありまして、
GPマシンに詳しい加藤様ならご存知ではないかと思い、ご質問させて下さい。
M1の右サイドカウルに小さな三角形状の穴が上下に並んで2つ設けられているのはご存知でしょうか?
上の穴はNACAダクトに形状が似ていて、クラッチ板の前方やや下の辺りのカウルに開けられています。
そして下の三角穴は穴の向こうにエンジンのオイルレベルの丸窓(2つのうちの上の側の丸窓)が少し見えています。
これって何の目的があって開けられているのかご存知ありませんか?ずっと気になっていてナゾが解けません。
過去のM1を調べてみましたが、2005年辺りからずっとほぼ同じ位置にその開口は設けられているようです。
ワークスマシーンというものはそのメーカーの究極の技術の集大成であって、最速のためにそれが必要だからこそ
設けてあると思うのです。何の意味もなくわざわざ無駄な細工をし続けることは絶対に有り得ないと思うのです。
上の穴はクラッチ板の冷却かな?と思ったこともありましたが、それにしてはやはり位置が変な気がします。
下の穴に至っては全く意味不明。単なる空気抜き?・・・熱対策?・・・オイルレベルを見る?・・・んなバカな。
大勢に影響を及ぼすほどのものではないなら、何もわざわざ手間のかかる加工しなくてもいいはず。
それ以外の左右カウルの大小開口は誰が見てもだいたいその意味は分かりますが、この2つの穴だけは・・・??
2つとも穴が小さいだけに、逆に気になるのです。なぜこの形状でなければならないのか?
何の機能を果たしているのか?加藤様、ご存知ありませんでしょうか?

投稿: テル | 2011年7月24日 (日) 05時54分

ガードナーのインタビューに涙しましたよ!!

今でも92ガードナーメットを愛用しています。

投稿: 555 | 2011年7月24日 (日) 11時54分

これまで、
あまりにもRACERS誌上に登場しなかった、
ガードナーのインタビューがやっと!

子供のレースで忙しかったのか…。
でも、ちゃんと応えてくれるあたり、
日本を大切にしてくれてるなー。

RVF誕生までのV4黎明期の話が興味深かった。
営業サイドとも絡み合った歴史だんたんですねー。

でも、V4のメリットとして、
クランクがコンパクトに出来るから、
直4に比べれば、
操縦性へ影響するジャイロ効果を軽減出来る、
という記述が語られてなかったけど、
アレは、完成してから気づいたものなのかな?

市販車ホンダV4シリーズの乗り味は、
ホントにニュートラルだったと思う。

part2楽しみにしてます!

投稿: ジョナサン | 2011年7月24日 (日) 12時41分

YMUSの動画、大爆笑!

まさかエディさんまでwww

でも、なんだかんだいって、

ケニーさんが一番ヤンチャだわw

投稿: YASU! | 2011年7月24日 (日) 14時50分

スチャラ様
今回もホントに読み応えのある内容で、大満足です。確かに、RVFというとRC30ベースになってからのいわば円熟期のイメージが強烈ですが、今回のFWSからの開発の進んで行き方の窺える取り上げ方は最高ですね。
私はV4登場時に中免取ってましたから、とにかく懐かしいです。RVFの次回も凄く楽しみだけど、何より次号のZレーサーも今からワクワクしてます。
ZレーサーのPart2ではちょっとで良いからGPz750も登場してくれるのを期待してます。

ホント、一番発売日が待ち遠しい雑誌はRACERS!

投稿: kenmatsu | 2011年7月24日 (日) 20時10分

 RVF Legend[Part1]昨日購入しました。
2st Racerも良いですが、4st Racerの方が
資料としても過去にあまり情報が無かった
だけに読んでいて面白いですね!
 今回のPart1は、RC24ベースのRVFまでかなと
思っておりましたが、良い意味で予想を
裏切られました。(次回の楽しみと言う意味で)
 やはりこの時代は、バイクの販売台数も半端ない!
 (かなりの乱売状態で結果として国内市場の
  縮小に繋がったとも言えるかもしれませんが)
それだけ売れれば販売面からもメーカのレース活動も
大規模になるし2輪レースが盛り上がる筈ですね。
 今よりも明らかに熱かった当時のレーサーにスポットを
あてるRacersを今後も楽しみにしておりますので、
これからも宜しくお願い致します。

追伸 茂木は残念ながら行けません
   (遠いので(因みに鈴鹿は隣町))
   沢山の人が行かれると思いますので
   盛り上がること間違い無しですので
   また、blog等で報告して下さいね。

投稿: ao | 2011年7月24日 (日) 20時36分

早速発売日に購入しました。

80年代のワークスマシンは、人間味があっていいなあと思いました。コンピューターだけで作られたなんとなく「血が通ってない」感じではない暖かさかを感じました。

ガードナーはやはり大和魂を持つナイスガイです!

投稿: ホッシー | 2011年7月24日 (日) 21時31分

こんにちは。まだ、買っていなのですが、パート2を出される際は、モリワキのRC30スーパーバイク仕様の写真を盛り込んでもらえると嬉しく思います。あと今井選手がライドしていたモリワキF3 VFR400Rとかも。こうなったら一冊丸ごとモリワキで。モリワキVエンジン、モリワキインライン4とかいう括りでもいい・・・・という勝手を言って申し訳ありませんが内心期待しております。

投稿: たかたか | 2011年7月25日 (月) 20時45分

前号、今回と85鈴鹿8耐の記事で当時高校一年でちゃりんこで鈴鹿に行った思い出がよみがえりました。三栄書房さん企画提出します。是非RACERS別冊DVD 『RegendRacers』1巻 伝説の85鈴鹿8時間耐久レース 出していただけませんか? 

投稿: | 2011年7月25日 (月) 20時54分

結構前、リンドバーグで薦められるがままに
購入したVHSのビデオ。
十代のフレディが(既に911乗ってた…)
デイトナで黄色いキングを直線でぶち抜いておりました。
タイトコーナーの突っ込みで差し替えすキング。
黄色いのはデイトナ仕様のYZRってのはわかるのだが
はて、トリコロールの方は?
デイトナ用のNR?そんなのあったけ?
当時はよくわからず、それでも超高速バトルに釘づけ!

あれがFWSだったんですね、
ようやくあのマシンの素性がわかりました。
レーサーズ読者ならあのビデオ、
持ってる人結構いるんじゃないかなぁ。
AMAスーパーバイクのエディーも出てるし
久しぶりにまた見てみよーっと。

あ、もちろんレーサーズもガンガン読んでますよ!
なにげに10号、節目じゃないですか。
加藤様、おめでとうございます!!
続けることって大切ですよね。
猛暑が続きます、ご自愛ください。

投稿: 21伝説 | 2011年7月25日 (月) 21時29分

『ふたり鷹』関連の記事で少し気になったこと。
JALの広報の方のコメントにあった
『飛行機会社はレースのスポンサードをしない』という点。
チーム片山の国内スポンサーって『東亜国内航空』でしたよね?
敬済さんが“取り決め”を外させたのかな??
(特に近年、あまりよい話を聞きませんが)
敬済さん。鈴鹿でお話をした時には笑顔が
素敵でした。
NR500の時にインタビューですか!?
(NR750の時には某バイク雑誌の元編集長? 爆 )

投稿: RC45 | 2011年7月25日 (月) 21時58分

うーん…感じ方は人それぞれだけど、GSXーRの号と言い4stの時って(FZはギリギリ○)内容薄くないですか?

あえての苦言ですが、外注のライターに丸投げしてる感満点です。

吉村さんはリソースのまんま過ぎてつまらないし、石橋さんはでっち上げ多すぎてトホホなんだなぁ。

やっぱり加藤さんが全部しっかり書くか、高橋一平さんとかもっとバランスが良くて、ライトスキルの高いライターを使ったらどうですか?

それから、ガードナーのインタビュー(?)も、写真の使い方が悪くて臨場感がまるで無いです。

投稿: 業界人 | 2011年7月26日 (火) 23時53分

↑こんなことコメントする意味あるの?

投稿: 異業種人 | 2011年7月27日 (水) 12時34分

今の時代に発刊されているだけで奇跡なのに
それでも業界人のコメントか?
上のコメントのDVD 欲しい

投稿: 購買層人 | 2011年7月27日 (水) 12時51分

ライトスキルの高いライターを使った書物っていうのを読んでみたいです。
業界人さんが作られてる書物(雑誌?)の名前をお教えください。

投稿: 読書人 | 2011年7月27日 (水) 16時42分

業界人様へ
業界人をなのる人が匿名で個人を誹謗中傷をするなんてとんだ糞業界人ですね。あなたの本を見てみたい。

投稿: 一般人 | 2011年7月27日 (水) 17時55分

業界人さんとは別人ですが……

苦言ですw

今回のRACERS、面白くありません……
ちょっと、期待はずれな内容
RS1000rwについて、もっと詳しい車両写真や開発話が読みたかった。
RVFにしても、もっとエンジンがバラバラなものを見てみたかったし、このパーツが苦労して、試作パーツがこんなに有ってとか………

当時の雑誌内容と同じ話しではなくて、当時では話が出来なかった、企業秘密的な内容を期待していたのですが……

ここ最近のRACERS、ちょっと手抜き感でてますよ。

かなりな裏話や、ダークな話、企業秘密的な内容、当時のライダーのインタビュー記事をもっと載せてください。

REACERSを創刊から買い続けてる、マニアのです。

投稿: …… | 2011年7月27日 (水) 21時10分

みなさんの貴重なご意見、ありがとうございます。
すべて受け止めて、これからの制作の糧にさせていただきます。

「いつも定価以上の価値になっているか」というのを確認しながら作っているつもりですが、
実は私の中では「この号は○%、でもあの号は●%」と、バラつきがあります。

バラつく原因のすべては私にあります。
また、取材相手あっての制作なので、相手様のご都合に左右されてしまうということもあります。

前にも吐露しましたが、こんな発展途上な本に付き合っていただいて、
読者のみなさんには頭が下がる思い……。

「最近は安定して面白くなってきた」と、
みなさんに評価していただけるように精進しますので、
これからもいろいろなご意見をお寄せください!

投稿: スチャラ加藤 | 2011年7月28日 (木) 01時20分

加藤様、毎号ご苦労さまです。全号購入し、食い入るように読んでいます。
このような本が出ることは、この時代のレーサーが好きな人間にとって非常にありがたいことです。
今回は車両の詳細画像が少なく残念でしたが、
思うに、やっぱり車種を限定しないとまとめるのは大変なのでしょうね。
できれば’84NSRの時のように1~2車種に限定して詳細の写真や開発秘話を取り上げて頂くと良いなあと思っています。

少なくとも、BS誌やRC誌の特集より詳しくして頂ければ・・・

例えマイナーなレーサーだったとしても、詳しく書かれていれば皆さん買われると思います。

個人的にはVF-FやVFR-Fインターセプターなんて特集を組んでくれたらと妄想しております。

あとはGPz750Rのカタログの後ろに写っていた水冷レーサーが気になります。
カムチェーンの位置が市販車と逆に見えますが、当時そんな記事もみたような・・・

そんなディープな取材を今後も期待しております。
お体に気をつけて頑張ってください!

投稿: V4大好き | 2011年7月28日 (木) 16時38分

当時の裏側を知れるインタビューの記事が一番すきです。ワインだけでなく、もうちょっと何人かレーサーの記事が読みたかったなあ・・・。せめて徳野さんははずせないでしょう・・・。

投稿: D.D.ラディゲス | 2011年7月28日 (木) 20時31分

業界人さんに異論をはっした物ですが 
たしかに言われてみれば徳野サンの記事は今回
ガードナーと抱き合わせしていなければいつ載せるの?なような
気もします。
これからも成長中のRACERS 楽しみです。

投稿: | 2011年7月28日 (木) 22時26分

ずいぶん腐ったコメントがありますが、気にする必要ありません。大多数のファンは今の方向性を支持していると思います!!

今後も期待しています!!

投稿: 555 | 2011年7月30日 (土) 20時26分

塩森や町井のインタビューもぜひ、ヤマハF3レーサーズかなんかでお願いします(笑)

p12のキャプション
「汚名挽回を」とありますが、汚名は返上するもので、挽回するのは名誉ですね。
増刷時は訂正を!

投稿: 横浜サンダーエース | 2011年7月30日 (土) 22時07分

業界の人間でもレース人でもありませんが、一読者としての今回の感想です。
たしかに少々物足りない感はあります。
インタビューしている人が過去にもコラムみたいなモノ書いていたりしているので、そのままの内容だったり。
とあるホンダのHPサイトの方が詳しくV4について書いていたりしますし。
きっと読者は「FWS」のもっと詳しい内容やエンジン内部の当時の秘密、RVFとVF750Fとのエンジンの違い、その後のRC30との流れを期待しているのではないでしょうか?
苦労なされてレーサーズを発行していただいてるのは感動にあたいするのですが、今回は正直物足りなさが多かったと、私は思いました。

投稿: RZR | 2011年8月 1日 (月) 19時07分

こんな楽しみに待てる本ないです。

毎号買う度に書き込みたくなってましたが、結局今回初コメ。

外れだろうが何だろうが買う。これからも全部買う。それだけ。

投稿: 加藤さんがんばって | 2011年8月 2日 (火) 16時57分

こんな素晴らしい雑誌は他には無いと思います。
レーサーズの創刊号(NS特集号)を偶然本屋で見つけて以来、レーサーズの大ファンで、毎号必ずほぼ発売日に購入しています。
昨年のGSX-R特集号は鈴鹿8耐のブースで買って、土曜の夜のピットウォークで水谷勝さんにサインをしてもらいました。(宝物にしています)

レーサーズ以外のバイク雑誌は広告ばかりで買っても読むのはほんとに少しの記事しかありませんが、レーサーズは最初から最後のページまで繰り返し繰り返し読んでいます。
こんなに全てのページを読むことが出来るバイク雑誌は他にはありません。

難しいでしょうが、もっとスタッフを増やして毎月発売して欲しいです。

2ヶ月に1回しか発売しないなんて我慢できません。

あと、モリワキ特集もお願いします。

宮城光さんが大好きなのでぜひともお願いします。

これからも体に気をつけて、頑張って80年代中盤から90年代バイクが輝いていたころのバイク雑誌を作り続けてください。
応援しています。

投稿: サロ | 2011年8月 2日 (火) 17時58分

業界人さんを擁護って訳じゃないんですが。
せっかくこのように読者の感想がダイレクトに伝わる場所を設けてくださってるんですから、RACERS万歳意見ばかりじゃ意味無いのでは?
ちょっと今号は(こんなところが)イマイチ、的な意見を書き込めないような雰囲気は作っちゃダメだと思います。
少なくともお金を出して買った人には、良い悪いどちらの意見も言う権利はあると思いますし。

私も今回はイマイチでした、一言で言えば「薄い」です。
ただ、RVF自体キャラが薄いので仕方ないのでしょうか・・・ヨシムラやTECH21の車両のようなドラマも無いですしね。
また、先のFZRとの間に別のジャンルの号が挟まっていればまた印象は違ったのかも知れません。

投稿: 雪ぼうず | 2011年8月 2日 (火) 22時02分

自覚してましたが、万歳意見書いちゃって恥ずかしいです。

一足遅れで買って昨日読んだのですが「薄かった」です(爆)。
そうですね、やはりエンジンの中見たかったですね。たしかに徳野選手のラップタイムの件もぜひインタビューで補強してほしかった。

ただ、続けて買ってるとNS→'84NSR→ロスマンズNSRのように以前の号を引っ張り出して技術やメーカー間の歴史の流れを俯瞰できるのがいいんです。('85はいつ登場でしょうね?)

個人的には発行間隔が開いてもいいのでマニアックに充実して欲しいですね。まぁいずれにせよ今後も全部買うつもりですんでよろしくお願いします。

投稿: 加藤さんがんばって | 2011年8月 4日 (木) 14時08分

NW1Aは Agipスーパーモンキー カラーが一番のお気に入りでした。
一度しか見ませんでしたが、ブラックにイエローの彩り。
カッコよかった。

投稿: 熊野丈二 | 2011年8月 5日 (金) 14時08分

SUCHARA さん!!

いやぁ、暑い熱いですなぁ、いろんな意味で;汗

冷たい物で、体内冷やし過ぎないように!><

僕は限られた時間、スペース、情報量で、これだけのモノを
汚い言い方ですが”いまさら”出してくれるだけでも
万々歳ですな。
あるもので勝負するしかないんですからね、いつの時代も。そこは普遍です。。。


通常だとその当時の雑誌記事に載らなかったこと、載っても非常に限られた量だったものが、その倍程度の値段で、写真を含め、圧倒的情報量で提供されているんですから、よーく考えてみると、本当にすごい事ですからね、コレは。


叱咤激励も、皆さんお好きだからこそ、なんですね。

個人的には、コレまでの紙面内容とは違う方向性だったのが、とても読んでて興味深くもあり、新しい発見ばかりでした。

市販車のライバル社や世界市場を睨んだ共同戦略開発についての記事は、自分にとっては本田という会社をより良く知るきっかけになったのと、レースは市販化への走る実験室、とバイクに乗るものであれば広く知られてはいるものの、どういう形で、とかの部分は知る事は無いわけで、漠然としたものでしかありませんでしたが、やはりこういう具体的な内容で、初めて深く納得出来た部分もあります。

純粋に、よかったです。

”ブイヨン”が壊れない理由も説得力がありました。

ワインは、なんか、丸くなったというか、若い頃よりも日本人みたいですねv

和食の話が出ると、嬉しくなったのは僕だけではないはず。

加藤さん、そいういうOFFなところを、前から言ってますが、もっと取り上げて下さいよー><

当時の感想だけでなく、その人についてもっと人間的によく知れるコメント取って下さいよー。
そういう質問や内容も載せて下さい。
それが、機械と人、人と人との結び付きを表現するレーサーズだと思うんですが。。。

一問一答式で、1/2ページでもいいので。。。

徳野さんの真相は、私も踊らされてました。ワインが昔変に言ったりしてたのも?(翻訳の関係?)ありましたが。。。

徳野さんのコメはまた取って下さいね。

同じ方向性のコメだけでなく、仮にぶつかる意見が紙面上で聞けても、それが事実ならそれこそが大切で、それでいいと思うので。


レーサーズ、もうドコでも、いつでも買えます。
やったーw

投稿: しゅん | 2011年8月 7日 (日) 07時36分

多くの人が美味しいと感じて食事してるレストランで、「今日の料理は不味い」「味か薄い」と周りに聞こえるように言うような振舞いは如何なものかと思います。
少なくとも、コックを名指しで批判して、他の店のコックのほうが美味い、というのは、非常識過ぎると考えます。
例えそれが主観的な事実であっても、場を弁えたなさりようがあるのではないでしょうか。

投稿: TAK | 2011年8月 9日 (火) 11時19分

お盆で何とかゆっくりできる時間ができたので、やっとVol.10に目を通すことができましたcoldsweats01

いつもとは切り口を変えてV4が世に出た時代背景から掘り下げた今号、自分的には興味深く読ませていただきました。皆さんのコメントで毎号の内容について色々ある様ですが、私は誹謗中傷にならない範囲であれば辛口の意見があっても良いのでは?と感じています。RACERSにはそれだけ読者の期待が大きいのと興味の内容が十人十色だという事なのでしょうかね?

読み進むと毎回重箱の隅みたいな点にばかり反応してしまうのですが、高坂さん(お元気そうでconfident)のお話の中であった冷却水圧の件、今まで疑問だったホンダ系ワークス車両が2stと4stでホースバンドを使い分けている理由では?というヒントをもらえましたsign03それが正解かは?ですが( ^ω^ )

疑問ついでにRVF part.2でもし取材できたらなのですが、当時RVFに四輪用の柿色のオイルフィルターを採用した理由って…オイルのリリーフア圧とかじゃなく、ひょっとしてただの軽量化?それとエンジンオイルがなぜ製作所の…加工精度のゼロが一つ多かったり、水温や油温管理が出来ていたから?
もし差支えなければお聞きできたら嬉しいですsign01

今まで溜まっていた疑問が次々と出てきてしまいます。でもこんな事書ける場があるなんて幸せですよ(≧∇≦)加藤さん、ほんとありがとうございます。

投稿: 639/407 | 2011年8月16日 (火) 12時35分

I'm an enthusiast of your books
Writing from Italy want to ask you to consider a doble language books
english / japanese will help us to better understand your wonderful pubblication

thanks a lot to show us beautiful images of great two stroke and racing bikes

best regards

Alex

投稿: Alex | 2011年8月20日 (土) 04時22分

ありゃ~久しぶりに覗いて見たら何だか糞だとか何だとか荒れてますね(^^;)

感じ方は人それぞれって前置きしてても、そう言う反応ってネット右翼の方?

敢えての苦言だったんだけどなぁ(*_*)

それでも読み込んでる何人かの方には解ってもらえたみたいで何よりです。

加藤さん、ソースをメーカーに求めざるを得ない訳だから、今回の号ならHRCの顔色を伺いながらも理解出来るけれど、徳野さんの件やデイトナのFSWの不可解なタイヤのミスチョイスの件とか、外注に振りっぱなしなのは如何なものかと‥

カワサキとヤマハは比較的フランクだけど、HとSは書かれ方をとても気にするからやりにくいとは思いますが、応援しております。

全号NSとマルボロ、アップサイドダウンのNSRの号みたいなレベルなら最高ですね。

投稿: 業界人 | 2011年8月23日 (火) 14時29分

レーサーズに関係ないコメントで申し訳ないです。

昨日(24日)発売されたM・N誌の「仮面ライダー」について書かれた記事についてです。
1号・V3とあり、キカイダーについても「オンタイムで・・・」と書いています。
書かれた方は42歳とあります。
おかしくないですか?仮面ライダー放映時2歳(キカイダー時3歳・V3時4歳)ですよ!!
記事に書かれたことを、「2・3歳の幼児が?」と思ってしまいます

この方は年齢詐称なのでしょうか?
または、後から調べたことを、さも「オンタイムで」と書かれているのでしょうか?
もちろん、とんでもなく能力の高いお子様だった可能性もあるのですが!

いずれにしてもフに落ちません。
このライターの方ってどんな人ですか?
業界人さん知ってます?

投稿: 業界人さ~ん!(呼) | 2011年8月25日 (木) 10時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265253/40920998

この記事へのトラックバック一覧です: 『RACERS』Vol.10は今日7月23日発売です:

« 早くも9月24日発売『RACERS』Vol.11のお知らせ | トップページ | 第34回の鈴鹿8耐に来ています! »