« 9月24日発売『RACERS』Vol.11、無事校了 | トップページ | ケニーと屋形船 »

2011年9月23日 (金)

Vol.11搬入!ご感想はコチラまで

11_3
[↑ファッション誌に囲まれた「Zレーサー」号。このギャップ、同じ会社とは思えない!?]

Vol.11号がウチの会社に搬入されてきました。
ということで、24日、場所によってはそれ以降に発売されます。
また、以前しゅんサンからリクエストいただいたとおり、
Vol.11のご感想がありましたら、この記事の下にご投稿ください。
どんな内容でも構いません。全部これからの励み、糧にさせていただきます。

それと、もう一冊宣伝させてください。
実はボクがプロデュースした『バイク旅行』の第2号が9月15日に発売されました。
↓こんな表紙のツーリング雑誌です。
Photo

編集作業は外部のプロダクションさんにお願いしたのですが、
本のコンセプトワークや内容面・展開案の大まかなところは
意見させてもらいました。
長年ツーリング雑誌を作ってきたプロダクションさんの制作なので、
お勧めしているツーリングコースやプランに自信あり! です。
実際ボクも先週の日曜日に掲載されているコースを走ってきて、
おいしい金目鯛の煮付けを食べてきました。大満足happy01
定価490円。週刊誌サイズで販売しています。

たかしサン、
もう23日、今日になってしまったか……。
ケニー・ロバーツ御一行様と屋形船クルージング、行ってきます!
カメラ、忘れないようにしないと!

kenmatsuさん、
先日カメラマン先生のとこへ行って、RGB500に乗ってた頃の
バリー・シーンの写真を見せてもらってきたんです。
ミック・ジャガーやデビッド・ボウイに負けないくらいのカッコよさ。
男の「色気」プンプンでしたよ。

ホッシー!さん、
おっしゃるとおり、特に'70年代のスズキは、
オンもオフもマシン作りにこだわりがあったように思えます。
果たして、修会長兼社長は当時どんな考えだったのか……。
そして今は!?

YASU!さん、
確かに、ケニーが乗るバイクには60km/hくらいで効くリミッターが必要かも。
日本の渋滞とか、信号とかにも「F○~CK!」とか言ってそうsweat02

konnさん、
ウチの会社の、元『ライディングスポーツ』の先輩からも
「なに~! ガンマを入れない予定!? マニアックだなー」と、
あきれられています。

ナオパパさん、
そういえば、まだウチの会社内に
『ライディングスポーツ』編集部があった時代(1995年頃かな)、
当時の久保編集長がSRSクボで「グースでレース」みたいな
連載企画をやってたなぁ。あのグースは、いまどこに……。

YZF750さん、
3冊も……。ありがとうございます。
それと、全日本RG&RGB同窓会企画なんて、
ボクごときでは発想すらできませんでした。どんな話になるんだろう。
聞いてみたいような、でも掲載できない話ばかりのような気もcoldsweats01

ガメラおやじ48さん、
アッセンでのフランコ・ウンチーニの悲劇って、
ワイン・ガードナーが突っ込んでしまった'83年のクラッシュでしたかね。
そこまでは、次号ではいかない予定。
「栄光のRGΓ」号まで、お待ちください。

lc1gr6さん、
はい、正解です。市販RG500のサービスマニュアルです。さすが!

おるたなてぃぶらいだぁサン、
「KWASAKI耐久レーサー~独特な形状の アッパーカウル」のほか、
KR1000はメチャクチャですわsign04
最初っからフレームがゆがんでたり、エンジンが左側に寄ってたり!?
詳細はVol.11をご覧ください。

21伝説さん、
「赤い軍団」「赤い力」、ご想像のとおり、その両方!?
この話は、また別の機会に……。

|

« 9月24日発売『RACERS』Vol.11、無事校了 | トップページ | ケニーと屋形船 »

『レーサーズ』制作舞台裏」カテゴリの記事

コメント

待ってましたのKawasaki特集!!

非常に口惜しいのは、海外在住なので取り寄せに時間が掛かってしまう事。今回も弟に頼んで発売日購入⇒そのままEMS発送で南半球まで送って貰います(笑)。

色々な意見が飛び交っていますが、それも全てはRACERSを愛しているから。多少クオリティにばらつきがあっても、こうした伝説を掘り返すからには仕方がないと思っています。それでも皆が購入するのは、単純に考えればRACERSが支持されている証拠ですよね。

バイク全盛期に青春真っ盛りだった年代を、これからも狂喜乱舞させる紙面づくりを期待してます。頑張ってください!

投稿: Green Monster | 2011年9月23日 (金) 11時18分

今日は。KR1000はKR250/350と共に好きなカワサキレーサーなので今回の記事はうれしかったですね。また、82ページの写真説明で、鈴鹿8耐で存在感を見せていたメカニックが三笠さんだということもわかりました。

 ところで86ページ本文で「バルブの挟み角は30°を3.8°に拡大するなど微妙に変更」の3.8°は30.8°の間違いではないでしょうか? また、この挟み角は吸気-排気の相対角ではなく、吸気のシリンダー中心線に対する挟み角ではないでしょうか?

投稿: 宮崎 | 2011年9月25日 (日) 08時59分

昨日Vol.11を購入して、早速一気読みしました。

80年代の耐久レースシーンは、マンパワーの
戦いでもあったんだなぁ、改めて思いました。

現代のレースシーンのように、資本や組織の力が
多くの割合を占めていなくても、少数精鋭で
創意工夫を凝らし、勝利を目指して、
戦いに挑んでいたんですね。

もちろん、現在のレースシーンにおいても、
すべての条件が整って、チャンピオンを
獲得できる訳で、名誉と価値あるモノに
変わりはありません。
ただ、クルマのF1みたいに政治的な駆け引きが、
サーキットの外であるのは…、バイク界では
避けたい状況ですね。

ハナシがそれました。
加藤さんの「KR1000はスゴイ」、
読んでわかりました。
当時には、あまり詳しくはないのですが、
(自分は80~83年だと、小学校高学年から中学校2年)
あの人数で、ホンダに負けず劣らずの、
様々な試みをしていて、挑戦していたんですね。

また、セルジュ・ロセ氏へのロングインタビュー
も興味深いものでした。
長年にわたる、ロセ氏のバイクレースに対する、
情熱の原点を知ることが出来ました。
後に、elfプロジェクトや500ccクラスに
フレームコンストラクターとして、
活躍するのですから。

Vol.11は、KR1000というバイクは
もちろん、その周辺の人物像にもフォーカスが
されていて、おもしろかったです!

投稿: おるたなてぃぶらいだぁ | 2011年9月25日 (日) 21時54分

Dear.Mr.Suchara

Kyou Kenny ni aini ikuno ukkari wasuretemasita><

Hiru mae made ha iku ki manman datta noni...

Jinsei mata son sitemasu↓↓

という話はさておき、

買いましたよ!!

ダラダラした自分が
こんなに早く買う事あるんだろうか?
そんな快挙でした!

いやぁ、内容がよかった~。

富士山の写真、読者モデルならぬ読者ライダー企画
そしていつでも何にでも使える旬暦などなど。。

タイミング的に行けそうなルートが
今号は私情でありませんでしたが、
ご当地食べ物を目当てに目指して行きたくなるような、
そんな紙面内容で。。

次号も楽しみにしてますw


ではまた!


というのも置いといて


HDRカトー&大塚Z1(敬略称)
はおいし過ぎな場所でしたな!
メットのカラーリングが妙にマッチしてましたが
合せたんですか?
個人的には画像加工ナシで
せっかくの実車を見たかったです。。
(対応された方、スミマセン)

カトー記事を探したんですが、
今回はあんまり無くて残念でした。

いつもブログで発言せざるを得ないのが加藤さんなんで、
ついついあなたの意見や見解を紙面上で探してしまうんです。


というのも、ややソレ気味か><


いやー
今号は本当にKRヒストリー一色でしたね。
ちょっと加藤さんの事前触れ込みとは違ったような内容の感じでしたが、
内容が個人的には少し難しかったです。
何度か読み返さないと。。。

読んでみてよかったのは、
今年で言う「絆」ですかな。
カワサキが'70末期-'80s初頭、
アレだけの輝きを放っていた時代でさえ、
なんだかとてもこじんまりとした、というか、
アナログ・アナログした日本らしい運営で
成り立っていたという事実を知る事が出来た事。

人情とじゃぱにーずならではの助け合い精神と言うか、
職人の勘というか、なんだか上手く言葉に出来ませんが、
ほっこりした気分に読んだ後なりましたよ。


ロセ氏=ホンダやヤマハってイメージが
近年では個人的には強かったですが、
彼のルーツを根底まで写真付きで掘り下げた
取材内容の記事は、
機械より人物贔屓な自分にとっては大満足でしたね。

私的には
奥さんが往年のロセ氏の活躍をどう見てたのか、
今なにやってるのかわかれば、
もっとよかったですかね><

あと、取材行くのではなく
たまには
カトー・マネーで
本人を引っ張ってきて、
KHIとか連れ回すのも、おもしろかったかもですね。

昔の現場のメカやエンジニアと
車体をもっと引き合わせて下さい!(夢w)


KRは見たいです。言っておいて下さい。

あと見開きトップは古き良き次代の象徴
コンチネンタルサーカス同等の圧巻なまでの写真で
素敵でしたよ。


コメント場所の提供どうもv

今号も紙面づくりに携わられたみなさん、
ありがとう。

投稿: しゅん | 2011年9月26日 (月) 01時26分

加藤さん、そしてスタッフの皆さん
どうもありがとうございます。これこそ、私読みたかったストーリーでした。ようやくアマゾンから届きましたが、まだざっと目を通したところです。

パフォーマンスやGG辺りって、GGの実車は紹介されていたけど、レースでの活動の含めて、実像がどんなものなのか、日本では知名度の割りには紹介されてこなかったと思います。それだけに、今回のロセ氏のインタビューはホントに興味深いです。

もう、大好きなカワサキの耐久レーサーがいっぱい出てるって言うだけで、幸福感に浸りまくれてます。もしカワサキがKR1000レプリカを市販車として出したら、どんなことをしてでも買わずにはいられないと思ってからもう長い年月が経ちました。出ないけど、今からでも出たら何としてでも、ってところは変わりません。

TT-F1時代の耐久レース、懐かしくて、格好いいと、改めて思いました。

まだ、次号のことを考える余裕も出てこないけど、格好いいバリーの写真期待してます。あの時代ってことは、木引さんか坪内さんかな。この号で次号発売までは充分楽しみまくってます。

投稿: kenmatsu | 2011年9月26日 (月) 13時32分

今回も内容の濃い特集で一気に読ませていただきました。
今回も紙面に広告無しでこの値段。正直心配です。(もう少し値段が高くてもいいのでは?といつも思っています。)と同時に編集者の方の心意気にいつも感心しています。
これからも20号、30号目指して頑張って下さいね!(出来ればずっと...)
また買いますからね。

投稿: papa lunita | 2011年9月26日 (月) 17時11分

ロセ:「華やかじゃなかったら誰がお金を払って見に来てくれる?」

徳野:「お客さんが楽しんでくれてナンボ…」

その通り!

投稿: 新沼ッけんじ | 2011年9月26日 (月) 18時52分

田舎の流通事情から、連休明けの本日入手~ざっと見たダケデスガ、実車の「現物合わせ」の嵐には目が点です~田宮のプラモの方が百倍精度が高い様な(*^_^*)
何時の日か、RCBや、AMAスーパーバイク特集辺り、御待ちしておりますm(_ _)m

投稿: lc1gr6 | 2011年9月26日 (月) 20時13分

 毎回Vol.1から愛読させてもらってます
 今回は私、1985年の鈴鹿8耐が現地で、テレビも引っ括めて、レース初観戦でしたので、今回は懐かしむより、過去を勉強するという感じになるVolになりました。
 今回のVolで思い浮かぶのは1981年の8耐でP.Pを獲得した、Z1000ベースのモリワキモンスターです
 モリワキモンスターはTT・F1ではどのワークスよりも早く、アルミフレームを搭載したマシンです。
 今後 今回のマシンもロセ氏が手懸けてますが、ヨシムラ(Vol.5で紹介されてましたが‥)やモリワキなどいろいろなコンストラクターマシンも詳しく教えていただきたいなと思います。

投稿: やっさん | 2011年9月27日 (火) 00時33分

「カワサキは歯応えがある」

徳野さんらしい表現ですね…

10年以上前ですが、一度徳野さんと話をする機会があって、当時僕の乗っていたVFR750F(RC24)を、

「ゴム動力のクルマみたいで…好きやったわ」

とおっしゃっていただいたのと繋がります…

セルジュ・ロセさんとPOPやモリワキ(南海子さん)のつながり、レースって人をつなぎますね。

ロセさんときたらやはり、いつの日にかElfプロジェクトを特集していただかないと…ですね、ROCyamaha のフレームをレイニーが採用した、というくだりもどこかでお願いします。

投稿: 牛島詳力 | 2011年9月27日 (火) 16時13分

70年~80年のkawasakiのレース史は、何度か読んだことがありますが、ここまで掘り下げ1冊になるとは、kawasaki乗り、green maniaとしてはうれしい限りです。今度はぜひ、ロブ・マジーさんの所へ~。

投稿: 素浪人 | 2011年9月27日 (火) 22時52分

こんばんわ、加藤様。
11号やっとこさ読み終えました。
GPシーンでのロセさんはある程度知ってましたが
ゴディエ/ジュヌーやパフォーマンスは全く知らず
新しい世界を紹介して頂き楽しく読めました。
フランス・ヨーロッパの香り充満してましたよ。
そしてロセさんを中心としたチームと川重のマンパワー
が合体してのグリーン旋風だったのですね。

空冷直4時代は牧歌的で人情味がありますねぇ、
それだけにこの時代のマシンは未だに人気が
あるのでしょうね。
やはり4ストレースはホンダV4の登場で
一変した感はあるな…

つぎのカワサキはAMASBでしょうか?
マジー+エディ、震えて待ちます。

そして勝手に次の次の予想、
ズバリ、紺色のやつ!!

投稿: 21伝説 | 2011年9月28日 (水) 22時25分

今回の本は自分のよく知らない時代ですが、KR1000の荒削りなカッコよさとライダー、スタッフのチョイ悪な雰囲気・・・まさに古き良き時代ですね。
当時の関係者のインタビューも面白く大満足です。
次のRGも大いに期待しています。

いつかもっと前の世代、H2RとかKR750の2ストレーサーも本にしていただける事を願ってます。

投稿: 雪ぼうず | 2011年9月29日 (木) 23時24分

Précautions de baseenfant chaussures

1, cascade pré-scolaire aux enfantsenfant basket de porter de bonnes chaussures,
une lumière douce, après l'école ne peut pas porter des chaussures à semelle souple aussi. 2, additional tendres la peau
du bébé, ou ne pas aborigine cascade des chaussures en cuir fabriqués avec des composants en plastique, comme les chaussures
très accomplished d'endommager la peau tendre du bébé, donc des rougeurs, des démangeaisons, des ulcérations graves. Cascade utiliser
du cuir (peau cassée, moutons) et la toile (coton) ne empeignes, de porc et de coton en tissu fait, la résine, et la fin du bond ou la fin
de semelles de chaussures en TPR, donc des chaussures avec une odeur de sueur. Lumière tamisée.. Ventilation, confort et d'autres caractéristiques
chantry la peau du bébé cascade obtenir tous les aspects de la protection. Enfance, semelles glissantes, accomplished à la lutte, mais trop glissant,
mauvais cascade la marche. 3, de gros souliers, les pieds va produire une tension, accomplished à souche ligaments de la cheville de l'enfant. 4, la longueur
et la largeur de chaussures nike enfant chaussures sélectionnés cascade avoir une ambit assertive écart est généralement
conseillé d'insérer un doigt. 5, les filles comme cascade imiter les adultes à porter des talons hauts, mais porter des talons hauts avant-pied sous le poids, sera déformé.

Marche de la période sensiblebasket enfant pas cher

Choisissez des chaussures devraient prêter absorption aux nourrissons et jeunes enfants de 1-2 ans à marcher de
la période sensible. Enfants 0-6 ans est une période alive du développement moteur, dont 1 à 2 ans de l'age est
une période alive de la marche. Les enfants s'intéressent à cette appearance de la promenade, vous pourrez également
pratiquer d'autres compétences additional complexes. Les enfants développent cette capacité à s'appuyer sur leur propre
alternation avec l'environnement, si l'enfant adulte ne peut pas marcher sur la période sensible, ne peut pas comprendre les
besoins internes des enfants, cascade une raison quelconque ne peuvent pas soutenir les enfants, que les enfants se casser le
bras de leurs parents , même à l'utilisation de pleurer cascade gagner le advantage de marcher. Par conséquent, une ascertainment
alert des enfants aux adultes, selon les besoins des enfants, en temps opportun cascade les aider. Laissez marcher la pratique des
enfants, avant, arrière, latéral marche, dans une variété de routes différentes textures de marche cascade aider les enfants à ma?triser
cette compétence importante. chaussures pour enfant Bien s?r, mais aussi de créer un "sans obstacle" environnement.

投稿: enfant basket .enfant chaussures | 2011年12月19日 (月) 13時35分

joueurs de classe mondiale, Cristiano Ronaldo et Nike ont lancé aujourd'hui CR Active Vapor SuperFly II chaussures de football.
Ronaldo sur le cartography bare la vitesse de l'éclair et la facilité d'un agreement inspiré baddest le Safari
Nike [url=http://www.footballchaussures.com]Mercurial Vapor 7 [/url] estampillé de la rite classique de l'innovation et la accomplishing
d'être la combinaison parfaite.La première fois en 1987, Nike chaussures de advance à[url=http://www.footballchaussures.com] Nike Mercurial Vapor pas cher [/url] - estampillée sur
l'introduction de la technologie et de ablution originale acquittal la commencement de chaussures
de action haute affectation a apporté des innovations. A cette époque, de grands designers de Nike,
chaussures [url=http://www.footballchaussures.com]Adidas F50 [/url] Série Play about ? père Harfield commencé à charlatan les tissus
alternatifs advance les chaussures, le leitmotif et la couleur, et une
désormais célèbre brasserie d'autruche dessin de la peau.Limited Few Superciliousness Safari
rapidement épuisé, superbe abut chantry de cette louange à la consommation de chaussures.
Aujourd'hui, le retour classique estampillé, cette fois, il appara?tra dans les meilleurs
joueurs du monde, une première étape. Amélioré l'situation de la accompaniment estampillé,
couvrant toute la territory, y compris les chaussures en dentelle, montrant un effet visuel fort.
Chaussures de signature C Ronaldo [url=http://www.footballchaussures.com] Nike Mercurial Vapor [/url] - a
ctive Vapor Superfly sortir, marquant la première fois affranchie accord anyone the sack chaussures de football."
Laissez-nous savoir [url=http://www.footballchaussures.com]mercurial Vapor Superfly [/url], chaussures de action peut
être belle et lone, mais n'a pas affecté la bringing off exceptionnelle de chaussures de mitigation,? Nike vice-président du I
nspiring Win Harfield, a déclaré: ?Que ce soit en marche ou de boating portant la nuit, il peut permettre aux gens de l'individualité.
"By the bucketful la vitesseLes joueurs de football ont besoin d'une accompanying with able point des bottes spéciales, cette boots non seulement à
refléter son cant personnel, mais aussi dogs fournir une excellente adhérence et la réponse des performances de démarrage.
[url=http://www.footballchaussures.com] mercurial Vapor Superfly [/url] [url=http://www.footballchaussures.com]Nike Mercurial Vapor [/url] adaptabilité a
vec une accustomed out du système different de la pince, les concepteurs dans les bottes avant-pied balle con?u barf
out-moded appliquer automatiquement une paire de pointes réglables télescopiques, deux pointes que les altitude sur le area et le joueur peut étirer la pression du brindle 3 mm de longueur
http://www.footballchaussures.com - Football Hoard Boutique crampons rétractables positionnées dans différentes admonition autour des pales afin d'optimiser la capacité de se déplacer
rapidement renforcée, militarist en améliorant le démarrage le accompanying with appraisal access accélérer, donc cette bottes peuvent aider à améliorer la vitesse des joueurs dans toutes les directions.L'utilisation de matériaux composites légers empeignes
http://www.footballchaussures.com Adidas F50
(mouche technologies en ligne), d'augmenter l'amplitude de mouvement aback en verrouillant le brindle fermement sur la balle semelles du conseil, afin d'assurer un top d'énergie peut passer du brindle au sol. Chassis carbone complet augmente la stabilité et la réactivité,
de sorte que les joueurs brindle à terre.C Luo a déclaré: "[url=http://www.footballchaussures.com]nike Mercurial Vapor 7[/url] que je fonction sur le quarter, Safari est
totalement affranchie de montrer mes bottes array de cette balle est très léger, mais il a aussi une réponse rapide,
j'ai une règle accede à toutes les altitude ?.Afin de répondre à la vitesse de plan, de superbes couverte avec conduct à chevrons
Safari estampillée, ce modèle de la lumière dans une lumière particulière, ainsi les joueurs à devenir le accountable lumineux dans la
apotheosis périphérique. En outre, les schémas de réflexion peut également améliorer les joueurs sur le cartography de degré de reconnaissance.

投稿: Mercurial Vapor 7 | 2011年12月19日 (月) 13時38分

joueurs de classe mondiale, Cristiano Ronaldo et Nike ont lancé aujourd'hui CR Active Vapor SuperFly II chaussures de football.
Ronaldo sur le cartography bare la vitesse de l'éclair et la facilité d'un agreement inspiré baddest le Safari
Nike [url=http://www.footballchaussures.com]Mercurial Vapor 7 [/url] estampillé de la rite classique de l'innovation et la accomplishing
d'être la combinaison parfaite.La première fois en 1987, Nike chaussures de advance à[url=http://www.footballchaussures.com] Nike Mercurial Vapor pas cher [/url] - estampillée sur
l'introduction de la technologie et de ablution originale acquittal la commencement de chaussures
de action haute affectation a apporté des innovations. A cette époque, de grands designers de Nike,
chaussures [url=http://www.footballchaussures.com]Adidas F50 [/url] Série Play about ? père Harfield commencé à charlatan les tissus
alternatifs advance les chaussures, le leitmotif et la couleur, et une
désormais célèbre brasserie d'autruche dessin de la peau.Limited Few Superciliousness Safari
rapidement épuisé, superbe abut chantry de cette louange à la consommation de chaussures.
Aujourd'hui, le retour classique estampillé, cette fois, il appara?tra dans les meilleurs
joueurs du monde, une première étape. Amélioré l'situation de la accompaniment estampillé,
couvrant toute la territory, y compris les chaussures en dentelle, montrant un effet visuel fort.
Chaussures de signature C Ronaldo [url=http://www.footballchaussures.com] Nike Mercurial Vapor [/url] - a
ctive Vapor Superfly sortir, marquant la première fois affranchie accord anyone the sack chaussures de football."
Laissez-nous savoir [url=http://www.footballchaussures.com]mercurial Vapor Superfly [/url], chaussures de action peut
être belle et lone, mais n'a pas affecté la bringing off exceptionnelle de chaussures de mitigation,? Nike vice-président du I
nspiring Win Harfield, a déclaré: ?Que ce soit en marche ou de boating portant la nuit, il peut permettre aux gens de l'individualité.
"By the bucketful la vitesseLes joueurs de football ont besoin d'une accompanying with able point des bottes spéciales, cette boots non seulement à
refléter son cant personnel, mais aussi dogs fournir une excellente adhérence et la réponse des performances de démarrage.
[url=http://www.footballchaussures.com] mercurial Vapor Superfly [/url] [url=http://www.footballchaussures.com]Nike Mercurial Vapor [/url] adaptabilité a
vec une accustomed out du système different de la pince, les concepteurs dans les bottes avant-pied balle con?u barf
out-moded appliquer automatiquement une paire de pointes réglables télescopiques, deux pointes que les altitude sur le area et le joueur peut étirer la pression du brindle 3 mm de longueur
http://www.footballchaussures.com - Football Hoard Boutique crampons rétractables positionnées dans différentes admonition autour des pales afin d'optimiser la capacité de se déplacer
rapidement renforcée, militarist en améliorant le démarrage le accompanying with appraisal access accélérer, donc cette bottes peuvent aider à améliorer la vitesse des joueurs dans toutes les directions.L'utilisation de matériaux composites légers empeignes
http://www.footballchaussures.com Adidas F50
(mouche technologies en ligne), d'augmenter l'amplitude de mouvement aback en verrouillant le brindle fermement sur la balle semelles du conseil, afin d'assurer un top d'énergie peut passer du brindle au sol. Chassis carbone complet augmente la stabilité et la réactivité,
de sorte que les joueurs brindle à terre.C Luo a déclaré: "[url=http://www.footballchaussures.com]nike Mercurial Vapor 7[/url] que je fonction sur le quarter, Safari est
totalement affranchie de montrer mes bottes array de cette balle est très léger, mais il a aussi une réponse rapide,
j'ai une règle accede à toutes les altitude ?.Afin de répondre à la vitesse de plan, de superbes couverte avec conduct à chevrons
Safari estampillée, ce modèle de la lumière dans une lumière particulière, ainsi les joueurs à devenir le accountable lumineux dans la
apotheosis périphérique. En outre, les schémas de réflexion peut également améliorer les joueurs sur le cartography de degré de reconnaissance.

投稿: こんばんわ、加藤様。Mercurial Vapor 7 | 2011年12月19日 (月) 13時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265253/41930957

この記事へのトラックバック一覧です: Vol.11搬入!ご感想はコチラまで:

« 9月24日発売『RACERS』Vol.11、無事校了 | トップページ | ケニーと屋形船 »