« 日本GPに来ています | トップページ | 11月24日発売『RACERS』Vol.12の進捗状況 »

2011年10月 3日 (月)

ヤマハGP参戦50周年

Photo
[↑ここに平(忠彦)さんの姿がないのが、唯一残念!]

みなさん、平さんは大丈夫でした!
ところどころ痛みはあるみたいですが、骨折はなし。
転倒直後は脳震とうを起こされ、「意識がない」
「もてぎ救護レベルは最高値の“5”」とまでいわれ(もてぎのスタッフ談)、
事実、宇都宮の病院までヘリで搬送されて、かなり緊張が走りましたが、
事なきを得ました。よかったです。

「大丈夫だった」ということなら、ツッコミたくなるのが、
「どうして平さんともあろう人が、デモ走行本番前の練習でコケちゃうの!?」
ということ。しかも、ピットから出て行った直後の1周目、5コーナーで、ですよ。
というようなことも北川さんに聞いた「レーサーズ公開取材」でした(↓)。
Photo_2

わざわざ見に来てくださったみなさん、ありがとうございました!
一方、稚拙な司会で申し訳なかったです。
時間内に収めようと、北川さん、黒澤さんの話をかなり削ってしまいました。
ごめんなさいです。

で、話を戻しますと、「どうして平さんともあろう人が~」ですよ。
その質問に対して、北川さん曰く、
「それが平さんです」というお答えに、ワタクシ、妙に納得。
引退されても、デモ走行用にキャブが濃い目にセッティングされていても、
ツナギ着て、0W76('84YZR500)の排気音を聞いてしまうと、
冷静沈着の平さんとはいえ、熱い血潮が流れるんでしょうね。
プラス、やっぱり500ccは取り扱い注意のキケンなマシンなのだと再確認。
とにかく、平さん、ご無事でなによりでした。

そうそう、一番上に掲げた集合写真に少し説明を加えますと、
まず左の0W20('74YZR500)に跨るのはヤマハライダーの重鎮・本橋明泰さん、
ゼッケン3番の0W81('85YZR500)にはお馴染み河崎裕之さん、
そしてノリック号(0WF9・'95YZR500)はお父さんの阿部光雄さんが跨り、
中野真矢さんも'00年に自分が乗った0WL5(YZR250)で華を添えました。
ちなみに、河崎さんと阿部さんの間にいる人が
ヤマハモーターレーシング(YMR)の社長であり、
50周年事務総局長(こんな肩書きありましたっけ!?)の北川成人さん。
その北川さんの向かって右側後ろにたたずむのが、
阿部さん担当メカとして借り出された、
『レーサーズ』の原稿執筆でもお馴染みの我らが吉村誠也さん。

走行前には、↓こんな写真も。
Photo_3
↑吉村さーん、そこは阿部さんが座るとこッ!coldsweats01

『レーサーズ』のマシン撮影では、いつもお世話になっている
千明 優(ちぎらすぐる)さんも磐田から駆け付け、
ほれぼれするような職人っぷりを発揮。カッコよかったです!
Photo_4

河崎さんも、こんなはしゃぎよう(↓)。
Photo_5

阿部さんもアクセル全開にして、いい音させてました!
Photo_6

ちなみに、0WF9のリアサスに対して吉村さんが阿部さんに
「これじゃ、かたすぎませんか?」というと、阿部さん曰く、
「いや、普段リジットのオートレーサーに乗ってるから大丈夫」と返したらしいです。
うーん、カッコイイ。

こうして、冷静な中野真矢さん以外のみなさんは、
周回ごとに1コーナーへのブレーキングポイントが奥まっていくのでした……。

そうだ。最後になっちゃってゴメンナサイ。
肝心のMotoGP決勝は、1着ペドロサ、2着ロレンソ、3着ストーナーでしたsweat01

|

« 日本GPに来ています | トップページ | 11月24日発売『RACERS』Vol.12の進捗状況 »

『レーサーズ』取材ウラ話」カテゴリの記事

コメント

今回も自宅テレビ観戦だったんですが、公開取材を見に行けなかったことだけが心残りでした。ライスポ付録のDVDに収録されるなんて噂を聞きましたが、告知もよろしくお願いしますね。
平さん、大事に至らず何よりでした。

投稿: kenmatsu | 2011年10月 3日 (月) 22時35分

加藤様こんばんわ、
そしてお疲れっス!

平さん大丈夫だったんですね、
良かったー!

もてぎにも行きたかったんですけど、
残念ながら、来年になっちった。
見たかったな~、公開取材。

MOTOGPはドタバタレースでしたな、
ロッシは一周もしてないし…。
今一番面白いのはMOTO2でしょ!
勢いのいい若手のパネェバトルは
見てて鳥肌ものですよね。

まあ、がんばってはいるのでしょうが
日本人の成績、ちょっと寂しいのは事実。
以前はスポット組も含めて表彰台独占とか
そんなに珍しくなっかたんだけどなあ。
レギュレーションの違い、過渡期でもあるし
いろいろ要因はあるけど、がんばれニッポン!!!

投稿: 21伝説 | 2011年10月 3日 (月) 22時38分

茂木にいった人は久々の2st 500を沢山見ることが出来てうらやましい限りです。
平さんが転倒したとのことですが大事に到って無いとのことなので安心しました。
加藤さんも書かれていましたがやはり500ってキケンなんですねぇ。
キケンな方が良いと言うつもりは毛頭ありませんが、今のバイクは電子制御の固まりで機械がライダーをサポートする比率が高くなってしまってライダーの腕で何とかするって所が減ってしまってるのかな?MOTOGP参戦中のライダーの中で唯一のライダーであるロッシの今年の状況を見てて改めて思いした。
(カピロッシもいますが茂木不参戦なので)
レーサーズ読者として最後の500経験者としてロッシには後一度意地を見せて頂きたいです。
(最後の現役は、ホプキンス、レオン辺りになってしまうかもしれませんが)

投稿: ao | 2011年10月 3日 (月) 23時45分

たまたま、ライスポブースで「何時からですか?」とお聞きしたら、後ろに加藤さんがいらっしゃり、直接お話できて光栄でした。
90年代のNSR、YZRの本を期待してます。6強世代ですので・・・

しかし、しかしですぞ!
45分は短かった。。。。デリデリをブッチしてでも3時間くらいは必要だったのでは??質問コーナーも欲しかったなあ!!

それにしても貴重なトークショーでした。
あれを映像化しないのはもったいないような気もするし、あの場にいた人間だけの秘話にしておきたい気もするし・・・

投稿: 舞蹴 | 2011年10月 3日 (月) 23時45分

シャケさんのレーシングスーツ…
なんか現役当時のっぽい???
確かに平さんがいない集合写真は物足りないですが
右上に丸い写真で(クラス写真かw)。
なにより怪我が軽度で良かったです。

トークライブ、今度は青山でやってみては?
この際、4メーカーのレーサーズ・トークliveでw

投稿: YASU! | 2011年10月 4日 (火) 00時38分

OW-20~プラモ作りました。初期型の2本サスの奴デス。所謂悲運の名機ですよね。
アマゾンでYAMAHA2ストGPレーサー洋書買いましたが、表紙は数多の500差し置いて、サーリネンの初代TZ350デイトナ~あちらでは、この方人気あるのかも~
平さんが御無事で何よりデシタ。RG本~期待しておりますm(_ _)m

投稿: lc1gr6 | 2011年10月 4日 (火) 14時04分

公開取材拝見しました。
ひじょーに興味深い話ばかりでぜんぜん時間が足りなかったですね、あと3時間は余裕でしたね(笑)
まだまだ聞きたかったなあ~。

しかし、ほんとおっさんホイホイ並みにお客さんおっさんが勢揃いでしたが。

平さん、何事もなくて本当によかったです。

投稿: KEO | 2011年10月 6日 (木) 11時17分

「ヤマハGP参戦50周年」であるメモリアルイヤーの日本GPに、参戦できなかった自分に対して「本当にヤマハファンか!?」と自問自答する日々を送っています。
平さん、無事でなによりです。
レーサーズ公開取材、見たかったです。
レーサーズファンであることも、自問自答してしまいます……。
足運ばんとダメですよね!

投稿: 3ma | 2011年10月 7日 (金) 17時10分

茂木と同日、イタリアでも、イモラ200メモリアルと同時開催で、YAMAHA50周年やってて、アゴスチーニさん達は、ソチラ出てたとか~先程知りました(*^_^*)

投稿: lc1gr6 | 2011年10月 8日 (土) 03時43分

ヤマハコミュニケーションプラザでは記念展示「切磋琢磨」としてライバルとなったホンダ車と同時展示を行っています。
83年を戦ったケニーのYZR500(OW70)とスペンサーのNS500(84年型だけど)が並んで展示されていました。
ほかにもレイニー最後のYZRやドゥーハンが初めてチャンピオンを獲ったNSRやMotoGP初代チャンピオンとなったRC211Vやもちろん歴代のYZR-M1や「RACSERS vol.09」に載ってた7バルブのシリンダーヘッドの実物とか、、、とにかく「スゲー」の一言でした。これっていつでも見られるものじゃないですよね?
平日ということもあってか見ていたのは私も含めて数人しかいませんでしたが、もっとたくさんのファンに見に来てほしいと思いました。

投稿: kwsk srp | 2011年10月22日 (土) 13時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265253/42243789

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマハGP参戦50周年:

« 日本GPに来ています | トップページ | 11月24日発売『RACERS』Vol.12の進捗状況 »