« 11月24日発売『RACERS』Vol.12の取材from Australia | トップページ | 11月24日発売『RACERS』Vol.12編集作業真っ只中 »

2011年11月 5日 (土)

11月24日発売『RACERS』Vol.12の表紙

今日、じゃなかった、もう昨日ですね、表紙を入稿しました!
次号の表紙は、↓これでございます。
12

みなさん、いつもありがとうございます。

lc1gr6さん、
何を隠そうボクもバリー・シーンはリアルタイムではないです。
何せボクがバイクやレースに興味を持ち始めたのは、
フレディvsケニーの'83年からですから。
でも、知れば知るほど、写真を見れば見るほど、
'70年代のスズキGPチームやバリーのカッコイイこと、カッコイイこと!
アメリカ人全盛のポップでヤンキーな'80年代とは違って、
ロックでセクシーな時代を次号ではお見せできるかと思います。

RC45さん、
いまのゼッケン7番は青山博一選手なんですね。
時代は変わったもんですw。

YZF750さん、
先に報告したように、ステファニーさんはいまでもお美しい方だったんですが、
その美しさの中に「陰」を感じてしまうんです。
毎日何をして過ごしているんですか? と、聞くと、家で本を読む毎日だとか。
雑誌やテレビなどの華やかな世界に戻りたくないですか? と、聞くと、
全く興味ない、モデルの仕事は嫌だったとまで仰っていました。
ひょっとしたら、もっとボクらとバリーの話をしたかったのかも……。

21伝説さん、
確かにランディは芸達者、エンターティナーですよね。
今年もMotoGP決勝前にドゥカティ・ツーシーターで
後ろに載せたファンを怖がらせては(!?)楽しませてるし、
レースをどうしたら盛り上げられるか、今回の取材でも真剣に語っていました。
現役時代の写真では、↓こんな笑顔のカメラ目線コーナリングを発見。
Photo

そんなランディが、今回特に熱く語っていたのが、
先日亡くなったマルコ・シモンチェリのこと。
「ほかの連中は走行を終えるとろくにファンサービスもしないで
シャッターやドアを閉めてしまうが、マルコは違った。
どんなに忙しくっても、小さな子からお年寄りまで、
誰へだてなく嫌な顔ひとつしないで、笑顔で接していたんだ。
本当に惜しいヤツを亡くしたよ」と……。
ランディにこう言われて、
改めてシモンチェリの死を認識したスペイン出張。
スズキの来年も気になるところです。
どうなってしまうんだろう、これからの二輪レース……。

|

« 11月24日発売『RACERS』Vol.12の取材from Australia | トップページ | 11月24日発売『RACERS』Vol.12編集作業真っ只中 »

『レーサーズ』制作舞台裏」カテゴリの記事

コメント

オオ!格好良いデス(^O^)78年デスカネ?カヤバガスショックが映えますね!
自分も、バイクプラモやり始めたのはNS500からです。それ以前はガンダムでした。
表彰台で、ジタンの咥え煙草が画になってましたが、マルボロから文句出なかったのかな?

投稿: lc1gr6 | 2011年11月 5日 (土) 11時41分

表紙、カッコいいですね、この表紙自体を額に入れて飾りたいくらいです。

でも、スイングアーム、リアブレーキ周りがまだ描き上がってないみたい・・・・・・

マモラ、本当に芸達者、エンターテナーですね。

そう言えば自分がまだ高校生の頃はSUGOのTBCビッグロードレースがあり今の西コース(旧カートコース)でローソンやマモラがカートでタイムアタックして遊んでおり自分が駆け付けたら2ショット、肩まで組んで記念撮影をしてくれた事が思い出されます。

あと、カジバ時代、ふぃリッピアイランドでファンサービスのためリアタイヤから白煙を上げスライドしサービスしてたらとんでもない大きなハイサイドで転倒した場面など
が未だに脳裏に残ってます。

あっ!バリーと言えばコーナーで競ってる相手の車両のシートに手を伸ばし俺を抜かすな~~的な場面も思いだされますね。

今も80年から持ってるWGPのビデオをたまに観ますがスズキの勢いって凄かったなぁ~~。

投稿: YZF750 | 2011年11月 5日 (土) 19時07分

誤⇒ふぃリッピアイランド

正⇒フィリップアイランド

失礼しました、興奮しちゃってたもんで・・・・(汗

投稿: YZF750 | 2011年11月 5日 (土) 19時09分

バイクに目覚める年頃の中学3年生だった私の目に焼きついたものは、偶然テレビで観たTBCビッグロードレースでの一人のライダーの激走でした。

確かその時は雨で、黒地に赤のライダーが一人ぶっちぎって走りながらも、1ヒート目はトラブル(エンジン?)、2ヒート目は大転倒と強烈なインパクトを与えられました。

バリーの走りを見たのはその1回きりですが、千葉の田舎の少年がバイクにのめり込むきっかけとなるには十分すぎるものでした。

ただその後、翌年以後のTBCビッグロードレースで、常にピンピンで優勝する白頭鷲のヘルメットのライダーに陶酔してしまいましたが…

それはさて置き、次回のレーサーズも期待しております。

投稿: 蹴る・ギャラざんす | 2011年11月 6日 (日) 17時50分

またまた、お久しぶりになってしまいました。

バリー・シ-ンといえば、スターティンググリッドでの
タバコをくわえている姿(写真)が印象的ですね。
現在では、考えられませんが・・・。

日本人ライダーだと、125に参戦していた、
チーム竹島の畝本さんもしばしば・・・。

自分は、タバコを吸いませんが、
かっこいいなぁ、と思っていました。


投稿: おるたなてぃぶらいだぁ | 2011年11月 6日 (日) 19時57分

80年代のGPはライダーのテクニックで競ってた時代でしたね。 バリー、ランディー 色気ありましたね。 忘れてならないのが、片山さん。 インタビュー読みたいなぁー。

投稿: まさ | 2011年11月 6日 (日) 20時52分

やばいっす、これは素敵過ぎます。
大判のRACERS表紙カレンダー、作りませんか?
2000円くらいまでなら二冊買います。

投稿: 雪ぼうず | 2011年11月 6日 (日) 23時09分

スズキ第2段ですね~ Vガンマ特集見ながら、S27のレジンキットを夜な夜な作成しています。以前買ったガンマもこの特集見ながら作ります! 今回は、水谷さんも載っていますか? WWカラー大好きなもので!!一冊まるごと水谷さん特集やってほしいくらいで~す。また、楽しみにしてますね!

投稿: 竹ちゃんマン | 2011年11月 7日 (月) 12時34分

加藤様こんばんわ、
編集作業順調でしょうか?
急に寒くなってきましたね、
ご自愛ください。

カメラ目線&スマイルのマモラ、
笑っちゃいましたよ。
スズキって記録より記憶型ライダー、
多いですかねェ。
マモラ選手(他メーカーも有ですが)
シュワンツ!水谷!
故沼田選手の熱い走りも印象に残ってます。
そしてカッコよくて連続チャンプの
スーパースターがバリーってとこでしょうか。

MOTOGP最終戦、
シッチを偲んでの全ライダー出走には
泣けちゃいました。
そして、やっぱりGPっていいなって。
うん、2輪レース、大丈夫ですよ!
そんな気になれました、ボクは。
シッチのクリアボードへのサインの
映像にもジンワリ来ちゃって…
奥さんに
「なんか変だよ」て言われちゃいました。

いち視聴者でしかないボクには
フライングテキサンの登場は唐突感がありましたが
親交があったのですね。
マシンがホンダで、ツナギがヤマハ50周年カラー
っぽかったので余計違和感があってこれは笑えた。
…、シュワンツファンの皆様、失礼しました。

宮城氏の話では来年スズキ、走りそうですな。
ヨシヨシ、いいぞ~。

来年のGP、そしてレーサーズの次号、
楽しみにしています!

そして、皆、これ以上死なないで!!
切に願います。

投稿: 21伝説 | 2011年11月 9日 (水) 00時12分

私事ですが10月にバイク買いました。仕事の関係でバイクのない日々でしたがやっぱり乗るといいものですね。
次号スズキRG特集ですがバリーさんが全盛の頃GPまだ興味なかったので知らないことがわかるのが楽しみです。

投稿: ホッシー! | 2011年11月 9日 (水) 16時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265253/42859975

この記事へのトラックバック一覧です: 11月24日発売『RACERS』Vol.12の表紙:

« 11月24日発売『RACERS』Vol.12の取材from Australia | トップページ | 11月24日発売『RACERS』Vol.12編集作業真っ只中 »