« 11月24日発売『RACERS』Vol.12編集作業終了 | トップページ | XR14のシート上のキャップの正体は…… »

2011年11月23日 (水)

Vol.12搬入!ご感想はコチラまで

12
[無事に搬入されてきました!左は同日発売の『ライディングスポーツ』に
『ストリートバイカーズ』。2誌ともども、ご披見ください]

ということで、あさって24日(木)発売です。
早い人はすでに入手されてますでしょうか!?
遅くても今週末までには書店さんに並ぶことかと思います。
そして、みなさんのご意見、ご感想を
この記事にコメントしていただけましたら幸いです。
「いい」「悪い」、遠慮なくご投稿ください。

で、来年イッパツ目、1月24日発売では何を特集するかというと、
↓これです。

13

ハイ、2002年型のホンダRC211V(初代MotoGPマシン)。
今回特集したスズキRG500の時代から、一気に20年以上さかのぼります。
とは言いつつ、RC211Vとはいえども、すでに10年前のバイクですが……(汗)。

実は今シーズンが始まる前から、ホンダ広報の方から
「もし今年、MotoGPのタイトルを獲ることができたら、
『レーサーズ』でRC212Vを特集してくれないだろうか?」
との打診を受けていたのです。
その方が言う“RC212V”とは、もちろん今年型の800ccマシン。
昔からとてもお世話になっている方ですし、
ボク自身も「いつかはMotoGPにも挑戦しなくては!(!?)」と思っていたので、
「大いに検討させていただきます」と答えておいたんですね。

で、みなさんご存知のとおり、今年ホンダがタイトルを獲ったワケです。

さぁそこで問題なのが、今年走ってたバイクについて、
いくら現行レギュレーションの最終モデルだからって、ホンダやHRCが
『レーサーズ』のオタク取材に受けて立っていただけるかどうか、です。
その検討会議を、先日ホンダ本社6階の来賓レストランに行って
豪勢な鰻重をいただきながら打ち合わせてきました。
で、出た結論、「今年型はやっぱり無理」coldsweats01

そりゃそうですよね。来年、いくらエンジンが新しくなるからって、
車体技術や電子制御などは踏襲、もしくは今年型を進化させることも
大いに考えられることですからね。

また、姉妹誌『ライディングスポーツ』だって近日発売の号で
このRC212Vを特集するだろうから、そうなると内容がモロ被り……。
同じ出版社としては得策ではない事情もあります。

ということで、ホンダ広報と協議した結果が
「初期型RC211V」となったワケです。
「エッー!? 電子制御の4ストレーサーなんて、興味ない」なんて言わないで!
見えにくい現代のGPレーサーを「丸裸」にする予定です!

|

« 11月24日発売『RACERS』Vol.12編集作業終了 | トップページ | XR14のシート上のキャップの正体は…… »

『レーサーズ』制作舞台裏」カテゴリの記事

コメント

次回は…意表を突いたネタですね!ナンとまあ、あちらからオファーが来るまでになったのですか!凄いですね!
当時、田宮模型さんが「肝心なトコロを、写真撮らせて貰えず、推測で作った」なんて話を聞きましたが、勿論今回は、完全ストリップですよね(^O^)楽しみに待たせていただきますm(_ _)m

投稿: lc1gr6 | 2011年11月23日 (水) 00時25分

お疲れ様でした。

次号 『HONDA』 です   か。。。。


って事は


『ロスマンズ パート2(’85NSR)』
『CB-F デイトナレーサー』


まだまだ 先ですね。。。。。。

がんばってください!

投稿: sp19 | 2011年11月23日 (水) 02時01分

やっちゃいましたね。掟破りの2000年代・・・。
正直物議を醸すと思います。
しかも、90年代の技術トレンドを見ずに、一足飛びに
現代に来るとは。
お手並み拝見しますね(笑)。

投稿: JJコバス | 2011年11月23日 (水) 08時30分

行っちゃいますか、RC211V・・・・・

4stの誌面作りでで批判も多いレーサーズで逆風が起こせるか!!

正直、世の中がバイクブーム(80年代~90年代半ば)ってバイクに乗ってた人も多く街中でもレーサーレプリカ絶世でした。
中には実際自分のようにレースをしていた人も多くその頃のGPマシンだと当時に思いを寄せる読者の世代も多いと思います。

さぁ、加藤さん、そんな世代の読者をうならせる事が出来るか、どう持って行くか難しいかもしれませんが頑張って仕上げてくださいね♪

投稿: YZF750 | 2011年11月23日 (水) 10時31分

voi.13はRC211Vですかぁ~。

4st MOTO GPの先駆けになったバイクですね。
初年度は、500との混走でシーズン開幕前の
下馬評では、2st有利だったのに、
見事に覆していましたね。

HONDA内でも、NSR開発チームが気合いをいれて
開発を進めていた、と某誌に記事がありました。
RC211VチームVSNSR開発チームの裏バナシなんか
あると面白そうですねぇ。
(取材が大変でしょうが…。)

まずは、RGB500を楽しみにしています。
RC211Vとは、あまりにも対局にあるマシンですね。
500ccで、TZとRGBがかなりグリッドを占めて
いたんですから。

投稿: おるたなてぃぶらいだぁ | 2011年11月23日 (水) 12時58分

今ポストを覗くと今号から定期購読を申し込んでいたVOI12が届いてました。(申し込んでいたのをすっかり忘れてました(^^)ヽ)

軽く流し読みしましたがバリーシーンかっちょいい!!
各写真も見ごたえありで文面は後の楽しみにしておきます。

RGΓの特集も期待しています。ウンチーニのインタビュもリクエストしておきます。

投稿: K110 | 2011年11月23日 (水) 17時21分

エンジン制御もですが、
サスペンションの電子制御が
気になるところなんですよね。
トラクションコントロールや
アクティブサスペンション。
GPSも使っているでしょうし、
かつてのF-1の電子制御サスペンションより
高度に制御されているんですかねぇ?

投稿: YASU! | 2011年11月23日 (水) 18時32分

つい最近のmotoGPマシン?
大好物です。
Racersでしょ?どんどんやってくださいな。
昔のバイクしか認めないアタマのカタいヒトはほっといて、レーシングマシンの本当の姿を見せて欲しい、そう思います。

投稿: サトウ | 2011年11月23日 (水) 20時01分

今日、定期購読で届いてました。
RGBとバリー・シーンはリアルタイムじゃないんですが、誌面から古き良き世界GPのかっこ良さが伝わってきますね。

4stMOTOGPマシンはもっと先だと思ってましたけど、楽しみにしてます。
この先いつかは、ロッシとM1とかもやるんですよね?

投稿: ヤマサ | 2011年11月23日 (水) 22時36分

もう最初のRC211Vから10年が経とうとしているんですね。早いな~coldsweats02
豪快にリアをスライドさせながらコーナーに侵入する初期の211Vはカッコよかったですね。
イラストにあるFortuna211Vが、もっと早く大ちゃんの元に届いていればと、今でも思います。
メカニズムにも当然興味がありますが、当時の各選手へのデリバリーに関する裏話もあれば、是非取材をお願いします。

投稿: RC30 | 2011年11月23日 (水) 23時48分

泣かせますねぇ 。

大抵ラストページはニヤリって感じなんですけど。すごいドラマチックな展開に純粋に感動しました。

投稿: サンマツ | 2011年11月24日 (木) 14時38分

次回は、買いません

投稿: 談志 | 2011年11月24日 (木) 16時04分

WGPの舞台にホンダ5気筒が吠えたのは、'66年のRC149を最後に36年ぶりでしたね。是非、RC149も取材して下さい。
出来れば、60年代のRC特集なんてやって欲しいですね。

投稿: カブ | 2011年11月24日 (木) 18時10分

久々のコメですw

あー、もうサーが逝って8年になりますか…
サーと言えば、今じゃすっかりトンデモ映画の烙印を押された『ザ・ライダー』!
何回映画館に通って観たことか…同時上映の『甦るヒーロー K山T済』目当てだったんだけどw

そして次、一気にキますねえ…
でも期待するネタは掃いて捨ててもまだ沢山ありますぜw

投稿: TECHにじゅういち | 2011年11月24日 (木) 19時08分

RC211Vのカーボンローターを掛け時計に仕立たものが、長野市の白馬村にある某ペンションにありますヨ。ちなみにそこにはNSR500のコンロッド(油性マジックで"ミック用"の文字が…)なんてものも。今日は風邪で寝込んでいますが(!)、明日本屋さんに行って来ま〜す!!

投稿: こまつ@丸顔 | 2011年11月24日 (木) 20時12分

早速、Vol.12買ってきました!
GPに興味をもったのがバリーさんが引退してからなので知らないことばかりですが当時のGPはかなりお客さんとの距離が近いなと思いました。そしてコンピュータがあまり入っていない人間味溢れるマシンだったんだなと感じました。
次回のRC212VはもてぎのHRCファン感謝デーでのパドック内で聞いた爆音が衝撃的でした。耳垢がいっぱい出ました(笑)

投稿: ホッシー! | 2011年11月24日 (木) 20時56分

ちょっと泣ける一冊ですね

世界中のファンに読んで欲しいです

投稿: maruyo | 2011年11月24日 (木) 21時45分

早速、1LAPさせていただきました。

メカニカル(テクノロジー)な記事はもちろん、
人間にフォーカスされた記事も興味深いものでした。

前号と同じく、当時のレースシーンでは、
少数のマンパワーで動いていて、
出たとこ勝負の現場・現物合わせ(?)が
日常茶飯事だったんですねぇ。

バリー・シーンに関わった人々の、
インタビューは、バリー本人の人柄が
前面に出てきていて、面白かったです。
ランディー・マモラも、懐かしかったです。
チームロバーツで、雨の日本グランプリ優勝(鈴鹿)
を思い出しました。
藤原儀彦選手のスペアホイールを借りてましたね。

特に、バイク好きなら誰もが一度は、
「実現してみてぇ~」と思う、
夢を実現している、スティーブさんが感動でした…。
実物のバイクを、実働であの台数を
コレクション出来るなんて…。
イギリスという環境もあるんでしょうが、
モータースポーツが、いかに根付いているか、
を考えさせられます。
日本も追いつけると良いですね。

投稿: おるたなてぃぶらいだぁ | 2011年11月24日 (木) 22時20分

ついさっき、DVDに焼いた「02年チェコGP」を見てて、赤いRC211Vが大活躍していたシーンを見ていたばかりなので、ちょっとビックリでした。美しいイラストも期待しています。

投稿: みぐりん | 2011年11月24日 (木) 22時28分

加藤さんRG500脱稿お疲れさまでした。

まだ目は通してませんが、期待出来る題材なので楽しみです。

そして、何で次号がRC211Vなんですか?

いや、ホンダから頼まれたって言ってもそんなのRACERSの読者のほとんどは期待してないでしょ?

大人の事情ってヤツですか?

ゴリ押しするホンダもダメだけど、 押し切られちゃった加藤さんも・・・・

これで次号にホンダの広告入ってたら残念だね。

RGγとかTZ250・350・500とかエルフとか待ってる人も多い80年代前半のAMAスーパーバイクとかすっ飛ばしてRC211Vとは驚きです。

投稿: 業界人 | 2011年11月24日 (木) 22時36分

加藤様、今読み込んでおります。

”サー”が、かっこいい!!渋い!!
色々ヒューマンドラマがあったのですよね。
バリーさんも天国で喜んでるでしょう・・。

後はSUZUKIの復活を待つのみ!!

次号のマシンチョイスには、ちょっとビックリしました。賛否両論出てきていますが、レーサーを取り上げる本ですから、どんな仕上がりになるか、楽しみです。

投稿: yzr500 | 2011年11月24日 (木) 22時49分

machineとmanの物語・・・


感動しました。

racers最高傑作、とは言い過ぎか。

しかし、よかった。

次号も期待大。

必ず買います!!(てかこのコメ欄で定期購読あると分かったのでそうしよっと)

投稿: NSR初心者 | 2011年11月24日 (木) 22時50分

加藤様おつかれさまです。
本日、購入しましてざっくり一回目が終わりました。当時の事を良くしらないのですが…バリーのカッコ良さにシビレました。

次号のRC!賛否両論の様ですが…個人的には当時、4輪にドップリだった為
空白期間を補完するには非常に嬉しく思って楽しみにしています。
では、お体に気を付けてお仕事頑張って下さいね。

投稿: JUJU | 2011年11月25日 (金) 00時32分

今回の編集は、後半からガラッと雰囲気が変わりますね! 目頭が熱くなりました。 人情味あふれる話、今後も期待しています。

投稿: まさ | 2011年11月25日 (金) 00時52分

Vol.12読み終わりました。

バリーさんとステファニーさんの強い愛の絆の話に感動です。
死してなおここまで愛し合えてるなんて、私と妻だとここまで行けるだろうか(笑)。

こういう話を聞けるのは貴誌ならではです。
できればシャケさんや岩崎さんの話も聞きたかったですね。

ということで次回は是非RCVの開発ライダーさんの話を載せてくださいな。
ダメモトですが、ヴァレンティーノから話は聞けませんかね。
なんてったって当時のエースですもの。

投稿: 2sin4man | 2011年11月25日 (金) 01時13分

スズキ撤退のタイミングでRG特集となるとは・・・
バリーも岡本さんもついでに加藤さんも大好きです!
水谷さんの全日本参戦みたいになんとか種火だけでも
こっそりと残せないものなんですかね?
きっと次は並列4気筒になってVΓも葬られるのかな・・・

投稿: カミカゼボーイ | 2011年11月25日 (金) 05時58分

加藤さん、良かったです。岡本さんとステファニーさんのインタビューも期待以上に良かったけど、表3のストーリーには泣かされました。
バリーが一番格好いいライダーだったんだって、やっぱり確認出来た気がします。

次号はRC211Vですか。賛否あるようですが、期待してます。そんな新しいマシンの特集なんてねぇ... という気分を裏切って、さすがスチャラ氏やるじゃんと思わせてくれるんでしょ?(なんてプレッシャー掛けてみたりして。)嘘、嘘、嘘ですよ。素直に期待して待ってます。

投稿: kenmatsu | 2011年11月25日 (金) 07時19分

ランディの娘さん・・・

メッチャ可愛いw

投稿: YASU! | 2011年11月25日 (金) 08時56分

そうそう、書き忘れました。
私も根拠はないけど、スズキが過去のレーサーを保存してないわけがないと思い込んでます。スズキ歴史館も見に行って面白かったけど、レーサーの展示がほぼ無いに等しいのはあまりに勿体ないと思ってました。

「ホントは持ってるくせにぃ!」と私も思ってます。公開出来る状態じゃないから、そういう回答になるのかな?

投稿: kenmatsu | 2011年11月25日 (金) 09時21分

毎号、楽しく読ませて頂いてます。
この本を読んでる時だけは、中学生高校生に戻って目をギラギラさせて堪能してます!
自分にとってアイドルは、聖子ちゃん明菜ちゃんでなく、フレディやケニー、そしてバリーでした。
特に今号は、読み終えて深いため息が出ました。
また一冊、宝物が出来ました。

次回の特集、期待してます!
テストしてた、イトシンさんとかのインタビューなんか読めたら嬉しいですね!本当は同じくテストしてた鎌田学さんとか、大ちゃんのインタビューも読みたかったですが………。残念ですね…。(;_;)

次号も是非楽しませて下さい!!!

投稿: TAKESHI | 2011年11月25日 (金) 09時34分

RGっていうよりバリー号をさっき買ってサラッとですが読みました。

加藤さん新たなる境地に入りましたね。

バリーあっての事だとも思うけど、素晴らしい内容ですね。

特にステファニーさんとの写真は涙が出そうに成りました。

ステファニーさんの腕の二人の腕時計が良いですね。

投稿: 業界人 | 2011年11月25日 (金) 15時14分

ステファニーさんのインタビューよかったです。
インタビューの最後の言葉、不覚にもぐっと来てしまいました。
今でもあんなにバリーのことを想っているなんて。元モデルで美人過ぎるから周りがほっとかないだろうに。
バリーもプレイボーイだったので、引退後は離婚してるんだろうなんて勝手に思ってました。ゴメン、バリー。バイクに乗ってた時同様、私生活でも最高にカッコイイ男のまま逝ってしまったんやね。
要望としては、バリーの移籍の理由に触れられてなかったことでしょうか。いろいろもめたとどっかで読んだことがありますが、果して真相は?あるいは、TZレーサー特集号なんかで明かされるのでしょうか?

motmogp特集号、じゃんじゃんやってください。レーサーズなら、今まで見たことのないような写真やインタビュー、解説が期待できますよね?多分、メカについてはこれまでRC211Vを1番詳しく解説した雑誌はバイカーズステションと思いますが、吉村さん期待してますよ!

投稿: ベイツ | 2011年11月25日 (金) 19時55分

久しぶりに投稿致します。
自分がレースに興味をもった頃バリーはピークを過ぎていました。

今回バリーが現役で輝いていた時を拝見出来てとても嬉しく
また改めてバリーのかっこよさに痺れています。

次回はいきなりグンと現代ですね。
今回のバリーの時代との対比を確認できる今号と次号で
合わせて一冊の様な感じでくるのかな?

楽しみにしています。

投稿: ボンゾ | 2011年11月25日 (金) 20時05分

加藤様
今回もご苦労様でした。

スズキの号は回を重ねるごとに、良く(濃く)なってますねぇ。
後半は、歳のせえか涙腺が、緩んでました。

スズキはメーカーに聞くより、退職された方や伝手を頼った方がええような・・・
と言う事で私は、スズキはレーサーを保存して無いと思います。
おじいちゃん以下、上の人は二輪に興味なさそうやしね

でっ、質問です。
とってもとっても羨ましいスティーブさん所有の
P42.43に載ってる79RGB500何でシフトペダルが
通常通り左に付いてるんですかね?
他のページに有る当時の写真の車両は、右に
シフトペダルが有るんですけど? 
     謎です!教えてください

次は211Vですか・・・
2スト500の終焉と共に、興味が無くなったGP、そのマシン。うーん。モトクロッサー並にテンションがdown
でも買います。
ホンダがレーサーズを認めてくれたんでしょうね。
今迄の義理も有るし、持ちつ持たれつ
今後の、ホンダ車の事も有るやろうし。
新年一発目に向けて頑張って下さい!!

あっ、RGΓやってくださいね!待ってます。

投稿: ケルンコマンド | 2011年11月25日 (金) 21時54分

70年代からいきなり21世紀とは!
次号も楽しみにしてます。

個人的なリクエストとしては90年代後半の最強NSR500特集と、ラバードやサロンが活躍していた頃のTZ250特集なんてのも期待しています。

RACERS読んでると、中坊の頃に読んでたサイクルワールドを思い出します。ノスタルジー♪

投稿: YOU31 | 2011年11月26日 (土) 02時05分

バリーシーン号~じゃなくて、RG号~堪能させていただきました。文句無しに、今まで一番充実した内容~お疲れ様デシタm(_ _)m
海外には凄い物豪な方がおられるノデスネ!この様な方々の協力を仰げば、ネタは尽きませんな(^o^)/続刊、今後も期待させていただきます。
ぼちぼち、イタ車も~ミナレリとかガレリとかモルビデリ…国内需要は難しいですかね(*^_^*)最終兵器のMVアグスタ~いつの日か、御待ちしておりますm(_ _)m

投稿: lc1gr6 | 2011年11月26日 (土) 03時08分

 RG号、素晴らしかったです。バリーシーンさんは1992年の日本グランプリのピットウォークでお見かけしました。好きなライダーのひとりでしたので亡くなられたときは本当に悲しかったです。
 次号はRC211Vですか・・・。確かに路線が違うような気がしますが、デビューから10年が経過しているし、確かに2スト時代にとどめを刺した名機なので“有り”です。RC211Vを初めて観たのは2001年の8耐のデモランで、ドゥーハンと故鎌田学さんがほぼレーシングスピードで走っていました。2002年の雨の鈴鹿ではロッシよりも伊藤真一選手の走りに魅了されました。GPから撤退して久しい伊藤選手が久々に世界GPでトップライダーを相手に素晴らしい走りをみせてくれたのが嬉しかったです。もちろん梁明選手とロッシのバトルも面白かったですが。

投稿: hayabusabito | 2011年11月26日 (土) 19時54分

加藤様

良き雑誌を作ってくださりありがとうございます。
SUZUKIのSQ4エンジンが大好きなのでとても楽しみしており
実際に楽しく興味深く読ませていただきました。

マシンばかりに目が向いていましたがバリーってあんなにかっこいい人だったんだと初めて知りました、
それだけでも価値有りの本だと思います。
しかもあのインタビュー記事はとても素敵です。

ネタは幾らでもありますから以降のシリーズも楽しみしております!

投稿: AT | 2011年11月26日 (土) 20時48分

Vol.12の編集お疲れ様でした。
バリー・シーン選手そしてランディ・マモラ選手、とても懐かしかったです。
次号がRC211の特集は賛否両論ですが、貴誌の名称からは外れてはいませんが、まだその前に取り組むものがあるような気がします。
貴誌を読まれている読者の殆どは70年代~90年代の全日本や世界GPのレースシーンに現れたマシンやそれに関わった人たちのドラマを求めらているのではないでしょうか。
そういった意味では、次号は貴誌にとってひとつのターニングポイントになりそうですね。

投稿: MCAH | 2011年11月26日 (土) 23時03分

ステファニーさんのインタビューに涙しました。僕には知らないバリーの世界が新鮮でカッチョ良かった!

211Vの特集楽しみです。大ちゃんはインタビュー出来ないので…宇川さんのインタビューを希望したいですね~。

何時でも良いのでVTRの特集をして欲しいです(泣)あと5年後位ですかね(笑)

投稿: おじかめ | 2011年11月27日 (日) 09時04分

今回のバリー&RG特集、いつものように3冊購入し1冊は申し訳ないけど一度も開くことなく永久保存用、もう1冊はいずれ改めて読みたくなった時の為、でもう1冊は間違いなくボロボロ(折り目など)になる読み倒し用で購入してます。

で、既に3ラップ目に突入してます。

3ラップ目になるとかなり細かい所まで繰り返し読み掲載写真も細かい所まで見ているんですが今回の号は今までになく参ってます。

特に後半、マモラの記事を読みその後にスティーブコレクションを読み最後にこれでもかとステファニーさんの記事を読む。

で、極めつけがエンディングストーリー。

完全に流れ、ストーリーがあり最後の最後で完全KOです。

本当の意味で最後の最後のページまでストーリー性があり力が入っている雑誌って他にないと思う。

普通は広告でしょ、あそこって。

なぜか毎回この流れでステファニーさんの記事を読み終えエンディングストーリーを読み終える頃には誌面が曇ってしまいます。

加藤さんの中で今回ほどの力作は無いと自分的には思ってます。

NS&フレディ号、YZR&ケニー号もかなり自分の中で出来はいいと思いましたが今回のRG&バリー号は完全にやられました。

次号、この流れを続けられるか(超えるのはかなり難しいと思うけど)期待しますね。

同じブログに重複投稿すみませんでした。

投稿: YZF750 | 2011年11月27日 (日) 12時24分

No,12買ってきました。

いや~。。。ほんとに良かった!
最高でした。

こんな泣けてくるRACERS最高です。

先日、ヤマハに展示してあるRC211Vを見ながら
「もう10年前なんやな~」と皆としみじみ
見てきました。

次号もどんな切り口になるかすごく楽しみです♪

投稿: Yama | 2011年11月27日 (日) 17時25分

毎号、楽しく拝見してます。
私はレースに興味を持ち始めたのが80年代半ばからだったので、バリーシーンに関することも詳しく知らなかったのですが、今回のRG 500特集でバイクと共にバリーについて知れて、とても良かったです。皆さんが書かれているようにステファニーさんへのインタビューでより一層バリーの魅力的な部分が明かになり、今更ですがバリーのファンになってしまいました。
次回はRC 211V の特集ということで、色々なコメントも出てますが…時代が変わってもレースには必ずライダー、開発陣などに苦労話、裏話はあるでしょうから、バイクの特集にあわせて、その辺りの話しの掘り下げにも期待して、次号も楽しみにしています。(^o^)/

投稿: ken | 2011年11月27日 (日) 18時41分

読みました、良かったです!
前回と同様知らない世代なので、全てが新鮮です。

惜しむらくは、RG縛りかな・・・思い切って「バリー・シーン特集」でよかったんではないかと。
ヤマハ時代の様子も知りたかったです。
そろそろ”人”を主役に持ってきてもいいんじゃないですかね。

投稿: 雪ぼうず | 2011年11月27日 (日) 22時56分

誰も書かないけど、岡本満さんのインタビューが印象深かったですね。
RGといえば、やはりこの人の話を聞きたいと思っていました。
「リッチ、リーン」の話は昔も読んだエピソードですが、レース現場での2ストのシビアなセッティングはNSRの01号で金澤賢さんが語られた4ストのカム設計の話とは対極ですね。
また私にとってジェレミー・バージェスはロッシのメカというより、今でもヘロン・スズキのイメージが強いです。古き良きコンチネンタル・サーカスの話だけど。
さて、今回はバリー・シーンの号であって、RGというマシンの特集号ではないと思いますが、Results&Riders of RGsには水谷さんや故石川岩男さんの名前が出てもよかったのではと思います。
次はRS211Vですね。私のようなオヤジ世代にはちょっと新しいネタですが、どんな切り口になるんだろう?期待しています。

投稿: bluewind | 2011年11月28日 (月) 00時20分

バリーシーン、 いいですね~懐かしかったです 中学生の頃見た映画 ザ・ライダーでバリーやステファニー 恰好良かったなぁ~ お願いがあります 当時パドックの写真をもう少し載せて下さい異国情緒たっぷりですよね、あの頃のGPって・・ 憧れていたんですよ 何か恰好よくてその 中心にいたのが バリーとステファニーだったのかな~

投稿: バランティーノ | 2011年11月28日 (月) 20時32分

バイクに乗り始めて2年ほど・・・スーパーバイクの芳賀選手とベン・スピーズのレースを観てどんどんオンロードレースに興味を持っていきました。70年代は自分が産まれる遥か昔の話ですが写真に写るバリー・シーンはかっこよかったし、今と比べるとまだまだ発展途上のレーサーを見るのはとても楽しかったです。スズキがグリッドを埋め尽くしていたなんて夢のようだ!笑
次回のRC211V期待してます。がんばってください

投稿: taru | 2011年11月28日 (月) 21時59分

Racers Vol.12 買いました。
久しぶりに本買って感動しました〜!
出版不況とか言われてるけど、こういう本が無いから本が売れなくなっちゃってるのでは?
正直、保存用にあと2冊買うかも。いや買います。
最高の本でした。
とっても良い本をありがとう!

投稿: まい | 2011年11月28日 (月) 23時50分

こんばんわ、加藤様。
RG号、楽しく読ませていただきました。

YZRと合わせて、RGから近代500の歴史が始まったことがよくわかる紙面でしたね。
レース専用設計2スト500って、当たり前じゃんって思ってたけど、それ以前の出場マシンの状況も初めて知りました。
RGが70台売れたってすっごいですね!
それが一番驚いたとこです。
こうなると同時期の(ケニー以前の)YZR、あと、F750のマシンも面白そうですね~。
バリーのかっこよさは語りつくされてますので、言うことないっす。
なんか、マジで4発のガンマ、買いたくなってきました。

カキコの量も今回パネェっすねえ!
その多くが次号のワープっぷりが原因のようですが…

でもねェ、私が思うに、やっぱり今のレースを盛り上げる、関心が向くように努力することって、とてもとても大切なんだと感じるんですよ。
それだけにRCV号にいろんな意味で期待します、マジ3冊買います!
昔のものを大切にすることはいいですし、私も2スト・スクエア4・ロータリーディスクバルブのバイク買いたくなったけど、CBRやYZF-R1が売れる方が健全だと思うんですよ。今回のRS誌でハガノリさんが語ってましたが、売れない売れないじゃなく、売れる努力をメーカーはしてるのかって。
どうなんだろ、私は本気の努力は感じないなぁ。
MOTOGP、来年ワークス3つだけだよ!
もてぎのレースだって、インディが観客不足で開催なくなったし、ひとごとじゃないって。

ながながダラダラとすみません、次号、これからのレースについてを鳥瞰的視点で、露出狂(失礼)のホンダさんの意見も聞きたいですね。

投稿: 21伝説 | 2011年11月29日 (火) 00時55分

取材と編集ご苦労様です。毎号、待ち焦がれて購読しています。facebookで知り合った外国の友人達も毎号首を長くして待っているようです。英語版があったらいいのにと彼らに言われます。彼らも私同様GS、Z、CBなど'70-80年代のAMAスーパーバイクのスタイルが大好きな様です。私の個人的な希望としてはBrittenが出たら最高ですが、もう無理かな?

投稿: ひであき | 2011年11月29日 (火) 17時25分

今号、海外出張中なのでまだ読んでません。というかまだ買ってません。
が、皆さん大絶賛なので買うしかないでしょう!

次号はRC211V。H党なので絶対買いますが、既にライスポや大日本絵画のピットウォークアーカイヴなどいろんな本でで特集されているので、どれだけ裏話を掘り下げられるか!?にかかってると思います。

それとRC211Vといえば大治郎の話は避けて通れないでしょうね。ここもどう触れられるのか。

是非、いい意味で皆さんの期待(物議)を裏切るような紙面を期待します!!!

投稿: が~どな~@INDIA | 2011年11月29日 (火) 22時13分

レーサーズ12、読み終わりました。最後のエンディングストーリーで自然と涙が流れてきました。GPという舞台の裏側が覗けた気がします。今回出てくる人達は、あまりにもドラマチックで、どんな映画の役者よりも格好良い人達です!

投稿: だいふく | 2011年11月29日 (火) 22時15分

> 今回特集したスズキRG500の時代から、一気に20年以上さかのぼります。

時代が現代に近づくのですから
「さかのぼります」ではなく「くだります」ではないでしょうか。
細かいツッコミでごめんなさい。
本を作る方には、できるだけ言葉を大切に使っていただきたいな、という願望があるものですから。

投稿: しよ | 2011年11月29日 (火) 23時39分

やっと12月号拝読いたしました。

価格に見合った、あるいはそれ以上の価値があるバイク雑誌は残念ながらほとんどなくなっています(あくまで私基準なだけです念のため)が、RACERSは間違いなく価格以上の価値があるバイク雑誌です(断言)。

バリーさんとRGに関する濃い、コアな内容はもちろんですが今回のツボは、バリーさんちに大切に飾られている、スズキ関係者の日本方々の寄せ書き。
「Barryにはもったいない。ステファニー。くやしい」
その他数々のメッセージ。
バリーさん、ステファニーさんそしてスズキのスタッフとの親密な関係をさらっと伝えていますね。

そしてエンディングストーリー。

カトウさんをはじめRACERS製作スタッフの、それはもう本当に誠実な、取材対象への愛、敬意が伝わってきます。
いつも素敵な雑誌をどうもありがとう。

投稿: ソロ | 2011年11月30日 (水) 16時02分

レーサーズ、いつも最高です。

レーサーズは二輪誌ですが、私にとっては少年誌です。

これからも善きレーサーズの発展を願っております。

最後におひとつだけ、リクエストですが、メカニックのライオン丸ことギー・クーロン氏の超ロングインタビューも実現を待っております。

たくさんのマシンを整備して来たわけなので、彼にしか知らないメカニカルなベールがあるかも………

投稿: 3893 | 2011年11月30日 (水) 20時46分

今号も良かったです、XR23の大きい写真には期待したんですが…XR45やXR71とかもですが又の楽しみに。。。
RC211号楽しみですよ。狭角Vの事とか凄い期待してます。何時かはelf-x,e,r,2,3を期待してみたりと。TZ250特集やマジーカワサキGPZとかも期待します。

投稿: 古美根 | 2011年12月 1日 (木) 01時21分

p56のXR14ですが、もてぎのホンダ・コレクション・ホールにそれらしいマシンがありました(どこかから借り出し?)。現車が確認できれば、シートのキャップの謎もとけるのでは?
ただし、説明書きではXR22となっていましたが。

投稿: 零式 | 2011年12月 1日 (木) 06時20分

はじめまして。
創刊号からいつも楽しく読ませてもらってます。

私はカトウさんと同世代の人間で、昔はドップリとロードレースにハマっていましたが、ここ数年はモトクロスにハマってしまい、これはもう一生抜け出せないんじゃないかと思うほど…

来年は緑ゼッケンだし、番号は♯62にしようかと思ってましたが、(分かりますよね?)今号を読んでいたらメチャクチャ♯7がカッコよく思えてきちゃって…

スチュワートの♯7ではなくバリーの♯7でいこうかなと(笑

追伸 カトウさん、最近コースでまったく見掛けないですね(笑
一緒に走りたいです♪

あ、あといつか全日本FⅢ特集を!

投稿: マッパ | 2011年12月 1日 (木) 18時38分

いつも楽しく読ませてもらってます。重箱の隅を突付く様で恐縮ですが、ルッキネリは'88SBKチャンプではありませんよ~。

投稿: フレッド・マーケル | 2011年12月 3日 (土) 18時51分

毎回、本を読まない人間が楽しく読ませて頂いています。
父の仕事の関係で小学生の頃、コロコロコミックの代わりに月刊オー○バイを読んでいたので、当時からバリー・シーンが大好きなレーサーでした。
今までの号もかなり良かったですが、今回は特に感極まりました。MotoGPになる頃から遠ざかっていましたが、Racersが創刊され恥ずかしながら舞い戻って来ました。
次号も楽しみにしています。頑張って下さい!

投稿: しろくま | 2011年12月 4日 (日) 00時31分

初めて投稿します。バリー、カッコイイですよね!
ストックしてある、BIGロードレースヒストリー(TBCBIGロードレース)にも、AKAIカラーのYZR(TZかな?)で走っているレースシーンがあります。このような時代もあったんだなぁと感慨深くなりました。
第一ヒートは、高井さんと金谷さん等と、デッドヒートの末3位(多分、トラブルを抱えていたのかな。ストレートで離されていました)。
第二ヒートは、トップ独走中、シケイン手前のS字で雨に足元をすくわれ転倒と残念な結果に終わるのですが、バリー絶頂期の熱い走りを見ることができます。
カトーさん、これからもよろしくお願いいたします。

投稿: TAKU | 2011年12月 6日 (火) 12時59分

今回も楽しく拝見させていただきました。
RC211V、03年の鈴鹿GPで伊藤選手が裏ストレート頂上でフロント浮かせてたのが忘れられない!
RACERSならではのマニアックな視点を期待しています。
でその次、TZシリーズなんてどうですかね?市販じゃないTZもありましたし3気筒なんてのも・・・・当時の欧州勢も気になります。
いっそのこと70後半~80年前半の250クラスで!
次はマルチネス師匠時代の50&80&125・・・・
あ~マニアックすぎ!

投稿: 373 | 2011年12月 6日 (火) 15時16分

今回はRGってより、まるでバリーが主役みたいですね。やはり格が違いますsign01

バリーの全盛期はオンタイムでは知らないのですが、正直かっこ良過ぎですlovely
まだケニーが登場する前の「コンチネンンタルサーカス」って言葉がピッタリだった
時代なんでしょうかね。昔のRC誌のビデオ(VHS!happy02)で片山さんが出てたGPの
様子が丁度この頃?いつか同時代の特集があれば当時のパドックの生活も取り
上げて頂けたら嬉しいです!

F1ドライバーですが、フェラーリ時代のクレイ・レガツォーニともタイプは違っても
似た匂いがするような。

そこに共通するのは男の色気なのかなぁ…

投稿: 639/407 | 2011年12月15日 (木) 00時36分

何故、バイクが、好きになったか? ヤマハに乗ってるけど、スズキ派なのは、何故が、わかりました。RGBの黒と赤のカラーリングが好きでした。かっこよかった。何もわからなかった時の思いが、蘇り、何回も、みてます。
最後のお話も最高です。どんどん掘り下げて、こんなお話が、知りたいです。

投稿: IKF | 2011年12月19日 (月) 03時36分

シュワンツがチャンピオンになる前ぐらいからモトGP二年目位までの間、バイク関連から遠ざかっていましたが、レーサーズが発売されてから舞い戻ってきた者です!
創刊号から買っていましたが今回の内容は一番素晴らしかったです。待ちに待ったSUZUKIの黄金時代を特集してくださってありがとうございました!私の知らなかった内容ばかりで今回も一切手抜き無しでしたね。グランプリ・イラスト・レイテッドを買っていた中学時代のように何度も読み返しています。本当にありがとうございます。

投稿: ジャニ | 2011年12月21日 (水) 21時40分

すちゃらか~加藤さん!

随分、間が開いてしまいましたが

感想です。

一応、発売後数日で読んでたんですが、年末が近いと

なかなか時間がとれずじまで。。


今号は、売り切れ店舗続出で、またハシゴしましたよ。

バリーはいつまで経ってもバリーなんだと
今更、改めてその鉄人さに気づかされた気分でしたな。


今号は、掲載車種の数に制限があって、掘り下げ、と言う意味では、少しテーマと比べてももう一ひねり欲しかったです。

掲載分の情報量はさすが圧巻でした。。

ここに、スチャラさんのこだわりが見えたような。。


今号は自分の中では、一番良かった号かもしれません。

と言うのも

ご存知の通り、私は機械よりも人
人と人との繋がりこそが、レーサーズだとずっと思ってるからで。

機械はツールでしかなく、人を繋ぐ道具ですからね。

最後の演出とまとめ方には、感動しました。

この紙面を読んでて初めて
気持ちと気持ちがぶつかり繋がった感覚が、ダイレクトにスッと心に入ってきましたなぁ。

やられたv

無論、奥さんや、岡本さんの話は感慨深いものがあり、当時やその場の状況が少しイメージできるような、
そんな内容でよかったです。


今後も、人と人とのつながりを大切にした紙面づくりを、
頼みますよ~

投稿: しゅん | 2011年12月31日 (土) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265253/43109082

この記事へのトラックバック一覧です: Vol.12搬入!ご感想はコチラまで:

« 11月24日発売『RACERS』Vol.12編集作業終了 | トップページ | XR14のシート上のキャップの正体は…… »