« XR14のシート上のキャップの正体は…… | トップページ | 1月24日発売『RACERS』Vol.13、取材のその後 »

2011年12月23日 (金)

1月24日発売『RACERS』Vol.13、取材中

06mot_sep
[990cc最後の年の2006年、もてぎの日本GPで公開されたRC211V]

みなさん、Vol.12「スズキRG号」へのご感想や、次号への貴重なご意見など、
いつもありがとうございます。
次号で'02RC211Vを特集することには、ウチの会社の上層部からも
「なんでそんな新しいのをやるんだ!?」
(↑そんなの売れないからやめろ、と言いたいらしい)
とか、ほかの上司からは、
「ホンダからタイアップ費は出るんだろうな?」
(↑今年タイトル獲ったもんだから、当然出ると思っている)
とか、ヤンヤ言われ、面倒くさくなっている昨今。
RC211Vくらいで驚かれていては、
今後やろうと思っている'91RC250MA(オートマモトクロッサー)なんて、
相当ビックリするだろうなー(いつしかクビになるな、オレcoldsweats01

さて、みなさん、そのRC211Vの取材、着々進行中でございます。
昨日(22日)はツインリンクもてぎのコレクションホール裏の倉庫で、
RC211Vの撮影をしてきました。

で、撮影の合間を縫って、
コレクションホールに展示されているXR14(↓)を見てきました。
Xr14

はい、前号56ページに掲載した、謎のシート上の樹脂製キャップは何か!? の件です。
実車のシート裏側を見てきて、ハッキリこれは「燃料タンク」だと判明(↓)。
Xr14_seat
[↑ムチャクチャ分かりにくい写真で、申し訳ないですw。ホント編集者かッ!?]

ご覧のとおり、シートの裏側は真っ黒で、
アルミ製の補助タンクも黒く塗られていました。
ライバルチームに分からないようにしてたのかな?
でもキャップは外に飛び出してるんだけどなぁ……。
ただ、その造形はシート裏側の形状にピタリと合うよう、素晴らしい仕上げ。
いい職人さんがいらっしゃったのでしょうね。

さてさて、撮影の方はと言いますと、RC211Vも丸裸(↓これは'01プロトの方)。
211v_prot

'02ロッシ車の方も、身包み剥いでしまいました(↓)。
211v_cow

それにしても、外装パーツの点数が多いよsweat01
しかも、その形状が複雑。HRCにも、いい職人さんがいるんだなぁ。

さて、来週はこのRC211Vに乗った日本人ライダーふたりに話を聞いてきます。

そうそう、990ccっていうMotoGPの排気量、ハンパな数字だと思いません?
取材を進めていて知ったのですが、実は990ccに落ち着く前は1000cc、
さらにその前、1998年に始まった検討会議の中では
「排気量は無制限」だったらしいですよ。驚きですね。

と、チョロっとネタ出ししておいて、また次回。では、また。

|

« XR14のシート上のキャップの正体は…… | トップページ | 1月24日発売『RACERS』Vol.13、取材のその後 »

『レーサーズ』取材ウラ話」カテゴリの記事

コメント

初期のRC211V、斬新な試み満載で、コース上ではワイルドにケツ振ってる姿が印象的な(それでもえらく速い)、走ってても止まっててもワクワクさせる存在でした。

一方、やっと昨日RVFの巻購入して新たな感涙に咽んでいるところなのですが、特にガードナー氏の徳野氏への言及は個人的に四半世紀近く残っていた「ひっかかり」が融けた有り難いインタビューでした。

それでも欲深な読者としては、そろそろ海外コンストラクター版への期待が…詳しく語れる中心人物が亡くなっているところもどんどん増えてゆく様子ですし…読み手ってつくづくわがまま!(笑)

投稿: maxthaler | 2011年12月24日 (土) 12時47分

>今後やろうと思っている'91RC250MA(オートマモトクロッサー)

うおぉぉぉ・・・すげー楽しみ。
NXR(パリダカ)もたのんます。


>990ccっていうMotoGPの排気量、ハンパな数字


Q「何でmotogpは(1000ccでなくて)990cc(と半端)なんですか」
A「2st500ccから4st990ccに変更されました」

質問に答えてないやんけー、ってな感じでオートバイ雑誌のQAコーナーが多かったですね。
何で「1000ccから10cc少ない990cc何ですか」
答え「当時のFIMからWSBと区別することを要請されたため、市販車を走らせないためにわざと中途半端な排気量にしました」
ちゃいます?

投稿: NSR初心者 | 2011年12月24日 (土) 15時46分

RC211Vの取材ご苦労様です。
 取材で確認が可能でしたら是非、お願いしたいのが
何故、RC211VのエンジンレイアウトはV型5気筒になったのかをお願い致します。
 当時のレギュレーションでは最低重量は変わりますが楕円ピストンも6気筒も有だった訳で、
その中でV型5気筒になったのは単純な最適化の結果なのか?
はたまた別な理由があるのか?興味があります。
 また、今回とは関係ありませんが、
将来NRをやった時には、NR250ターボの情報をお願い致します。

投稿: ao | 2011年12月25日 (日) 16時57分

クリスマスイブ→クリスマス当日の今日と、
人っ気が全くない社内でひとり暗~く仕事しているカトウですw。

maxthalerさん、
5月24日発売のVol.15までお待ちください!
いま予定しているなかに、
いよいよ海外メーカーのレーサーを特集しようと思っています。
それは、日本人のあの人が乗った、あのマシン……。

NSR初心者さん、
正解です。それにしても、なんで当時の二輪誌は
「なぜ990ccなんてハンパな排気量にしたのか?」に答えてないんだろう。
そんな細かいところは気にしてないってこと!?
ボクが知らないだけで、ちゃんと解説してくれていた二輪誌があったのかな。
ま、いずれにしても次号の『レーサーズ』でやります。

aoさん、
明日のライダー取材のほかに、V型5気筒を発案した
エンジン設計者の方にもお時間をいただいております。
ですんで、聞いてきます!

投稿: スチャラ加藤 | 2011年12月25日 (日) 19時45分

加藤様、取材お疲れ様です。

次号はいきなり時代が飛びますが、期待しております!
なんせ、4stマシンがまったく想像できなかったのでどんな物か、とにかく知りたかった事が、山ほどありますから、がっつり取材お願いします。

あと、テスト走行をしていた見ていたと思われる、SUGOの関係者がいたら、話を聴いてみたいです。

投稿: yzr500 | 2011年12月25日 (日) 21時09分

日本人が乗った海外レーサーって。。。
クールデビル?!
最高です。

投稿: ベイツ | 2011年12月25日 (日) 21時27分

加藤様
休み無しッスか(ノд・。)
ご苦労様です。

Vol.15、海外メーカーのレーサーって事やから
ちゃうとは、思いながらも新垣さんが乗ってた
ハリス・ROCヤマハやったらなぁ~等と
思ふ今日この頃

投稿: ケルンコマンド | 2011年12月25日 (日) 21時56分

加藤さんお疲れ様です。

暫く行っていないもてぎに行きたくなりました。
初期テストでのRC211V+鎌田氏、伊藤氏の慎重なライディングが印象的でした。
激動の2011年でしたが来年こそイイ年になってもらいたいです。
来年も定価以上の価値あるレーサーズ期待しております。
宜しくお願いします。

投稿: ホッシー! | 2011年12月26日 (月) 06時34分

取材ご苦労様です。
日本人のインタビューは、清成選手?
いきなり乗る事になった心境はどうだったか興味があります。

外国レーサーってカジバ!?
TBCで青木選手が乗ってトップグループを走りながらリタイアした記憶が…
これも楽しみです。

投稿: neneken | 2011年12月26日 (月) 12時38分

RC211V、SUGOのテストで学ちゃんが乗ってましたが10%登り切る前にアクセル戻してましたね。

アクセルを開けっぱなしで来るといとも簡単にウィリーしめくれちゃう・・・・・・って。

今はキッチリ開けて秋吉は走ってますがトラコンがいいのかそんなそぶりは見受けられません。

今年、1000ccのテストの模様を動画サイトでアップしてますよぉ。

投稿: YZF750 | 2011年12月26日 (月) 16時05分

いよいよ海外メーカーですね!
ドゥカティ レーシングパンタ/ビモータdb1をリクエストします。

外車ファンの判官びいきだけではなく、当時日本でも8耐での活躍をはじめ、BOTTなどスプリントでも好タイムをマークし、国産車勢にもかなりの影響(衝撃?)を与えたと思います。

当時からの車両も現存し、名チューナーもおられますのでぜひ特集をお願いします。

投稿: M.N. | 2011年12月26日 (月) 18時28分

211~社内でもその様な扱いNANOですか…挫けること無く、立派な本をお願い致します。微力ながら支援させていただきます。
流石に、オートマモトクロスは(*^_^*)無難に初代モノショックYZ辺りから如何でしょうか?
次回はア○リりア?125?250?一連のロータックスエンジンとかは、日本語で読めるホンが無かったので新鮮デス~コンナコト書いてドカだったらどうしよう(*^_^*)
RGのシート内装タンク~こんなだったのか!早速プラモの参考にさせて頂きますm(_ _)m

投稿: lc1gr6 | 2011年12月26日 (月) 18時47分

加藤 様

福野礼一郎さんの著作で

「違っていることの説明は誰でもできる。違いの理由を説明していないとだめ」

という趣旨の科白がありました。

よろしくお願いします。

投稿: NSR初心者 | 2011年12月26日 (月) 21時38分

YZR500さん、
カワサキのX-09や今回特集するRC211Vなど、
ファクトリーのサーキット走行テストというと
スポーツランドSUGOがよく使われていますね。
ヤマハ車なら分かるのに……。
なんでもSUGOは、ヨーロッパのサーキットに似ているからだとか。
起伏に富んでいたり、コーナーがストップ&ゴーじゃないところでしょうか。
1KTのSP仕様に乗ってた昔、馬の背に向かうバックストレッチで、
よく風にあおられたモンです。

ベイツさん、
お答えできませんcoldsweats01

ケルンコマンドさん、
お答えできませんhappy01

ホッシー!さん、
はい。みなさんに定価以上の満足を感じていただけるよう、頑張ります。

nenekenさん、
清成龍一選手! 確か、この前の全日本モトクロス最終戦(埼玉・川越)で、
お見受けしたような……。いいオトコだったなぁ。
(↑ごまかしてますw)

YZF750さん、
そうそう、初期のRC211Vって、今でいう電子制御なんて
ほとんど付いてなかったんですって。知ってました!?
そりゃ、SUGOの「テンパーセント」でウイリーしますよね。
なんたって、それまでのNSR500が180馬力くらいだったのに対して、
鎌田さんがテンパーセントでひっくり返りそうになってたRC211Vは
1.3倍の出力があったそうですからsweat02

M.Nさん、
お答えできないのですがcoldsweats01
ブリッテンV1000やハーレーのルシファーズハンマーなど、
日本やデイトナのバトル・オブ・ザ・ツインを走ったバイクもいつか取材したいです!

lc1gr6さん、
「初代モノショック」=「空飛ぶサスペンション」とヤマハが言ってたヤツですね。
あれかー。ヤマハのモトクロスOBって、ロード以上に怖そ……。

NSR初心者さん、
福野礼一郎さんの『クルマはかくして作られる』には感動しました。
福野さんのお言葉に共感します。

投稿: スチャラ加藤 | 2011年12月26日 (月) 23時16分

NR500をやるまではクビになってはダメですよ

投稿: 鍋 | 2011年12月28日 (水) 00時49分

加藤様

おお、あと半年たらずで初の外車!「悪魔版」でしょうか「爆弾仕様」でしょうか?それともいきなりスペインの方?因縁の彼が引退したところだからやはりあれかな?サーキットで日本人が一番輝いていた時代でもあるんですよね…

ブリッテンに言及されたのもうれしいです。『One Man's Dream』のビデオは持っていますが(これもお薦めです)、RACERS版が出れば最高です。そういえばelf eは鉄板の予定ですが(笑)いつ頃になりますか?(笑)

体にお気をつけて、よいお年を。

投稿: maxthaler | 2011年12月28日 (水) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265253/43364048

この記事へのトラックバック一覧です: 1月24日発売『RACERS』Vol.13、取材中:

« XR14のシート上のキャップの正体は…… | トップページ | 1月24日発売『RACERS』Vol.13、取材のその後 »