« ステッカー、差し上げます | トップページ | ご報告:ひとつ記事削除しました »

2012年1月24日 (火)

Vol.13搬入!ご感想はコチラまで

みなさん、いつもありがとうございます。
さて、いまボクは関西出張で大阪にいるのですが、
どうやら今日23日(日付変わってるから、もう昨日ですねsweat02)、
Vol.13「'02 RC211V」号が弊社に搬入されたようです(↓)。
13

なので、作った本人がまだ手にしていないのですが、
いかがな出来栄えでしょうか……!?
定価以上の価値になっていますでしょうか?
ちなみに、発売は明日、というかもう今日です。

前号同様、遠慮なくご感想やご意見をいただけましたら幸いです。

あ、そうだ。例のRC211Vのボア×ストロークですが、
無事(!?)HRCから聞き出すことに成功し(!)、
思いっきりその数値をデカデカと掲載しております。
事後報告になってしまって、ごめんなさい。
締め切りに追われて、雑誌制作に集中してしまっていました……。

で、その諸元表が掲載されているページをご覧いただくと、
「ん!? コレどういうことだ?」と、
想像を膨らませてしまうカ所があるかと思います。
その「コレ」については、発売後しばらく経ってから、
またブログで報告したいと思います。

さて、前回RC211Vを取り挙げるにあたって、
みなさんから賛否両論さまざまなご意見をいただいたのにもかかわらず、
次号Vol.14では、またさらに時代を進めて、↓このバイクを特集します。
Photo

テスト中の真っ黒カウルじゃ、もはや何年型か分かりませんよね。
はい、'04年型のYZR-M1です。

なぜ、またMotoGPマシンなのか、'04 M1を特集するかというと、
大変おこがましいですが、
少しでも多くのみなさんにMotoGPにも関心を抱いてもらい、
今年の日本GPを見に来ていただきたいのです。
また、'04年型のYZR-M1については前年モデルと比べて
技術的に飛躍しただけでなく、ヤマハ社内の人間模様にも
ボク自身が惹かれてしまうところがあったためです。

厳しいご意見をいただくのは承知ですが、
今後何年かでMotoGPマシンを取り挙げるのは、これが最後。
ご期待にそえるよう、がんばります!

|

« ステッカー、差し上げます | トップページ | ご報告:ひとつ記事削除しました »

『レーサーズ』制作舞台裏」カテゴリの記事

コメント

加藤さん
お疲れ様です。

一日早く届きました。
990ccのオフロード車を作っていたとは驚きでしたがロッシのコーナー侵入でのスライドはこれが関係していたのかなとも思いました。
宇川さんはファンサービスも良くて応援していましたが突然サーキットを去ってしまってどうしたんだろうと思ってましたが今回のレーサーズで載せてもらってだいぶわかりました。
これからじっくり読み込んでいきますね。
次回のM1も楽しみにしています。

投稿: ホッシー! | 2012年1月24日 (火) 02時08分

北海道在住なもので、入手は2日遅れになりますが、必ず買わせていただきます♪
期待していますよ!

投稿: さくら | 2012年1月24日 (火) 11時42分

北海道は2日遅れですか。
九州は平均3日遅れです。。。

早くても入手は週末になりそうです。
後ろに写ってるライスポも一緒に買いますね。

投稿: が~どな~ | 2012年1月24日 (火) 12時10分

本日レーサーズvol.13入手しました。
まずはザッと1LAP、これからじっくりホン読みします。

次号は好敵手M1ですか、楽しみです。
これから先何年かmotoGPマシン取り上げないという
前にGSV-Rやってほしいんですが・・・

4ストレーサーの特集の時にひとつ不満に思うのですが
2ストの時のようにエンジン全バラがないんですねー
これだけはちょっと残念ですが企業秘密からか・・・??

毎号楽しみにしてましてどの本も読み応えありますが
インタビューも撮り終えてると思われる85NSRを早く
読みたいと希望します。フレディーがいなければ自分
はロードレースにのめり込んでなかったので。

まぁそう遠くはないと思うので楽しみにしときます。
加藤様はいつも多忙のようなので体調崩さないかと
つい心配してしまいます。

少ないお休みに!?リフレッシュしてこれからもいい本
頼みますねっっっ!!!

投稿: GSX-VFR | 2012年1月24日 (火) 21時02分

"今後何年かでMotoGPマシンを取り挙げるのは、これが最後。"
そーおっしゃらずにまた取り上げて下さいヨ。

(やはり古いマシンの方が部数が増えるのかな・・??)

投稿: MORI | 2012年1月24日 (火) 21時37分

近年のマシンですが、やはり人間ドラマが詰まっていますね。面白かったです。思っている以上に読み応えがありましたです。
追いつけなかったこと、追いついかれてしまったこと、それを冷静に振り返られるまでにはさぞや様々な葛藤があったことでしょう。号数重ねるごとに味わい深さが増していますね。ありがとうございます。

さて、次号はYZR-M1とのことですが、是非、古沢政生さんへのロングインタビューをお願いします。それこそ古沢さんの生い立ちから何から何まで。なんか、この人に強烈に興味があります。
今号でも言及されていましたが、バイクのフレームそのもの(というか車体全体)をサスペンションとして機能させる、ということを古沢さんが何かのインタビューでおっしゃっておられました。古沢さんは古いユーノスロードスターを所有されていて、それをどうも実験台?にされているようで(勝手な思いこみですが)。
ヤマハの(元)MOTOGPエンジニアが(現役時代に)国産他社のオープンカーを弄っているってことだけでもなんか個性感じます。国内メディアにはさほど登場しませんが、たぶん外国ではめちゃすごい評価なんじゃないかと。

投稿: NSR初心者 | 2012年1月24日 (火) 22時48分

初めまして!レーサーズの発売日を毎号楽しみに
しています♪

最初は2ストGPレーサーの号のみ購入していこうと
思ってたのですが、ヨシムラGSXR号を立ち読みで
済まそうとして(スマセン!w)ケビンや辻本さん
の記事を読んだらそのままレジに持って歩いてましたw
以降毎号欠かさず購入しております!!

他にも趣味の雑誌を購入してますが、レーサーズほどの
作り手の情熱を感じる雑誌はないのではと思ってます。
こちらのブログも誌面と合わせて更新が楽しみの一つ♪

こちらの書き込みの中に厳しい意見を書かれる方も多く
いますが、加藤さんの逃げずに向き合おうとする姿勢
にも熱いものを感じます!!

私は作り手が今伝えたい思いを大事にして欲しいです。
これからも期待してますのでヨロシク!!

投稿: | 2012年1月24日 (火) 22時50分

極めたレーサーであればどれも興味を引きますね。
市販レーサー、F3マシンまで、まだまだネタはつきませんね。
モトクロッサー、トライアルは、自分は載ってないので、理解しかねると思いますが、メカについては、興味あります。

投稿: 読者 | 2012年1月24日 (火) 23時15分

購入しました。
軽く1ラップしましたが、リアが跳ねまくりで
個人的には「違和感」を感じました。
(いろいろなご意見が皆さんありそうですが・・)


211Vの次がM1・・・。
『レーサーズ』がメーカーの意向が強くなった
『メーカーズ』にならないように願っています。

投稿: RC45 | 2012年1月24日 (火) 23時20分

レーサーズ毎回欠かさず読んでます。
発売日が楽しみで仕方ないので、早く月刊か週刊にならないかと期待して買っています。
でも今回のレーサーズにはちょっと笑いが足りないと思います。
真面目すぎて教科書っぽいです。(ケネスさんの「1バルブ多いんだよ!」には腹を抱えて笑わかされました)
望月知子さんやロッシュなどの嬉しいサプライズもなくて寂しい。(Γのコレクションには驚かされましたけど!)
次回のM1はとても期待してます。何故M1は急に勝てるマシンになったのか?そんないいマシンが作れるなら何故前年のバロスには作らなかったのか?(個人的感情が入りました。すみません)何故タミヤのM1のプラモデルは急に値段が高くなったのか?などなど知りたい事が一杯ありますので。
頑張ってください。

投稿: RCB400 | 2012年1月25日 (水) 11時00分

今回も買いました。

あくまでも、お布施のつもりです。

次もMotoGPですか…

本当に残念です!こんな風に思っている読者の方も多いのではないでしょうか?

ロードレース黄金時代のド真ん中で行きましょうよ!

投稿: 談志 | 2012年1月25日 (水) 18時03分

MotoGPのマシンだとどうして皆やがるの理解できない
内容に文句言うならまだわかる
好きなマシンのときだけ買えばいいのでは?

投稿: たかし | 2012年1月25日 (水) 21時36分

何が残念なのかわかりませんが・・・

自分の希望が万人の希望ではないのでは?
自分はレース好きだからこそ、YZRからM1まで、
み~んな興味ありますよ。そんな人も多いのでは?「RACERS」なんだし!

あっYAMAHA等なんでYZRとかM1とか書いちゃいましたけど
もちろんRC211Vにも興味はアリアリですよ~

投稿: YAMAHA | 2012年1月25日 (水) 22時01分

やっと購入です。

なんせ北海道から東京出張中で書店探しに一苦労でした。次号が出る頃まで滞在予定ですので発売当日購入の醍醐味も含めて楽しみにしてます。
いろいろあるかと思いますが、こういった趣向の雑誌がある事が幸せだと思うので編集作業大変かと思いますが、がんばってください。
さてP079の大ちゃんはトリミングミスですか?

重箱の隅つついてみました〜。(笑)


投稿: らのいち | 2012年1月25日 (水) 22時28分

レーサーズは発刊スパンも丁度良いし、そんな慌てて昔に遡らなくても直ぐに皆さんの待ち望んでる時代のレーサーズが発刊されるはず!新しい話もも古い話も今しか書けない事、聞けない事もあるでしょう。その辺のタイミングは加藤さんが色々悩みながらも頑張っていらっしゃるはず!でも、自分も早く85NSR号を読みたい!wレイニー時代YZR号も♪加藤様期待しておりますw

投稿: syu | 2012年1月25日 (水) 22時46分

毎号楽しみにしています。
今回のRC211Vは、特に楽しめました。
GPの歴史で最大の転換期のマシンの開発の裏には、
やはり人間のドラマが詰まっていましたね!

いつの時代のマシンでもRACERには必ずドラマがありますね。
本当のバイク乗りなら自分の好みのマシンが題材でなくても、
それぞれのドラマに興味を持ちそのストーリーに心を動かされると思います。
次回のM1も楽しみにしています。
新しいRACERは情報の開示が難しいかもしれませんが、
ぜひMOTO GPの800CCモデルについても扱ってみて欲しいです。
素晴らしく情熱の感じる雑誌で、これでこの定価は本当に格安だと思います!
これからも期待しています!

投稿: MC21 SE | 2012年1月25日 (水) 23時16分

M1自体は自分的には全然OKなのですが、「V・ロッシのコーナリング」というムックに古沢さんのインタビュー含めて、結構M1情報が載っているんですよね~。

同じような情報だと残念なので、できれば事前チェックをお願いしますw

投稿: | 2012年1月26日 (木) 00時24分

加藤さんRC211V号拝見しました。

次はM1だそうで、ヤマハ党としては嬉しいです。
が、上の方も書いてるけどR/C誌のロッシ本てかなり作り込んでたから、同じ路線だと超えるのは大変ですよ。

配本されたの読んで文句言うのはどうかと思ったので、興味は無かったけど買って読みました。

80年代→00年代への題材の変化以上にライター陣の構成変えて来ましたね、ライディングスポーツ的だ…

ホンダサイドも向こうから頼んだだけ有って、新しいネタを振ってくれてるからそれなりに読み応えはあったけど、加藤さんこの本読んでモトGP行きたく成りますか?

最初のNS巻を手にとって感動してケニーYZR~と続いてロスマンズNSRの路線は良かった。

ロスマンズは本全体は今一つだったけど、八代さんの思い切ったページが総て取り返してた。

批判を読みたい訳では無くて、ああいう[本音]を読みたいんですよ。

バリー巻も良かった、イマジネーション湧いたしね。

でもRC211V巻はやっぱりホンダに気を使い過ぎ感100%だし、出された食材を間違えないように料理しただけだったね。

これなら加藤さん(RACERS)じゃ無くて、青木さん(ライディングスポーツ)で良いんじゃないんですか?

やっぱり本作りはおかずが多すぎると難しいと再認識しました。

いつの日かのYZR250/TZ特集や‘85スペンサーのダブルチャンピオン特集、ルッキネリやウンチーニのγ特集を楽しみに待ってます。

投稿: 業界人 | 2012年1月26日 (木) 07時29分

みなさんの愛あるコメントがいいですねえ。
ワタクシはヤマハ党なので次号が楽しみなのですが考えてみるとまたまた46が表紙になるんですねえ。そこだけ残念な気持ちです。

投稿: サトウ | 2012年1月26日 (木) 09時49分

加藤さん、13号 RC211V号、お疲れ様でした。

結構前のGPマシンでの誌面造りを皆さん心待ちにしているようですね。

その気持ち、自分も良く分かります。
70年代、80年代は今のようにCS放送などが無く結果は専門誌(RSやCS、CW、RHなんてのもありましたね)から遅れて入って来る。
しかも順位やタイム、写真のみ。
奥の深い内容が無かったから尚更皆さん知りたいんだと思います。

でも、RACERSは古い順に取り上げると言う約束もないですしメーカーに偏る事もないと思います。

なので、今回のRC211VもM1も有りだと思います。
ただ、RC211VもM1ももうすでにそれなりの情報が出回っているんだと思います。

そのような読者をいかに唸らせるか・・・・・
これが加藤さんの最大のチャレンジなのかもしれませんね。

ちなみに今回のRC211V号、SUGOのテスト風景も直接現場で見たせいか非常に興味がありました。

学ちゃんにインタビュー出来ないのが本当に残念でなりませんが吉村氏のインタビューは結構深みにはまる物がありました。

宇川君のインタビューも彼の性格なのか熱い物を持っててもあまり深くまで触れてないようですし・・・・・・

マシンの斬新性、特に皆さん触れているリアサス、その他もろもろは結構既に出回っている雑誌の内容とあまり変わり映えが無く読んでて途中で眠気が襲い1ラップ読破するまで購入から2日間も掛ってしまいました。

自分的に点数を付けるなら申し訳ないけど65点と言う感じです。

でもGP史の中で大きな転換期だったのは間違いないですからこのような雑誌で永久保存するのはいいのかなと思ってます。

次号、M1、開発に携わった吉川君、藤原さん、実際乗ってレースに出た中野君などいろいろ話が聞けると思いますので楽しみにしております。

個人的にYZR500(0W76以降)、YZR250、TZM250、NSR250、NSR500(86年以降)、NSR500V、RGB500、ドゥカティ888、ドゥカティ916、955、996、YZF750、YZF400、RC45、ZXR-7、80年代後半から90年代のF-Ⅲ車輛などまだまだ多数の逸材があると思いますので期待してますよ♪

投稿: YZF750 | 2012年1月26日 (木) 16時50分

じっくり読んでからにしようと思って、ようやくワンラップ終えたので感想を書き込みます。私は、満足度は75点という所です。

インタビュー、吉村氏伊藤選手のは読み応えあったけど、宇川選手は割とさらっとした印象でした。彼のキャラクターなのかもしれませんが、どこかもうひとつ突っ込んだところが欲しかったかなと思います。
ハード面では、盛り沢山で解説も豊富なのですが、皆さん仰る通りでこの辺りのマシンについては当時から比較的情報量が多かったので、意外な話というのが出て来にくいのが厳しいところでしょうね。新しいマシンは、かえってその辺りがハンデになりやすいと思います。

次号はM1ですね。振り返ってみれば、モトGPの歩みがロッシの歩みと重なる部分が非常に大きいのも確かなことですね。次号も素直に楽しみにしていたいと思います。イタリア語版を発行すれば、レースマニアなバレのことだからきっと単独インタビューにも答えてくれるんじゃないでしょうか?

やはり沢山期待されている雑誌だけに、要望も数多いのは間違いないと思います。次号も期待してます。

そういえば、やっぱりあのエントリはまずかったんですね。そうだろうなぁと思います、ええ。(笑)

投稿: kenmatsu | 2012年1月26日 (木) 20時21分

RC211Vの特集が、早いのでビックリしました。

ホンダファンの私としては、嬉しいですが。

マン島を走った歴代のRCや当時のGPを走ったRCの特集もあったら嬉しいです。

それと市販車レーサーのTZシリーズやRSの特集とかもあると嬉しいです。

投稿: | 2012年1月26日 (木) 21時23分

談志さんに激しく賛同している超右派読者のJJコバスです。RACERSの熱烈な信者ですので次号も買いますが、1号でも早く黄金時代に戻ってくれることを切に切にお願い致します。バイクが真に魅力的な乗り物だった時代を振り返る機会を提供してくれるからRACERSはありがたい。そこまででいいんです。

投稿: JJコバス | 2012年1月27日 (金) 10時15分

仕事など諸々忙しく、まだ購入出来てないです、早く落ち着いて読みたいな~(^_^;)感想は後日おくりたいです!

投稿: ジャニ | 2012年1月27日 (金) 13時04分

加藤さん、vol.13を発売日に購入させていただきました。

本日、2lap目に入りました…。

今回も、テクノロジーとヒューマンにスポットが当たって
いて、レーサーズらしい内容だと思いました。

特に、開発担当した伊藤選手のインタビューは、読み応えがありましたね~。開発の親分吉村さんのインタビューも
興味深かったですし。

どなたかの感想でも触れられていましたが、残念なのは、
鎌田選手と加藤大治郎選手が亡くなってしまっていることですね。
RC211Vというマシンが、どのようなインパクトを与えたか?様々な意見が出てきて、より記事に深みが増したかなと。


次号は、YZR M-1とのことですが、5バルブから4バルブ
にクランクシャフトがクロスプレーンになった裏話を
深く掘り下げてほしいですねぇ。ロッシの選択とヤマハ
のエンジニアが予想していた選択が合致していたか?とか
開発ライダーはどのように感じたか?M-1がデビューして
どれくらいの時期にクロスプレーンが検討され始めたか?
なんて期待しちゃいますね。
あの、V4エンジンにも似たくぐもった排気音に、
ひきつけられました。

MOTO GPマシンも面白いですが、そろそろ市販レーサー
とかフレームビルダーとかも…。
いかがでしょうか?取材と編集が大変でしょうが…。

投稿: おるたなてぃぶらいだぁ | 2012年1月27日 (金) 22時30分

racersでのmotogpマシンはこのブログでは評価低いですが、私のように昔からバイクは乗っていたけどmotogpに比較的最近ハマッた人間にとっては、gp500からmotogpへの移行期のレーサーを詳しく知ることができて楽しかったです。

比較的最近のマシンで読者層を広げておいて、再び過去に戻る、という戦略かと思いますが・・・

へーと思ったのは、当時は音量規制があってサイレンサーも装着されていて、その後音量規制がなくなるというレギュレーション変更です。その理由も知りたいですね。

投稿: NSR初心者 | 2012年1月27日 (金) 22時56分

80年代のレースシーンも好きなのですが、実は最近のMotoGPも好きでした。中でもロッシの駆るRC211VはNSR500とも全然違って、テクノロジーがギュッと詰まったコンパクトさが大好きでした。さっそく手にとって読みましたが、とても満足しています。そうそう、DeAGOSTINI(デアゴスティーニ)の『週刊RC211V』なんて欲しくないですか?1/6以上の巨大スケールで!

投稿: 四季 | 2012年1月28日 (土) 11時53分

M1大好きなので、次号楽しみにしています。

ですが、私もできれば往年のマシン達を優先的に取り上げてほしい派です。理由は、時間とともに記録や記憶が失われていくことを懸念しているからです。

現代マシンに関する情報はほぼデジタル化されていて、半永久的に残されていくでしょうけど、90年代以前の記録や記憶は紙ベースがほとんどのはず。それらをわざわざデジタル・アーカイビングしているとは思えず、刻一刻と記録は風化し、人の記憶は失われていっているのではないでしょうか。
とくに80年代以前のマシン開発関係者やライダーは今ではそれなりに高齢化されているはずで、中にはすでに他界されている方もいるかもしれません。

勝手ながら、私は貴誌に、そうやって失われていく貴重なGPの記録や記憶を保存していってほしいと期待しています。

ということで、M1の次は再び80年代か、せめて90年代くらいに遡っていただけれたらなぁ、と思ってます。
80年代から90年代に大活躍したNSR250とか、90年代の徒花、ROCやハリスのオリジナルフレーム車とか、いかがですかね?

投稿: oretch | 2012年2月 5日 (日) 16時18分

初めまして。vol.13購入させて頂きました。
ヨシムラ好きで、vol.5だけのつもりが、KR500と伺いvol.6を買わずにはおれず、`04CBR1000RR乗りとして今回また…。
基本4st好きなので、GPレーサーには特別な想い入れはないのですが、RCB400を大々的に取り上げて頂ける約束をして下さる編集者の方など、他におられませんので、精一杯応援させて頂きます。
もしリクエストを受けて下さるならば、Team Ikuzawaの8耐車 ホワイトブルも是非。`84.10のGOGGLEには、同年の8月下旬に、写真集「チームイクザワ Challenge鈴鹿`84」が発売とあるのですが、中古本市場をいくら漁っても見つからず
途方に暮れております。ニッチ過ぎるのかも知れませんが、こちら以外に、こんなピンポイントなネタを取り上げて頂けそうな本を知りませんので、宜しくお願い致します。

投稿: 生月 | 2012年2月 7日 (火) 00時24分

電子制御スロットルシステム「HITCS」の記事で気になったことがひとつ。

スロットルを全閉にしてもスロットルバルブを少し開けて、エンジンブレーキを減少させる制御の「減速制御」が'03年型から加えられた、という記述がありますが、'03年鈴鹿での加藤大二郎選手の事故にこのシステムは関連していないのでしょうか?

事故当時も取り上げられた話なのかもしれないのですが、今回の「Racers」を読んで、「'03年型から加えられた」という点がどうしてもひっかかってしまいました。

事故調査委員会で、この件が取り上げられたのかはわかりませんが、「関連がない」とはっきりしているのであれば、(開発者のかたの立場を思うと)その旨がわかるようなコメントがあったほうが、私のような疑念を持つ人が出ずにすむのかなぁと思いました。

いろいろと複雑な問題も絡んだりすることも多く、難しい取材も多いかと思いますが、これからもがんばって「Racers」を続けていってください、加藤さん!!

投稿: senna_pp65 | 2012年2月 8日 (水) 13時18分

vol.13購入しました。
しっかり楽しめました。
個人的には80年代に思い入れが深く、その時代の特集となると読みふけってしまいます。
若い世代の読者を獲得し今を盛り上げていくことも、古い情報を保存するのもどちらも意味のあることだと思います。
バランス取りが難しいとは思いますが、加藤様の思いを本にしていただければそれでいいのかなと思います。
頑張ってください。

vol.13について一つだけ!
喧々諤々という言葉はありません。
裏表紙の締めの部分での誤字はちょっと残念でした・・。

投稿: ぐほ | 2012年2月13日 (月) 15時12分

はじめまして。
偶々書店で見た03号以来、毎号即買いしております。
(01、02号も入手済です)

本ブログを見たのは本日が初めてですが、
いてもたってもおられず、書き込みを致しますのでお許し下さい。

まず最初に加藤様、
これだけの情報を、このお値段で提供頂けて感謝致しております。ありがとうございます。
小生にとってのこの書籍の一番のポイントは、「"その当時の"最先端の技術やレースの裏側がしっかりと描写されている」と言うことに尽きます。
非常に興味深く、また毎号楽しみにしております。
次号のM1も楽しみです。
GSV-RやZX-RR、また888やYB-4なども将来的には期待しております。


本題です・・・
「RACERS」にダメ出し出来るヒト達ってどれほどの方々なのでしょうか。
(お友達の方ですか?それともアドバイザー?であればOK。)
旧いレーサーでないと・・・云々
そんなの関係なくないですか?
なぜMotoGPレーサーの特集が気に入らないのでしょうか。
全く理解できません。是非説明して欲しいくらいです。

01号から13号まで、これだけの"作品"に、何故に主観をそこまで押し付けるか・・・。


>ロードレース黄金時代のド真ん中・・・
>1号でも早く黄金時代に戻ってくれることを・・・
黄金時代っていつですか?

私は現在37でして、小学生の頃からバイクに興味がありました。
ヤマハがRZVをリリースした時は、リアサスの動き方を必死に考えたモンです。
18で免許をとり、20で限定を解除。
現在の愛車はFZ750とbimotaのSB-7.
たまにサーキット(岡国)も走ります(1分58秒程度ですがね)。
そんな小生ですが、だいたい"ロードレースの黄金期"なんて感じた事もありませんよ。
(ケニーvsフレディ?それともレイニーvsシュワンツ?ローソンvsガードナー?はたまた、タルドッツィvsルッキネリ?その他諸々あるでしょう。)
"各個人様の思い入れが深い時期"がそうなっているだけではないですか?
重複しますが、これだけの情報をこの値段で提供頂いているのです。
単なる"主観"の押し付けになっていませんか?
(以下自粛)
と、○○の情報は△△に書いてあるから要らない・・・とか。
小生は○○を持っていないので、RACERSに書いてある方が嬉しいですがね。

一般人には知り難い秘密に包まれたワークスマシンの誕生背景やメカニズム。
試行錯誤によるマシンパフォーマンスの向上。
そして、それらを駆るアスリート。
そのアスリートを支えるスタッフ。
それらが織り成す人間模様・・・

これら以上に何を求めたいのでしょうか。


最後に、
一人のバイク乗りとして、またものづくりに関わる技術者として、今後もRACERSを応援しております。
乱筆失礼致しました。

投稿: 磯部 | 2012年2月14日 (火) 22時50分

初めて書き込みさせていただきます。
自分も貴誌をVOL,1から拝読させていただき、毎号興味深く読ませていただいております。

唐突ですが、自分も磯部様の意見に全面的に賛成です。確かに自分の様に四十代半ばの人間としては、昔のレースの方が面白かったとは思うでしょう。しかしレーシングバイクに懸ける技術者さんたちの思いはいつの時代も同じでしょうし、その人間的な側面が垣間見えるのがRACERSのRACERSたる所以だと思うのです。

加藤様、これからも毎号どんなバイクが取り上げられようとも、私は貴誌を楽しみに買いつづけますし、応援させていただきます。

頑張ってください!

乱筆乱文失礼いたしました。

投稿: ケン | 2012年2月15日 (水) 01時12分

senna_pp65様、
仰るとおり件のThリンク構造では右グリップとバタフライ弁が
遊星ギヤで分離されていて不測のモーター挙動が起こった場合、
ライダーの意図で瞬時に全閉には出きない構造のように見えます。
またそのレースウィークにニッキーもそのような症状で転倒してる、とも聞きました。
RC211Vに触れるなら大二郎選手の事故は避けて通れないと思うのですが、、、
まぁ深堀りは無理な話でしょう。
(事故調査報告でケリが付いたものとなってますし)

加藤様、
往年のレーサーを、不滅の勇姿とその記録を、との軸で作成されている紙面だとは思いますが
それを駆るライダーについてもきっちり記録して欲しいと思います。
若井選手や永井選手など記憶に留めておくべき日本人ライダーの
雄姿も記録していってください。

投稿: RAIDERS(?) | 2012年2月18日 (土) 23時20分

RCV特集見ました。今までもよかったけど、今回は大本命という感じで、凄いつまってました。大変、感激しましたので、おたよりを書くことにしました。

全部よかったけど、巻末のモトGPの功罪が凄くよかったです。電子制御の今後も前向きに考えれば、夢があっていいですね。もっとバイクのロボット化が進んで、音声入力でバイクと会話なんかできたら、車のラリーみたいで楽しそうですね。

RACERSはいつも、誰も教えてくれないような(あるいは隠ぺいされているような)難しい技術の話を明瞭な図で説明している記事が載ってて、本当に凄いと思います。自分は、素人のバイクインプレ見るのが好きなんですが、「車体が細くてハンドリングが軽い」とか、「タイヤが細いから~」とか書いてあるけど、「エンジンのジャイロが~」とか書いてる人ってほとんどいないです。皆、感覚では感じているのに、理論があまり開示されてないので、わからないだけで、ちょっともったいないです。

RACERSとは関係ないけど、いつか、ゼファーとはなんだったのか、ネイキッドとはいったい…バブル崩壊後の混乱、変革期についての読み応えのある本を出してほしいです。贅沢な事言ってすいません。

次回、YZF-M1特集もまってましたです。RCVファンにとっては、やっぱりロッシ電撃移籍もRCVを語る上で、外せないと思います。

投稿: コンブ | 2012年2月19日 (日) 11時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265253/43851151

この記事へのトラックバック一覧です: Vol.13搬入!ご感想はコチラまで:

« ステッカー、差し上げます | トップページ | ご報告:ひとつ記事削除しました »