« 3月24日発売『RACERS』Vol.14校了&その次は!? | トップページ | 5月24日発売『RACERS』Vol.15の報告その1 »

2012年3月22日 (木)

Vol.14搬入!ご感想はコチラまで

次号“原田哲也号”へのご意見、ありがとうございます。
すごい反響をいただいて、身が引き締まる思いでいっぱいです。

と、その前に、今日Vol.14“'04YZR-M1号”が搬入されてきました!
Photo

ちなみに、発売はあさって24日(土)です!

いやー、この号は今までの号以上にコダワリました。
だって、表紙ひとつ取っても、4回も色校チェックするほど……(↓)。
Photo_2

いつもは2回で決まるんですが、
どうしてもイエロー部分の「色の出」が気にくわなくて、
4回目にしてようやく「OK」を出した次第。
エッ!? そんな大差ない?(汗)

ま、でも、ボクがどんなにこだわろうと
読者のみなさんの満足とは別問題。
いつものように屈託のないご意見、ご感想をいただければ幸いです。
ドーンと、来ーい!sweat01

|

« 3月24日発売『RACERS』Vol.14校了&その次は!? | トップページ | 5月24日発売『RACERS』Vol.15の報告その1 »

『レーサーズ』制作舞台裏」カテゴリの記事

コメント

いよいよ発売ですね。

こだわりのイエローの仕上がりも楽しみにしてます!

もちろん中身もですけど・・・。

僕はノリックのファンなので17番の車両がたくさん出てるといいなぁ!!!!

投稿: takeshi69black | 2012年3月22日 (木) 17時07分

まだ見てないのに書き込みです、
マジ早く24日こないかな~

2号連続46番、
とにかく早く読みたいッス。

年度末で忙しい中、
レーサーズ発売が嬉しい!
中年の脳にやすらぎと活力をくれる
加藤様に感謝です。

投稿: 21伝説 | 2012年3月22日 (木) 23時26分

加藤さん
お疲れ様です。

こだわりの表紙期待します!

あっという間の発売日ですね。
またじっくり読みたいです。

投稿: ホッシー! | 2012年3月23日 (金) 12時30分

こちらの書き込みはご無沙汰ですが、全巻コンプリートは絶賛継続中です

今回は初のフラゲwにより現在2ラップ目…
一筆御礼で加藤さんも触れられてますが、やっぱりどう見ても多いですよねえ、
ヤマハの一人泥沼…
もしかして、ヤマハってホントのギリギリまで追い込まれないと本気出せない
会社なのか?とか企業風土がドMなのか?とか色々考えたりするんですがw、無論
そんなはずもある訳もなく、つまりは「産みの苦しみ」ってやつなんだな、と今号を
読んで思い直した次第ですw

投稿: TECHにじゅういち | 2012年3月24日 (土) 00時51分

お疲れ様でした、初めて書き込みます。
購入する事でしか応援出来ないですが、
新刊が出る限り買い続けます!

PATON&MUZがいつかフューチャー
されますように(;人;)

投稿: すいすおーと | 2012年3月24日 (土) 01時08分

さっそく1Lap終了しました…。

ロッシ曰く
「黙れといえば、黙る」
クロスプレーンエンジンンの、技術解説を興味深く
読まさせていただきました。

スロットルバルブの話も意外でしたね。
あるエンジン技術の本(4輪)でも取り上げられていて、
メリット・デメリットが書かれていましたが…。

2・4輪問わず、レースは道具であるバイクや車が
占めるウエイトは大きいですが、人間が主役なんだなぁ
と改めて感じました。

今では、様々な車(限定車が多い)に標準装備や
アフターパーツとして、販売されている
パフォーマンスロッドがM1に使用されていたとは…。

いつか、2輪に装着されるのでしょうか?

これから、2Lap目に入ろうと思います。


そろそろ、モリワキ特集をお願いします(笑)。
フレームが面白い(?)サイドカー(ニーラー)も良いかも。
それでは!

投稿: おるたなてぃぶらいだぁ | 2012年3月24日 (土) 19時25分

今一巡目読み終えました。

最後のレース後の渥美さんとの会話にちょっと
グッときました。いい話でした。
今号はこれまでのmotoGPの歴史の中で最も
意味のある出来事のひとつを記録したもの
だと思います。満足の内容でした。
編者の加藤さん、関係者の皆さん、ありがとう。

只ひとつだけ、
ラストキッスはあるけどファーストキッスの
写真がないのはちょっと残念でした。
てっきり表紙をめくった見開き辺りにあると
ばかり、、、。
(感動のシーンだったので期待してました。)

次号も期待してます!

投稿: 昔は天敵、今は好敵手。 | 2012年3月25日 (日) 00時04分

加藤様、お疲れ様です

いつもどおり発売日に購入してまず1LAPしました。
2LAP目からはペースを落としてじっくりいきますよ。

4種の試作エンジン乗らせたという話は知ってましたが
選んだのは最もパワーが出てないのとは意外でした。
レーサーといえどもスペック最優先でない部分が面白くもありそれに人間が絡んだドラマがやはりいいですね。

次号は初の外国メーカーですか!どのような切り口で
くるのか楽しみにしています。

いつか異端の挑戦者ノートンロータリーレーサーも
取り上げてほしいなぁ~
「大英帝国の逆襲」なんてタイトルでどうですか!?

投稿: GSX-VFR | 2012年3月25日 (日) 07時33分

外国メーカーネタ。

カジバどうですか? 某所(本家)にレストアを待つ
本物があるみたいですよ。

投稿: RC45 | 2012年3月25日 (日) 08時42分

先ほど一通り読み終えました。

自分がGPを見始めたのがこのころだったので、いつもよりより深く楽しめました。

もうあと10年早く生まれてればなとも感じますね。

ロッシやバージェスのインタビューもですが
渥美さんの話が一番印象的でした。

次も楽しみにしてます。

投稿: ゆう | 2012年3月26日 (月) 16時13分

加藤さん、M1号お疲れ様でした。

先ほど熟読2ラップ完了しました。
熟読用レーサーズも結構傷んじゃいましたが・・・・

次回、アプリリア&原田号楽しみにしております。

で、今回のM1号、発売日に書店に予約していたのを2冊購入し定期購読の1冊で計3冊購入し熟読用、保存用として全巻各3冊購入が続いております。

なんだかバリー&RG号辺りから凄い造り込みですね。

VRインタビュー、バージェスインタビューときて最後の極め付けで渥美さんのインタビューと怒涛のごとく最後にピークを持って行ってる感じ。

締めの一筆御礼もいい味が出てました。

でも、RCは京商の広告としか受取れなかったのであんまり好感はもてませんが・・・・・・・

しかしヤマハの伝統、5バルブジェネシスエンジンを捨て「4弁・バタ弁・90度」の28ページから41ページの内容を一気に変更し勝負に出たヤマハの意気込みって凄すぎます。

普通のメーカーならこの内容を数年掛けてやる所なのに車体や足回りのみならずロッシの加入でここまでやり遂げシリーズを獲得したヤマハにあっぱれです。

今回のM1号、ハードの部分の目玉はこのページに集約されてますね。

次回、アプリリア、さぁ、どう持って行くのか今から楽しみです。

投稿: YZF750 | 2012年3月26日 (月) 16時37分

バレンチーノやバージェンスのインタビューも良かったですが、とくに渥美さんのが良かったです。
何度も読みかえす事でしょう。

原田選手のインタビューも楽しみです。

投稿: 037ラリー | 2012年3月26日 (月) 19時00分

じっくり読ませて頂きました。
今号も、インタビューの切れが良いですね。毎号、キーマンとなる方のインタビューには引き込まれますが、今号ではどのインタビューも中身が濃くて、読み応えがたっぷりです。
ワンラップ目が終わったところなので、2ラップ目にはいらないと...。

そして、次号はいよいよアプリリアですね。
海外メーカー特集がどんな仕上がりになるのか、これも非常に楽しみです。

ホント、これほど発売日が待ち遠しい雑誌は久し振り。

投稿: kenmatsu | 2012年3月26日 (月) 23時38分

今回も1台のバイクにかかわるたくさんのドラマを知る事ができました。私も渥美さんの話にグッときましたheart02
満腹ですgood
次号も期待しています!

投稿: tomomi | 2012年3月27日 (火) 13時19分

いやはや、あの2本ショックのマシンとかデータ取りかと…
実は迷っていたとはビックリしました。
ヤマハってたまにドツボにハマるんですね(笑)

ロッシのテクニックにもビックリです。
速く走らせる為にはあらゆる手段を使うんですね。
2スト乗ってた時の経験が活きてるんでしょう。

次は哲っちゃんですね!楽しみです&お疲れ様でした!

投稿: らっしゅ | 2012年3月27日 (火) 14時20分

発売前には「今更バレ&M1?」とあれこれ危惧して書き込みもさせて頂きましたが、既存の読み物とは切り口が違っていて面白く読めました。

でも早くも次号が気になってたりしてw

アプリリア移籍後の原田選手については日本ではあまり詳しい報道がされていなかったので、とてもとても楽しみにしてます。頑張ってください!

投稿: | 2012年3月27日 (火) 22時10分

レーサーズは、以前から本屋で見掛けてはいましたが、正直それほど興味惹かれるマシンではなかったし、手に取って中を見ることもありませんでした。

ただ今回のマシンが、ロッシ号で自分が彼のファンだということもあり、手に取ってみたら…機械的な要素、物事の背景・経緯が現場の生の声から知ることができ、大満足です!

解説などを元に自分のバイク(848ですがっ)の中で起きていることを想像すると堪りませんっ!

いい取材をして、いい本を作っているなぁ、と素人ながらに感心しました。

これからも興味そそる、読者に想像(妄想)させる本をよろしくお願いします。

投稿: ゆうぽ | 2012年3月29日 (木) 12時25分

毎号首を長くして待ち侘びています。

Vol.14、内容はとても良いのですが、一点気になることがありました。

28ページから41ページまでの黒地インキが指に着いて、禿げてしまいます。熟読のせいだと思いますが(汗)、指紋の形通り白く抜けてしまい文字が滲んで読めなくなります。自分のものだけタマタマなのかも知れません...。

以前からソイインキを使ったチラシなどでは散見されましたが、貴紙ではその表記はありませんね。

折角の力作であり、資料的価値もあるのに、とても残念です。

投稿: | 2012年3月29日 (木) 19時49分

 まだ途中ですが、今回はインタビュー記事、ヤマハの失われた10年など内容が今までになくドラマチックだと思います。
 次号アプリリアが日本メーカーと違ってどんな話が出てくるのかも楽しみです。

投稿: ヤマサ | 2012年3月29日 (木) 22時07分

大変ご無沙汰しております。
先週金曜日のサイクルショーで、M1号が積んであったので、何気なく立ち読み(スミマセン!)しながらふと裏表紙見るとっ!!なんと加藤さんが編集長だったのですねw(゚o゚)w。もちろん家に帰ってじっくり読みましたが、深い深い内容に痺れました。これからも楽しみにしてま~す!!!

投稿: こうじ(元ご近所?) | 2012年3月30日 (金) 17時18分

加藤さま
先程vol.14読み終えました。
211Vの内容も凄く面白かったのですがM1もすごいですね・・・
次回はアラーダRSVということで今から待ち遠しいです。彼の活躍を思い出すと胸が熱くなります。
出来れば近い将来にノリックの飲茶NSRの特集して頂きたいです。

投稿: アングリードッグ | 2012年3月31日 (土) 00時27分

加藤様
M1号本日入手し、夜までおあずけのつもりが、我慢できずに6割ほど読んでしまいました。
いつもながらの深~い内容で豊かな時間を過ごさせて頂きました。(仕事中だけど・・)
ロッシとM1・ヤマハのストーリーは他のGPストーリーとは違ったウェットな物語ですね。ヤマハ最終戦の時のキスには私もウルウルしてしまいました。(このシーンを見るといつも、昔NSR250を足蹴にしたカルロス・カルダスを思い出します。)
マシンの進化については、写真を凝視してしまいました。思えば、2004年頃からCSでMOTOGPを生で見始め、雑誌の類を買わなくなり、レーサーの細部を目を凝らして見るという事がなくなりました。
レーサーズを読んでいると、ネット時代の雑誌ってコレだね!としみじみ思います。
次号も楽しみにしておりますので、頑張ってください!!
あ、いつか250時代のサロンもお願いします。(笑)

投稿: ゴロワーズ好き | 2012年3月31日 (土) 18時56分

ようやく読み終わりました。
技術的な話にはうといのですが、ロッシやヤマハの方々のお話、とても面白かったです。
将来出来ればロッシの自宅ベッドルームのM1の撮影にトライして下さい。

個人的にもロッシがヤマハに移籍した第1戦の勝利は心に残るレースでもあったので何度も読み返したいと思います。

投稿: 四季 | 2012年4月 1日 (日) 09時14分

ロッシ&M1号
発売日に購入してすでに何回も読み返しています。
(レーサーズは全ての号を購入しています)
今回の号は特に加藤さん頑張っていることが良く分かります。
内容もインタビューもすばらしい。

でも、80年代中盤から後半のWGPが青春時代だった私には引き込まれる物が少なかったです。

NS,NSR、YZR、RGγ、GSX-R特集号は1ページ読むだけで、スペンサー、ロバーツ、シュワンツツガードナー、レイニーのライディングの写真を見るだけで興奮が抑えられない状態でした。

やっぱり、40台の中盤の私には、モトGPマシンを心から楽しむことはまだ早いのかもしれません。

個人的には、モリワキ特集を希望しています。

なんだかんだ書きましたが、こんなに素晴らしいバイク雑誌は他にはありませんし、加藤さんにしか作れないと思います。

これからも素晴らしいレーサーズを作り続けてください。
応援しています。

投稿: サロ | 2012年4月 1日 (日) 10時57分

 今回のYZR-M1はよかった。ただそれだけ。

投稿: 中村商店 | 2012年4月 1日 (日) 12時28分

いや~!今回は特に面白かったですね!
ロッシと古沢さんの存在が際立って面白かったです。
とっかかりと極めていく集中力みたいなものを感じました。
いづれでいいのですが、ライダーの座談会みたいなの
やってもらえませんか?
今は田中健一郎さんはいませんが高橋国光さんや北野元
さんや片山義美さん金谷さん片山敬済さんから現在のライダーまで
一同に集まって宴会というか座談会をやってそれを
記事にしてもらいたいですね!(日本人以外も)

投稿: lopes.nb | 2012年4月 1日 (日) 15時13分

いや~ 良かったスョ~ M1号!

やっぱWGP、ロードレース、
モータースポーツにおける
日本、日本人の立ち位置って、
興業主でなく、乗り手でもなく
あくまで マニュファクチャ であると思うンすよ。
そういった観点をM1号ではビンビン感じました。


あ、もちろん速い乗り手は日本にも、
た~くさんいたし、今もいるけど、
継続性としてはどうかと… 、あくまで個人的意見です。

そういった ものつくり に焦点を当てていく姿勢を
「レーサーズ原理主義」と勝手に呼ばせていただきます。
ライダーも ものつくり の周辺のお一人かと、
日本人的感覚では。

ライダーかマシンかと、同士である読者の意見もいろいろあるようですが、あくまで もの=マシン 主体での紙面作りに共感しております。

戦後復興、高度経済成長と、日本の中心は ものつくり でした。そして現在、必死にものを作り続ける汗を日本は忘れかけているのでは… 中年は思うわけです。

それでいくと次回の外車はどんな感じになるかと
興味津々です。

期待するネタ 一覧
しつこく250ターボ
NSR500Vも面白そう
究極はNRでしょ

勝手にすみません、
季節の変わり目になります
加藤様、ご自愛ください

投稿: 21でんせつ | 2012年4月 3日 (火) 07時43分

●「まだ早い!」「先に取り上げるべき車があるじゃん」とか、エラソーに感じていたので、ここまで全巻コンプリートしていますが発売日に買わなかったのは初めてでした。

●いやーっしかし良い意味で裏切られましたね。すでに歴史的な評価のついたブツではなくて、進行形のものを自分の言葉で熱く語っている心意気がビンビンと伝わってきました。

●ハードウェアにこだわる姿勢を今後も貫いて下さいまし。

●ところでP30は全然理解できません。
これから自分なりに咀嚼しようと思いますが…ホントかな、この理屈は。(笑)

投稿: CRUSH | 2012年4月 4日 (水) 21時17分

そろそろギアをフューチャーしてみてはどうですか?
Arai, SHOEI, agv, 一流ライダーのヘルメット事情などの
特集はぜひ読んでみたいです。

投稿: | 2012年4月 5日 (木) 23時08分

時が変われど、作り手の想い、方法論は全く変わらないのですね。

マテリアルが変わるだけで、レーサーの本質は何も変わり様がない。

目的が同じなのですから当然ですよね。

それを教えてくれる「RACERS」、
アッパレです‼


新しい、古いでとやかく言うのはナンセンスですよ?

投稿: ファースト・フレディー | 2012年4月 6日 (金) 14時09分

VRとYAMAHAの成功ストーリーは感動ものですね。H、Y(一応Kも)のMOTOgpマシンが取材されたので、ストーナーがタイトルたったDを取り上げて!

投稿: K⇒D | 2012年4月 9日 (月) 21時23分

90年代後半からGPを見始めた若輩者にとって、前号、今号はとても楽しく読ませていただきました。
次号も現役アプリリア乗りとして、大いに期待しています。がんばってください!

投稿: apuzo | 2012年4月19日 (木) 09時01分

青木宣篤さんのブログにこの号が紹介されていました。開発するうえでバイブルとまで言われています。

投稿: スズ菌感染者 | 2012年4月23日 (月) 12時44分

前回と今回の表紙の構図が同じなのはやはりどちらもロッシだからなのでしょうか?。それとも同じモトGPマシンという事からなのでしょうか?。どうでもいい事ですが、ちょっと気になりました。次回はアプリリアですか…。そう言えばモデルグラフィックスという模型雑誌の1995年11月号にアプリリアのフルスクラッチビルドが載っていました。タイトルは「FORZA.APRILIA!」ビアッジ仕様のRSV250と坂田和人仕様のRSR125、ついでと言ってはなんですが 阿部典史仕様のミスター飲茶ホンダNSR500も載っていますので、興味のある人は古本屋で探してみてはどうでしょう。

投稿: 高安修平 | 2012年4月24日 (火) 11時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265253/44592372

この記事へのトラックバック一覧です: Vol.14搬入!ご感想はコチラまで:

« 3月24日発売『RACERS』Vol.14校了&その次は!? | トップページ | 5月24日発売『RACERS』Vol.15の報告その1 »