« 5月24日発売『RACERS』Vol.15の報告その2 | トップページ | Vol.15搬入!ご感想はコチラまで »

2012年5月20日 (日)

5月24日発売『RACERS』Vol.15校了&その次は!?

みなさん、ワタクシのつたないブログを読んでいただき、
またご投稿いただき、ありがとうございます。

昨日、ようやく原田哲也+アプリリア号を校了して参りました。ハァ、ハァ。
ということで次号Vol.15の「取材報告第三弾」をアップさせていただきます!
(↑遅すぎ!? ごめんなさい……)

えっと、前記事で編集イマイが、
ヤンさんとカルロさんのところに行ってきた話をしましたよね。

で、ノアーレという街に戻ってきて、いよいよアプリリア「本丸」取材です。
Photo
[↑本社受付待合スペースには、原田哲也さんが写ったパネルが
あちらこちらにあります。一方、ビアッジのは1枚もない……]

[↓ビアッジ・ファンのみなさん申し訳ありませんsweat01
ビアッジのパネルありました!! 奥の壁に掲げてあった]
Photo_2

ここは、アプリリアの副社長にしてレース部門のトップである
ジジさん(写真左の人)の部屋。
いまのHRCの、中本修平さんみたいな人ですね。
(↑何でオレ、中本さんを引き合いに出す!? 深い意味ありません……)

ジジさんは原田さんがアプリリアで走っていた頃、
ヤンさんの下でエンジンの図面を引いていた設計者だったんですね。
そんな話を聞いたからには、
「ちょっとその図面、見せてよ」と図々しくお願いした次第。
するとジジさん、そんなもん外部の人間に見せていいものなのか、
しばし考え込む。ボクからすると、
「イタリア人なんていい加減(←いい意味でユルイということです)だろうから、
すぐに見せてくれるだろう」と思っていただけに、当てが外れて少々焦りつつ、
「やっぱり、どこの国のエンジニアも設計図って見せたがらないんだなー」と、
不思議かつオモシロイもんだなと感慨にふけってしまいました。

で、ジジさん、ボクに「ホンダやヤマハはそんなもん見せるのか?」って聞くから、
「見せるどころじゃないよ。ホラ、こうして本にも出しちゃってる」と言って、
Vol.14の32ページとかをチラ見させると、
「うーん、じゃあ参考までに見せるか」といって出てきたシーンが上の写真。
エンジンとフレームの、両方の設計図を見せてもらえました。

そのエンジンの図面を見ながら、
「お、ここがプライマリーシャフトで、これがカウンターシャフト!?
ということは4軸構成か? 排気デバイスはギロチンの2枚か!」などと、
興奮するボクを見て、ややドン引きするイタリア人たち……。
日本のためにも、ここは慎まなくてはと思った次第です、はい。

その次は、マシンの撮影。
残念ながら原田号は500しかなくて、
'98カビロッシ車を題材にすることになりました。
この仕事をお願いしたのは、グランプリフォトグラファー界の巨匠、
ルイジ・ソルダーノさん(↓この人も通称“ジジさん”)。
Photo_3

一端撮影を始めると猛烈な勢いでシャッターを押しまくり、
こちらが指示を出す前にリクエスト以上のバリエーションを
切り取っていく様子は圧巻。
アプリリアの広報や立ち会ってくれたメカニックたちも、
巨匠ジジさんには気をつかいまくりで、相当な人なんだなと、改めて感心。
ちなみに、ジジさん、
「オレはこのバイクが走ってた頃、アプリリアのオフィシャルカメラマンを
やってたんだけど、こんなに細かいところまで撮ったことはなかったな」
とのことでした。なにせ、『レーサーズ』の編集は「オタク」ですからねcoldsweats01

設計部門が入る社屋裏手はショップ&ガレージになっていて、
うららかな天候の下、スーパーバイクマシンの咆哮が轟いていました(↓)。
Photo_4

そんなこんなで、読者のみなさんが知らない(たぶん……)原田哲也さんと
アプリリアの真実を掲載した号は、5月24日に発売されます。

で、その次、7月24日発売のVol.16は、
“Rothmans NSR”号の第二弾として、あの'85年を振り返る予定です(↓)。
Photo_5

|

« 5月24日発売『RACERS』Vol.15の報告その2 | トップページ | Vol.15搬入!ご感想はコチラまで »

『レーサーズ』制作舞台裏」カテゴリの記事

コメント

次号はFreddie NSR 500(250も?)

ちょうど、Caseyが引退を発表しましたが、
Freddieの引き際っていつになるんですかねぇ??

投稿: RC45 | 2012年5月20日 (日) 15時16分

> 興奮するボクを見て、ややドン引きするイタリア人たち……。

いや、興奮どころか牛のようにヨダレをたらしまくる連中が世界のあちこちに…

次は「あの」'85 NSR500なんですね。初めて全戦追っかけた(雑誌でですが)、個人的に一番思い入れがある年とマシンです。ポイント上は圧勝でしたが、初戦でローソンが印象的な勝利を挙げるなどドラマも多い年でした。後年ビデオで観たオールージュを駆け抜ける様子の美しかったこと!
楽しみに待ってます。

投稿: maxthaler | 2012年5月20日 (日) 15時27分

次号、鉄板ですな。でも以外。

お願いですから表紙イラスト、イラスト集として本にするかカレンダーで発売してください!!!

毎号毎号素敵過ぎるんです。

あ。モチロン中身も。

投稿: solo | 2012年5月20日 (日) 17時47分

待ってました!!!
’85NSR!!!

東京MCS会場でブースでリクエストした甲斐が
あったのか??(^^;;

’85 デイトナ仕様も載せて欲しいです!

投稿: sp19 | 2012年5月20日 (日) 20時26分

あーsoloさんに先に言われちゃった
私も同感です
若しくはHP作って有料DLにするとか
ブログにUPされた原田さんの画像は
私の携帯の待ち受けになってます
表紙だけじゃなくて裏表紙なんかも
あーーーアプリリアやGSXRの画像を
デッカくプリントして額に入れて飾りたーーーい
DLした際の売り上げがレーサーズの今後の取材、大塚さんの感激出来ればと…
いかがでしょ?

投稿: KAZU | 2012年5月20日 (日) 20時36分

すいません
先程の投稿の間違いがっ!!!
大塚さんに還元出来ればの間違いでした

投稿: KAZU | 2012年5月20日 (日) 20時40分

次号、楽しみにしています。絶対、買う事になると思います。感想も書かせていただきますね。

投稿: 2スト好き | 2012年5月20日 (日) 22時57分

>soloさん
素敵ですよね、イラスト。
僕も表紙イラストのカレンダーが発売されたら、
3本は買います。
自宅用と会社用と保存用と・・。

投稿: future | 2012年5月20日 (日) 23時21分

いよいよスペンサー編が完結ですか(笑)
そろそろガードナーやレイニーが来ると思っていたので嬉しい誤算です。
やっと私の大好きな「RACERS」が戻ってきました!

投稿: 雪ぼうず | 2012年5月21日 (月) 00時59分

次号はフレディが最も輝いた時ですね! 
あの頃、こいつはどこまで勝つんだろうと思ったものですが…まさか85年が最後の輝きになろうとは。

で、表紙イラストカレンダーはいつ出るんです?

投稿: | 2012年5月21日 (月) 01時25分

相変わらず満足感が有る本とブログです。自分もイラストカレンダーが出たら2本は買いますね。

投稿: 作蔵 | 2012年5月21日 (月) 16時35分

図面の件、笑いました。

次回は85年ロスマンズ、ってことは250もあるんですか?
ホンダの250はこの後、大治郎号や最終青山博一号も取り上げて欲しいです。


アプリリアがありということは、今後ドカティもあるのかと期待してます。

投稿: ヤマサ | 2012年5月21日 (月) 22時14分

表紙イラストカレンダーの発売日決まったらブログに掲載お願いします(*^_^*)

個人的には表紙イラストのポストカードも発売してほしいなーー。

前向きに検討お願いします。

投稿: ニャプリリア | 2012年5月21日 (月) 23時01分

次回85NSRフレディ↑↑ww 実はこの年まで、シーズンを追っかけてなかったのです 85鈴鹿8耐に観戦して初めてバイクレースに触れました フレディの名前は存じてましたが、彼の偉大さを知ったのが 翌年の鈴鹿8耐プレビュー特集された雑誌「Number」です それから私の中では伝説のライダーですww ライディングフォーム&スタイルが魅了してなりません 次回 もっとも楽しみにしてます!

投稿: やっさん(YASUKEI1) | 2012年5月22日 (火) 19時13分

自分の好きな時代を取り上げて欲しいのは
やまやまなんですが、違う内容で責められる程
期待値の高い書籍も珍しいですよね

でも、個人の願いを語るのはいいですけど
一部のコメントを見るとガックリきます

誰にだって思い入れのあるバイクがあって、
それを否定されるとムカっときますね

2004M1、良かったです
いつかのRVF特集の際は、
RC30/45で一つにせずに
出来れば30・45で分けて下さい!
私は45の方に思い入れがあるんです

次回も”食わず嫌い”せずに楽しみます!

投稿: | 2012年5月23日 (水) 19時45分

オールイタリアンレーシングマシン、楽しみですね。
最後のSBKが時代の移り変わりを表しているようで
象徴的だったりもします。

オオ!次はラストファーストフレディー!!
膝の出方が3輪走行です。

さて、買いにいこっと。

投稿: 21伝説 | 2012年5月24日 (木) 09時16分

86年を戦った八代俊二選手のこのマシンの印象とかもお聞きして頂けると嬉しいです。

投稿: 古美根 | 2012年5月24日 (木) 21時01分

キタ~!ダブルタイトルシーズン!

投稿: 香織 | 2012年5月26日 (土) 01時35分

85シーズンといえば、RS250RWの投入をきっかけに
250ccクラスがTZ250ワンメイクから、500同様の
ワークス戦争が始まる事になるシーズンですよね。
その終焉は、青山選手まで繋がるわけですが・・。

この年、先行開発のRS250を手にしてやったるぜと
思っていたマンクの前に、ワークスマシンで立ち塞がった
フレディ。その辺りのホンダの思惑が知りたいですね。
あと、このシーズン後半からワークスマシンを投入することになる
ヤマハの動向も。では。

投稿: suomybbbb | 2012年5月27日 (日) 15時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265253/45333318

この記事へのトラックバック一覧です: 5月24日発売『RACERS』Vol.15校了&その次は!?:

« 5月24日発売『RACERS』Vol.15の報告その2 | トップページ | Vol.15搬入!ご感想はコチラまで »