« 7月24日発売『RACERS』Vol.16の進捗状況 | トップページ | 7月24日発売『RACERS』Vol.16の進捗状況その2 »

2012年6月 7日 (木)

『レーサーズ』の四輪版が発売されました!

本題に入る前に宣伝しちゃお。
ウチの会社から『GP CAR STORY』という雑誌が今日発売されました(↓)。
Gc
[↑栄えある1号目はセナとプロストが乗った“マクラーレンMP4/4”]

『F1速報』『AUTO SPORT』といった四輪レースの専門誌を作っている
イデアという関連会社があるんですが、
そこの編集長たちが先日ボクのところにやってきて、
「レーサーズの四輪版を作ろうと思う」と言うじゃないですか。
何を血迷ったことを! でも、身に余る光栄!
といっても、ボクは四輪なんて全く分からないので、
イラストレーターの大塚さんを紹介した次第。
ですんで、表紙はもちろん、目次もこのとおり(↓)大塚さんイラスト。
Gc_2

本のサイズもページ数も同じ。どんな内容になっているか、
これから持って帰って読み込んでみようと思います。

さて、ご投稿いただいたみなさん、ありがとうございます。

そうだ。ヤン・ウィットベンさんから一発、メールが来ました。ヤンさん曰く、
「旅先なので帰宅したらチェックするけど、(ホイールベースは1270㎜じゃなくて)
1370mmが合っているように思える」という内容でした。
引き続き、ヤンさんから回答が来たらご報告します。

前記事にご投稿いただいたみなさん、詳しく過ぎです。
suomybbbbさんはもしかしてHRCの人!?って、疑っちゃうくらいsweat01

通行人さん、「Pernod」って誰ですか!?sweat02

フレディさん、お気づかいありがとうございます。
会社販売部にある秘密の書棚(鍵付き)に、
売り物じゃない「隠しレーサーズ」があることが最近分かりまして、
大人げなくそこからガメました。
これでようやくコンプリートして、ロッシに送れるflair

前々記事にご投稿いただいたJAMES HUNTさん、業界人さん、
分かったようなことを言ってしまいますが、
レースっていうのは人の感情が複雑に絡み合うものですね。
2ストが4ストになり、
機械式だった各種デバイスが電子制御の時代になっても、
結局勝敗を分けるのはライダー自身であり、取り巻く人々の人間模様。
一般社会や企業内にも言えることかと思いますが、
レース、とりわけ二輪レースはそのベタベタな人間関係(≒信頼関係)が
重要なものなんだなと、この『レーサーズ』を作ってきた正直な感想です。
だからこそボクはそんな二輪レースが大好き(不謹慎ですが……coldsweats01)。
「TZMの取材がNGなのは、原田選手の事自体がヤマハではNGなんでしょ?」
とのご質問がありましたが、ヤマハはそんな狭量な会社ではありませんよ。
ヤマハにはこれからもいつしか'93TZ250Mが特集できるよう、
お願いしていきます!

|

« 7月24日発売『RACERS』Vol.16の進捗状況 | トップページ | 7月24日発売『RACERS』Vol.16の進捗状況その2 »

『レーサーズ』制作舞台裏」カテゴリの記事

コメント

そこまでおっしゃるなら敢えて聞きますが、あのTZーMのRACERSがNGな理由はなんなんですか?

御社の4輪関係もマニアックで面白いですよね。

でも、そういう面から見たらマクラーレンMP4/4なんかよりもブラバムBT49とかリジェJS7、ロータス79とかの方がよりマニアックだと思いますよ。やっぱりホンダに気を使ってるんですね?

投稿: 業界人 | 2012年6月 8日 (金) 00時16分

『レーサーズ』の四輪版で 最初に マクラーレンMP4/4が 選ばれるのは 当然というか、絶対と思うのですが?
あれだけ圧倒し、大記録を うち立て、鈴鹿で チャンプが決まる。贔屓抜きで、他車を 選ぶ理由が 分からない。
それに、イタリアGPで まさかの 敗北。
マンセルファンも 納得の選択です。
マクラーレンMP4/4の次は、当然 フェラーリ641/2でしょうね。鈴鹿伝説ですから。 GP CAR STORY買いそうです(苦笑)。

VOL.16 私は フレディが 何故、92年キャラミで NSRをテストし、そして翌年 アープさんと組んで、ホンダで参戦出来なかったことが 読みたいです。(スポンサーだけとは、思えないのですが) 楽しみに しています。

投稿: 89y TZ250 | 2012年6月 8日 (金) 02時03分

いまバイクで会社から自宅に帰ってきました。
もう少しで覆面パトカーに捕まるとこだったsweat02

さて、業界人さん、その理由は明かせません。
理由は、明かせるだけの「多角的な」情報を
いま現在ボクが持ち合わせていないからです。
例えば、どっかのテレビ局が街頭で
「AKBの総選挙についてどう思うか?」と、聞いてきたとします。
アマノジャクなボクは、インタビュアーのお姉さんやカメラマンのおじさんに
「なんだ、あいつ」と嫌われるのを承知で、
「その質問には答えられません」と通り過ぎてしまうことでしょう。
なぜかは簡単で、AKBそのものをよく知らないのに加えて、
総選挙とやらがどんな社会的影響を及ぼしているのか勉強不足なため、
あやふやな返答ができないからです。
ボクの中では同じ理由なんです。ご容赦ください。

ウチの会社の四輪誌をお褒めいただき、ありがとうございます!
って、ホントに面白いの? ウチの四輪誌!?
業界人さんが言うところの、
「マクラーレンMP4/4をやる=ホンダに気をつかってる」ことなんですかね?
ボクには分からん……。
ただ単純に「売れるから」じゃないの?
あ、こんなこと勝手に書くと、『GP CAR STORY』の編集長から
「私はそんな商魂たくましい人間ではない」と言われそう。
たぶんボクが'83NS500から始めたのと同じ、
このマシンに大いに思い入れがあったからですよhappy01

投稿: スチャラ加藤 | 2012年6月 8日 (金) 02時38分

お疲れ様です。

次号の’85NSRなのですが

コレクションホールに現存する車両のシートカウル。。。

ほんとに ’85用 なのでしょうか?

RC誌の’85年9月号 掲載車両とは違いますし

他社の本で悪いのですが『ピットウォークコレクション5』見ると、当時の’86NSRのシートカウルと

同じ気が。。。

また ホィールもRC誌ではフロント16インチですが、
コレクションホール車両は17インチが付いてます。。。

この2点 取材に行った際にでも 問い合わせ頂けるとありがたいです。

そうそう『原田誌』!『バリー誌』 以来 ホロッとしました。

是非 次号 

スペンサーが’93年 ホンダでエントリー出来なかった理由を書いて

ホロッとさせてください。。。。

次号期待してます!!

投稿: sp19 | 2012年6月 8日 (金) 03時22分

先程購入してきました。紹介してくださりありがとうございました。
88年か~!ゲート前に観客が殺到し、開門が早まりましたよね。
S字手前のベンチ(土手を階段状にしただけ)に腰を下ろしたのが2時台(3時台?)。
「スタートまで、どんだけ待つんだ!」と思ったのを懐かしく思い出しました。

さて、「JAMES HUNTさん」なる読者の方が!!
自分、76年の富士以来のJハント・ファンなのです。
最近、ライコネンのお陰(?)で取上げられることも・・・。
で!先日、後輩のブログにこんな記事http://tukusinbou.dosugoi.net/e369486.htmlを出させました。

投稿: 64年式 | 2012年6月 8日 (金) 11時25分

先程購入してきました。紹介してくださりありがとうございました。
88年か~!ゲート前に観客が殺到し、開門が早まりましたよね。
S字手前のベンチ(土手を階段状にしただけ)に腰を下ろしたのが2時台(3時台?)。
「スタートまで、どんだけ待つんだ!」と思ったのを懐かしく思い出しました。

さて、「JAMES HUNTさん」なる読者の方が!!
自分、76年の富士以来のJハント・ファンなのです。
最近、ライコネンのお陰(?)で取上げられることも・・・。
で!先日、後輩のブログにこんな記事http://tukusinbou.dosugoi.net/e369486.html
を出させました。

投稿: 64年式 | 2012年6月 8日 (金) 11時27分

すいません!アドレスに「を出させ・・・」が付いた為、訂正しようとしたところダブってしまいました。
削除御願いします。
お忙しいところ、誠に申し訳ありません。

投稿: 64年式 | 2012年6月 8日 (金) 11時32分

編集者様

通行人さん、「Pernod」って誰ですか!?

バイクの事です。

投稿: お世話になります。 | 2012年6月 8日 (金) 20時56分

加藤様こんばんわ、覆面パト… 今東京は警察のピリピリ感ハンパないから皆様気を付けましょう!!

4輪の本、立ち読みしてから購入を決めようかと。
日本ではセナって神格化されてるけど、ボク、あまり好きじゃないんですよね~ ぶつけても勝ちゃいいのかよ?みたいな。

とにかくレーサーズの影響がいろんな形で表れてるのは事実でしょ、そこは創刊号から食いついてる読者としては嬉しいことです。

そんなわけで、加藤様、85NSR号も期待してます。
コンプリートレーサーズゲットするロッシの絵も、なにかの機会で見たいっす!!!

投稿: 21伝説 | 2012年6月 8日 (金) 23時05分

ついに四輪版登場ということを素直に喜ばしく思います。F-1も大好きですから。
Racersのコンセプトを引き継ぐ、ということはそれぞれのマシンに対する人間模様が中心となることだと思います。そうなると取材者と被取材者のコラボレーションが大切でしょう。なので国内メーカー、中でもはっきり言って一番様々なデータを残しているホンダから始めることは自然だと思いますね。とはいえ、本音からいえばMP4/4は別格的本命機ですので、もうちょっと慣れてからやって欲しかったです。

とはいえまだ購入前ですので、そちらはまた買って確認しましょう。まぁ三栄さんが出すのでクオリティは心配していませんが。

投稿: kuhara | 2012年6月 9日 (土) 09時03分

GP CAR STORY さっそく注文しちゃいました。最近のF1はそれほど見ていないのですが、セナプロの頃と言えば、一大ブームでしたね。
僕はTVで放送した、例の衝突事件(?)のあった鈴鹿でのセナの車載カメラ映像だけのレース映像を録画し、何度も何度も見ました。懐かしい。

投稿: 四季 | 2012年6月 9日 (土) 16時35分

こんばんは。
うわ~、とうとう4輪版も出版ですか!
早速読んでみます!!。

まずはとっかかりとして、このマシン、はずせません。
(セナ・プロ時代の代表マシンでしょう・・・)


いずれ、リジェとか、マルティ二ブラバムとか、ルノーターボ、6輪タイレルとか、期待してます!と
編集様にお伝え下さい。

投稿: yzr500 | 2012年6月10日 (日) 00時36分

早速GP Car Story 拝見しましたが、レーサーズと比較したら失礼です。ごめんなさい、ダメですね。6,7の写真でドン引きしてしまいました。本当にすいません。641/2で見違える事を期待します。

投稿: marcel | 2012年6月11日 (月) 21時32分

フレディーvsエディーの時代からのレースファンの自分はそれ以前、プラモ小僧でもありました。タミヤのOW70やNS500を作っては、4輪F1のブラバムやルノーも作りました。ブラバムはネルソン・ピケット選手で覚えたのでその後ピケになって違和感ありました。セナも当初はダ・シルバ選手でしたけどね。

日本のモータースポーツにとって'87年は2輪と4輪の日本グランプリが継続開催されるようになり、フジテレビがF1GPを全戦放送するようになったメモリアルな年です。但し、多くのF1ファンはこの87年以前のいわゆる「夜明け前」の事を知らなさすぎるのではないか、とも思うのです。

その辺を踏まえて姉妹誌でもMP4/2とかロータス98Tとか取り上げたらホンモノだと思う事にしますが、当面は無理でしょうな、という点でRACERSは現時点で尊敬に値します。

投稿: Tate | 2012年6月12日 (火) 13時05分

つい先程、たまたま書店を覗いたら…そうそう!!有りましたよ!(☆o☆)!
私的には、NEXTモデルのMP4/5の方が好きですネェ〜。前作の4/3TAGポルシェもかなり興味有ります!!

投稿: 跳ね馬びいき | 2012年6月12日 (火) 20時56分

'93 TZ-Mよりもヤマハにとってタブーなのは'88〜'90YZR250なのではと邪推しています。
根拠としてはヤマハ50周年記念サイトで後の500チャンプであるアレックス・クリビーレの'90YZR250参戦が無視されている。
全日本ではキリンメッツのスポンサードを受けていながら、勝てる見込みの無いイジェクションYZRに塩森選手を乗せていた。
実は勝てないマシンに金を払っていたとキリンビバレッジは知っていたのか?
対するホンダが250イジェクション開発にはノースポンサーの新垣・黒川選手を走らせていたこと。

結果的にコシンスキーがタイトルを獲ってうやむやになったこの0W90・0WA7・0WB9当時のことのほうが表も裏もヤマハにとってタブーなのではと思っています。勝ってに(笑)


投稿: 熊野丈二 | 2012年6月13日 (水) 19時24分

'93 TZ-Mよりもヤマハにとってタブーなのは'88〜'90YZR250なのではと邪推しています。
根拠としてはヤマハ50周年記念サイトで後の500チャンプであるアレックス・クリビーレの'90YZR250参戦が無視されている。

全日本ではキリンメッツのスポンサードを受けていながら、勝てる見込みの無いイジェクションYZRに塩森選手を乗せていた。
実は勝てないマシンに金を払っていたとキリンビバレッジは知っていたのか?
対するホンダが250イジェクション開発にはノースポンサーの新垣・黒川選手を走らせていたこと。

結果的にコシンスキーがタイトルを獲って成功したことになったこの0W90・0WA7・0WB9当時のことのほうが表も裏もヤマハにとってタブーなのではと思っています。勝ってに(笑)


投稿: 熊野丈二 | 2012年6月13日 (水) 19時27分

重複してしまいました。
削除お願います。

投稿: 熊野丈二 | 2012年6月13日 (水) 19時30分

ちょっと遅いですが、Vol.15かなり読み応えありました!今までの中でもベスト3には入りました。特に原田ファンという訳じゃないのに(笑)。

やっぱり当時の事実を聞けるインタビューの記事が多いからですかね。メカのページにも1つ1つ開発者のコメントがあったのは良かった。ただの解説だけだと、あまり読む気がせずに流してしまうもので・・。

とくに原田さんのコメントのトコロは何回も読み返しました!やっぱりいい人で良かった~。(何かの記事でロッシがあまり原田さんを良く言ってなかったもので)

投稿: D.D.ラディゲス | 2012年6月13日 (水) 22時52分

原田選手のTZ-Mは10数年前、模型が出たときに模型誌で取材されてますから、タブーでもなんでもないかと思いますが。
刊行ペースの兼ね合いで、好きな車両やテーマがなかなかでないことにヤキモキしますが、陰謀論とか別にないんじゃないでしょうか。

ヤマハに限らず、ホンダも公式ページに載せるデータなのに誤記が見られますから、多分外注に丸投げでちゃんとチェックできてないんじゃないかなぁ…
かなり残念なことですが、だからこそRACERSの意味があると思っています。

投稿: 素人モデラー | 2012年6月15日 (金) 21時42分

レーサーズのF1バージョンが出てほしいなと思っていたら、まさか本当に出るとは…。でもこういう本が出るという事は本家のレーサーズが好調ということですよね。まずはメデタイ。最初はマクラーレン・ホンダというのはある意味仕方ないとしても「ど真ん中ストレート」ばかりでは、飽きられるような気もしますが、どんなものでしょうか?。個人的には「大暴投」のライフやモデナ・ランボ、スバル・コローニなんか期待しています。特にライフのW型12気筒エンジン(4気筒エンジンをただ3つくっつけただけ)はあまりの馬鹿馬鹿しさに一見の価値ありです。

投稿: 高安修平 | 2012年6月16日 (土) 18時57分

F1バージョンのレーサーズということですが、当時の写真ばかりで、改めて実車の写真を撮影したりされてはいないのですね。
これでは、既存の「F1速報」誌や「AUTO SPORT」誌と何ら変わらないと思います。
「今だからこそ…」というのであれば、やはり実車の詳細写真など当時は秘密とされていた部分にスポットをあてる部分が欲しかったです。
また、F1に絞ったところも長くやる上では足かせになるのでは…、後に「GP CarはF1だけじゃない」なんてことにならなければよいのですが…。
ターゲットにはされていないかも知れませんが、「Racing on」誌に負けてます。
次号からの頑張りに期待します。

投稿: MCB | 2012年6月27日 (水) 19時24分

ng

写真が暗くて細かい所がよく解らない

文章も同じ話の繰り返しが目立つ

もう少し頑張って下さい

次は冬ですか?

忘れてしまうかもしれませんね

投稿: いち | 2012年7月25日 (水) 02時43分

書き込んで良いか迷ったのですが、
GP CAR STORYのVOL.2、マクラーレンMP4/4よりかなり良いですね。まだ買ってないのですが、プロストやフィオリオ、後藤 治さんのインタビューが あって、僕にとって 読みたい、集めていきたいと思わせる本になった感じです。 セミオートマも解説してるし、なによりフェラーリ641/2は 絶品です! 美しく、革新的。
ただ次の ウィリアムズ FW14Bは あまりに安易に決めてる感じ(レイトンハウスやジョーダン、耐久だけどポルシェ956にして欲しかった)。レーサーズ同様に応援していますので、続けてください。表紙(裏表紙も)が やっぱ良いですね!

追記.GP CAR STORYに対しても色々書き込みたいのですが、レーサーズのように 書き込めるところは あるのでしょうか?

投稿: 89y TZ250 | 2012年11月 9日 (金) 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265253/45569213

この記事へのトラックバック一覧です: 『レーサーズ』の四輪版が発売されました!:

« 7月24日発売『RACERS』Vol.16の進捗状況 | トップページ | 7月24日発売『RACERS』Vol.16の進捗状況その2 »