« Vol.17搬入!ご感想はコチラまで | トップページ | 鈴鹿サーキット50周年アニバーサリーデー報告その2 »

2012年9月25日 (火)

鈴鹿サーキット50周年アニバーサリーデー報告その1

1
[↑ケニーとフレディが並んで座ってインタビューに答えてる!
その理由はこのブログの後半で]

全国1億3000万人の二輪レースファンのみなさま、お待たせしました。
去る9月1-2日に開催された鈴鹿のアニバーサリーイベントの模様を
編集イマイがご報告します。
アイツ(イマイのことです)、原稿書くのは遅いくせに
こういうのは早くて、イベント終了直後には報告もらってたんですが、
なにせボクが『レーサーズ』Vol.17の制作で忙殺されてまして、
今日になってしまった次第であります、ハイ。

ということで、イマイさん、よろしくです!

1962年9月1~2日に、完成間もない鈴鹿サーキットで
初めてのレース「第1回全日本選手権ロードレース大会」が開催されて
ちょうど50年後の2012年9月1~2日、
「鈴鹿サーキット50周年アニバーサリーデー」が盛大に開催されました。
入場無料ということもあって、
2日間で鈴鹿を訪れた観客の数は延べ62,000人。
当日は二輪/四輪の歴史的なレーシングマシンが
往年の名ライダー/名ドライバーの手で多数走行。
特に二輪のゲストライダーのラインアップは
以下のとおりのウルトラ豪華なものでした。

■ジム・レッドマン '63 ホンダRC164
■コーク・バリントン '74 カワサキH2R
■ケニー・ロバーツ '83 ヤマハYZR500/'88 ヤマハYZF750
■エディ・ローソン '90 ヤマハYZF750
■ワイン・ガードナー '88 ホンダNSR500/'91 RVF750
■フレディ・スペンサー '84 ホンダNS500/'84 ホンダNSR500
■伊藤真一 '97 ホンダNSR500(ドゥーハン車)
■岡田忠之 '01 ホンダNSR250(加藤大治郎車)/
        '76RCB1000(シュマラン/レオン車)
■原田哲也 '97 ホンダNSR250(ビアッジ車)
■玉田 誠 '02 ホンダRC211V(ロッシ車)
■清成龍一 '02 ホンダNSR500(加藤大治郎車)
(生年月日順)

2
[↑こちらは「8耐英雄伝説」と題されたセッションのデモランスタート前。
左の白いダイネーゼのツナギ姿はエディ、
そして右はケニー! 今回のヘルメットは赤!]

そんな記念碑的イベントに出向いた私イマイの最大の目的は、
ケニー・ロバーツとフレディ・スペンサーの対談を実現させることでした。
今回のイベントではグランドスタンド裏の特設ステージでも
彼らふたりのトークショーが2度行われましたが、
僕がここで言うケニーとフレディの対談というのは『レーサーズ』専用のもの。
いろいろな方々のご尽力のおかげで本当に実現させることができました!

ケニーとフレディの取材目的の対談というのは
国内外を問わずほとんど前例がなく、また、ケニーがフレディのことを
あんまり面白くは思ってないように聞いてたので、
本当に実現させられるのかどうか、ハラハラドキドキものでした。
実際、当初予定していた金曜日の決行は
土壇場でキャンセルになっちゃったし……。

それでも対談は土曜日のお昼すぎに実現!
その当初はフレディとは目を合わせようとしなかったケニーでしたが、
フレディがさかんに話をケニーに振ってくれて、
それでケニーも徐々に熱を帯びてきたのか、
対談開始から10分くらいすると、
ケニーとフレディのかけ合い状態にまでヒートアップ!
当然、ふたりの話題は'83年のチャンピオン争いがメインで、
あのアンダーストープでの運命の一瞬にまで話が及んでいったのでした。
しかも、ケニー自らが口火を切る形で……。
いや~、30年の時を超えて、忘れようにも忘れられない記憶と感情が
再び噴出してきたところを目撃してしまったような、すごい瞬間でした!

3
[↑対談開始早々の様子。
リラックスムードを作ろうとするフレディに対して、
ケニーはこわばった表情を崩さず、室内にはやっぱり緊迫感が……。
なお、この取材のためにYZR500とNS500を
わざわざ持ち込んでいただきました。多謝!]

4
[↑対談も後半に差しかかる頃、様子のぞきに来たエディ。
意外(?)に盛り上がっている様子を見て、
「どうせ俺の悪口でも言ってんだろ」とばかりに
このポーズで去っていきました]

ちなみに、このケニーとフレディの対談の内容を、
いつみなさんにご覧に入れられるかですが、
これは実は今のところ未定です。
今回は、ケニーとフレディが同じ場に出そろう機会は
この先あるかどうか分かんない、という思いから、
とにかく取材だけはやってしまおう、ということで決行したものでした。
しかし、素晴らしいお話を聞かせてもらったからには
必ずやみなさんにご覧に入れますので、
どうか気長にお待ちくださいませm(_~_)m

あ~、ケニー&フレディ対談のことだけでこんなに書いてしまった。
イベントの報告もいろいろしようと思ってたのに……。
というわけで、「鈴鹿サーキット50周年アニバーサリーデー」のレポートは
次回に続きます(イマイ)。

編集部カトウより/
みなさんからのVol.17についての忌憚のないご意見・ご感想は、
「Vol.17搬入!ご感想はコチラまで」記事のコメントまでお寄せください。
お待ちしております。

|

« Vol.17搬入!ご感想はコチラまで | トップページ | 鈴鹿サーキット50周年アニバーサリーデー報告その2 »

『レーサーズ』取材ウラ話」カテゴリの記事

コメント

早く読みたいっす!

投稿: omiya | 2012年9月25日 (火) 03時52分

中指立てる茶目っ気たっぷりのエディ、最高です。
ケニー・フレディ対談も読みたいけど、エディ・フレディ対談も見てみたい。特にエディがフレディに対して何を言うか。結局、86年以降はフレディは欠場ばかりで、直接対決でフレディより速いことを周囲にわかりやすく証明できなかったエディ。86年は、もしフレディが出場していたとしても絶対エディが勝っていた、と私は思っているのですが。ま、何はともあれまずはケニー・フレディ対談が読める日を楽しみにしています。

投稿: ベイツ | 2012年9月25日 (火) 08時07分

鈴鹿対談~続きを楽しみに待たせて頂きます。
レーサーズ17~入手シマシタ。
中島みゆきの「風の中の昴」聞きながら読ませて頂きます~世が世なら、プロジェクトXになりそうな(*^_^*)

投稿: lc1gr6 | 2012年9月25日 (火) 18時37分

なんじゃ、パネェ豪華な催し物だったのですね!!
あぁ、無理してでも行きゃあよかった~

90YZF&エディ、見たかった…
F×CKエディの写真最高です、

フレディとケニーって溝あるんだ…
さすがに引退して久しいし、最初から懐かしく談笑って
想像してたら違うのね、
つまり、普段からほとんど交流が無いっていう…。
その状態からアンダーストープが話題に!
なんか脂汗でそうです、いつの日か明かして下さい!

投稿: 21伝説 | 2012年9月25日 (火) 19時47分

ケニーとフレディは今でもライバルってことですね~

ところで、レイニーさんが直前で来日しなくなったようですが、体調は大丈夫なのでしょうか。
僕にとって最高の日本GPは1993のGP500です。

投稿: SammyzeLee | 2012年9月25日 (火) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265253/47201333

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴鹿サーキット50周年アニバーサリーデー報告その1:

« Vol.17搬入!ご感想はコチラまで | トップページ | 鈴鹿サーキット50周年アニバーサリーデー報告その2 »