« 3月23日発売『RACERS』Vol.20の表紙できました | トップページ | Vol.20搬入!ご感想はコチラまで »

2013年3月 9日 (土)

表紙、ちょっと変更

20

ひとつ前の記事で次号の表紙を披露させていただきましたが、
この期に及んで小変更。
どこをどうしたかったかと言いますと……、

縦キャッチの「ザ・モリワキ」をより大きくしたかったのです。
で、実際そうしてみると、今度はイラストのフロントアクスルと
ブレーキキャリパーが大きくした文字に隠れてしまう……。
なので、本意ではないのですが、少しだけイラストの角度を立てました。
あと、文字色も少し明るくしたな。
細かい話で、どうでもよかったですね(汗)。

それはそうと、今度のモリワキ号は人のパワーを感じる取材ばかりでした。
ここ最近、八代さんのこんな笑顔(↓)、見たことない。
Photo

モリワキの社長も闘病生活から脱し、元気に戻られました。
Photo_2

よかった、よかった。
あとは、発売日までに本を作ることだけだな、うん。

|

« 3月23日発売『RACERS』Vol.20の表紙できました | トップページ | Vol.20搬入!ご感想はコチラまで »

『レーサーズ』制作舞台裏」カテゴリの記事

コメント

きた---モリワキZERO-X7保存用と二冊買います、内容、期待してますね

投稿: ひらりん | 2013年3月 9日 (土) 08時29分

闘病中とお聞きしていたので、
安心しました。
良かったです。

投稿: RC45 | 2013年3月 9日 (土) 17時31分

モリワキ号楽しみにしています。83~85年は八代選手、宮城選手はじめモリワキライダーはマスコミにもてはやされっぱなしで黄金時代ですよね。二本サスでかなり後ろにのってX7に乗られていました。80年後半モノサス(リンクサス)のRC30ベースに切り替えられたのは時代の必然だったように思いますが、こだわりもって二本サス(リジットサス)を採用していた部分の裏話を期待してます。

投稿: たか | 2013年3月 9日 (土) 18時06分

モリワキモンスター以降の鉄っちん集合管、集合部の造形に痺れます。特に、フォーサイトエミューの瘤、サイレンサーは未だに憬れており、再販されれば欲しいです。

投稿: 野良 | 2013年3月 9日 (土) 18時29分

モリワキモンスター以降の鉄っちん集合管、集合部の造形に痺れます。特に、フォーサイトエミューの瘤、サイレンサーは未だに憬れており、再販されれば欲しいです。

投稿: 野良 | 2013年3月 9日 (土) 21時01分

表紙カッコよすぎです!

森脇さんレース成績よりも人間をしっかり成長させる方だと思います。体調は万全でしょうか?心配しました。

投稿: ホッシー! | 2013年3月11日 (月) 20時20分

ガンマと同じく、今回の表紙も「古(ふる)カッコイイ」って感じですね。
森脇さん、病気してたんですか…。元気になられたようで良かったですね。
レーサーズ発売の月は、ワクワクします!加藤さん頼みますよ!!
モリワキの次も、そろそろ気になりますねえ…
カワサキでリベンジしませんか?AMASB、エディー&マジーのゼッケン21特集期待します!

投稿: 21伝説 | 2013年3月12日 (火) 22時16分

モリワキの特集と聞いて飛んで来ました!本屋に注文します。今からZフレームツインチューブ時代のモリワキと、
全日本500とWGP500の2ストモリワキの特集をリクエストしておきます。
更にWGPサイドカー「熊谷」のマシンも是非取上げて下さい、お願い致します!

投稿: チェリーナ | 2013年3月15日 (金) 22時13分

フロントフォークの伸びきり感とスイングアームの沈み込み感が少し足らない?

投稿: 略1G状態? | 2013年3月16日 (土) 20時56分

モリワキの後は(先でも良いんでけど)
ヨシムラじゃないですか?
変り種でRSイシイやBEET、ハニービー等の
F3マシンも機会があったら取り上げて欲しいです
貴誌の趣旨からは微妙に外れそうで難しいとは
思いますがTT-F3世代のおっさんの願いです

投稿: Max30km/H | 2013年3月22日 (金) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265253/50666468

この記事へのトラックバック一覧です: 表紙、ちょっと変更:

« 3月23日発売『RACERS』Vol.20の表紙できました | トップページ | Vol.20搬入!ご感想はコチラまで »