« 7月24日発売『RACERS』Vol.22の報告その③ | トップページ | 7月24日発売『RACERS』Vol.22の報告と次号 »

2013年6月30日 (日)

7月24日発売『RACERS』Vol.22の報告その④

みなさん、いつもありがとうございます。
くどいようですが、今年の鈴鹿8耐
RACERSプレミアムトークショー」でお待ちしております。
この(↓)大塚さん描き下ろしイラストも、当日檀上に大きく掲示。
Suz_8h_illu

そろそろ、トークショーでケニーや北川さんたちにする
質問内容も考えねば……。

一方で、次号『レーサーズ』の表紙も完成しました!
コチラ(↓)でございます。

22

「また走りのイラストかよ」って言わないで。
なにせ、'86、'87のRVF750がどこにもない(ホンダ関係者談)のですw。
『レーサーズ』のロゴやRVFのでっかい見出しは金色。
前号で銀色できなかったですからね(←まだ言ってる)。

前々々記事(報告その①)にご投稿いただいた639/407さんは、
絶対ホンダ関係者だと思うんだな。だって詳し過ぎるもん。

|

« 7月24日発売『RACERS』Vol.22の報告その③ | トップページ | 7月24日発売『RACERS』Vol.22の報告と次号 »

『レーサーズ』制作舞台裏」カテゴリの記事

コメント

GPのエースライダーが乗り始めて、8耐もスプリント化しはじめた面白い時期ですね~

この頃からですよね、ハンドルポジションが耐久車らしからぬほど低くなってきたのも。

楽しみにしています ♪

投稿: かおる | 2013年7月 1日 (月) 00時29分

表紙見ただけで萌え死んだ!(^_^)

投稿: 五代 | 2013年7月 1日 (月) 00時44分

そうか、86年は4番車だったか、11かと思ってた(笑)
左下に下がっていく図は初ですか?
“もうひとつのファクトリーレーサー”が気になって夜も眠れません!

片持ちって、Yは出してすぐ引っ込めたけど、やっぱ、まずかったんですかね… Dはなぜいいの?
これも気になりだして、眠れそうにありません。

投稿: 21伝説 | 2013年7月 1日 (月) 07時28分

 各メーカーのエースゼッケン の由来ってご存じの方いらっしゃいますか?

H 4 11
Y 21  (TECH21?)
S(YOSHIMURA) 12
Mo 19(NTTの トークの日から?)

など・・・。

投稿: RC45 | 2013年7月 1日 (月) 10時07分

じぇじぇじぇ!指名手配されてる?N品番の機種コードと「PL」や「TSG」の略称がいけなかったのかなぁdown

加藤様
残念ながら私はホンダ関係者ではないのですが…一言で言うとメカオタク?まぁ確かに一時期レース界には首を突っ込んでました。

無名なチームではありましたが、ミニバイクのS50からTT-F1までホンダ車に触る機会が多かったのは確かです。
必然的にメーカー関係者の皆様やライダー達にお話を伺う機会に恵まれていた事と、チーム車両のモデファイの方向性を判断するため他チームのピットを回って情報を集めていたせいでしょうか?なので「RACERS」という記号でもライダーやチーム事情よりメカ的な興味に偏っているかもですがbearing

自分なりに差支えないだろうと判断した内容だけリクエストや質問させて頂いたつもりですが、もし加藤様や関係者の皆さんにご迷惑をおかけしているならば…反省しますヾ(_ _*)・・・

投稿: 639/407 | 2013年7月 1日 (月) 11時04分

記憶を頼りにしてですが…

#21はTECH21からですね。#31はBチーム的な扱いだったはず。
#11は8耐のホンダのダブルエース的な意味。#1がふたり、だそうな。
#12は…第1回スズカ8耐のヨシムラ車に由来してたんじゃなかったかなあ。
#4は当時ForceV4と言ってV4エンジンを宣伝するため。
#99は何でかは知らないなあ。
#7はセブンスターがスポンサーだったから。

こういうナンバーにも面白い話しがいっぱいありますよね。

投稿: サトウ | 2013年7月 1日 (月) 15時53分

RACERS→GPCar→RALLYCARS
RACERSの成功があったればこそ!と感じます。

RACERS的な展開になれば!と、「MP4/4」ごときでも購入しちゃい、次々に!です。

それにしてもズルいっすね!
「ストラトス」だもん!買っちゃいますよね。
ローブがらみの「シトロエン」がスタートだとしたら買わなかったかな?などと思いますが・・・。

男って、ついつい全部集めたくなる人多いですよね!
男の意地です。

投稿: 64年式 | 2013年7月 1日 (月) 16時56分

RC45さん サトウさん 
ホンダのエースナンバー11番は1987年、1988年と鈴鹿8耐2連敗中でホンダのエースチームとしては、3連敗はもう許されない状況でした。
その悪い流れを断ち切るべく、89年のエースチーム(ガードナー/ドゥーハン組)に用意されたのが、11番でした。
この11番は、第1期F1参戦時の1965年の最終戦メキシコGPでホンダがGP初優勝した時の番号をゲンを担いで使用したと聞いた事があります。
翌年からレギュレーションが変更になる為、5年間続いた1.5LF-1時代の最後に、是が非とも優勝が欲しかったホンダが背水の陣で臨んだ最後の一戦で初勝利をものにしたのです。
1989年の鈴鹿8耐も、もう負けが許されない状況で1965年のF1最終戦メキシコGPの状況と酷似していたと思います。
残念ながら1989年の鈴鹿8耐もホンダのエースチーム(ガードナー/ドゥーハン組)は不運な転倒で棄権してしまいましたが、鈴鹿8耐におけるホンダのエースナンバー11番は現在においても継続して使われています。

投稿: 道は吉2013 | 2013年7月 1日 (月) 19時48分

道は吉2013さん
ほうほう、そういうことがあったのですね。
8耐だけのスペシャルナンバーって(もちろんそれ以外のレースでも)調べればどんどん面白いことが出てきそうでワクワクしますね。

ところでフレディの#19やエディの#21はどこからきたのか分かりますか?

投稿: | 2013年7月 1日 (月) 21時51分

間違えて送信ボタンを押してしまった

道は吉2012さん、他にも分かれば教えてくださいね。

投稿: サトウ | 2013年7月 1日 (月) 21時53分

サトウ様、アメリカンライダーのそれは、AMAは基本固定ゼッケンだったためだと思います。
2 = キング様
19=フレディー
21=エディー(86デイトナはナゼか4…)
34=シュワンツ(伯父の34を継いだんだっけ?)
34=クーリー…
6か60=ウェイン

てな感じ、ただなんでその番号になったか、由来等は不明です。単に割り振られただけっぽい?
まあ、最近のMOTOGPは完全に固定ですよね。商売の絡みもあるんでしょう。

投稿: 21伝説 | 2013年7月 1日 (月) 22時44分

サトウさん
どうもです。
ホンダのエースナンバー11番の話は結構、有名だと思うのですが、他にどなたかご存知の方がいましたらと思います。

フレディの19番やエディの21番は諸説ありますよね!?
AMAにエントリーした受付順の番号説や年齢説ですとか、フレディに至ってはただ単に19という数字が好きな説もあり
いろいろあるようですね。

また直ぐには解らないのですが、当時のグランプリイラストレイテッド誌のフレディとエディの特集号でのインタビューで各々、回答していた様な記憶があります。
もしも違っていましたらすみませんm(__)m

投稿: 道は吉2013 | 2013年7月 1日 (月) 22時53分

道は吉2013さん、21伝説さんもありがとうございます。
#19にしろ#21にしろそのかっこよさを刷り込まれた世代ですから是非とも知っておきたいトリビアですね。

投稿: サトウ | 2013年7月 2日 (火) 07時46分

サトウ様 道は吉2013様 21伝説様

 ご返答ありがとうございました。
私の質問から沢山のネタが広がりうれしく思います。

昔は車を『視認』していたことからゼッケンの表示がきびしかったのが
今は『トランスポンダー』管理になって『無くてもいい物』になって
いるみたいですが、 夜になると発光するゼッケンとか8耐ならでは
のものがありますよね。
 パソコンのシステムの関係から『3桁』ゼッケンが可能に
なって、FMがスポンサーの778とか、 国光さんの
「100」なども使えるようになりましたね。 

投稿: RC45 | 2013年7月 2日 (火) 08時29分

表紙がカッコ良すぎ!!
本当は87ロスマンズアジノモト#1RVFがよかったんですが。リタイヤしてしまったから、表紙はやはり無理ですね。
発売日まで首を長くして待っております。
最近は87年頃のグランプリイラストレイテッドを読んだり、バリバリ伝説を最初から読み直したりしています。
そういえばフェイスブックで本間利彦さん、武石伸也さん、みしな正俊さんフェイスブック上ですが、友達となりました。
本間さんは現在ミャンマーなどに車を輸出する仕事をされてます。そのうちレーサーズに本間さんの出番が来ると思うのでよろしくお願いいたします。

投稿: 555R | 2013年7月 2日 (火) 14時03分

一応、補足ですが、AMAのゼッケンは
チャンピオン経験者のみ、一桁ゼッケンを
つけることが出来るようになってます。
(今は違うけど)

ですから、エディはカワサキ時代は「21」でしたが
ヤマハで電撃参戦した時は「4」と「7」
レイニーも「60」から「6」
スコット・ラッセルが「17」から「4」
チャンドラーだけは何故か「10」のまんまでした。

投稿: suomybbbb | 2013年7月 2日 (火) 19時00分

86年の5号車は最初、木下さんのペアはウェンレイニー
だったけどケガの為キャンベルに変わったのですよね。
決勝日にサーキットで買った8耐の本のチームの紹介には
レイニーになってたけど一緒にはさまれてた前日の予選
結果にはペアがキャンベルに変わってたのでどうしたの
かな?と思ってました。

投稿: takatin | 2013年7月 2日 (火) 23時22分

今日の中日スポーツ。
シュワンツの本気ぶりに、朝からニヤニヤしてます。
今年の「8耐」久し振りに燃えてくるものがありますね~!
同じ64年式としては!!

投稿: 64年式 | 2013年7月 4日 (木) 08時06分

続けて失礼。
ゼッケンは「34」にして欲しかった~。
8耐では「12」をつけることが多かったと思いますが。

投稿: 64年式 | 2013年7月 4日 (木) 08時09分

「カワサキ」について気になる噂を一つ。合併推進していた社長が取締役会で最近解任されましたが、皆さん知ってましたか?。この社長どうも二輪部門を合併の時には四輪メーカーに売却するつもりだったとか…。トヨタはヤマハがある。ホンダやスズキは買わないだろうし、マツダはそもそも金がない。と考えると残るは「日産・ルノー」だけ。当然この場合「カワサキ」は使わないだろうし 「インフィニティ」ブランドへの変更 をして高級バイクメーカーとして再生するという考えはどうだろうか?。F1も「ルノー」から「インフィニティ」に変更するという話があったし、なくもない。信じるか信じないかはあなた次第です。(若干誇張あり。)

投稿: シュー高安 | 2013年7月 8日 (月) 18時23分

川重と三井造船の合併話ですけど、スズキだったんじゃないですか?売却先。02年にカワサキがMotoGPに復帰する際、スズキからOEMで復帰する計画がありましたよね。結局カワサキ側がOEMでの復帰にメリットを見い出せず1年にも満たない準備期間でモテギのパシフィックGPに自社開発マシンを間に合わせました。今考えるとOEMでのGP復帰もスゴい話ですが、短期間でのマシン開発、参戦もムチャクチャな話。これも川重役員連中の主導権争い、と考えると、信憑性はそれほど低くないような?。

投稿: カルロス | 2013年7月 9日 (火) 00時07分

カワサキとスズキかぁ。
むかし、っていっても確か21世紀に入ってたかと思いますが、
この2社が共同でバイク作って、売るのも協力し合うっていう
話がありましたよね。話だけじゃなくて、
実際モトクロッサーでは見た目KX250FのRM-Z250が売られたし、
(確か、エンジンがスズキ、車体はカワサキが開発)
その逆でスズキのビッグスクーター“スカイウェイブ”が、
カワサキのお店に行ったら“エプシロン”っていう名前で売られてたし。
「カワサキがビッグスクーターかよ!?」という印象とともに、
ボク個人的にはムチャクチャ違和感あったなぁ。
「こりゃ、世も末だー」とボクが思ったからじゃないですが、
この2社共同バナシはソッコー立ち消えたかと思います。
で、またいまそういう話があるの!?
カワサキはカワサキのままでいてくれー!
と、無責任に思うのであります。

投稿: スチャラ加藤 | 2013年7月 9日 (火) 01時56分

表紙の構図がたまりませんねぇー。
カシオトライアングルを立ち上がり、最終コーナーへのアプローチでしょうか?はたまた、その内側ピットロードでしょうか?「さてェ~~~ワイン・ガードナーがピットロードっ!イチィ位~ニィ位の間隔、手元計測でェ~・・・」
みしなアナの声が聴こえてくるようです・・・。
いいじゃないですか、色々想像させたり、思い出させたりする表紙。

立ち読み無しで、おもむろにワシっと掴み買ってきますね。

あぁ~、ボーリング場にビニールシート敷いて一夜明かしたくなってきた・・・。

投稿: Continental Circus | 2013年7月11日 (木) 20時45分

ちょっと気になる事を一つ。「RACERS」は980円、「GP Car Story」も980円。しかし今度出た「RALLY CARS」は何故か1200円。本の大きさ、厚みはほぼ同じ。むしろ「RACERS」のほうがやや厚いくらい。これはもしかしたら、「RACERS」も近い将来1200円にするという前フリでしょうか?。

投稿: シュー高安 | 2013年7月15日 (月) 10時47分

ワタシは1200円でも全号買います。

毎年8時間を2コーナーで見ますが、強い憎たらしいHRC(巨人)と激しく戦う3メーカーのマシンとライダーとワークス体制の図式を知ってる者にとっては寂しい8耐です・・・。今年は加賀山選手の情熱(チーム加賀山)と鶴田監督(トリックスター)の熱い気持ちがなければ(私財投げ出して凄いと思う)、前売り買わなかったです。いまのCBR1000RRが将来RACERSに取り上げられるとは思えないし。HRCのパリダカにワークス体制もいいけれど軽二輪の売り上げ増の還元を来年の8耐でワークス体制+ワークスマシンでして欲しいです。今の若い奴に「頂上決戦」を見せないとレース界の将来はないよ。

投稿: オーバー45 | 2013年7月15日 (月) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265253/52249503

この記事へのトラックバック一覧です: 7月24日発売『RACERS』Vol.22の報告その④:

« 7月24日発売『RACERS』Vol.22の報告その③ | トップページ | 7月24日発売『RACERS』Vol.22の報告と次号 »