« '13鈴鹿8耐トークショー報告 | トップページ | ケニーのハーレーと'85鈴鹿8耐DVD »

2013年8月12日 (月)

レイニー家とHRC出力測定方法

Wayne_1_2
[↑品の良い食器棚の向こうに見えるのは、いったい!?]

カリフォルニアに行ってました。
またウェイン・レイニーさん宅っていうのが、むちゃくちゃデカいんだsweat01

Wayne_2_2
[↑セキュリティを通過して、お金持ちばかり住む居住区に入っていく図]

Wayne_3
[↑食器棚の向こうに見えていたのはコレ、'90YZR500]

レイニーさん宅というのが、どこもかしこもとにかくゴージャス。
一緒に行ったサンフランシスコ在住の日本人カメラマンさん曰く、
「これは典型的なアメリカの成功者の家ですよ。
だからといって、嫌味な感じが全然漂っていない。
家主さんの人柄が家に出ているんですよ」とのこと。

そんなレイニーさん宅の写真も、インタビューも
次号でたっぷり紹介する予定です。

で、そのレイニーさんの師匠で、チームのボスだったケニーは
どうしていたかというと、こんな(↓)格好でハーレーに乗っていました。
Kenny

ついこの間、8耐で一緒にトークショーをしていたと思ったら、
アメリカのバイカー仲間さんたちと一緒にサウスダコタ州に
いらっしゃいました。
こうして見ると、やっぱりケニーはアメリカ人なんですねぇ。

「でも、なんでケニーがハーレー? サウスダコタってどこ!?」
という話は、また今度報告します。

さて、フライングポップコーンさんから寄せられていた、
前号「RVF特集」についてのご質問にお答えします。
まず、ご質問はこうでした(↓)。

「レーシングマシンの場合、シャシーダイナモによる後輪出力を測定するのが
一般的であると認識しているのですが、今回のRVFは、
市販車との対比もありますし、出力の表記は後輪出力じゃありませんよね?」

これに対して、HRCの回答はこうでした(↓)。

「掲載されている出力表記はすべて『カウンター軸出力=ベンチ出力』です。
ダイナモベンチに載せた単体エンジンのカウンター軸出力を計測するもので、
ベンチ用排気系を使用したり、実走相当のラム圧もかけたりしています。
さらに、上記で計測したベンチ出力を確認したエンジンを完成車に搭載して、
シャーシダイナモによる後輪出力も計測しています。
この『シャーシダイナモによる後輪出力』が、実際にサーキットで走るときの
完成車としての出力にあたります。
ベンチ出力に対して、タイヤの影響、実車の吸入系、排気系、
駆動系(ドライブ・チェーン等)のフリクションなどの影響により、
約10%のパワーダウンとなります。
つまり、実際に'86鈴鹿8耐を走ったWG/DS車(NW1C)の後輪出力は、
カウンター軸出力:134.5ps × 0.9(伝達効率を90%として)
=121.05psだったというわけです」

ボクがこうした但し書きを掲載しておかなければいけなかったです。
フライングポップコーンさんをはじめ
読者の皆様、毎回至らず申し訳ありません。

ケニーのハーレーも壊しちゃうし、いろいろ落ち込むカトウでした……。

|

« '13鈴鹿8耐トークショー報告 | トップページ | ケニーのハーレーと'85鈴鹿8耐DVD »

『レーサーズ』取材ウラ話」カテゴリの記事

コメント

ケニーのハーレー壊した?続報待ってます。

投稿: ベイツ | 2013年8月12日 (月) 21時06分

加藤様、こんにちは。取材お疲れさまでした。

お仕事とはいえ、レイニーさんのご自宅に行けるなんて羨まし過ぎます!
かなり濃い内容が予想されますね。発売日が楽しみで仕方ないです。
3枚目の画像の、歴代のヘルメットが並ぶ下の段に日本人形が置いてありませんか?
日本と縁の深いレイニーですから、ヤマハから送られた思い出の品かな?なんて想像したりして。
私の思い込みでしょうね。

ケニーのハーレー壊しちゃったんですか…(汗)。

投稿: ホンダおやじ | 2013年8月13日 (火) 07時17分

加藤様、ご丁寧にありがとうございます。

多分ね〜、とは思っていました。実は先日、現在全日本を闘っているチームの方に、「○○○馬力くらい?」とたずねましたら「そんなに出てませんよ、○○○馬力です」と教えて下さったのがその10%割引(笑)した出力だったんです。

あと、取材したメーカーやチームによって出力の測定方法が違う場合、ソレをそのまま記載したら不公平…レースを闘っている同士はそんな事はどうでもいいと思いますが、我々見る側からすると「やっぱり○○○のマシンはパワフルだ!」…って事になりかねないので。


次号のレイニーさん、期待しています。レイニーさんって、意外にその人となりが謎なんですよね。メンタリティーとか、不思議な感じがします。

投稿: フライングポップコーン | 2013年8月13日 (火) 09時09分

こんにちは、加藤様。お疲れ様です。

8耐が終わったと思ったら、早速アメリカに取材、帰国後、盆休みを利用して、原稿を書いているといったトコロでしょうか?世間的に、お盆休みがあろうが、取材日が制限されるだけで、発売日は待ってくれない・・・そんな大変さが窺い知れます(苦笑)。

恐縮ですが、質問の再追加です。’92YZR500が次号に取り上げられるか?分かりませんが、掲載する場合は、位相同爆についても詳しく聞いて下さい。Yが1番、採用するのに慎重だった理由や振動対策、実際のメリットや狙い(YZR-M1とは違い、「ノイズを減らす事」ではないと思います)等、よろしくお願いします。

投稿: 2スト好き | 2013年8月13日 (火) 18時23分

初めてコメントさせていただきます。加藤様暑い中、まさしく東奔西走、お疲れ様です。次号は私の年齢的に、一番盛り上がったレイニーの時代。懐かしく、またメランコリックに発売の日を待っております。
 ところで一つ質問を。少々的を外していますが、YZR関連ということでお許しください。
 30年ほど前、RC誌に「バリーシーン物語」という連載があったのですが、その中にイギリスGPに向けてOW61
を得たバリーが、初めて乗ったその日に、フレームのディメンジョンの過ちに気付いた。との描写がありました。
 それだけならバリーのセッティング能力を礼賛しているだけですが、その晩のうちにどこかのコンストラクターに持ち込んで、フレームを切断し、ヘッドポストの角度を変えて溶接した、とも記されていました。
 はたして本当なのでしょうか。本当だとしたら、レイニーのROCフレーム使用並みの強行だと思うのです。
いくら元チャンピオンとはいえ一ライダーに本物のファクトリーマシンの大変更をヤマハは許したのでしょうか。
ヤマハの方々に尋ねていただけたならと思います。
 とまれOW60/69やOW70以降に比べて全く表に出てこないOW61、いつか高井幾次郎選手と伴に取り上げられる事を祈っております。
 追伸 1985年レイニーは何をしてたんでしょう。
GP250から不本意な形でアメリカへ帰って、でもSBKやF-Ⅰには出走していないようですし。なのに1986年にはUSホンダのワークスライダーになっているし。
チキン呼ばわりされてたって話も聞きましたが、500ccクラスの走りを見る限りそんなことはないと思うんですが。

投稿: 幾さんのXJ650 | 2013年8月13日 (火) 21時34分

レイニーさん
Wheelchair が離せなくなってしまいましたが、
自分の中の「最速の人」です。
Wheelchairの友人へのメッセージを頼んだ際にも
快くサインを書いていただいたことがあります。
自分の接したレイニーさんは「穏やかさ」も感じる人でしたが、
それぞれの印象を抱いているでしょうから、

どのような視点でのインタビューなのか? 
加藤さんの仕事ぶりが楽しみ(大いに期待)です。

投稿: RC45 | 2013年8月13日 (火) 22時14分

何度も申し訳ないです。Vol.22、ようやく読みました。プロアーム・アクスルシャフトとRホイールの結合方法や、ヘッドG/Kの話が興味深かったです。

次号で’93YZR500まで取り上げるとの事で、聞いて貰いたい事が増えました。押し出し材フレームの採用は、純粋に性能アップを狙っての事か?という事です。「コストダウン(’90~’92のメインチューブ部の作り方と比べたら、一目瞭然です)をしなさい」との令があったのでは?邪推しています。又、GPライダーによるテスト評価が芳しくなかったにも関わらず、そのままシーズンインしていった理由も知りたいです。

何度も追加で書き込んで申し訳ないです。押し出し材フレームについては知りたい事が色々あるので、書かせていただきました。

投稿: 2スト好き | 2013年8月18日 (日) 22時15分

ヤマハの方に伺えたらですけど、
フレームの
プレス鋼材の貼り合わせと
押し出し成型ツインチューブの
メリット、デメリットが聞けたらなぁ~なんて思います。

机上で計算していると思いますけど
どっちが計算や目指した数値が出しやすいのかとか。

投稿: suomybbbb | 2013年8月25日 (日) 07時56分

 お疲れ様です、加藤さんウェインの家に行けるとは羨ましい。
 今年亡くなられた、元ヤマハレーシングの前川さんの話も聞いてもらえたら嬉しいですね。
 生前、阿蘇のイベントで前川さんとお話しが出来て、ウェインがレースで怪我をしてもうレースに出られないと知った時、ショックを受けた事、当時監督のケニーもショックでレースを辞めてしまおうかと思ったと、けど二人で話して、ウェインをGPに必ず連れ戻そうと、ウェインが監督で250を走らせようと、当時のスポンサーだったマルボロにケニーが話をしたら、二つ返事でウェインのスポンサーを引き受けてくれた事。
 ケニーは三年連続チャンピオンでキングのニックネームがついたけど、ウェインが4年連続て゜チャンピオンとれたなら、ウェインのことはゴッドって言うよ。なんて昔話をしたのがついこの間のようです。
 昨年はケニーツーリングに参加させていただいたら、原田哲也さんも来ていて、もちろんアプリリアRS250のレイサーズにサインしていただきました。
 ウェイン・インタビューは前川さんの事、ケビン、ケニー、ノリック、原田哲也、ローソン、フレディー、マモラ、等のライダーに関しての事も聞いてもらいたいのです。合う機会が無いですからね。よろしくお願いしますよ。(^^)

投稿: レイニー | 2013年8月25日 (日) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265253/52846984

この記事へのトラックバック一覧です: レイニー家とHRC出力測定方法:

« '13鈴鹿8耐トークショー報告 | トップページ | ケニーのハーレーと'85鈴鹿8耐DVD »