« 9月24日発売『RACERS』Vol.23の表紙は…… | トップページ | いろいろ報告です »

2013年9月22日 (日)

Vol.23のご感想はコチラまで+カレンダー作りました

Testprint01
[↑大日本印刷から「刷り出し」なるものが上がってきました]

レイニー号のイッパツ目、Vol.23ようやく作り終えました。
で、いつもは発売日の2日前(つまり22日)には搬入されてくるんですが、
これが今回みたいに日曜日に当たってしまうと、
土曜日に前倒しになるんです(この1日、2日が制作的にはキッツイ)。

さらに、土曜日は弊社がお休みなんで(ボクは関係ありませんが……)、
本が送られてこない。早く、仕上がりが見たいよ! ということで、
大日本印刷さんから送ってもらったのが上の写真の「刷り出し」です。

「刷り出し」とは、製本前の16ページ面付け印刷した「ナマ」状態のモノ。
ここから、ビニール貼りした表紙と糊付けし、
A4変形版に断裁して商品としてゆきます。
↑こんなハナシは、どーでもいいですねcoldsweats01

それでは、みなさん、いつものようにご感想やご意見、お待ちしています。

それから、2スト好きサン、
レーサーズカレンダー」のご案内を見つけていただいて
ありがとうございます!
さっそく、宣伝させていただきます(↓コチラ)。

これまで何度もリクエストしてくださったみなさん、お待たせしました。
ようやくカレンダーを作ることにしました。
弊社ウェブサイトに上がっていますとおり、表紙はコレ(↓)です。
Calecover
[↑'83NS500の号、思い出深いなぁ]

で、各月の絵柄はこれまで作ってきた『レーサーズ』の表紙イラストから
カトウが抜粋して12カ月分をピックアップさせていただいております。
あれがない、これがない、と言わないように……、うん、うん。
作り終えたばかりのレイニー号も、2月に入れてあります(↓)。
Febu

A3サイズのオールカラーで、リング綴じの壁掛けタイプです。
ちなみに、そのリングはページのアタマ(紙の天井部分)に付きます。

販売部の担当者によれば、通販限定だとか。
(本屋さんで買えなくて申し訳ありません……)
先行予約も受け付けしているそうです。
価格は、2,100円(税込み 送料無料)で、発売は10月28日から。
お申し込みはお電話、または三栄書房WEBサイトからお願いします。
TEL:03-5357-8802(受注センター受付時間/平日10:00~17:30)
WEB:http://www.sun-a.com/sp/rac_cal
※先行予約いただいた場合、商品のお届けは10月28日前後になります。

買っていただけるとウレシイです!

|

« 9月24日発売『RACERS』Vol.23の表紙は…… | トップページ | いろいろ報告です »

『レーサーズ』制作舞台裏」カテゴリの記事

コメント

おおおっ!
絶対買います。

投稿: 21伝説 | 2013年9月22日 (日) 10時51分

カトウさん、お疲れ様です。

レーサーズカレンダー楽しみです。

買います!!

投稿: xr6shark | 2013年9月22日 (日) 13時41分

これはファンには堪りませんな!是非買わせてもらいます。
リング綴じは嬉しいです。切り離すのは勿体ないですからね。
これは個人的希望なのですが、表紙イラストのポストカードなんてどうでしょうか?
出たら全種類買います!是非ご検討ください。

投稿: ホンダおやじ | 2013年9月22日 (日) 20時27分

1月はvol.04のNSR。2月は上記。3月はvol.01のNS。4月はvol.17のRC。5月は?。6月はVOL.19のRGγ裏表紙。7月はvol.12のRG。8月はVOI.06のKR。9月・10月も?。11月はまだ組まれてないVTR。12月はVOI.05のヨシムラ。半分位当たってるかな?でもKINGケニーが居ない!!んー難しい。でもきっちり買いますよ。イラスト集でも買いますよ。

投稿: ゆたか | 2013年9月22日 (日) 22時28分

加藤様、レイニー号前編お疲れ様でした。

本日届きましたのでゆっくり明日から熟読したいと思います。

カレンダー、やっと出ますね、早速注文(予約)しましたよぉ

投稿: YZF750 | 2013年9月22日 (日) 22時38分

素敵な企画ありがとうございます。
早速注文させていただきました。
サンプルのレイニー号のゼッケンが2月に合わせてあるので、他の月もゼッケンと合わせてくると予想しバックナンバー見てみましたが、意外と合わないもんですねえ。
まあ、7月はVol.12で鉄板だと思いますが。

投稿: moto夏木 | 2013年9月23日 (月) 11時12分

ヤベェ、もう発売日ぢゃんか・・・
早く正文堂に行かなくちゃ。

RACERSはもちろん毎号楽しみですけど、
2ストの号は特に楽しみ(^^)
やっぱしオートバイのレースは2ストだべ。ねっ?タツヤさんもそう思うでしょ?

またmotoGP、2ストに戻らんかなぁ・・・・・戻らんな・・・

投稿: ワシ | 2013年9月23日 (月) 22時32分

こんにちは(o・ω・)ノ))
RACERS はソイインクで刷られていますか?book

投稿: しんいちろう | 2013年9月24日 (火) 13時32分

みなさん、いつもありがとうございます。

カレンダーの月と絵柄(ゼッケンナンバー)、
みなさんに完全読まれてるなー、オレ。
でも、そうは問屋が下ろさない(←言い回しが古い)。

しんいちろうサン、
『レーサーズ』は普通インクで印刷しています。
ソイインクの方が環境的だし、劣化に強いんですよね……。

投稿: スチャラ加藤 | 2013年9月24日 (火) 15時26分

今、最新号をめくりながら、最終ページへ。(背表紙の裏)思わず涙がこみ上げてきました。レイニーが来てくれるなら、おれも絶対に鈴鹿に行く!だから、頑張れレイニー!

投稿: ゴロワーズ好き | 2013年9月24日 (火) 19時01分

こんばんは、加藤様。お疲れ様です。

A社にVol.23の注文を入れているのですが、支払い番号メールが届いたのが今朝でした・・・。連休後の発売日だと、こうなるのかな?

で、本屋さんで立ち読み(申し訳ないです)しました。流し読み程度なので、詳しい感想は、後日書きたいと思います。

私の質問や疑問に、答えていただき、ありがたく、そして嬉しく思いました。あれだけ紙面を割いていただき、大変恐縮しております。質問のページを見た感想は「(嬉しかったのですが)コレはヤリスギだろう・・・」と思いました。何か紙面を私物化している気がしました・・・。今後は少し自重させていただいと考えています。

投稿: 2スト好き | 2013年9月24日 (火) 19時38分

2スト好きサン、ありがとうございました。
私物化だなんてとんでもない。2スト好きサンからのご質問があったからこそ、
80-81ページで展開した「メインフレームの構造と溶接」が紹介できたんです。
さらに、不肖カトウ、ジグボーラーなる工作機の存在を知り、
今度は北川さんにロレンソやロッシが乗るM1が削られてゆく
その工作風景を見せてもらって誌面にしたいなー、
などと考えております。

投稿: スチャラ加藤 | 2013年9月24日 (火) 20時42分

お疲れ様です。
本日購入しいつものごとく軽く1LAP
明日から熟読したいと思います。

自分のロードレース熱が最も高かった頃のマシーンの
特集はたまりませんね。そして人間のドラマ。
やっぱりレースっていいですね。

今号と関係ないことをふと思い出したのですがシーズン
終盤の87か88のYZRでたしかシートカウル内に
ラジエーターをマウントした仕様を走らせたことが
あったのではないでしょうか!?エディーはこれを
バーベキューセットと呼んでたというような話をCS誌
で読んだような記憶があります。

次号かまたその次のYZR特集がありましたらこんな
トライもしてたとして掘り下げてもらえたら・・・
あてにならない記憶なので違ってたらスミマセン

ではでは

投稿: GSX-VFR | 2013年9月24日 (火) 23時11分

加藤様、お疲れ様です。
YZR号入手して、今読み込んでます・・。

レイニーさん、具合大丈夫なんですか?
(そんな状況でも、話をしてくれたのが、あの人らしい・・・・)

どうか無理しないでほしいです・・・。

やっぱり名車ですねぇ。そして名ライダー有り!
一時代を語れる名車ですよ、やっぱり!!
(500ccの完成形でしたから・・色々やってましたねぇ)
(あったなぁ、アクティブ・サス!!平さんも開発してましたけど、苦労されてたようで・・・)

ケニーも色々悩んでたんですね~、そんな事言うなんて・・・。
(きっぱり、断るウェイン!流石です)

(”ケンさん”にも宜しくお伝え下さい!)

次号も期待してます!!

投稿: yzr500 | 2013年9月24日 (火) 23時57分

初期の頃はマシンが主役だった様な気がしますが、
最近はただのレース懐かし本の様な気がします。

投稿: | 2013年9月25日 (水) 00時53分

読了しました。
読み始めは、当時のリザルトを思い出せなかったのですが、読み進めるうちに当時読んでいたレース雑誌記事など思い出してきて、かなり興奮しながら読んでいました。

メカ成分も充実していて読み応えがあったのですが、ROCとハリスヤマハとのストリップ写真比較があれば・・・と思いました。

次号も楽しみに待っています。

投稿: raybarne | 2013年9月25日 (水) 07時30分

「ただのレース懐かし本」ですか……。
ごめんなさい、それはいけませんね。気をつけます。

青クサイこと言うと、ボクはバイクが大好きで、
特にワークスマシンを目の前にするといまだに舞い上がってしまうんです。
ですから毎号マシンについてすみずみまでレポートしたいのですが、
「そうはなってないよ」というときは、ボクの力不足です。

一方で、バイクを作った技術者たちの人となりや、
それに乗った人たちの人生に触れたりすると、
どんどん台割(本の設計図)が変化していってしまうことも事実あります。

いつしか、ライダーから斬る『レーサーズ』や
メカニックが主人公の『レーサーズ』、
またひとつのレースやシーズンを取り挙げる『レーサーズ』
なんていうのも作ってみたいと思っています。

あ、映画『汚れた英雄』をこってり振り返る『レーサーズ』
なんていうのも自分自身読んでみたいなぁ。
こうなると二輪誌なのか、映画誌なのか、分からなくなってきますねsweat02


投稿: スチャラ加藤 | 2013年9月25日 (水) 07時32分

ただのレース懐かし本。大いに結構だと思います。
当時見ることのできなかったワークスマシンの細部を見ること、当時聞くことが出来なかった関係者の話を聞くことは、どちらも変わらないレベルだと思います。
とは言え、私もおねーちゃんよりもワークスマシンのパーツ見るほうが興奮する変態なんで、そろそろ鼻血がでるくらい興奮するのが見たいのも事実です。

投稿: moto夏木 | 2013年9月25日 (水) 09時46分

いつもなら一通り目を通してから、じっくりと読むのですが、今回は何故かそれが出来ません。
夢中で見ていた時代だからでしょうかね。勿体なくて。
就寝前にじっくり読ませて頂いてます。
あ、それからレーサーズのバックナンバー復活!ありがとうございます!!
これで友人からの強奪に怯えなくて済みます(笑)。私も保存用に買いたいと思います。

投稿: ホンダおやじ | 2013年9月25日 (水) 12時48分

RACERSの『S』には、レースに関わる全ての人やモノや思いが込められているって思っていましたから、ワタシ的にはその時代を上手く表現出来る切り口があるならば、本のスタイルが変わるのは歓迎したいと思います。

カトウさん自身が「あの号でやり残したコトが今なら出来る!」ってのがあれば、また同じマシンが登場するのも大歓迎。


ただ個人的には『ものづくり』に関わっているので、マシンの構成にはすごく興味があります。そしてレースファンとしては、ライダーを始め、レースに関わる人々のメンタリティに興味が…。

だからこそのブリッテン推しなんですケドね(笑)

投稿: フライングポップコーン | 2013年9月25日 (水) 14時24分

只今、前編を読んでる途中です。
この頃開発担当だった平さんのお話は?
平さん、恥ずかしがらないで出てきてください~

後編はもしかして、読むのが辛い…かも知れませんね。

投稿: sammyzelee | 2013年9月25日 (水) 21時46分

汚れた英雄のレーサーズ号。
全然ありだと思います。
どうせならバイクやレースを扱った映画、ドキュメントの特集など読んでみたいです。
思いつくだけでは『蘇るヒーロー片山敬済』、バリーシーンの『ザ・ライダー』、渡辺裕之主演の『ウィンディー』、高田vsヒクソンじゃない方の『プライド』シリーズ、『ファスター』シリーズetc

まぁ、映画雑誌になってしまうので無理かと思いますが、毎号一本くらいのコラム等ではありかなぁ?無理かなぁ。

投稿: 秀吉 | 2013年9月25日 (水) 23時10分

加藤様
RACERSカレンダー、いいですね!
で、購入ページにある「毎号購読会員 限定商品」って何でしょう?
何かオマケでも付いているんでしょうか。
内容によっては、定期購読しちゃおっかな?なんて。

投稿: が~どな~ | 2013年9月26日 (木) 12時28分

加藤様。お疲れ様です。
RVF号では質問を頂きありがとうございます。
90年は、整備士の専門学校に通ってたのですが
自動車よりバイクの整備士になりたかったのでヤマハの
募集を見つけて福岡から静岡まで行き面接での質問で
ワークスマシン等に関わる事ばかり聞いたりして
笑いのある?面接だったのが記憶に懐かしいです。
もし採用されてたらな~と言うのが今号を見て
思ったしだいです。次号も楽しみにしています。

投稿: takatin | 2013年9月26日 (木) 15時41分

こんばんは、加藤様。

ようやく、Vol.23が届きました。全体的に、バランスが取れた内容に感じました。個人的には、単なる「レース懐かし本」とは、思いません。

私の質問に答えていただき、感謝しています。ジグザグ隔壁内蔵フレームは、「すごいアイデアだな~」と感心した事を思い出します。

で、隔壁の作り方ですが、やはり全溶接していましたね。アレは作るのに、ものスゴク時間が掛かると思います。プレスで抜いた外側フレーム内側に治具を当て、切り出した隔壁プレートをセットして仮付けし、適宜、向きを変えながら本溶接し(しかも内側溶接時は反射熱で熱いし、内側鋭角部はトーチが入り難いし、溶接歪を考えて溶接順序も気にしないといけないし、そもそも溶接ビード距離自体、相当長いです)、ジグザグにカットした内側フレーム材をセットして仮付け後、(推測ですが、隣り合った隔壁と内側フレーム材、3箇所同時に溶接していないと思うので)1枚1枚丹念に溶接し、(機密保持も少しは考慮して?)外側を磨いて、ようやくフレームのメインチューブ部(の片側)が完成・・・となります。文章にするだけでも、製作に時間が掛かるのが推察出来ると思います。’93YZR500の押し出し材フレームと比べると、相当、製作時間が違うのではないでしょうか?

フラットヘッドピストンの「肩」の件ですが、北川さんに謝らせてしまって、大変恐縮しております。成る程、ガス流動の方向性を制御する為でしたか。NSRの「2段噴出し角度掃気ポート」に通じるモノがありそうですね。

あと、燃焼室加工ですが、スキッシュ角から変えたいクチなので、ああいう質問になりました。傘型燃焼室は、容積計算をやりやすいと思いますが、加工後に容積を実測しますし、プラグ廻り部を曲線構成で成形するので、その恩恵には与かれませんです・・・。

YZR・PART2を2部に分けたのは、正解と思います。1冊にまとめようとすると、メカ面だけでパンパンになりそうですね。

次号も期待しております。幻のYZRは、フレーム面の事なんですかね?

投稿: 2スト好き | 2013年9月26日 (木) 20時46分

先程は、書き忘れていました。加藤様の言葉に救われました。ありがとうございます。これからも、より良い紙面作りに邁進して下さい。

投稿: 2スト好き | 2013年9月26日 (木) 23時49分

二冊に分けると聞いた時、内容が分散されて薄くならないかと心配していましたが、まったく問題なしでした!
充実の一冊です。知らない人からみればわずか5ミリのペラペラな雑誌なのに、自分にはズシリと分厚い辞書のような重みを感じます。
今年、全盛期のように速く走れるわけでもないのに、シュワンツが復帰したのは、不調のレイニーを元気付けたかったからなのかなぁ。
そんなふうに感じられるのもレーサーズあってこそです。
レイニーの体調が良くなるように!
鈴鹿に来たいと言う話涙がでそう。
シュワンツと一緒に鈴鹿に戻って来て欲しい!

投稿: MC21SE | 2013年9月27日 (金) 11時07分

今号、まだ読み始めたばかりですが、見開きからインパクトがありますね!
自宅にYZR500があるなんて、夢ですね・・・

このままだと大好きな水谷勝と伊藤真一が埋もれてしまいそうなので、番外編としてRACERSならぬRIDERSで特集なんていかがでしょうか???

すみません、今号 初秋の夜長にじっくり読みます

投稿: 竹ちゃんマン | 2013年9月27日 (金) 12時19分

初めて投降します。
昨日、読ませて頂きました。胸が熱くなりました。
当時からレイニーの走りはローソンやその他のライダーと違うなと感じていましたが、そこら辺の解説で分かりました。やはり彼は特別だったんですね。
また、レイニー氏のインタビューも興味深かったです。彼は本当に負けず嫌いの人だったんですね。
それが文言からハッキリ伝わります。
別号のシュワンツやローソンのインタビューも読みましたが、彼等の言葉は現役から年月を経て柔和で時にユーモラスな印象を得ました。
しかし、レイニーは今現在を持って当時の熱い闘争心を維持しているのか!と思えるほど凄味を感じました。
現役当時のニックネームが「ファイティングブル」と云われていたというのを思い出しましたよ。

投稿: motobeatle | 2013年9月28日 (土) 17時09分

YZR part2。少しずつ読ませてもらってます。
1990年てワシが某ディーラーに入社した年なんだよなぁ。シュワンツとのバトル懐かしいです。
この頃はカジバが大好きでしたね。
ぼちぼちカジバ号やって下さい。やりな~さい(by 高○M)
早いとこダートラも。

ところで、
レーサーズのバックナンバー!
NS500のvol.1 とYZR500のvol.2だけないんです。
どーやったら購入できるのですか?
あ~、早く欲しくてたまらん!

投稿: MS-06 ワシⅡ | 2013年9月28日 (土) 21時52分

MS-06 ワシⅡさん、私もカジバ大好きなんです。
他にカジバ好きの方いらっしゃいませんか?
一緒に加藤サンに、カジバ号のお願いしましょう!!

マジでお願いします!!

投稿:  志木のCT 対 世田谷のヴァンガード    | 2013年9月28日 (土) 22時08分

楽しく読まさせていただきました
読んでいて思ったのですが、
3号に掲載されていたシュワンツのインタビューでも表彰台でローソンと言い争いをしていたと書いていたので、表沙汰になっていた当時の二人の確執の詳細を読みたかったです。

次号では迷走するフレームの話がメインかもしれませんが、当時のエンジニアのマイク・シンクレア氏のインタビューが取れれば面白いかと思うのですが、次号も期待しています。

投稿: 通行人Γ | 2013年9月30日 (月) 14時23分

ウェインは4時間の取材の為に2度も中座する様な病状なのか・・・

昨年の鈴鹿欠席の理由だったとは・・・
早くの回復を望みます。

ところで、P17でフロントタイヤが宙を泳ぐどころかリヤも・・・
ライダーが凄いのいか?バイクが凄いのか?コークスクリュー凄いのか?

投稿: 0W76 | 2013年10月 1日 (火) 20時51分

「同じバイクならシュワンツには勝てない」のひと言に
当時の緊迫した空気を感じました。

当時のシュワンツの凄さと、それを乗り越えたレイニー&ヤマハの凄さが同時に理解できます。

投稿: TAG | 2013年10月 2日 (水) 00時13分

加藤様、お疲れ様でした、4L3レイニーです。無事に帰り着きましたでしょうか?いや~もう少し早く分かっていれば、いろんな話が聞けたかと思うと、ちょいと悔しいです。
あの後、帰りにちょっとしたトラブルがありましたが、大した事もなくこちらも無事に帰り着きました。

 
おっとそうでした、レイニーのYZR500、素晴らしいです。レイニーのファイティングスピリットをひしひし感じます。
チャンピオン3年目だったでしょうか、開幕から数戦勝てなくて、決勝の前の夜ケニーがピットで、なんで勝てないんだとヤケ酒を飲んでいたのをたまたまレイニーが見て、ポールタイムより1秒以上遅れていたタイム差を、見事ひっくり返し、そのレースで勝ったという話を聞いたことがあります。1秒以上の差をひっくり返すなんて、レイニーのファイティングスピリットすごいです。


トークショー等でケニーに今まで見たライダーで一番素晴らしかったライダーは誰ですか?と聞かれると、もちろんそれは俺さ、とさすがキング、そのあと、一番素晴らしいライダーはウェインだねと、どこで聞いても言っていましたね。

体調が良くなって早く元気になってほしいですね。


YZR後編楽しみにしています。(^^)

投稿: レイニー | 2013年10月 3日 (木) 14時15分

そういえば88年にレイニーが優勝したイギリスGPのときはワイドなラインでケニー風のフォームで走っていましたけど、後年はまったく違った走り方をしていましたね。コシンスキーのポンポン前輪を上げて走る姿も独特でした。それぞれが別のディメンジョンが必要だったんですね。

投稿: | 2013年10月 4日 (金) 00時07分

やっと読み終わりました…。
一つだけ書かせてください。
P099,最後の最後でグッときました。
次号も楽しみにしています!

投稿: | 2013年10月 4日 (金) 17時51分

中島雅彦さんのインタビューが、現在と過去の対比ができる写真と合わせて心に響きました。

レイニーさんとの若かりしころのエピソードを、年齢を重ねた今、想いを込めて語っていらっしゃる言葉に胸が熱くなりました。

ending storyのツーショット写真を片手に微笑む「戦友」レイニーさんとの強い絆が素晴らしいですし、羨ましく思います。

今回のインタビューやモリワキ特集での「ハッチと仲間たち」のようなレーサーズのヒューマンなアプローチの記事が大好きです。

これからも楽しみにしています。

投稿: jun-1 | 2013年10月10日 (木) 16時20分

遅ればせながら完読しました。

レイニー、シュワンツ世代なんで待ちにまったレイニー特集でした。
しかも2冊!!。
こんなに嬉しい事はないです!!。

昔がいいとは言いたくないですが、やっぱいい時代だった気がします。
ライダーもスタッフも心から信頼してレースに打ち込んでた時代ですね。
中島氏の話は涙が出そうになりました。
レイニーのアクシデントの時、自分も大腿骨骨折で入院中だったんですが落ち込んでるケニーに逆にレイニーが励ました、て記事を読みました。
自分がこんな状態なのになんて強い人間なんだと思いましたよ。

そう、当時かぶってたメットもSHOEIレイニー。
今年の8耐でもシュワンツがかぶってましたが
今みてもカッコいいデザインだと思います。

支離滅裂になっちゃってますが自分にとってはレイニー、シュワンツが最も熱くなったライダーなんで思い入れが強いですね。

そして次号は悲しいアクシデントもある訳ですが、あれから20年。
自分にとってもターニングポイントとなった1993年のシーズンを迎えますね。

加藤さま、かなり期待大で待っています!!!!

投稿: ライダーす~ | 2013年10月16日 (水) 23時25分

カレンダーですけど、日付の部分を下部に持ってきて、イラストの邪魔にならないようにしたほうが良かったのでは…。そうすれば後で日付の部分を切り離して、ポスターとして再利用出来て二度おいしい物になったのに残念です。

投稿: シュー高安 | 2013年10月19日 (土) 15時10分

みなさん、いつもありがとうございます。

シュー高安さん、カレンダーご購入ありがとうございます。
ご意見もちょうだいしました。
大いに来年以降の制作に反映させていただきます。

さて、今日もこれからヤマハ本社に行ってきます。
東名の集中工事が心配……。

投稿: スチャラ加藤 | 2013年10月23日 (水) 10時17分

この週末明けたらカレンダー届くのか。
待ち遠しくて眠れないかも。

投稿: moto夏木 | 2013年10月26日 (土) 00時54分

カレンダー届きました。
12月、これでくるかとニヤついてしまいました。

投稿: moto夏木 | 2013年10月26日 (土) 21時27分

カレンダー買い忘れているうちに完売してしまいました・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
お願いですから増刷してください。

投稿: ケニー命の刀海苔 | 2013年12月11日 (水) 11時00分

Hello
We appreciate inform me where I can buy the calendar Motorcycle 2014


私たちは、私はカレンダーのオートバイ2014を購入できる場所をお知らせ感謝

Best Regards
Javier from Spain

投稿: javier navarro | 2015年1月21日 (水) 05時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265253/53344063

この記事へのトラックバック一覧です: Vol.23のご感想はコチラまで+カレンダー作りました:

« 9月24日発売『RACERS』Vol.23の表紙は…… | トップページ | いろいろ報告です »