« 『レーサーズ』の表紙入稿 | トップページ | 『レーサーズ』Vol.29のご感想はコチラまで+次号予告 »

2014年9月12日 (金)

『ゲッカンタカハシゴー』本日発売です!

Gtg01
[↑同日発売の女性ファッション誌『FUDGE(ファッジ)』、
『vikka(ヴィカ)』らとともに会社に搬入されてきた
我が『ゲッカンタカハシゴー』。発行部数じゃ完敗ですが、
魂の込めかたじゃ負けちゃあいません!って、
読者のみなさんにとってはそんなことは関係ないんですよね。
要はお金を出すだけの価値があるか、ないか……。
でも、そういった意味でも精魂込めて作ったつもりです]

『レーサーズ』の読者のみなさん、『ゲッカンタカハシゴー』の第1ゴーを
買ってくれるだろう(と勝手に期待してる)読者のみなさん、こんにちは。

さて、ついに今日、『ゲッカンタカハシゴー』の発売日を迎えました。
東京の問屋さんを経て全国の書店さんに送る関係で、
発売が明日以降になる地域もありますが、
ぜひお手に取っていただけたらと思います。定価は880円(税込み)です。

そして『レーサーズ』同様、この『ゲッカンタカハシゴー』についても、
読者みなさんからの忌憚ないご意見・ご感想をいただけますと幸いです。
「よかったよ」というご感想には手放しに大喜びし、
「面白くなかった」というご意見にはもちろん凹みますが、
次号の糧として大いに勉強させていただきます。

話変わって、9月24日発売の『レーサーズ』の表紙ですが、
RCB400の表紙を期待されていた読者のみなさん、
ご期待にそえず申し訳ありません……。
突如現れた謎多きマシンで、その後の消息が断たれたレアなRCBですから、
たぶん次号の表紙にもってくれば売れ行きも見込めるでしょう。
現にセールス部門の人間からは「RCBを表紙にしろ」とも言われました。

でも、ボクがその車両を表紙にするときは、それ相応の情報が集まり、
胸張ってみなさんにお披露目できる自信がないと表紙にはできません。

RCBは現存していないだけでなく、技術的な資料も乏しく、
『レーサーズ』1冊分を満たすには恥ずかしながら力及ばずでした。
だったら、今回の取材で得られた当時のそのほかの秘密、
みなさんお伝えしたい話で綴れるものを素直に表紙にしよう――。
そんな気持ちの表れと思っていただけると幸いです。

と、一見カッコイイこと言ってそうで、単に不器用なだけ……汗。

|

« 『レーサーズ』の表紙入稿 | トップページ | 『レーサーズ』Vol.29のご感想はコチラまで+次号予告 »

『レーサーズ』以外の話題」カテゴリの記事

コメント

発売日、この時間になっても誰もコメントがないとは…(汗)

投稿: 通行人 | 2014年9月12日 (金) 21時05分

本屋でさらりと立ち読みだけするつもりが、うっかり買ってしまいました。
なんか、RACERSとは全く方向性違うけど、濃い感じは変わらないですね。
冒頭のブログの話でヤラれたんですけど、亡くなった人の話持ってくるのはチョット卑怯ですよね。それで買おうと思ってしまいましたもん。
自分自身、少しタイミングずれてたら死んじゃったかもしれないなあ。って事故やアクシデントに何度かあってるんで、危ないから面白いってのは痛いくらいわかるんですよね。
とりあえず、友人知人に自信持って薦められる本だとは思います。

投稿: moto夏木 | 2014年9月12日 (金) 22時24分

買いましたが・ ・・

P48、ハイサイドは、アクセルを「戻した」のか「開けた」のか???

バイクに乗って20数年の中年が想定読者なんでしょうか?

正直、読みづらい。

それに「バイクは危ないけど面白い」と、内容が一致していない。てか、どこを読んだら、そう感じるのか、全くわからんかった。
記事は事故の話ばっかりだったが、確かにバイクはその意味では危ない。しかし、「危ないけど面白い」とは、事故発生確率が高いけど面白い、という意味「だけ」ではないはずだけど・・・息子をバイク事故で失ってなお乗り続ける人の話を読んで、そうか、それくらい面白いのか、ってじゃ、乗ろう!とはならん。
自分も息子がいるが、息子がバイク事故で命を落としても(想像もしたくないが)恐らく私は乗り続けるだろうけど、もしそうなれば、決して他人には「面白い」といって勧めないと思う。

投稿: NSR初心者 | 2014年9月12日 (金) 22時57分

最近発売されたバイク雑誌の中で、こりゃ面白い、バイク乗りたい!って思わせてくれてるのは、タンスタU4だな。特に「林道へ行こう!」ってやつは爆笑ものだ。

私の嗜好とタカハシゴーは合わなかったのは残念でした。

投稿: NSR初心者 | 2014年9月13日 (土) 10時43分

バイクって、ちょっと怖いケドすんごく楽しいですよね!


で、テーマは毎回変わるんですよね?(笑)

投稿: フライングポップコーン | 2014年9月13日 (土) 17時20分

レースが好きなんだなぁ

みつを

投稿: みつを | 2014年9月13日 (土) 23時01分

創刊号届きました。ありがとうございました。
談合坂SAで、取材を受けた事忘れていました。
ひと味違ったバイク雑誌「ゲッカンタカハシゴー」の
第2号発行を待っています。

投稿: ナガシ | 2014年9月14日 (日) 09時09分

タカハシゴー購入いたしました
まだ全て読めていませんが、20年前のバイクに乗る楽しさを思い出させてくれました。
今後のお願いは、【バイクの格好良さ】を追及してください。
それが私がバイクに乗り始めるきっかけでした。
乗って楽しいの前に、かっこいいから乗ってみたいがあると思います。
ZZR1100の格好良さにシビれて250を買ったなー

投稿: ZZーR250 | 2014年9月15日 (月) 16時37分

本屋で対面。 レジにつれて行きませんでした。

この年になると『バイキング食べ放題!』より、
じっくりと味わいたくなるのかもしれません。
私はそう感じました。

投稿: RC45 | 2014年9月16日 (火) 18時26分

セブンネットで注文、届く前に本屋で対面。
パラパラと内容を確認しましたが、
まだ、セブンイレブンに取りに行ってません。。。

投稿: wee | 2014年9月17日 (水) 11時05分

買いましたよ。
とにかく、文字がギッシリあるところは良いです。
パラパラと捲って終わっちゃう本はたくさんあるしね。

ケニーさんの特集は奥さんにスポット当ててもらったおかげで新鮮に楽しめました。
ただ、来月以降はどうするのかな~って皆思ってるのかも。
フレディーを引っ張り出すの?
メインターゲットはレース好きの中年なの?
その辺が漠然としてるのが、ひっかるのかな?

ケニーさん以外は、巻頭のゴーさんのNCシリーズ考察ブログの再掲が一番面白かった。
コレくらいのネタが3本くらい欲しいような気がするのは贅沢ですか?

投稿: taki | 2014年9月18日 (木) 14時25分

第1ゴー購入して読んでみました
私はバイクの免許も持っていないし原付さえ乗った事がありませんが面白かったです
ですが「よし!免許を取ってバイクに乗ろう!」とはなりませんでした
理由は簡単で「怖いから」です
自転車で砂利道を走るのでさえ怖々と乗っていたのでバイクなんてとても…
こんな私ですがバイクやバイクレースは好きなので無くなってほしくありません
バイクに乗らない人間は何をすればいいですか?

投稿: yuppe | 2014年9月19日 (金) 14時52分

の忌憚ないご意見・ご感想ということでコメントします。
レーサーズの流れで期待してタカハシゴーを買いましたが、一言でいうと「つまらなかった」です。
写真を含むカラーページが少ない。
紙質・装飾は安っぽいし、ケニーロバーツ以外は取材らしい取材をしていない。
なぜバイク雑誌にロボットの自転車なのか?
ほとんど、ただのバイク好きな人の独り言。。。
500円以下ならまだ許せますが880円は高すぎです。
表紙デザインは惹かれるものがありましたが内容はお粗末で非常に残念でした。

投稿: フリオ | 2014年9月19日 (金) 21時50分

フリオさんと同意見です。
あの本を本棚に!とはなりませんね。
一通り読んだら資源回収(当市ではゴミでは出せません)行きです。
500円以下で出せませんか?

投稿: 64年式 | 2014年9月20日 (土) 07時23分


バイク乗りにはお手ごろなサイズと構成ですね。
バイクのシートバッグに入れて連れ歩き、温泉やファミレス、キャンプなど、少しづつ読んでいくスタイルの雑誌なのだと思いました。

旧い話も先進の話もごちゃまぜで良いと思います。
バイク乗りの「今の」日常に寄り添う雑誌になってくれれば。

ARヘルメットとか取材してみてはどうでしょうか??
第二号期待しています。

投稿: hane | 2014年9月20日 (土) 08時46分

普段はROM専ですがあえて書きます。

本のサイズ、内容、そして名前。要はバイク版のゲッカド、月刊カドカワですね。ちょっと小難しい事書いてみたり、脱線スレスレの事を書いてみたり、こんな本を楽しめる俺様オシャレで知的、みたいな。
一般的なバイク雑誌のような、新車紹介と試乗記事、タイアップの新製品記事、ツーリングか飯、そして広告という路線から離れたのは勇気のいる事だし、自分が書きたい記事を書くんじゃい、という姿勢は良いと思います。むしろどんどんやって欲しい。でもこの号ははたして本当に伝えたかった事なのか、疑問に思います。

前回のRACERSヨシムラ特集も、重複記事、誤字、誤記、内容は時系列をなぞっただけ。単なる懐古主義ではなく、マシンかライダーを深く掘り下げる本だと思っていたのですが残念です。

応援の意味を込めて毎号購入していますが、さらなる奮起を期待します。えらそうな書き方ですみませんが、私の本心です。

投稿: 3Y5-2 | 2014年9月20日 (土) 10時32分

『ゲッカンタカハシゴー』を買っていただいたみなさん、
またコメントを寄せていただいているみなさんも、ありがとうございます。

本を買っていただいている身なのに、こんなこと言っては申し訳ないですが、
とても勉強になります。

「いいよ」と言ってくださっている方々には正直「ほっ」とし、
「ダメだ」とのご意見には今後どんな内容で、どう表現してゆけば伝わるのか、
大いに考えさせられています。

賛否両論とも、どんどんご意見ください。

投稿: スチャラ加藤 | 2014年9月20日 (土) 11時44分

期待していたので、表紙だけ見て購入したが・・・
正直、お金勿体なかったわ。これほど買って後悔した本ってないわ。

冒頭の高橋氏のブログの記事の丸ごと転載。
こんなん、ブログのURL書いときゃいいじゃん。
ブログの内容を更に掘り下げるとか、発展させるとか、普通そういった記事を載せるのがプロとちがうん?わざわざ金払って買ってんねんで。それが何ページにも渡ってブログの記事そのまま掲載かぁ!?

それと、「バイクは危ないけど面白い」。
バイクは、加害者にもなるねんで、あたりまえやけど(実際、近所でツーリング中の大型バイクが歩行者はねて死亡させている)。

最近、登山者の遭難救助中に救助隊員が滑落死したのに、その遭難者が救助後にフェイスブックに「あー楽しかった」ってアップして非難囂々なの、ご存じ?

脳科学って、そんな学問領域、あんの?(これ以上は言わん)

マツダの記事って、何いいたいの?ズームズームって、有名すぎるほど有名な話やん。今更何?

コマツダンの転倒記事、そこらへんのブログのほうがよっぽどおもろい記事ごろごろあるわ。

売れなきゃ生活に困るなら、売れる本作れよ。
これが売れる本になってるんか?アマチュアの記事読ますな!

投稿: NSR初心者 | 2014年9月20日 (土) 21時32分

NSR初心者さんをはじめ、
同じような思いをしている読者のみなさんには大変申し訳ありません。
制作に協力いただいたみなさんには何の罪もなく、
すべての責任は私・加藤にあります。

『ゲッカンタカハシゴー』に限らず、『レーサーズ』でも過去いくつも、
「お金勿体なかったわ」とがっかりさせてしまった号があったかと思います。

これからも「定価以上の価値になっているか」を常に頭に置きながら、
すべての読者のみなさんにご満足いただけるよう、精進します。

投稿: スチャラ加藤 | 2014年9月21日 (日) 00時25分

今の時代摘読が基本だから、「雑誌」として発売すれば今回の様な評価はやむを得ないかな、と。

最近のバイク雑誌、豪華な装丁で一冊1000円でも、実際ソレを購入して読むのはせいぜい半分くらい…いや、3割とか4割程度じゃないかな?

レーサーズもそうだけど、前から順番に全部読んでもらいたい…でも、実際にそんな読み方をする人はどのくらいいるのか?

今回のタカハシゴー、「バイクは危ない けど面白い」ってテーマで書かれてるケド、事故がどうのじゃなく、不安定である意味簡単に倒れてしまう二輪車を、ライダーが積極的にコントロールしてソレを楽しむ…ってコトだと思う…だからこそケニーのインタビューの後半に「危ないと思いますか?」の問いにケニーが語ってるワケだし、ともこサンの「万一この人が事故に遭って死ぬ時は、もう誰にも防げない時」って言葉なワケだし。

ゴチャゴチャ書かせてもらったケド、雑誌として出して「こういう読み方をして欲しい」ってのは少々ムリがあると正直思う。

ワタシとしては、こういうテーマはライダー一人一人が経験を積んで、考えて、自ら導き出すモノだと思うから「こういうモノを出さなきゃならない時代なのか…」ってイミでガッカリしましたがね。

投稿: フライングポップコーン | 2014年9月21日 (日) 07時40分

「ゲッカンタカハシゴー」ですが、まだ購入していません。私の住んでいる所は田舎のせいか、こういう本は配本されないようです。まぁ「レーサーズ」も置いてない本屋ばかりなので仕方ないです。唯一「レーサーズ」を置いてくれていた本屋はこの間、廃業してしまいました。この本屋なら「ゲッカンタカハシゴー」を置いてくれたのに残念です。中身を知らずに購入する事はしたくないので、とりあえずブログの評価を見てからにしょうと思っていたのですが…。否定の方が多いようなので、どうしたものか?。いっその事スポンサーの広告を沢山載せて、0円のフリーペーパーにして駅だけでなく、バイクショップやサーキット場で配るというのはどうでしょう?。中身を知らずになんですが、この方が趣旨に合っているような気がするのですが…。

投稿: シュー高安 | 2014年9月21日 (日) 16時24分

まだ、ところどころしか読んでないけど、批判にめげずに
続けていくことでしょう。わざわざ、本人が読んでるところに書きに来るのもなんですが。
広告がないなら、各車どんどん言いたい放題をしましょう。
毎号車種を決めて、いいところ悪いところ徹底的にあげましょう。読者も交え、どうせならこうして欲しかった、ここはすげえ気に入ってるぜとか。
メーカーも読んだら次の参考にしてくれるかも。
それと国交省、警察への提言とか。

投稿: 読者 | 2014年9月21日 (日) 22時30分

残念ながら、買いませんでした。
レーサーズと比べちゃうからかな?
購買層ではない様子。
バイクを楽しもうぜ~とは感じません。
次号がどう変わるか、楽しみですな。

投稿: たけ兄 | 2014年9月22日 (月) 21時37分

ゲッカンタカハシゴー、僕は面白いと思いました。
まえがきは面白いと思ったし、ケニーの記事も良かった。
ここ数号のRACERSより、ずっと好印象です。

創刊号ですから、ごった煮感は当然だと思いますし
「バイク」の記事を期待している人には、向かないかもしれません。
でも、なんて言うか「バイク乗りの与太話の集合体」的な本があっても良いと思います。

投稿: う | 2014年9月22日 (月) 22時43分

読んでみたら、意外と面白かったです。
でも、パラパラとめくるくらいじゃ、その面白さに
気づきにくいというか、誤解されやすいというか。

投稿: wee | 2014年9月28日 (日) 22時21分

誌面制作に関わっていながら、いまさらこのページを拝見しました。
どのコメントも興味深いです。
まあ、こうしてなんやかんやと話題にしてもらえると言うことに意味があるとおもいます。
さて、次のゴーはでるのかなぁ?

投稿: コマツダン | 2015年10月 1日 (木) 17時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265253/57347874

この記事へのトラックバック一覧です: 『ゲッカンタカハシゴー』本日発売です!:

« 『レーサーズ』の表紙入稿 | トップページ | 『レーサーズ』Vol.29のご感想はコチラまで+次号予告 »