« Vol.41の表紙とモロモロ報告 | トップページ | Vol.41のプレゼント応募先とイベント告知2本 »

2016年9月21日 (水)

『レーサーズ』Vol.41のご感想はコチラまで+次号予告

01
[↑この写真を撮っていると、ほかの社員から毎回「何やってんの?」
と聞かれてウザイ……。次号の搬入写真はちょっと考えようw]

みなさん、いつもありがとうございます。
さて、最新号Vol.41が搬入されてきました。発売は今週末24日です。
いつものように忌憚のないご意見・ご感想をいただけますと幸いです。

それと前記事にご投稿いただいたみなさん、ありがとうございます。
なかでも『ゲッカンタカハシゴー』へのご声援には、
主筆の高橋 剛ともども非常に励まされています。でも商売は厳しい。
だからってヒヨっては男がすたる。
「俺」「ワタシ」が存在しない仕事は不肖カトウ、嫌なんです、ハイ。
何のこっちゃ!?
あと、R6さん、
弊社カレンダー販売サイトの誤表記を指摘していただいて恐縮です。
もうホントに恥ずかしい。修正しました。ありがとうございました。

それにしても、ホンダNSR500Vのリクエストっぷりはスゴイですね。
プライベーターには優しい、そしてサーキットレイアウトによっては
もしかしたら表彰台に上がれちゃうかも!? と思わせてくれたバイク。
いつか『レーサーズ』で特集したいと思います。
でもタクマ(青木拓磨さん)はインタビューに答えてくれるかな……。

NSR500Vの前に、次号11月24日発売のVol.42はコレです(↓)。

02

はい、'70年代のGPミドルクラスを彩り、覇者でもある、
“ザ・タンデムツインレーサー”カワサキKR250/350を特集します。
レイモン・ロッシュじゃないけど、カワサキのバイクはセクシーだなあ。
※その昔、銀座のモトーリモーダで会ったゲジゲジ眉毛のロッシュさん。
彼は'70年代にカワサキのKR1000で世界耐久に出ていたんですが、
そのカワサキを「セクシー」と表現していたのが印象的なんですよね。

話ちょっとかわって、今度はヤマハがらみの話題ふたつ。

まずは昨日(9月20日)から伊勢丹の新宿店本館で始まった、
“トウキョウ メンズ フェス 2016”の件から(↓)。

03
[↑“フェス”が催されている本館6階にはこのようなタイトルパネルが……]

「男である100の幸福。」、ん? と、疑問を持つワタクシのような輩には、
100の「幸福コピー」を記したパネルも設置されています(↓)。

04
[↑全く判読できないかと思いますが、このパネル下段には
男としての100の「幸福コピー」が記されています]

「いま、男は、かつてないほど自由だ。」、ん?
要は、伊勢丹が提唱するイケてるメンズのファッションや生き様を、
各ブランドとともに訴求するイベントなんですね。
そんなオサレなハイファッションのブースが建ち並ぶなかに、
我らがヤマハも陣取っているではありませんか!(↓)これは誇らしい。

05
[↑ヤマハブースはXSR900のカスタム展示車両が目印]

10万円を軽く超えるスリッポンや30万円近くのレザージャケットなど、
目が飛び出てしまうような値段のものばかりですが、
XSR900だって税込み100万円超ですからね。負けちゃいません。
そんな「男らしさ」が磨かれる“トウキョウ メンズ フェス 2016”は、
今週末9月25日(日)まで。詳しくは、コチラをどうぞ
ちなみに、上の「幸福コピー」、もちろんヤマハ提唱の一文もアリ。
どんなコピーかは、みなさん実際に行って探してみてください。
あ、時間的に、場所的に行けない人もいるか……。
じゃあ、チラ見せ。ヤマハの幸福コピーは、
「何世紀になっても、人は○とひとつになれる幸福。」
さて、○のなかに入る漢字ひと文字は何でしょう? って、バレバレ!?

それと、ウィックの社長・増野さんから送られてきたこのDVD(↓)。

06

その名も、『ヤマハ・レーシング・アーカイブ 1979-1987』!
インタカラーのケニーから始まって、栄華を誇ったマールボロ、
ラッキーストライクカラーを身にまとったチームケニーの躍進、
鈴鹿8耐、デイトナ200マイル、世界選手権モトクロス、
果てはヨーロッパで行われていた“RDカップ”まで、この9年間の
ヤマハレース活動の軌跡をまとめた国会図書館永久保存版的なDVDです。
これだけの内容ですから1枚のDVDには収まらず、4枚構成(↓)。

07

ストロボデザインのDVDなんて、シャレが効いてるじゃない、増野さん!
今回はヤマハ目線でまとめたアーカイブですが、今後ホンダやスズキ、
他メーカー目線やライダー個人を切り口にした内容も見てみたいなあ。
ちなみに、この『ヤマハ・レーシング・アーカイブ 1979-1987』は、
本編合計220分、特典映像15分、税込みで9,720円。
詳しくは、コチラまでどうぞ
※仕事もせずにポカーンとこのDVDを見てたら、またほかの社員から
「何やってんの?」と聞かれてウザがっているカトウでした……。

|

« Vol.41の表紙とモロモロ報告 | トップページ | Vol.41のプレゼント応募先とイベント告知2本 »

『レーサーズ』制作舞台裏」カテゴリの記事

コメント

コンチネンタルサーカスの時代を楽しみにしてます!
ありがとう。いい薬です。

投稿: JJコバス | 2016年9月21日 (水) 19時42分

Kの時は期待以上に『不安』という隠し味が
強すぎる時が多いかな?

投稿: RC45 | 2016年9月21日 (水) 21時57分

私は、あまり知らない時代です。見たことない、写真を期待してます。

投稿: ひらりん | 2016年9月22日 (木) 00時37分

今シーズンはちょうどブラッド・ビンダーが
バリントン以来の世界王者になりそうだし
タイムリーですね。

投稿: ブラインドカーブ | 2016年9月22日 (木) 08時30分

KR250 and 350. What a wonderful news, back to 70's green bikes ! Thank You !

投稿: Rossi | 2016年9月22日 (木) 18時35分

うぉ~!ついに来ますか!
KR250/350!
長年待ち続けたかいがあったっすわ~!
ありがとうRACERS編集部の皆さん&カトウさん&Kawasaki関係者さん

RACERS読者層的にはいまいちっぽいけど、個人的には一番待っておりました。
コークさん、マンクさん、キヨさん、ケン鈴木さんとかインタビュー来るのかな?

でもKawasaki号は売れないかも・・・
あっ、勿論41号も買います!

後はelfプロジェクトが来れば・・・・

投稿: KR-RR | 2016年9月23日 (金) 18時18分

私もこの時代は小学5年6年辺りなので
正直よく知りません。実に楽しみです。
過去のものとなったタンデムE/Gですが、
当時どれだけ最先端であったかを、
是非知りたいです。
当時の写真満載で伝説の方々のインタビュー、
お願い致します!

投稿: 恋を止めないで | 2016年9月23日 (金) 23時31分

SPWが明日なので、先にKRのコトを。

自分にとってはレースに興味を持ち、膨らませていった時期の代表的なマシンなので期待度、メチャ高いです。痒いトコロに手が届く、そんな内容でお願いします。

個人的には、84年にレジアーニさんが乗ったアレとか、ロータックス社との関係とか(笑)

楽しみ楽しみ〜♪

投稿: フライングポップコーン | 2016年9月23日 (金) 23時48分

NSR500V、やっとやる気を出してくれましたか!笑
首を長くしてまっております!

投稿: コウ | 2016年9月24日 (土) 15時33分

いつも楽しませてもらってます(≧∇≦)
しかし、p17、p18、技術者の紹介で2ページはいらないのでは?

投稿: tkwithrin | 2016年9月24日 (土) 16時49分

RACERS 41買いました。今までありそうでなかったVTR1000SP特集。感動しました。
内容も素晴らしく、歴史に埋もれつつあった栄光のマシンに、
スポットライトを当ててくださった皆様には感謝の気持ちで一杯です。

投稿: SC45 | 2016年9月24日 (土) 18時04分

Vol.41買いました。

まずは、4台ものVTRレーサーを用意してもらった、H社の協力が良いですね。

4stは門外漢の私ですが、色々興味深い事が書かれていました。

24時間耐久仕様だろうけど、エンジンはもちろんの事、チェーンサイズも違うのですね。

P63・RC45より、前面投影面積が大きいのは意外でした。

P74・冷却系レイアウトの大変さが伺えます。ラジエターフィンの除去や変形までさせて・・・サブラジエター(?)との水路も、総流れ式じゃないんですね。あと、右側水温センサーはダミーかな?他のには、ソコに付いてないし・・・。

P72・コレが1番良かったですね。フレーム開発の流れが分かるのは、「RACERS」ならではです(P54の8耐・ラップタイムもスゴイですが)。SP-2で抱き締めを採用したのも分かりました。

同・ケースとスイングアームの締結をフリーにしたのも、興味深いです。その分、エンジンをキッチリ固定する必要があったはずで、それが為の抱き締め導入か、と思いました。

でも、フレームの柔軟性確保とは逆行するワケで、P71を見たら、Vバンク間のマウントを、敢えて使っていないみたいですね。

「まさか、付け忘れ?」と思いましたが、昔のRS誌を見ても、やはりボルトを付けていませんでした。YZR-M1も同様でしたが、オモシロいですね。

P58を読むに、フレームの開発に時間が掛かり、デビューが遅れたみたいですね(RC45を延命させざるを得ないほどに)。

tkwithrinさんが書かれた通り(?)、P17&18には、最初、私も違和感を感じました。でも、ソレは今迄前例が無かっただけで、たまには技術者の写真が大きくてもいいじゃないですか。ソレだけの値打ちが、VTR開発にはあると思います。そして、その中に元・現HRC社長さんが居るのは、素晴らしい事だと思います。

残念だったのは、P66のチェンジリンク角度がおかしかった事ですね。でも、全体的に良かったです。

投稿: 2スト好き | 2016年9月24日 (土) 20時05分

VTRというマシンは全然知識がなかったのですが
ニッキーとデイトナが大きく取り上げられていて、
とっても良かったです(^∇^)

Special版でデイトナだけ特集をやってもらいたいです。


投稿: 売りっ放し野郎は出てけ❗️ | 2016年9月24日 (土) 21時58分

RACERS vol.41買いました。
内容?
細かいトコは気にしないので
とても満足です。

しかしもう41号なんですね?
創刊号の時は娘は生まれてなかった。
歳とるわけだ…

日本の名レース100選みたいに
100号目指しましょう。
そしたら100号目には55歳だ(笑)

投稿: 水中花シフト | 2016年9月24日 (土) 22時14分

49ページの下の写真の説明文のゼッケン間違ってるよね。
ゼッケン4ではなくどう見ても33。

投稿: | 2016年9月25日 (日) 13時17分

KR250/350やるなら片山敬済は?
TZ350 3気筒の詳細も知りたいです。

投稿: あっちゃん | 2016年9月25日 (日) 19時06分

 エンジン左側のファンネルの付いた吸気口は何のためにあるのでしょう?シリンダーの吸気口は上にあるし...

 しかも、2002年型やSBK仕様では無いように見えます。この違いは何なのでしょう?
 
 他のマシンでは見られないのでこのマシン独特の機構らしいのに、何も説明が無い。エンジンの写真も左側のアップが無い。ちょっと残念です。

 ご存じの方おられますか?

投稿: | 2016年9月25日 (日) 19時39分

エンジン左側のファンネル状のモノは、ジャッキアップ用の穴です。ココにジャッキを差し込んで、フロントを上げます。

ですよね、確か。

投稿: フライングポップコーン | 2016年9月25日 (日) 21時57分

追記

P.47に33号車がジャッキアップされてる写真がありました。

投稿: フライングポップコーン | 2016年9月25日 (日) 22時03分

> フライングポップコーンさん

 成程、だから8耐仕様ではカウルから露出させて使い易くしている訳か。
 基本、ピットインしないSBK仕様はカウルに穴までは開けていないと。

 納得しましたが、何故フレームでは無いんでしょうね。不思議です。

 回答有難う御座います。

投稿: | 2016年9月25日 (日) 23時12分

カトーさんお疲れ様です。
ついにKRをやって頂けるんですね。
楽しみです。楽しみだけど、
またあの恐い方々にツッ込まれないような
構成でお願い致します。
当時のこと全然知らないので、
ホント楽しみです。
宜しくお願い致します。

投稿: 成増クリエイト角川 | 2016年9月27日 (火) 06時43分

RACERS vol.41買いました。
最後のページのプレゼントの応募方法を教えて~☆

投稿: | 2016年9月28日 (水) 17時20分

RACERS vol.41買いました。
すごい読み応えありました!
マン島にデイトナにSBKに8耐。
久しぶりに一気に読みました。

そして次回、
KR待ち遠しいです。
そしてそのKRの次にNSR500Vですか?
それともカジバですか?
そ、それともXG750も出ましたし、
また平らな土に戻って

…XR750ですか‼️‼️⁉️

投稿: OV-10 Bronco | 2016年9月28日 (水) 21時04分

当時のSPWの強さには、安心感とワクワク感を感じながらみていました。このvol.41を書店で見つけ、即買いしました。ところで、098頁のプレゼントへの応募方法がわかりません。教えてください。

投稿: 福山の8耐fan | 2016年9月29日 (木) 20時09分

RACERS vol.41もいいですねー!
内容はもちろんですが、表紙のイラストがいいです。
迫ってくる感がスゴイ!こんなイラスト描けたらなー…
vol.42も楽しみです。

投稿: m&ms | 2016年10月 2日 (日) 15時25分

vol.41 ホンダの開発陣のアップの写真など不要。ページ数合わせですかね。V4のページも不要。RVFの号を読めばよい。ヘイデンのインタビューは当然としても、なぜエドワーズがないのか。モリワキVTRの写真付き解説もない。不満が残った。

投稿: take4 | 2016年10月 4日 (火) 23時32分

俺だってエドワーズのインタビュー聞きたかったわ。
でも、いろいろ事情があんじゃねぇの?

投稿: SP-1 | 2016年10月 6日 (木) 22時52分

誰か書くかと思ってましたが、あんまりニッキー好きがいないのか間違いが放置されているようなので。
P.91上のAMA SSのF4の写真、SHOEIヘルメットだし、#17だし・・・ミゲールじゃね?
この時期はツナギもジョーロケットだったし・・・

投稿: んまを | 2016年10月 8日 (土) 23時15分

間違いが多い本だね。以前から思ってました。世に出す前にちゃんと確認してますか?
独りよがりの車種選びもいい加減にね。
読者のリクエストも取り入れたら?

投稿: eddielawson | 2016年10月10日 (月) 02時19分

vol.42も待ち遠しいのですが、次の土ものはトライアルなんてどうでしょう…RS360T.RTL250S…エディー・ルジャーン スチィーブ・サンダース
山本昌也・藤波貴久…ディープなファンがいますからねー…

投稿: m&ms | 2016年10月10日 (月) 10時26分

4気筒好きとしてはビッグツインのVTRは嫌いな機種でした。そんなもんドカにやらせておけよと。某有名ドカ店の社長が排気量と車重も優遇したツインをバカにしたようなレギュレーションでドカは勝ってると語ってたけどホンダも右へならへして欲しくなかったなと。

この頃から少し2輪レースから興味が薄れちょっと遠ざかったけど興味を取り戻した今では空白期間を埋める読み物として今号は楽しませて頂きました。

次号は多くの方が待ち望んだKRですか。いいですね。古い機種は記録と記憶がはっきりしてる時に取り上げてもらいたいものです。

編集長様とは趣向がまったく合いそうにないのでリクエストに触れるのはやめておきますね 笑

では次号も楽しみにお待ちしております。

投稿: GSX-VFR | 2016年10月10日 (月) 17時54分

 タイトル総ナメのサブタイトルに相応しいのは、VTR1000を非力なエンジンで追い回した丸いお尻のGSXR750です。エンジン開発に係わったものであれば(そうでなくても)誰でも同じことを考えると思いますが、"1000ccと750ccが同一クラスのレース? しかも重量ハンディ付きで? ありえません。" それにも関わらず、WSB,8耐以外のタイトルを総ナメしています。
 今回は、VTR1000が表紙なので懐かしくなり思わず購入させていただきました。色々協力してもらったHRCに批判的な記事は書きにくいと思いますが、せっかくの企画が宣伝記事になってしまったのが残念です。当時の時代背景の考察が有ればより面白かったと思います。市場はキャブレターからEFIシステムへ、レースは500㏄2ストからMOTOGPへの移行時期です。各OEMはそれぞれの思惑のもと全日本SB選手権に参戦しているはずです。先行開発ですね。VTR1000は素晴らしいマシンです。低速域でのトルクを重視したエンジン特性にすることのメリット、デメリットを明確にしています。ただし、車体は失敗したとの噂もありました。このあたりの突っ込んだ記事を期待いたします。
DAYTONA200特集も期待しています。
ニッキーヘイデンの記事、自分は当事者でした。15年前か。懐かしいなー。

投稿: Foo | 2016年10月10日 (月) 23時32分

↑トライアルですか。
正直興味はあるのですが、
モトクロスやダートトラッカーのような
スピードが無いので迫力に欠けるんですよね。
売れますかね??

それより、モトクロスのスズキとヤマハやって下さい。
スーパークロスだけの特集もいいな。

投稿: ヘイデン最高 | 2016年10月11日 (火) 19時30分

トライアル、最高速は低いですけども、迫力という点では他の競技に負けないものがあります。
停止状態からの強烈な加速なんて、エンジンぶっ壊れるんじゃないかと思うくらい回してますし、手が届きそうな距離でものすごい動きが見れるんで、想像以上に興奮します。
食わず嫌いじゃなくって、一度全日本や世界線なんかを見に行くことをおすすめします。
ホント目からウロコ落ちますよ。

投稿: moto夏木 | 2016年10月17日 (月) 15時45分

99ページの、1994 CBR1000RRの写真は2004の事ですか?

投稿: | 2016年10月17日 (月) 21時42分

YouTubeで
2016全日本トライアルを見てみました。
あり得ない崖を登ってました!
バランス感覚もスゴイですね。
現場で見て見たい気持ちになりました。
トライアル界での、ケニーロバーツやミックドゥーハン、
ロッシ的な選手はいるのですか??

投稿: ヘイデン最高 | 2016年10月19日 (水) 16時08分

トライアル、嫌いじゃ無い、
ロードレースやモトクロスに無い魅力がありますよね~

今年はBS12Twellvでも全日本の無料放送してますからね、結構毎回楽しみにしてますわ、

耳慣れないメーカーさんのバイクも多いし、黒山親子&兄弟物語とかも興味あるかも(笑

投稿: KR-RR | 2016年10月20日 (木) 11時17分

ケニー・ロバーツ→エディ・ルジャーン
ロッシ→トニー・ボウ
ドゥーハン→ドギー・ランプキン
ですかねえ。
特にエディ・ルジャーンは、旧来の乗り方と全く違って衝撃的。と言う面もケニー・ロバーツと似てるかもしれません。

投稿: moto夏木 | 2016年10月21日 (金) 16時39分

トライアル。

やってもらいやしょー‼️

投稿: ヘイデン最高! | 2016年10月21日 (金) 21時17分

その前に
GP125で。

投稿: ヘイデン最高! | 2016年10月21日 (金) 21時19分

トライアル、出たら買います❗
その昔、トライアルジャーナルという月刊誌があったり
HRCの刊行物でCLEVER PEOPLEでもトライアル版が出てたり…
懐かしい…あの頃に戻りたい…

投稿: mms | 2016年10月21日 (金) 23時08分

昔ホンダが市販車で50ccのトライアルマシン「TLM50」を出した時は「トライアルの時代が来たか…。」と思ったんですがね。購入しようと思ったけれど正直な話、公道を走る事に一抹の不安を感じて断念しました。結局サービスマニュアルの購入だけでお茶を濁してしまいましたがずっと気になっていたんですよね。(そう言えば「モトコンポ」の時もそうだったな。)

投稿: シュー高安 | 2016年10月22日 (土) 11時07分

KR!
あと1ヶ月です!
待ち遠しい!
仕事手につかない!
コーク バリントンさんインタビュー!
聞きたい!
あ〜待ち遠しい!

投稿: ロロノア ゾロ | 2016年10月28日 (金) 20時54分

ロッシがヘアピンでクルッと回った所は今でも覚えています。翌年が最後で8耐も盛り下がる一方になるとは思いもしませんでした。結局ホンダがやり過ぎたんだと、F型で空冷SSをSPで水冷型に勝負に行って、かつての英国車のようになるのではと危機感を与えた事でハンデを付けてでも保護に回ったのではないでしょうか。今GP SBK共に参加メーカーが増えて良かったのか、4発ばかりですけど。今のホンダのやる気の無さはどうなんでしょう。
KRはあの公道用の広告でしか見たことがなかったので楽しみです。
予想は土物でパリダカのテネレか怪鳥かクラッチ左右倒置のNSR250あたり

投稿: 排気バブル | 2016年10月30日 (日) 12時29分

初めまして。

好きなマシンの時しか買ってないのですが、

好きなマシンがピンポイントで掲載されてるので

チョイチョイ買わせて頂いてます。

貴重な写真も多く、アメホンのCB750Fレーサーとかも

私の分析?と同じように#38 Steave Wize車の記載があり

笑ってしまったのと、早く#38を付けてあげたらと

改めて願ってしまいました。

あの記事を読んだ直後に、ツテを通じて#88 Roberto Pietri車の

オファーが有りましたが、予算を遥かにオーバーしていて

見たら頑張って買うかもとか思いましたが、音信が途絶えて

立ち消えになってしまいました。

ご縁が有れば、手に入る時も来るでしょう。

以前、国分寺の某所でモリワキアルミフレームの#88 Roberto Pietri

デイトナ入賞車(背面点火)のオリジナルを何度か覗きに行ってましたが

アレも欲しいマシンの一台です。

ある所にはあるんですね〜♪

あのマシンは特殊過ぎて、貴誌で特集は出来ないでしょうか?

資料がなさ過ぎて、国分寺の某所の方のお話しか頼るものも無くて。

その他にも同所にはRC15のAHMレーサーやら、色々寝てるので、

いつか特集されるのを楽しみにしています。

因みに、アメホンの#88 Roberto Pietri車の号は3冊書いました。

私のCB900Fレーサーの参考書として活躍しています。

これからもよろしくお願い致します。

投稿: ☆MEON☆ | 2016年11月 4日 (金) 04時53分

連投すいません。

KRは、軽井沢で大昔にケン鈴木さんのペンションで友人が結婚式の

前夜パーティーを泊りがけでやった時に沢山手垢を付けときました。

250と500は本当にカッコイイですね〜

色々なお話も聞けて、まさに聖地の様な素晴らしい場所でした。

ケン鈴木さんは本当に素敵な方で、深夜までお付き合いして頂きました。

ホンダ党ですが、KRも大好きです♪

投稿: ☆MEON☆ | 2016年11月 4日 (金) 05時03分

今頃編集部ではKR250/350号追い込みで戦争状態でしょうな、
もう、ワクワクが止まりません!

あっ、そうそう「モトレジェンドvol.5YAMAHA SR400/500」勿論、入手いたしました。

表紙写真の催促じゃ無いですので、お気になさらず(笑
「カワサキか・・・」の声に負けずに頑張って~!

投稿: KR-RR | 2016年11月 8日 (火) 15時03分

表紙。まだですかねぇf^_^;)
この時期(発売10日前位)になると、
とりあえず表紙見たくて堪らなくなるんデスよね。
そして自分の部屋で表紙見ながら
(一杯ヤリながら)中身の想像を膨らます。
早く見たいです-
すいませんがワタクシは催促です。
ゴメンなさい😞

投稿: んナミさぁ〜ん! | 2016年11月15日 (火) 12時46分

三栄書房のホームページに
表紙きました‼️

バリントン選手‼️

早く見たい‼️

投稿: なんちゃら見積り | 2016年11月22日 (火) 07時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265253/67598765

この記事へのトラックバック一覧です: 『レーサーズ』Vol.41のご感想はコチラまで+次号予告:

« Vol.41の表紙とモロモロ報告 | トップページ | Vol.41のプレゼント応募先とイベント告知2本 »