« 6月29日売り特編版の取材状況その1。 | トップページ | 6月29日売り特編版の取材状況その3。表紙完成 »

2017年6月 4日 (日)

6月29日売り特編版の取材状況その2。

01
[↑HRCとホンダの朝霞研究所は左側の生垣の向こうにあります]

みなさん、いつもありがとうございます。
いつになくブログを更新しております。

さて、今日はおととい行ってきたHRC取材のお話です。
サプライヤーさんや僕らプレスがまず通されるのが「外来受付」。
そこにはニッキー・ヘイデンさんの祭壇がしつらえてありました。
(↓)

02

「我々HRCは共に戦った愛すべきニッキーのことを決して忘れない。」
壁際のタペストリーにはこんなメッセージが書かれていました。
手前には追悼メッセージが書き込まれたHRCフラッグも。
誰でもペンを取れるようで、私も一筆添えさせていただきました。

さてさて、そんな厳粛な雰囲気も取材が始まると一変。
ホンダのワークスマシンじゃないのに、
2時間もエルフの車体技術について解説してもらいました。
そして分かった驚愕の事実……。
これまで僕は、elf eの片持ちリアアームが
ホンダ「プロアーム」の始祖と思っていましたが、
HRCの設計現場では全く関連がなかったというのです。
いったい、どーゆーこと!?

03
[↑さまざまな資料が飛び交うHRCでの取材風景。楽しいです]

ということで(!?)、あさっては最後の取材で静岡に行ってきます。

|

« 6月29日売り特編版の取材状況その1。 | トップページ | 6月29日売り特編版の取材状況その3。表紙完成 »

『レーサーズ』制作舞台裏」カテゴリの記事

コメント

今回は何かが溢れているようで、でも、悲しみは消えませんよね。
片持ちのパテントを買い取った時機とも関係ないと言うことでしょうか?
青山のホンダではニッキーと琢磨両方の展示が有って複雑です。
遅くなりましたが、常連さん特に高安さんすいませんでした。見たい聞きたいに感傷的に為りすぎた所も有ったかも知れませんが、バックナンバーを見ていて思い付いた予想と軽く流していただけたらと思います。

投稿: 排気バブル | 2017年6月 4日 (日) 18時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265253/70761749

この記事へのトラックバック一覧です: 6月29日売り特編版の取材状況その2。:

« 6月29日売り特編版の取材状況その1。 | トップページ | 6月29日売り特編版の取材状況その3。表紙完成 »