« 6月29日売り特編版の取材状況その2。 | トップページ | 『レーサーズ』特編版「エルフ①」のご感想はコチラまで+次号予告 »

2017年6月 6日 (火)

6月29日売り特編版の取材状況その3。表紙完成

01
[↑今日の取材。“1/12elf e”も精密な作りでした]

みなさん、いつもありがとうございます。
またもいつになくブログを更新しておりますカトウです。
でも取材報告はこれで最後で、あとはページ制作に爆進ですw。
いやあ、今日の静岡取材も楽しかったー(上の写真)。
そうなんです、みなさん。elf eのプラモデルなんてないのに、
イチから作っちゃった人が静岡にいたんです。
そのコダワリや作り上げる情熱、集中力は、
雑誌を作る者としても大いに刺激になりました。

で、興奮したまま東京に戻ってくると、
デザイナーの原さんから「表紙、出来上がった」との連絡が!
ということで、6月29日売り特編版の表紙はコチラです(↓)。

Elf_hyo

う~ん、なんてカッコいい表紙だあ(と、毎回自画自賛)。
売れるか売れないかは別ですけどね。
みなさんに買っていただけるよう、ページ制作がんばります。

追伸:石川県にお住まいの村上様へ。
私宛に何通も特集車両のリクエストはがきをお送りいただきまして、
ありがとうございます。
お返事を書きたいと思ったのですが、村上様の住所が分からず、
このブログでのご挨拶となってしまいました。申し訳ありません。
このブログを読んでいただけてると、いいのですが……。
村上様のリクエストは「スズキRA125」。
世界選手権モトクロスの125ccクラスで、1975~'84年の間、
10年連続でタイトルを獲ったスズキのモトクロッサーですね。
'78年には渡辺 明さんが“RA78”を駆って、
初の日本人チャンピオンとなりました。
いつしか『レーサーズ』で特集したいと思っている車両ですが、
残念ながら現段階では予定が立っていません。ごめんなさい。
『レーサーズ』の刊行をこれからも楽しみにしていただけますと幸いです。

|

« 6月29日売り特編版の取材状況その2。 | トップページ | 『レーサーズ』特編版「エルフ①」のご感想はコチラまで+次号予告 »

『レーサーズ』制作舞台裏」カテゴリの記事

コメント

おお!今回は恐ろしく早い表紙写真掲載!(笑
ありがとうございます、いただきます!

映ってる模型はGarage CATさんのでしょうか?フルスクラッチ原型のガレキが出てましたよね、
インパクトあるバイクなのに大手がモデリングしない不思議

投稿: KR-RR | 2017年6月 7日 (水) 09時30分

モデリングするには採寸することになりますから、F-1の様にチームに幾らかのお金の支払額が発生する為ではないでしょうか。

フロントステアリング、操舵感に関してはノーズダイブが抑えられていて独特なハンドリングだと、テージの試乗でネモケンが言ってましたね。
elf楽しみですね。この後、出来ればロータリーのヤマハ RZ201、や唯一市販化した、スズキ RE-5、を取り上げて欲しいのですがレーサーではないので別紙になりますかね。RE-5 はジュージアーロがデザインしたバイクで、メーターは茶筒のような半円筒形でフタがしていて、キーを差し込むと電動でフタがスーッと開きましたね。現車は鳥栖のボスコモトに不動のようですが、展示してありましたね。

投稿: レイニー | 2017年6月 7日 (水) 12時26分

ロータリーと言えば!以前にも書いたことがありますがノートンロータリーレーサーを特集して欲しいですね。反逆のという言葉はエルフよりノートンに似合うと思いますが。

別にエルフをディすってる訳じゃないですが。
表紙カッコいいですね。楽しみにしてます

投稿: GSX-VFR | 2017年6月 7日 (水) 20時16分

DKW Hercules「忘れないでクレメンス・・・」(笑

モトレジェンドの方で市販ロータリーはアリかもですね!

投稿: KR-RR | 2017年6月 8日 (木) 15時49分

表紙のelf-eを見て思い出したのは、新谷かおる先生のふたり鷹に出てくる「バトルホーク」です。
基本的な構造はelf-eのような感じで、デザインも若干似ている部分もあります。ただしパワートレーンはVF750のエンジンで、両輪駆動、リアカウル内のエアブレーキなど先進技術が詰まっていました。(あくまで漫画の話ですが・・)
また、どちらのバイクにもデビッド・アルダナ選手が乗ったのも、共通点があります。

投稿: ガラガラ蛇 | 2017年6月 8日 (木) 22時11分

えー、えー、新谷かおる先生のとこにもお邪魔してきました。
新谷先生の話も面白かったなあ。全部載せようと思ったら、
10ページは必要になっちゃう……。嬉しい悲鳴です。

投稿: スチャラ加藤 | 2017年6月 8日 (木) 22時43分

ふたり鷹にelf-eが出て来てたのは嬉しかったです、あれでelf-eを身近に感じる様になりました。
新谷かおる先生の所へも取材に行ったとは、さすが加藤さんの編集分です、ありがとうございます。

投稿: | 2017年6月 9日 (金) 00時16分

この時代は色々チャレンジがあって素敵ですよね。このマシン、そんな中でも特別な形で大好きでした。

しかしノーズダイブを抑えるであろうこの手のサス、結局ものにしたのはBMWだけ。レースの世界でもメジャーになり切れず。でもその心意気が素晴らしいと思ってます。

投稿: sisi | 2017年6月 9日 (金) 13時26分

ふたり鷹、やっぱりエルフ(みたいなバイク)ってありましたよね。
確認でちょっと検索したんだけど、エルフが無かったので気のせいかと思ってました。バトルホークって言うんですね。

加藤さん、特別号なんだから10ページ増やしちゃいましょう!(笑)

投稿: のりだ~ | 2017年6月10日 (土) 06時53分

ふたり鷹今でも全巻持っています!!
アルダナにelf-eカッコ良かったな〜(^^)
新谷かおる先生のインタビュー楽しみにしています。

投稿: あきら@眠れる古羊 | 2017年6月12日 (月) 16時52分

加藤さん
せっかくのelf-e、新谷かおる先生のお話をカットするなんてもったいなさ過ぎます。
是非とも、10頁増やしましょう‼
お願いします。

投稿: FZ1000R | 2017年6月13日 (火) 12時47分

増ページで値段が2000円とかになったとしても買う!
elf特集なら買う!絶対買う!・・・と思います

そうなったら「高いので今回はスルーさせて頂きました!」とか、「漫画は関係無い!」とか、「模型は要らない!」とか言う人出てくるんだろうな~(笑

僕は全部含めてRACERSだと思っております!

投稿: kR-RR | 2017年6月13日 (火) 18時25分

発売まで、2週間… 2冊買います。

投稿: m&ms | 2017年6月13日 (火) 18時48分

これでやっと右側が見られるんですね、月の裏側を見る位楽しみです。ついでエキゾーストの出口がどうなっていたのかの謎も解けそうです。カウルを取ってエンジンの上のエキパイ迄は見てはいたんですけどね。
ホンダの片持ちはチェーンに牽かれてしなるのを抑えるのに、補強していって合理的に片側で済まそうとした結果産まれたからスプリントのGPマシンでも使ったって事でしょうか。今の箱状に組んでいるスイングアームと重量的に変わらない様な気もします。
片持ちはオフセットしているのが当たり前だとすると、前後とも左側にあるとセンターはどうなのか図解を是非ともお願いしたい。キャスターアングルの変化が少なくて旋回性がどうなるのかもインタビューで明らかになるんでしょうね。楽しみで仕方有りません。

投稿: 排気バブル | 2017年6月13日 (火) 22時44分

elfへの皆さんの思い、半端ないですね。^^
新谷かおるさん、ロン・ハスラム、尾熊洋一さんにも登場してもらって、ぶち抜きインタビュー30P、もしくはレーサーズ初の付録、ぶち抜きインタ30P、なんていかがでしょうか?
あとは編集長しだいですね。^^

投稿: レイニー | 2017年6月14日 (水) 11時27分

みなさんのご期待に応えられるかどうか、編集イマイとともにビビリまくっていますw。
最低誤植だけでもないようにしないと……。
※↑レベルが低すぎ、当たり前すぎィ。

投稿: スチャラ加藤 | 2017年6月14日 (水) 12時13分

加藤さん、今井さん、お疲れ様です。
確かにコメ常連の皆さんは、とても博識なのでプレッシャーでしょうけど、
私はelf-eに関して全くの知識ゼロなので楽しみです。
体調にはくれぐれも気をつけてくださいね。

投稿: ホンダおやじ | 2017年6月14日 (水) 12時31分

elfの次は?

投稿: | 2017年6月14日 (水) 21時21分

8耐40周年ってことで……。

投稿: スチャラ加藤 | 2017年6月14日 (水) 21時32分

『8耐40周年』

 あの台風(私の場合は97年)から20年たったのかぁ・・・

投稿: RC45 | 2017年6月15日 (木) 12時00分

40周年?
わかりません

投稿: | 2017年6月15日 (木) 14時12分

新谷かおるさんのインダビュー!!
待ち遠しいです。
バトルホーク、懐かしい。
ワタクシがWGPにハマったのは、ふたり鷹の影響だからなぁ~。
表紙、スマホの壁紙にします!!

投稿: *koara-papa | 2017年6月16日 (金) 12時07分

8耐40年間に登場した異端児特集
83年のヨシムラ モリワキGSX1000
85年の童夢 DCF1、無限 Whitebull、YDS LMR F1

投稿: | 2017年6月16日 (金) 12時13分

>8耐40年間に登場した異端児特集
良いですね~!

ロードボンバー・・・(小声

投稿: KR-RR | 2017年6月16日 (金) 14時54分

White Bullを駆るジョイ・ダンロップ。
白いマシンに黄色のアライが印象的でした。
まだ高校生だったなー(遠い目)。

投稿: スチャラ加藤 | 2017年6月16日 (金) 23時28分

85年の童夢はサブスポンサーにスコラが付いていてスコラの8耐特集とメインのグラビアを食い入るように見た思春期でした

投稿: 熊野丈二 | 2017年6月17日 (土) 00時37分

『スコラ』を買うか『GORO』を買うか、迷ったあげく、
How to企画の充実さで『スコラ』を選んだ高校生の頃。
お世話になりました。でも内容がハイレベル過ぎて、
僕には実践できなかったなあ(またしても遠い目)。
何の話だったっけ⁉︎ あ、そうだWhite Bullでした(汗)。

投稿: スチャラ加藤 | 2017年6月17日 (土) 06時01分

鈴鹿8耐40周年、鈴鹿の所有者は…でホンダの車種かなと推測

投稿: | 2017年6月17日 (土) 07時39分

みなさんいろいろ良く覚えていますねぇ!?

異端児特殊もおもしろそうですが、
真逆の本命だけど、ヨシムラに
やられた RCBですかね??

投稿: RC45 | 2017年6月17日 (土) 10時18分

ハチタイの思い出となると、まだティーンエイジャーだった1982年、寒さに震えながら見たロクタイと、横須賀からYSR50で観に行った87年か…(遠い目 笑)


レーサーズ的には、やっぱりマシンが主役になると思うので…トガシPE400とか?(笑)同じ年の和歌山サンが走らせたIT400とか?(笑)

投稿: フライングポップコーン | 2017年6月17日 (土) 11時47分

週末にふたり鷹を読み直したら、しっかりelfが活躍していた事を忘れてました。
インタビューはこの内容がメインになるのかなぁ~。
発売日が待ち遠しい!

投稿: *koara-papa | 2017年6月19日 (月) 06時29分

>トガシPE400
あの頃のバイク雑誌の企画って凄いですよね、2st400ccでどこまでやれるのか、
モトライダー紙で楽しみにしてましたわ、

投稿: KR-RR | 2017年6月19日 (月) 16時28分

以前、ちょこっとリクエスト書いたのが実現されてうれしいです

保管用、読書用、フルスクラッチ製作の資料用で3冊コースかな

投稿: Ken | 2017年6月19日 (月) 21時32分

週末にふたり鷹を読み直したら、しっかりelfが活躍していた事を忘れてました。
インタビューはこの内容がメインになるのかなぁ~。
発売日が待ち遠しい!

投稿: *koara-papa | 2017年6月20日 (火) 15時17分

おお、流石レーサーズブログ。トガシPEをご記憶の方がいらした。

アレはバイブレーションがヒドくてエラい苦労をしてた…ってトコロまでしか覚えてません(汗)

でも、昔のハチタイってエントラントがみんな「一発かましてやるぜ!」って気概が見えて面白かったなあ…で、数時間たつと「もうアカンわ〜」と(笑)

投稿: フライングポップコーン | 2017年6月20日 (火) 20時59分

トガシPE、
確かエンジン前に付けたリアサスのステーかなんか折れてリタイアでしたよね?

ロードボンバーSHIMA498(XT500)、XL500、PE400、オフ系のエンジンでフレームから作って耐久ってのは、今思えば凄いお話ですね
トップの競り合いとはまた違った楽しさですね、RACERSっぽくは無いですけど(笑

投稿: KR-RR | 2017年6月21日 (水) 10時25分

ホンダが「elf -e 」を見せてくれたのは、「鈴鹿8耐40周年」に関係あるのでしょうか?。ホンダコレクションホールにしまってある鈴鹿8耐に関係あるマシンを展示するイベントでも考えているのかなと妄想しています。

投稿: シュー高安 | 2017年6月21日 (水) 12時07分

シュー高安さん、
ホンダが今回我々にelf eを見せてくれたのと8耐40周年は全く関係ありません。
ありがたいことに、ホンダ本社にも『レーサーズ』が好きだって言ってくれる人がいて、
長く倉庫にしまってあったこのクルマを出してきてくれた次第です。
2011年の東日本大震災では倉庫内で転倒してしまったというelf e。
ちゃんと修復されてのご披露です。

投稿: スチャラ加藤 | 2017年6月21日 (水) 21時27分

加藤さん。返信ありがとうございます。しかしホンダは凄い企業(いや、人かな)だという事が改めてわかりました。「elf 特集号」は私も楽しみです。表紙を見ると「elf -x 」「elf -2」の文字が見えますね。その辺がどのように載っているのか?。待ち遠しいです。

投稿: シュー高安 | 2017年6月22日 (木) 06時49分

『モトレジェンド』の次号予告が無かったんですが、
まさかの休刊でしょうか?!

RC30もOW-01もやってないのに・・・。

投稿: | 2017年6月23日 (金) 22時42分

elf-X…やっぱりあったんですね、TZ750エンジンのelf。うろ覚えだったんで自信がなかったんですが…楽しみです。

余談ですが、子供の頃に読んだ絵本にエルフって名前のダチョウの話があって、elfを知った時に先ずその話を思い出しました。速くて強いダチョウの話。だから最初からelfには、速くて強いイメージを持っていました。


どうでもいい話で失礼しました〜。

投稿: フライングポップコーン | 2017年6月24日 (土) 08時09分

“モトレジェンド”、自分もさっき書店で最新号を確認しましたが、実車の生誕30周年にあわせて、8月売りはてっきりRC30になるかと予想してましたが、次号予告が無い…。
気になるところですが…。

投稿: ザビエル | 2017年6月24日 (土) 16時38分

モトレジェンドの今号、次回予告がありませんでしたが、もしかしてこれで廃刊ですか?

投稿: こば | 2017年6月24日 (土) 18時41分

エルフ号に対する書き込み、流石に多いですね。
それだけ期待してた人が多かったということでしょうか。
久しぶりに買おうと思います。
この分だとカジバ号も凄い事になりそうですね。

投稿: ガスペケ | 2017年6月24日 (土) 20時45分

絵本「片足ダチョウのエルフ」ってのは知ってます。
片足…、バイク好きな大人に成ったある時「はっ」としましたよ。

投稿: 037ラリー | 2017年6月24日 (土) 22時14分

片足ダチョウのエルフを知ってる方まで!?

内容をかなりしっかり覚えてますが、あれは確かにバイク乗りはうなってしまう内容かも…。

投稿: フライングポップコーン | 2017年6月24日 (土) 23時59分

『モトレジェンド』を気にかけてくれているみなさん、ありがとうございます。
お気付きのとおり『モトレジェンド』は6月23日発売のVol.9で一旦お休みです。
毎号楽しみに待っていただいていたみなさん、申し訳ありません。
編集部は頑張ってくれていたのですが、
私の舵取りが下手くそだったばかりに売上が上がらず、今回の判断となりました。
出版不況と言われて久しいですが、改めて仕事の厳しさを痛感している次第です。
普通の努力じゃ、選ばれない時代。みなさんからの声を頼りに精進します。

投稿: スチャラ加藤 | 2017年6月25日 (日) 19時24分

8耐でelf-eからのエンジン繋がりでCB RCB 無敵艦隊の空冷並4発かと予想しました。あの写真の黄色いスズキに勝者のTech21とまだまだ有るんですけどね。
余談を一つさせて下さい。NHKeテレの高校講座物理基礎で筑波サーキットでオートバイを走らせていましたが、今の高校生に響いたんでしょうか、両方共ハードル高そうで。データロガーみたいで面白かったんですけどね。

投稿: 排気バブル | 2017年6月25日 (日) 20時11分

「かたあしだちょうのエルフ」
当時、elfプロジェクトも前後片保持スイングアームだったから関係あるのかな?って思いましたね、
違うんでしょうけどね、

モトレジェンド一時休止、タカハシゴーに続いて残念です
やっぱりペーパーメディアの限界なんですかね・・・
デジタルには無い所有感が良いんですけどねぇ

投稿: KR-RR | 2017年6月25日 (日) 21時40分

フライングポップコーンさんの
ハチタイの思い出を読んで思い出しました。

82年の6耐の帰りにAR80で
名阪を走ったのは時効ですね(^^)v

IT400...カッコよかったなぁ。

投稿: TKwithRin | 2017年6月25日 (日) 22時27分

 モトレジェンドは結局全刊買ったけど、正直マシンの選択が疑問符だらけだった。最終刊は最たるモノだ。売上に繋がらないのも当然。

 RACERSもそうだが、創刊時に目指したモノや読者が求めるモノに沿った内容で作らなきゃ売れない。

 一時期のRACERSのように制作側の都合や自己満足が誌面に出てしまうようでは結果が付いてくる訳は無い。

 RACERSはこうして読者の意見を拾う場所があるのだから、舵取りを誤らずに行って欲しいと思う。

投稿: | 2017年6月26日 (月) 08時42分

はい。

投稿: スチャラ加藤 | 2017年6月26日 (月) 12時14分

モトレジェンド、意外な幕切れでした。

特編発売目前ですが、そういえばelf-eが走った’83年の8耐は鈴鹿サーキットにシケインが新設された最初のレースでしたネ~。そして1000ccマシン最後のシーズン、世界耐久選手権でのスズキとカワサキのチャンピオン争い、ヨシムラとモリワキのジョイント等、注目のトピックや時代の節目を感じる出来事が色々あったかと思います。
そういう意味合いでも楽しみですネ~!

楽しみといったら、7月売りの通常版が気になりますネ。

投稿: ザビエル | 2017年6月27日 (火) 00時40分

モトレジェンドの休刊に際して「マシンの選択が疑問符だらけ」だったとの意見には頷けるものがあります。「レジェンド」と位置づける位であれば、年代を問わずもっと多くのマシンが該当したのでは。そうは言っても編集される方の主観が入るのはやむをえないところですが、読者の思いとシンクロしなければ売れないのも仕方ありませんね。自分も創刊から全巻購入してきたのですが「え、これが?」と思うマシンもありました。それから、休刊するのであればきちんとその旨を紙面で告知するのが読者に対する礼儀ではないいかと思います。残念です。

投稿: 2スト贔屓 | 2017年6月27日 (火) 12時27分

自分的にはモトレジェンドの車種選定はそれほど違和感無かったですわ、年齢的な物かもしれませんが、
まあ、「えっ?」ってなったのもありましたけどね(笑
自分より上の年代の人だとCB72とかYDSとかがレジェンドになるだろうし、選定難しいですよね
号数を重ねれば幅広くカバーできたかもしれないって気もします。
市販車の場合、既に解説本が山ほど出てる車種も多いですしね

RACERSもこんなに続くと思ってなかったですし(加藤さんゴメンナサイ

投稿: KR-RR | 2017年6月29日 (木) 09時15分

「モトレジェンド」の休刊、毎号楽しみにしていたのでとても残念です。

選出の車両に対して批判的な意見もあるようですが、
ビジュアル中心のA4判型の雑誌として発行する限り
まずは、使用に堪え得る写真が無ければ成立しません。
古い時代は資料の保存価値に対する意識も高くなく、
写真が残っていないケースは少なくありません。

記事部分で深堀するにしても、同様です。
当該車種が古くなればなるほど、現存している資料は少なくなります。
関係者に話を訊くとしても当事者の所在が不明であったり、存命されていない場合もあります。

仮に紙の資料が豊富に存在し、当時の当事者から話を訊けたとしても、
写真がない文字だらけの雑誌になったとしたらどうだったでしょうか。
そのような雑誌は、「モトレジェンド」以上に売れたでしょうか。

一企業が雑誌を発行する大前提にあるのはビジネスであり、
収益を度外視した文化活動ではありません。

車種のセレクトに異を唱える方々は70年代、
あるいはそれ以前の車両を期待されていたのかもしれません。
しかしそれを望むのであれば、「モトレジェンド」のクォリティで発刊するのは
不可能だったと思われます。

80年代以降の車両ですら、充分な資料が残っていなかったのか、
制作者側の力不足だったのかはわかりません。
毎号、当時のカタログにツッコみをいれる企画や
過去の雑誌の記事の再掲載は紙数稼ぎにしか思えず、
退屈だったことは否めませんでした。
その一方で、制作者として知恵を絞られたであろう
開発秘話のマンガは楽しく拝見させていただきました。

レーサーレプリカ世代に焦点を当てたものの、
当時の当事者は現在、制作者が思った以上に2輪への興味が薄れていたこと。
そして四輪のF1以上に注文が多い、オールド世代のオタクファンが蠢く
マーケットで受け入れられなかった。
これが休刊への道筋だったと推察いたします。

とはいえ個人的には、わずか9号であれ「モトレジェンド」は
発刊した意義があったと評価します。

個人的には、1KT号が読みたかったです。

投稿: 鉛のブーツ | 2017年6月30日 (金) 02時57分

今更カタナやCBの本なんて・・・。
で結局一冊も買わなかった。立ち読みすらしていない。
そのうち冒険するかと思ったけど全然でしたねぇ。
現車をほとんど見かけなくて懐かしくて案外名前だけは知ってる人が多くて何か一つでも伝説級の特徴がある、条件は厳しいですね。
年に一冊でいいから、何か面白いバイク見つけてください。

否定ばかりじゃアレなので、もしも復活するならコレだったら読みたいな~のXL250S。
孤高の23インチ採用秘話とか、未だにタイヤを供給するブリヂストンに担当者の話も聞いたりとか。

投稿: Xバックボーン | 2017年7月21日 (金) 02時25分

前後片持ちのGILERA CX125 2台持っています。
ライセンスの関係でELFのステッカーが貼ってありました。
市販車で前後片持ちは日本のメーカでは出しませんね。
ELF関係の記事が載っている雑誌は思わず買ってしまいます。

投稿: へいたろ | 2017年8月 5日 (土) 12時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265253/70785953

この記事へのトラックバック一覧です: 6月29日売り特編版の取材状況その3。表紙完成:

« 6月29日売り特編版の取材状況その2。 | トップページ | 『レーサーズ』特編版「エルフ①」のご感想はコチラまで+次号予告 »