« ふたり鷹ファンブックが発売されました | トップページ | 熊本Tシャツ発送しました+磐田で8耐打ち合わせ »

2017年7月21日 (金)

『レーサーズ』Vol.46のご感想はコチラまで+次号予告

01
[↑水冷“Z”最後のTT-F1レーサー号は週明け7月24日発売です]

みなさん、いつもありがとうございます。
早いもので、来週末は鈴鹿8耐の40回大会が開催されます。
そんな8耐ウィークの月曜日に発売するVol.46が搬入されてきました。
いつものように忌憚のないご意見・ご感想をお聞かせください。

最新号発売となれば、その次9月売りのVol.47はコチラです(↓)。

02

ホンダのMotoGPマシン“RC211V”の初号機('02年モデル)を
『レーサーズ』で特集したのは2012年1月のこと。
あれから5年半ぶりにRC211Vの第2弾をレポートする予定です。
このクルマを誰よりも速く走らせたのがニッキー・ヘイデンさん。
MotoGP 990cc時代最後の2006年のシーズンを振り返ります。

追伸:二眼elf eの給油方法について、
まだコルタンツさんから返事が来まシェン……。

|

« ふたり鷹ファンブックが発売されました | トップページ | 熊本Tシャツ発送しました+磐田で8耐打ち合わせ »

『レーサーズ』制作舞台裏」カテゴリの記事

コメント

ニッキー号 発売が楽しみな一方、
同時にちがう感情もでてきそう・・・。

投稿: RC45 | 2017年7月22日 (土) 11時01分

ニッキー号、他のとは別物でしたもんね。シーズン中にそこまで変えるかと驚いたもんです。

投稿: moto夏木 | 2017年7月22日 (土) 12時17分

ZXR-7号、来週の8耐中継見ながら楽しまさせて頂きます!

ニッキー号、かなり楽しみですね~
80~90年代も面白いけど、近年のマシンも別な意味で興味津々、
他紙とは違った切り口でまとめてくれるRACERSならではの内容を期待!
ZX-RRやDesmosediciは難しいですかね~

投稿: KR-RR | 2017年7月23日 (日) 13時00分

ZXR-7号 購入しました。

今からは想像できないような企業がスポンサーとして
レースに参入してバブル期の華やかな全日本の写真が懐かしく感じました。

 Scottにはレプリカメットにサインをもらったりして
いたので、インタビュー記事が欲しかったですね。

投稿: RC45 | 2017年7月25日 (火) 08時13分

あの頃を懐かしく思いだしながら読ませてもらいました。今まで4メーカー(海外のは置いておいて)の開発の流れなどをレーサーズでじっくり見せて頂き、やはりカワサキは男カワサキと言うイメージが前に出ているけど、実態は大企業的な何かを感じます。他3メーカーがどちらかと言えば他業もあるけどバイクに重きを置く流れから見るとカワサキは現場はすごく強い思いあるけど、上の方の人はあくまで一部門の事業ぐらいに捉えている気がするのです。以前のX09の号の時に清さんが行っていたカワサキは途中で辞めてしまうのがイカンというのが正にだと思います。
販売量が実際違うとか予算がとかあるのでしょうけどもう少し継続性を持たせて頑張ってもらいたいものです。

投稿: しし | 2017年7月25日 (火) 14時51分

さぁ皆さんっ!今こそ伊藤ハムを食べましょう!

投稿: 手柄を焦るジーン | 2017年7月25日 (火) 21時49分

ジーンさんいいこと言った伊藤ハム食おうぜっ!

投稿: | 2017年7月26日 (水) 17時47分

Kawasaki“Z”Racer Part3になるにかなと思っておりましたが、93年ピンポイントの号のようですね。
Kawasaki“Z”Racer Part3としての号も今後に、と期待です。

「いま蘇る往年のレーシングマシン」とありますが、あまりこだわらず次号やホンダ三冠号のように、いまのチーム活動にスポットあてたリアルタイムならではの展開も期待したいです。

投稿: こば | 2017年7月26日 (水) 20時55分

とても懐かしく拝見致しました。
92年93年はカワサキの歴史に残るシーズンですね。
漢カワサキのファンキー塚本 タイガー宗和
なんだかすごく速い北川選手 かっこよかったです。
寄稿 勝てるチーム強いチームの要件とは
とても興味深い内容でよかったです。


たしかTT-F1とGP500が混走したレース?があったと思いますが あれはイベントだったでしょうか。


投稿: にっきーだんな | 2017年7月30日 (日) 11時11分

にっきーだんなさん。
そのレースは、93年スーパーバイク世界選手権第9戦、
日本ラウンド菅生での、エキシビションレースです。
当時ブルーフォックスのRVFを駆る武石選手が500勢に闘志剥き出しで、
予選2位になりましたが、決勝では500勢が表彰台を独占。
(本間-ノリック-藤原)。
TT-F1では永井康友選手の4位が最高でした。

投稿: ホンダおやじ | 2017年7月30日 (日) 20時46分

ホンダおやじさん
回答ありがとうございます。
エキシビションレースだったんですね。
うーん動画見てみたいですね。
ありがとうございます。

投稿: にっきーだんな | 2017年7月30日 (日) 22時38分

vol46 買いました つい最近までZXR750R乗ってたので 非常に興味深く拝見しました 巻末に書いてあった 古賀カメさんの 塚本さんのクシタニツナギやステッカーを全く同じものを持ってて こんな塚本マニアがおられた事も嬉しい情報でした
次回も楽しみにしてます

投稿: 雷神 | 2017年7月31日 (月) 12時33分

TT-F1は大好物なのでZXR号楽しく読ませていただきました。自分は嫌いだったのですが他メーカーに比べ幅広でトップスピードに貢献するというフグカウルについての解説が詳しくされてたら尚よかったのですがまあ満足でした。

次号のニッキーのRCV楽しみにしてます!

投稿: GSX-VFR | 2017年8月 3日 (木) 12時05分

今回はエンジンの中は無かったんですね、バルブやピストンが何処まで行っていたのか気になりました。最後のT.T.-F1だから、スーパーバイクの先行開発の部品だったのでしょうか?いつ頃からピストンのスカートがあんなに短くなったのか、右へ倣えで一気に変わりましたよね。どこ発信だったのでしょう。
スーパーバイクのホモロゲーションって解らなくなりました。HONDAのCBR1000RRはヘッドだけ造り換えてたりしていますよね。世界で500台でOKなんですね。
ニッキーの究極の5気筒楽しみにしてます。

投稿: 排気バブル | 2017年8月 5日 (土) 17時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265253/71204937

この記事へのトラックバック一覧です: 『レーサーズ』Vol.46のご感想はコチラまで+次号予告:

« ふたり鷹ファンブックが発売されました | トップページ | 熊本Tシャツ発送しました+磐田で8耐打ち合わせ »