« 『レーサーズ』特編版「ロケットエルフ号」のご感想はコチラまで | トップページ

2018年1月24日 (水)

『レーサーズ』Vol.49のご感想はコチラまで+お知らせ

49hyo
[↑スズキのモトクロッサーがとてつもなく強かった時代]

みなさん、いつもありがとうございます。
ロケットエルフ号を作り終えたと思っていたら、
アッという間に『レーサーズ』Vol.49が搬入されてきました。
発売は今日24日からです。
いつものようにご意見・ご感想を聞かせていただけますと幸いです。
そして間髪入れずにいきます。
その次3月24日発売のVol.50は、コチラの特集です(↓)。

Nextissue
[↑カワサキMotoGPマシン開発陣の意地と栄光とは……]

かのリーマンショックで世界中の経済が混乱したのは2008年のこと。
日本もその影響を受け、各企業は予定していた経営計画・方針を
変更せざるを得ない状況に……。それはカワサキも同様でした。
果たして'09年1月、カワサキはMotoGP活動の休止を発表。
読者のみなさんもご存知のとおり、
'09シーズンは上のイラストのマシンを走らせたハヤテ・レーシングに
その任が託されますが、その活動もわずかで終焉を迎えてしまいます。
カワサキの技術者たち、レース関係者たちの忸怩たる思いは相当でした。
その思いがカタチとなって具現化されたのが、実はいま、
世界選手権スーパーバイクで勝ち続けるカワサキZX-10RRだったのです。
次号では、その設計思想や要素技術の詳細を紹介しつつ、
プロトタイプレーサーとプロダクションレーサーの両方を通して、
カワサキエンジニアリングの真髄に迫る予定です。

それと話変わって、性懲りもなくまた新しいムックを作る予定です。
『レーサーズ』とは別のレース関連ムックで、
これまで作ってきた「レーサーズ特別編集版」ではなく、
新しい誌名を付けての船出にする予定です。発売はVol.50と同じ3月。
詳しい発売日が決まりましたらまた報告します。

内容は、『レーサーズ』がマシンの技術論に迫るものとしたら、
新しいムックでは……と、もったいぶるほどでもないのですが、
まだ内緒にさせてください。
とにかく今度のムックも技術論にコダワリたいと思います。
勘のイイ読者のみなさんなら、もうお見通しですね。

そのムックの打ち合わせ、ヒアリング、取材のために、
明日から三河方面に出張。来月には編集イマイが渡米します。
順次また報告します。

追伸です。
新ムック立ち上げにともなって当レーサーズブログは店じまいし、
今度はフェイスブック等のSNS上でまたみなさんと
コミュニケーションを取らせていただきたいと思います。
これについてもまた報告します。

|

« 『レーサーズ』特編版「ロケットエルフ号」のご感想はコチラまで | トップページ

『レーサーズ』制作舞台裏」カテゴリの記事

コメント

おっ、新ムック! なんだろうレーシングヒーローズみたいな感じでしょうか。

しかし、このタイミングでスズキは国内外でモトクロス活動を縮小してしまいましたね…渡辺監督も暇になっちゃうのかなー。

投稿: とおりすがる | 2018年1月24日 (水) 23時07分

>『レーサーズ』がマシンの技術論に迫るもの

 第1号のNS500や特別編集のエルフはそうしたレベルに達していたと思うが、最近の通常号は技術論に迫っているとは言えない気がする。
 無論、限界があることは確かだし、取材には大変な困難を伴うことは理解できる。
 また、読者が求めるものも千差万別、集約することはできないし、意味がない。

 故に以下は私見である。
 レーサーズは読者に「過去のレーサーに関する材料」を提供するものだと思う。新たな事実を知る、当時に想いを馳せる、作る人/戦う人のドラマに酔いしれる。そこから読者が受けるものは読者の数だけあって良い。
 自分はそう思います。


 ※自分も新ムックは「人間」視点の気がします。

投稿: | 2018年1月25日 (木) 07時57分

お~、ZX-RR→10RR!これまた嬉しい!
でも大丈夫かな?土物の後にカワサキだと部数が・・・
僕はカワサキ党なんで勿論買いますけど、

新しいムック、何だろう?
ライダーだったりチームに焦点を当ててって感じかな?メカニックさん目線?乗り方の方の技術ですかね?
なんにせよ非常に楽しみでございます!

投稿: KR-RR | 2018年1月25日 (木) 08時52分

世の中の皆がSNSやってる訳ではないと思いますが。少数派は切り捨てですか。

投稿: 匿名 | 2018年1月26日 (金) 07時18分

SUZUKIモトクロス号購入、拝見しました。
流石に、私の年代には2/3位が歴史教科書号でした。
あと、なんというか、各ライダーの用具を見ていると
上野にあったコーリンに迷い込んだような不思議な感覚に
襲われました…

投稿: RC45 | 2018年1月26日 (金) 07時41分

ついさっき、読み終えました。昔(中学生の頃)、父親とモトクロスをしていたので、見るもの全てが懐かしく感動しています。また、次回(土ものはかなりあとかな・・・)期待しています。

追伸、ちなみに私が乗っていたのは「83型YZ80」父親は「82型YZ250」です。(スズキでなくてごめんなさい。笑)

投稿: ワーディー | 2018年1月26日 (金) 15時44分

「RIDERS」?

投稿: X09 | 2018年1月27日 (土) 08時32分

仮に人物だとしてガードナーに話しが聞けるのでしょうか

投稿: 熊野丈二 | 2018年1月27日 (土) 15時13分

新しいムックですか。

『レーサーズ』がマシンの技術論に迫るもの

と言いながら最近は「ライダーズ」になっている号が多いので、むしろ「このライダースゲー!」とか「あのレースは熱かった」という本は別に作ってもらって、マシンをガッツリと掘り下げる本に戻して下さい。

投稿: 3Y5 | 2018年1月27日 (土) 15時57分

SUZUKI・RA を購入しました。

本当にうれしいの一言です。
今まで渡辺明さんが世界チャンピオンになった経緯など書いている書籍は殆どなかったし、Hエバーツやゲボスなど、当時まだ小学生でスズキのバイクに憧れていたころを思い出して、、、本当に感謝です。

これでモトクロスの特集は
「HONDA(RC250MA)」
「KAWASAKI(ペリメターKX)」、今回の
「SUZUKI(RA)」とここまで来たら、、、


近い将来「YAMAHA」の特集を期待しております!
(やっぱり「モノクロスサスペンション」かなぁ~)


投稿: けんたん。 | 2018年1月27日 (土) 22時33分

制作方針に迷いがあるみたいですね。

「モトレジェンド」みたいに
迷走して突然休刊より、
一度勇気ある撤退をした方が良いのでは?

そして、改めてコンセプトを練り直してラインアップを
整理した上で再スタートした方が良いのではないでしょうか?

投稿: | 2018年1月28日 (日) 08時16分

次号は楽しみです。(今回も買いましたが土物は良く分からないのでとりあえず買った程度です^^;)
カワサキのモトGP撤退は本当に残念でした。ハヤテ・レーシングも開発が止まったマシンで頑張ってたと思います。
いまのZX-10RRを見ているとモトGP復活も考えてくれないかなぁ・・・なんて考えちゃいます。

別のムック本、楽しみだけどどうなのかな?
RACERSと被る内容ならどっちかに集中してほしいなというのが本音かな。
RACERSも次号で50号。一区切りしても良いかとも思うのですが、どうでしょう?

最後にブログを終了し他のSNSに移行との事。
個人的にはフェイスブック等のSNSよりブログの方が丁度良いんですけど。
フェイスブックを更新できるならブログでも構わないんじゃないんですか、ね?
たぶんフェイスブックになったら見に行かないと思います。

投稿: のりだ~ | 2018年1月28日 (日) 08時41分

レーサーズに編集長が係わる密度がますます薄れ技術より単にシーズンを追うだけみたいな感じに拍車がかかりそう。ネガティブなイメージしか浮かんできませんがとりあえず創刊したら読みたいとは思います。

投稿: GSX-VFR | 2018年1月28日 (日) 15時15分

RA号、読み応えがあり大変良かったです。

渡辺さんが日本人唯一の世界チャンピオンなのは、これまでのMX史からみても凄い事ですね。

渡辺さんのベストテクスクール受講しましたが、現代マシンの構造と特性、それに合わせたライディングを判りやすく教わりました。
お陰で怪我する事なく、オフロードバイクを楽しく乗る事が出来ました。

アルミフレームについて同意見です。モリワキがいいフレーム作ってくれないかな?

投稿: ボトムリンク | 2018年1月28日 (日) 21時53分

感想、ただ一言「ありがとうございます」です。
自分の単車暦がオフロードバイクメインなのも、小学生の頃に父親が買ってきたオートバイ誌で見た渡辺明選手チャンピオン獲得の写真(SUZUKIの広告?)がきっかけです。
このブログで何度も渡辺渡辺と連呼しましたが、念願かないました。
次は片山!

古い話なので、写真を集めたり当時の記録を検証するのも大変だったと思います。
正直詰め込みすぎな感はあります。
でも、おそらく”次は無い”(黄色いモトクロッサーで本一冊という暴挙)のは携わっている方が一番わかっているでしょうし、そうなればアレもこれも載せたくなるのは仕方の無い事だと思います。
そういう意味ではトラオさんや500ccの記事なんて想定外で得した気分にもなりました。
あと、ガイ・クーパーやラロッコ、ラリワの顔が見れたのも嬉しいです。
そういえばAMAスーパークロス関連のRACERSってまだ無いですね。
R・ジョンソンvsJ・ワード、いつかやってくれると期待してます。
それと土関係では、’84’85のスティーブ・マーチンですね。
まさに黒船襲来(白いけど)、高校生の頃生でレースを観ましたがあの前傾姿勢は格好良かったなぁ。
メーカーワークスがコテンパンにやられた二年間、関係者の話聞いてみたいです。

私もSNSだと見ないかな。
ただブログも放置すると荒れるので、移行する際は閉鎖すべきだと思います。

投稿: 雪ぼうず | 2018年1月28日 (日) 22時48分

おぉ〜っ!スティーブ・マーチンいいですねっ!中3の頃に購読してたサ○○ル・サ○○ズ誌の表紙を飾った、奥様が投げた花束を左手に持ちながらのジャンプシーンと、アライのチンガードを外したMXベントとスコットのゴーグル&どくろみたいなフェイスガードを思い出します。

投稿: 手柄を焦るジーン | 2018年1月28日 (日) 23時36分

ロベール、デコスタ、渡辺明など 私の青春の1ページが甦りました。インターネットなど無い時代の情報源と言えば月間オートバイ雑誌のスポーツ欄だけでした。ロードでは片山敬済、高井幾次郎、根本健のヨーロッパでの活躍が楽しみでした。これからの企画の希望(期待)としまして。
①ホンダNRプロジェクト
②ノートンロータリーレーサー
③カワサキH2R&KR750
④無限ホンダモトクロッサー
⑤ヤマハモノサスモトクロッサー
を是非とも企画して下さい、楽しみに待っています。

投稿: 羽柴平戸侍従 | 2018年1月29日 (月) 02時02分

とても楽しく読ませていただきました。

一部、修正すべき部分としては、スズキのワークスライダー「内藤勝司」さんは、「内藤」⇒「山本」に改姓されています。

内藤さんは、渡辺さん、大関さんと共に、あこがれのセニアライダーでした。

投稿: おぞん | 2018年1月29日 (月) 12時22分

ブログ閉鎖ですか・・・。残念です。

一回もリクエストを出していないので
最後にリクエストさせて頂きます。

他の誰も一度も書き込みがなかった
『RC166』
NHKでも取り上げされたり他の雑誌でも
全バラにされたりされていましたが
レーサーズならではの切り口で拝見したかったです。

例えば、マフラーはチタンですが
溶接でなく作られた話とか・・

カムシャフトはワークスマシンなのになぜ外注で作られた話とか・・

投稿: 六本木 | 2018年1月29日 (月) 22時18分

えっ?ここって閉鎖されるんですか?おぉ…なんてこったい…。いい歳になるにつれ、ことごとく色んな楽しみを奪われてきましたが、またひとつ楽しみが無くなりますね…。トライアルもやってほしかったな…。

投稿: 手柄を焦るジーン | 2018年1月30日 (火) 00時59分

あら、皆さんブログ閉鎖で要望まとめ書き込みされてますね、
FBだと実名になっちゃうから書き込み辛いですもんね、
私もまとめて書いておこう!
●WGP小排気量50/80cc
●YAMAHA RD05/A/B・RA31/A
●HONDA NR
●サイドカー
●トライアル
ちょっと難しいですかね?

投稿: KR-RR | 2018年1月30日 (火) 10時19分

一つ書き忘れた
●YAMAHA(NV) 3気筒TZ350 片山 vs K・バリントン

投稿: KR-RR | 2018年1月30日 (火) 10時22分

んーん。新ムック、もしこっちが人的何かに特化したものになると、レーサーズの方がマシンばかりで人の話が無くなるのはちょっとなぁと感じます。
レーシングマシーンとレーサーはやはり両方あってのものですし。

歴代のレーサーをピックアップというのも魅力あるけどそれもその時のマシンがあってこそのものだし。

いや、全然違うムックならこれまた楽しみではあります。サーキット別ムックとか( ̄▽ ̄)

投稿: しし | 2018年1月30日 (火) 11時09分

ライダースみたいなの出すのなら、「シュワンツ」本希望。
ニッチなところで「宗和」本も可能な限り希望。

投稿: コバ | 2018年1月30日 (火) 23時56分

この板への書き込みも最後になるかな…
やはり2サイクルが輝いていた頃がいいですねー
今では一部のメーカーや大型機関で残っている2サイクルエンジンですが
国内メーカーが研究開発を続けていたらと思うと残念でなりません。
色々な可能性があっただけに…
完全に研究開発は終了しているのか、各メーカーさんに聞いてみたいものです。新しいムック本も楽しみです。

投稿: m&ms | 2018年2月 1日 (木) 12時31分

青春ですね、大関、コンコルド、かっこいい!池田勝さん、
あの当時、九州福岡は凄かった、福岡ブルーエンジェル
岸川清秀さんの名前を探したけど、載ってなかったのが、残念でした、しかし久しぶりに興奮しました!

投稿: | 2018年2月 1日 (木) 18時12分

バイクに乗らない私のようなGPファンもいるので、メカの話ばかりのページはほとんど読みません。なので今のライダー、レーサー、レース、メカの程よい加減の現RACERSが一番しっくりきてました。次の新ムック本が偏ったテーマなら残念かも。個人的にはインタビューものが嬉しいです。
あとSNSはやらないのでブログ閉鎖は残念のひとことです。

投稿: | 2018年2月 2日 (金) 16時49分

久しぶりのモトクロス特集、楽しく読ませて頂きました。
スズキ10連覇でモトクロス大国ベルギーの偉大なチャンピオンの中に
渡辺明さんが日本人初の世界チャンピオン獲得したことは
偉大な事です。次回はぜひYZ400F(4ストローク)特集をお願い致します。

投稿: カズオ | 2018年2月 2日 (金) 21時50分

土スズキ号堪能しました。テキストも楽しみましたけどやっぱり写真を眺めてるだけで心躍りますね。リアルタイムじゃなかなか映像みれない時代でしたし。そんななかでほとんど触れらてませんがロン・ティシュナーの名前に激しく反応。あのアメリカン全盛時代にティシュナーの全日本参戦は衝撃でした。で、懐かし思い出しで20年ぶりくらいに「ダートクール1995冬号」を本棚から。メカニックの中山さんからティシュナーに送るコラムが泣かすんですよねー。オンもオフも大好きですんで1年後?のヤマハダート号も楽しみにしてます。
今後のリクエストは断然NSR500V。デビュー戦のマレーシアで岡田がドゥーハンをぶっちぎるの見て大興奮でしたよ!是非によろしくお願いします。

投稿: YB-4 | 2018年2月 3日 (土) 00時07分

ブログが閉鎖される前に・・・

今回渡辺明さんにフォーカスした記事をみて、
やっぱり日本出身の世界チャンピオン(片山、坂田、青木、藤波、北川)は取り上げてほしいな
と強く思いました。

リクエストとしてはもう一つ、
RR、MX、TRの種別を問わず「日本GP」が開催されるよりも前の時代に
プライベートで世界に挑んだ選手たちをぜひとも取り上げてほしいです。
(福田照男、チーム竹島、変わり種では黒山一郎率いるブラック団等々)


投稿: あっちゃん | 2018年2月 5日 (月) 18時46分

渡辺さんを取り上げたのはさすがの『レーサーズ』です。
日本が誇る歴代のライダー(開発ライダーも含む。)は今後も取り上げて欲しいです。

新しいムックも楽しみにしてます。

でも、blog閉鎖はとても残念です。
しがらみが有るSNSは面倒でやってないので。

投稿: mana | 2018年2月 6日 (火) 05時03分

SNSをやらない人達もいるのですが…やはり閉鎖されるんですね…。

投稿: 手柄を焦るジーン | 2018年2月 6日 (火) 21時19分

新ムック、

「帰って来た ゲッカンタカハシゴー」

だったら結構うけますね(笑

投稿: KR-RR | 2018年2月 7日 (水) 09時19分

オフロードチャンピオン渡辺さん良かったです。

帰って来た 月刊タカハシゴー、案外マジだったりして・・・^^

私の中では、スズキのオフロードと言えばハスラーです。ハスラーと言えば今の世代では軽自動車と思われているようですが。
当時、ハスラー50、125、輸出用の175、250、400のコブラマフラーが特徴でした。
TS200R、最終ハスラーと勝手に呼んでいますが、通勤の足になっています。水冷2スト、フラットキャブの35psでアクセルオンで簡単にウイリーしてくれる楽しいバイクです。こんなバイクまたリリースしてくれるといいのですが。

余談になりましたがSNSは私もやらないので、ここがなくなると寂しくなりますが、笑顔が出るような、いや、あっと言わせる紙面づくりをお願い致します。^^

投稿: レイニー | 2018年2月 7日 (水) 14時13分

初投稿になります。
motoGPから離れいた自分はRC211Vの号を書店で見てから再燃して全巻集めました。
個人的にRACERSブログは製作者様、コメントを残した皆様、これからRACERSを読むであろう未来の読者様へ、軌跡として残していただけたらなと思います。

投稿: Keny | 2018年2月11日 (日) 22時29分

いつも楽しく読んでます。ブログ閉鎖残念です。閉鎖される前にリクエストお願いします。TSRのACシリーズ、NSR500V、アプリリアのGP500マシン、よろしくお願い致します。

投稿: ミソノ | 2018年2月12日 (月) 08時00分

カジバお願いします

投稿: 閉鎖される前に私も | 2018年2月14日 (水) 12時35分

レーサーズ50号で一区切り、賛成です。

最近のレーサーズつまらなくなっていますし。

良く50冊も作ってくたこと感謝致します。

投稿: タダの通りすがり | 2018年2月15日 (木) 23時39分

私も仕事で企業のWEBやSNSの中の人やっていますが、たしかにSNSのほうが管理は楽ですもの。
SNSもほぼ匿名みたいなものだけど、少しは素性が担保されている自覚があるのか、変な思い込みや関係ないところで絡んでくるような人も出てきづらいし。
そういっている私も、ここではそうか(苦笑)。
私もSNSはわずらわしいので仕事上の管理でアカウントを持ているだけです。公開も、知人にもアカウントがあることも伝えていません。
SNSをやっていないひとは…とか言っている方もおられますが、
確かにいちいちアクセスするのはかったるいけど、閲覧用にアカウントだけとり非公開にし、移行した「レーサーズ」のフォローだけして、誰とも友達申請しないでつながらなければいい話ではないでしょうか。別にそれで料金かかるわけでもないし。
レーサーズは、読者の意見をこうして聴こうとしているだけでも、たいしたものだと思います。

投稿: コバ | 2018年2月16日 (金) 13時00分

個人的にはFBなどのSNSの方が良かったりします。新規投稿やコメントが有ると通知くるので、ブログより使いやすいです。ゲッカンタカハシゴーの方は、認証うまく行かなくて書き込めないことも多かったですし。
実名が出て嫌だと思う人は、そんな匿名じゃないと書き込めないような事書き込んでたりしてたんでしょうね。

投稿: Moto夏木 | 2018年2月16日 (金) 15時21分

機種では無いリクエストですが、泣く泣く切った蔵出しと訂正を集めた補完版の特別号をここら辺で出しておいて欲しい。

投稿: 排気バブル | 2018年2月16日 (金) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265253/72766173

この記事へのトラックバック一覧です: 『レーサーズ』Vol.49のご感想はコチラまで+お知らせ:

« 『レーサーズ』特編版「ロケットエルフ号」のご感想はコチラまで | トップページ